応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

DVDで見ました
ハーマイオニー可愛い〜
13歳ですよ、中学一年ですか?
お話のほうはあれですな
普通におもしろかったです
時間遡行ネタかなり好きです
バックトゥフューチャーとか
伏線が回収されるのが楽しいから
でも湖畔でハリーを助けた謎の人物は
あきらかに馬に乗っていたようだが
わたしの勘違い?
今回はラストが寂しかったですね
真実は明かされたけれど
ウワーという勝利の盛り上がりに欠けてるかな
シリウス・ブラックやペティグリューは
次作でも登場するようですね
楽しみだ〜
狼男の先生はちょっと可哀想だったな
占いの授業でハー様キレていましたが
血筋に関わることだからか?
でも優秀なんですよ(*^^*)
ロンにはもったいないぞ(`ε´)
her

2005年12月29日 (木)

スタンリー・タレンタイン

salt song/stanley turrentine
track05. storm
のりのりのラテン・ナンバーですよ〜
タレンタイン様は貫禄で吹き切るのですが
ソロを受けたエリック・ゲイルが熱演です
主役より目立っているじゃん
女性コーラスなんかもかぶせちゃって
しかも謎の爆音(嵐の音か?)
このあたりは編曲デオダードの遊び心
熱帯雨林が目に見えるようです
この路線でアルバム一枚作って欲しい
051229

2005年12月28日 (水)

うさたまのオバ化注意報

中村うさぎ&倉田真由美
かつてのジャイアント馬場&アントニオ猪木のごとく
わたしのなかでゴールデンタッグである
うさたまcomが消えてしまったので
もはやコンビ解消か?と危惧したが
安泰のようである
いやお互い罵りあいだから
じつは仲が悪いのか
全編おばさんに対する辛辣な悪口
ここまで意地悪に観察されたら
もはや立つ瀬がないです
かつて私が林真理子のエッセイを読んでたら
「そんなの読むと根性が歪むよ!」とのたまわった
会社の先輩(女性)、お元気ですか
貴女にこの身の毛もよだつような
この悪口本をおすすめしたい
そしてうさたまコンビが
ますますヒールとして活躍することを祈るばかりです
obakajpg

2005年12月27日 (火)

ソニー・クリスですよ〜

this is criss/sonny criss
track 07. skylark
CDだと追加曲があるのですが
アルバムのラストナンバーなのですよ
アクが強いというか
泣き節が聴かせどころというか
ソニー・クリスさんの持ち味ってそうなんですが
このさわやかな曲によって
軽やかな演奏を繰り広げるわけです
リラックスしつつも
パーカー派としての面目躍如
もう最高です
051227

2005年12月26日 (月)

ケロロ軍曹スナック バーベキュー味

88091pac
コンビニ行ったらこんなものが〜
つい小銭で買ってしまいました
やっぱ小さいお友達に人気あるんだな〜
まえから気になっていたんだけど
アニメの軍曹の顔、黒目が小さすぎるよね
漫画本編でも連載進むにつれて
黒目が小さくなっていったんだけど
いまではデザイン的に美しい比率を保っています
アニメの比率だと
いつもびっくりしてるような顔にみえる
人形は顔が命というように
軍曹のようにシンプルな顔だからこそ
デザイン的にこだわりもって作画して欲しいです
おまけのカード
クルル曹長出たー!!!
kururu

2005年12月25日 (日)

舞-HiME

全26話やっと見れました〜
おもしろかったです〜
とくに後半の愛憎入り乱れた展開が
昼ドラみたいでワクワクものでした
静留さま最高です
ワタクシにとってこのアニメは
静留Xなつきの物語といっても過言ではない
百合などという
甘えた言葉をはるかに超えた
静留さまの妄執そのものが愛です
25話でなつきから接吻されて
赤面する静留さまが可愛い〜
でも最終回は萎えた
この展開でハッピーエンドは白ける
暗くて深刻なお話大好き人間にとって
劇場版エヴァ大好き人間にとって
この結末は夢オチ同然ですよ(T_T)
まあワタクシの嗜好が偏っているだけですし
shizuru

2005年12月24日 (土)

ケロロ軍曹 第90話

「ケロロ メリークリスマスが言えなくて であります」
ほのぼの路線のお話です
クリスマスツリーver.ギロロ
そうとう物騒なものですが
やはりというか…
前回のオカルト大会準優勝を本部に報告するケロロ
それは侵略の成果なのか
しかも改竄してるし
巨大なアフロ軍曹像はなんか青森のねぶたみたい
オールスターキャストなのに今回623は登場しませんね
ケロロたちが強制送還されるときいたら
表面は「地球平和のためにはそのほうがいい」
とか少し毒づくくらいが夏美らしいよ
巨大像が倒壊しもはや万策つきたかと思わせて
偶然の結果オーライ
軍曹さん悪運つよいですぅ〜
それから映画の宣伝がありました
なんかシリアス&ハード路線で
期待が持てそうですよ〜
natumi

2005年12月23日 (金)

舞-乙HiME 第12話

「仮面舞踏かい?」
しかしここまでくると
前作を見ていない人は
おいてきぼりというか
もう前作「舞- HiME」を見ずにいられない
ワタクシもその一人です
でもレンタルビデオ屋で最終巻だけが
いつも貸し出し中なので
まだ最後まで見れないのです〜
それにしてもシズルさまは凄い
特異な嗅覚で男装の少女を見抜く
アリカが勘違いしたけど
シズルさまは本気で喰うつもりだったんだ
役得どすとか言ってね
ほらスパイ小説とかで
敵方の女スパイの
身体に訊く展開とかあるでしょ
あれですよ〜
マイが今どこにいるのかとか
すごく思わせぶりですが
今回はマシロちゃんが最高でした〜
恋する少女ばんざい〜
mashiro

2005年12月22日 (木)

マリア様がみてる 未来の白地図

面白かった〜(^o^)
いろいろ物語が動きはじめた感じ
でも瞳子の秘密って
志摩子さんの前例もあるし
なあんだ程度でしょうね
令が黄薔薇革命の後遺症に
いまだ悩まされていたとは
祐巳が瞳子を妹だと思ったのは
「なんとなく」と説明されているけど
やはりつき合いが長く体に馴染んでいるから?
女は子宮で考えるってやつ?
でも瞳子は可南子と同じくらい
自立心がありそうだから
このまま妹にならなくてもいいような気がする
単に好きなのに素直になれないツンデレではないよ
それにしても祐巳は世話好きだね
困った人をほっておけないタイプ
祐麒は柏木さんと親しくなっているし
ホモ疑惑が晴れて安心したのか?
そして志摩子さんの
堂々たるお姉さま振り!!!
手負いの狼のような乃梨子を一喝!!!
すでに先代薔薇様並みの貫禄を身に着けています
marimite

2005年12月20日 (火)

GUNSLINGER GIRL 6

二期生と呼ばれる新しい義体が登場します
ペトラ、16歳
あきらかにトリエラたちより年長です
そして担当官になったサンドロ様
どうやらマンウォッチャーのようです
これはあれですね
きっとサンドロ様の視点から
ジャンジョゼ兄弟が描かれる
今回過去の因縁がわずかに明かされましたが
なんか読んでいて息苦しくなります
過去の憎悪に捕われていて
未来がないというか
エッタやリコに未来が無いように
しかし兄弟に比べると
サンドロ様は人生を楽しもうとする
意志があるように感じられる
どこか希望のようなものを感じます
義体の人間性を切り捨てるわけでもなく
過剰な感情移入をするわけでもない
他のフラテッロより「健全」な
関係が結べそうな気がします
いずれにしろ第6巻にして
終わりの始まりみたいですよ〜
gg

2005年12月19日 (月)

School Rumble Vol.11

スクラン11巻です
なんかあまり面白くなかった
いつかこのマンガ飽きるのでは
そういう予感がありましたが
いよいよなのでしょうか
個人的には
沢近-播磨-八雲ラインのラブコメ希望なんですが
連載も長期にわたっていますし
まだまだ温かく見守ります
#137のドジっ子八雲が可愛い
sr

2005年12月18日 (日)

ケロロ軍曹 第89話

「ギロロ 七つの顔の男だぜ であります」
隠れた人格が表れてしまったギロロ
オロオロギロロがかわいいです
ヨン様はいかにもとってつけたようでありますな
小さなお友達には噛ませ犬が分かりにくいでしょう
ピザ宅配でコゴロー登場もいいテンポ
なんかすごーく面白かったです
giro



「冬樹 盛り上がれ!オカルト大会 であります」
桃華ちゃんの可愛さをクローズアップのお話
グループの財力傾けてオカルト大会を開催
ここまではいつものあれですが
勝負は実力しだい
前世フィーリンカップル見たかったよ〜
バナナ踏みそうな冬樹に祈りが届きました
いつか想いも伝わるといいですね〜
momoka

2005年12月16日 (金)

舞-乙HiME 第11話

「HAPPY☆BIRTHDAY」
9/7はニナちゃんの誕生日
おめでと〜
おとうさまからプレゼントが届きます
以前いただいた時計につけるチェーン
駅の階段にうずくまる少女を気にかけるニナちゃん
自分の過去を重ね合わせますが
大事な時計を奪われます
もはや取り戻せないかと絶望しますが
奇跡のように最愛のおとうさまが届けてくれます
そして実は9/7は…
あ〜いいお話だ〜
よかったね、ニナちゃん(*^_^*)
しかしながら
抱きあう二人を見ていた
アリカの胸がドックン
これは嫉妬なのか?
いやだ〜
アリカにそんな泥沼似合わない
ninajpg

2005年12月13日 (火)

14歳で聴いた音楽

Thelonius Monk Quartet with John Coltrane - At Carnegie Hall
track07. sweet and lovely
1931年のヒット曲である
モンクは1917年生まれだから14歳
自分は中学生のとき何を聴いていたか
木綿のハンカチーフ
宇宙戦艦ヤマト
いまだこれらの曲がジャズで演奏されたのを聴いたことがない
というか日常でラジオから聞こえてくるのが
スイングジャズだという環境は
ハッキリいって羨ましい
もうそういう音楽が血肉となっているわけで
伝統文化の力の強大さにおののいてしまうわけです
演奏者も聴衆も同じ文化を共有している
日本人である自分とは違う聞こえかたしてるのかも
なんて思うとかなり残念だよね
まあそれでも異文化に横恋慕するわけですが
もともとの甘く美しい曲を
モンクとコルトレーンがぐしゃぐしゃにデフォルメする
原曲をよく知ってれば大笑いではないか
051213

2005年12月10日 (土)

ケロロ軍曹 第88話

「ダソヌ☆マソ ペコポンはもらった! ブッチャ毛ほしくもないけどね であります」
モアピーチサマースノー!!!
しかも特典映像つき〜
いいよいいよ〜
出番確保のための地球侵略
ぶっちゃけダソヌ☆マソ最強なのでは?
大きなお友達としてはですね
女の子たちのグループ結成への決心とか
ライブを迎えてのドキドキなんかを
もっと細かく描いて欲しかったですよ
そしてクルルの無法者ぶりがいいですな
「お手上げ」なんて嘘で
面白がっているのだと思うよ
そして今回は夏美が凶暴だった
こうでないと夏美の優しさへの照れが際立たないのね
逆にギロロはグダグダのダメダメ
すっかりギャグ要員化して
あからさまに夏美に熱をあげている
自分の気持ちに正直になれないところがいいのに
keroro1209

2005年12月 9日 (金)

舞-乙HiME 第10話

「それが乙女の一大事」
一大事です
乙女が異性に肌をさらしてしまいました
物語のはじめから
セルゲイとアリカの関わり具合はアレでしたが
いよいよ核心に!
自分の養女の同級生に心動かされ
動揺しまくりです
アリカ天然ながら恐ろしい子…
そしてアリカの「セルゲイ」呼び捨てにニナ驚愕
嫉妬の嵐が吹き荒れることでしょう
一方アスワドの首領とヨウコ先生が幼なじみであるこが発覚
和解の道を切り拓くのでしょうか?
周囲の様々な思惑をまるで感知しないアリカ
夕日に向かって拳をふりあげる熱血ぶり!
なんて清清しいんだアリカ
本当に今週は面白かったです

2005年12月 7日 (水)

ショーターは宇宙人

night dreamer/wayne shorter
track03. virgo
ヴァーゴとは乙女座
ショーター自身の星座だそうです
なんとも不思議な曲です
ショーター版ネイーマ?
ちょっとちがうか
どこまでも漂っていきそうな
アタマもオシリもわからない
この人には常人に見えないものが
見えているに違いない
不思議ちゃんのショーター
サックスの音色も個性的
まるで笙でも吹いているかのよう
051207

2005年12月 3日 (土)

ジャズ入門の一曲

concorde/the modern jazz quartet
track05. softly as in a morning sunrise
ジャズに関して入門とか初心者とか
そういう言葉が使われるのが好きじゃない
演奏するならともかく、
聴くだけのことに入門も何もないと思う
できることなら同好の士が一人でも
増えてもらいたいものである
そういう意味で、おすすめですよMJQ
最近はマンハッタンのほうがネームヴァリューありそうですが
元祖もなかなか捨てがたい
この楽器編成が勝因かな
押しつけがましくなく
ぼんやり聞き流すこともできる
じっくり耳を傾けると聴き惚れる
この超有名曲にバロック調のイントロ
素晴しい〜
もう王道中の王道であるよ
051203

2005年12月 2日 (金)

ケロロ軍曹 第87話

「ケロロ 祝え!ハッピーバースデイ であります」
去年の夏美誕生日話の続編的おはなし
軍曹本当に祝ってもらえない、悲しい〜
本当に悲しくなりました
自分で用意した席の名前が「我輩」
なぜか一人ぽっちのクリスマスパーティで
暴れる星飛雄馬を思い出しました
日めくりカレンダーを2枚めくって
日にちをまちがえるネタはよく使われるのでしょうか?
わたしは完全に釣られてしまいました
でもよかったね軍曹祝ってもらえて

「モア 不思議の国のモア であります」
うわ〜題名どおりアリスのパロディだった
モアちゃん可愛すぎ!
ファンタジーだよ、メルヘンだよ!
もう能登声を堪能しまくりでしたよ!
他愛ないお話なのにこの破壊的魅力!
アニメってキャラの魅力でどうにでもなるんだ〜!

舞-乙HiME 第9話

「海ー水着+遭難=?」
エルスちゃん大活躍
体弱い+蛇に噛まれる+発熱+ぷるぷる
エルス「それに本当は…」涙
夢をつらぬく強い主人公にくらべて
気弱でくじけやすい女の子
助けてあげたくなりますよ〜
強い=かっこいい>弱い=かっこわるい
世間的にはこうした図式ですが
物語世界では
弱い=儚げで美しい
というのもありありです
残念なのはアリカにまったく百合属性がないこと
竹を割ったようにまっすぐな娘です
そして百合分補給はシズル様x学園長で
オイルマッサージでよがるのは、いかがなものかと
しかもすごく嬉しそうだし、爛れているな〜
そしてもう一人、トモエちゃん!
シズル様はすべてを承知のうえで
意地悪しそうだな〜

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28