応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

舞-乙HiME 第25話 第26話

「蒼天の乙女」「Dream☆Wing〜夢の在処」
感動したー!!! ものすごく切ないエンディングだったー!!! 最高だー!!! すごくよかったー!!!
素晴らしかったです舞-乙HiME、私の中の過去の歴代アニメのなかでもトップクラスにランクインされました〜
最後にニナちゃんのペンダントの親友3人の写真がクローズアップ、切なさ爆発のラストシーンでした
失われたものは帰って来ない
過ぎ去ったものは取り戻せない
哀惜あふれる味わい深い結末でした

成層圏で戦う二人が大気圏突入するシーンも美しかったですね〜
あのまま二人が燃えつきても、それはそれで感動的なラストだったと思いますが、それじゃサイボーグ009だからね、ガンダム同様大気圏突入OKなわけです

待望のミス・マリアのオトメ姿も登場しましたね
若かりし頃の容貌を取り戻しましたが、クールな佇いから学生時代は下級生にモテモテだったことでしょう

この星の歴史にまつわるテクノロジーの謎をもうすこし解明して欲しかったですが、それはまあ枝葉の部分ですかね

楽しいアニメはたくさんありますが、長編小説を読んだような深い感動を与えてくれるアニメと久しぶりに出会えて、とても嬉しかったです(^-^)
Omoide

2006年3月30日 (木)

かしまし 最終話

「やがて恋が始まる」
かしまし最終回でした〜
無難にまとまったな、という印象です
とまり主役でしたね、とまりファンのみなさんは切なさで身悶えしたでしょう
とまり、はずむ二人ともやす菜を気づかっていますね
はずむの気持ちが本当に恋なのか、同情心なのか分かりにくいです
本当に好きな二人(はずむととまり)が事情があって別れなければならない、そんなドラマにも見えます
本当に好きになったら、他の人間が目に入らないのが恋なのではないかと思いますが、はずむからそうした熱情が伝わってこないです
やがて恋が始まるだから、まだ始まっていないのかな
ラストのセリフ、意味があるのかないのか、2期への布石ですか?
2期は病気から回復したやす菜が改めてハンデなしで、はずむ獲得をとまりと争う、そんなストーリーになりますな
でも元気いっぱいなやす菜も魅力としてはどうかと、孤愁を漂わせるところがやす菜のエロ可愛いところだからな〜
Tomari

2006年3月29日 (水)

Fate/stay night 12話

「空を裂く」
えーと、なんですか、fateにかんしてはお話の展開よりも、いわゆるキャラ萌えというか、とにかく
凜かわいいよ凜
佳奈様すてきだよ佳奈様
もうすっかりマンセー状態です
佳奈様、声可愛いよね〜、凜の人を小馬鹿にしたような態度が最高です〜
凜が動いて喋っているだけで、幸せ最高潮です〜(*^_^*)

今回セイバーの剣が姿をあらわしましたね、エクスカリバーゆうとりました
エクスカリバーの起源
アーサー王伝説なんですか
必殺技を使い疲労困憊で倒れるセイバー、そのあいだに慎二は逃げてしまいました、きっと家に逃げ帰るのでしょう、それとも教会で保護してもらうのか
そして凜は桜の家へ、何をしに行ったんだー、すごく気になる
ではもう一度
佳奈様すてきだよ佳奈様(^^;
Rin3

2006年3月25日 (土)

ケロロ軍曹 第102話

「ケロロ小隊 ペコポン!!滅び行くか愛の星よ!! であります」
パワード夏美大活躍〜
スピード、動き、素晴らしかったですね〜
ギロロのナビにちょっかいだすケロロとタママに少し涙ぐむように顔をふせる夏美
ギロロ「夏美、気合いをいれていけ」
夏美「言われなくても、気合いはいっているわよ!」
カッコいいでありますよ、最高だー
ケロロの遺言な〜んちゃってにも笑った〜
原作でネタは知っていたのにあのアクションがツボにはいりました
そして初期化されたケロロ大尉が登場!!!
原作とちがう展開だ、どーなるのどーやって軍曹に記憶を取り戻させるの?
あーもう来週すごい楽しみだよ、お笑いアニメがこんなに燃える展開になるなんてうれしいショックです(≧∀≦)/
natu3

2006年3月24日 (金)

舞-乙HiME 第24話

「あなたのために…。」
ニナちゃんの乙女の純潔がーーーー( ̄□ ̄;)!!
なのにオトメの資格を失ってない?
わからーん、オトメの資格ってなんなんだー?
トモエの言っていた「男相手の抜け道」を使ったのですか?
でもよかったよニナちゃん、長年の想いが遂げられて
アバンタイトルで着替えながら回想するシーンがすごく印象的でした
ガルデローベの制服にまつわる心温まる思い出をクローゼットの奧に閉じ込める大人の女というかんじで、彼女の精神的な成長を物語っております
心が成長するのは、時にはとても辛いことなんですけどね
そしてエルスの手紙を読んで泣きくずれながらも、お父さまに対して一発勝負を挑むニナちゃん
そして本願成就です〜(*^_^*)
しかーし、幸せも束の間、またしても不幸のズンドコに突き落とされるニナちゃん、この娘が花のように微笑む日々はいつになったらやってくるんだー
それからトモエ、誰彼かまわず噛みついてまるで狂犬ですよ
シズルさまに冷たく袖にされることも確定したし、結末は悪役キャラとして爆死でしょう
どうしようもない人間ではあるけれど、不憫でならない、愛ゆえに(宝塚か)人は浅ましくもなるというお手本で、本人には愛なんですが、傍目には野望とか妄執にしか見えないから、哀れです
もうひとつ、ミユさんが水の中から何か引き上げていましたね、決戦兵器かな〜
ミユさんは旅をしてこの星の各地に生きる、アリッサお嬢さまの子孫を見守っているんですね、なんかすごくカッコいいよ、それにとってもその想いは美しい
ミユさんは人間ではないけど、オトメやその他の女性の心にある母性が物語りに美しい帰結をもたらしてくれたらいいなあ、なんてことを夢想しました
nina

2006年3月23日 (木)

かしまし 第11話

「やす菜の瞳から消えたもの」
ビンタ応酬、修羅場きました〜(~_~;)
つかみあいの喧嘩や罵りあいにならないのが美少女クオリティでしょうか
優柔不断のはずむはあゆきにも糾弾されます
はずむ君は恋愛なんか求めてなかったんだよね、なかよしのお友達がほしかっただけ、やす菜ととまりが勝手にヒートアップしてお互いに傷つけあったのだよ…
なんてはずむ君を弁護してみたり
こんなドラマをみていると、愛はなんてエゴイスティックなんだろう、とすこし厭世気分にもなりますが、はずむ君がすべての人間関係から手を引いてどこかに旅立つ、なんてことを妄想します
ああ自分がはずむだったら
もうやす菜ちゃんと百合百合エロエロな関係になりますよ、そしてとまりがいままでどおりいいお友達でいてくれたらウマー((( ←〜(o `▽´ )oΨ ケケケ♪
ここまでシリアスな展開になった以上、3人で仲良くエンドはないだろうな〜
やす菜の病気を知ったとまりははずむを譲ることを告げますが、一方やす菜も病気療養のために遠方へ旅立つような雰囲気です
もしかして切ないさようならエンディングかな〜?
yasuna4

2006年3月22日 (水)

Fate/stay night 11話

「鮮血神殿」
先週はすっかり録画を忘れているし、お話を見失ってしまいそうです
セイバーと凜に特訓をうける士郎、ああそれなのにまたしても慎二の誘いに乗って、単独学校へむかうおバカです
なんと教室はアウシュビッツ状態、恐ろしい〜
慎二はいい性格してますね、弓道部のエースでモテモテ(だったような気がする)くらいで満足していればいいのに…
ライダーさんの飛び道具をはじく士郎の心臓、見逃し回にこれについての設定があったのかな
セイバーさんの応援をえて、慎二をいままさにくびり殺さんとするとき、ライダーの宝具で脱出
慎二の今後を考えると、おそらく聖杯戦争で殺される前に失禁しながら逃げ出すとか、そんな哀れな末路が予想されます
セイバーにまたも一人を戦闘したことを叱られる士郎、素直に謝ります、でもセイバーひとり戦わせられない、それはセイバーが女の子だから、だんだんセイバーも士郎の考えを受け容れてきたようなかんじがいたします
地味な服を士郎に褒められたことを喜ぶセイバーさん、なんかラブラブですね〜
シンジ「おかあさんってかんじがした」
綾波「な、なにを言うのよ」(赤面)
セイバーさんって綾波に似ているな〜、無表情なとことか、裸でも平気なとことか、「私が死んでもかわりがいるもの」って言うとことか(そんなことは言ってない)
いやそんなに似ていません、ワタクシの思い込みですよ
士郎がシンジみたいに臆病小心キャラだったら、この物語にそうとう感情移入できるのですが(^^;
seita

2006年3月18日 (土)

ケロロ軍曹 第101話

「ケロロ小隊 ペコポンが静止する日!? であります」
怒涛の展開で30分があっという間に終わってしまいました〜
ほぼ原作どおりですが、さすがにアニメ、動きはすばらしいです
ギロロvsガルルの空中戦かっこいいです、ライフルの照準をあわせるシーンなんか哀愁もあったりして味わい深いよ〜
ガルル小隊、おそるべき実力を秘めていますね、小雪ちゃんがあっさりやられたり、タママは完敗、ギロロも勝てませんでした
そういえば623がでてないよ、来週かな、コゴローとラビーはしっかり固まっていましたね
さっきから原作原作いってますが、このお話は原作知らないで見たかったよ、だって地球大ピンチで次週につづくなんて最高にコーフンするもんね
ぬれぎぬを着せられて逆切れするケロロ可愛いです、冬樹がストレートに怒らないで思いやりをみせたりするのがケロロにはかえって悲しかったのであります
隊員はつぎつぎ倒れ、隊長は駄目駄目ぶり全開、完結編ではカッコよく決め手ほしいよね〜
それからケロロがガルルを「ゲロモンの悪夢」と呼んでいましたが
1年戦争時代『ソロモンの悪夢』と呼ばれたエースパイロットであったアナベル・ガトー、だそうですけど、よう知らん
と思ったらOVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」のキャラだそうです、ガンダムワールド広すぎてついてゆけないよ〜(泣
momoka

2006年3月17日 (金)

舞-乙HiME 第23話

「不思議の谷のアリカ」
今回のお話は美優さんが諸々の秘密を解き明かす、いわば説明回でしたね〜
美優さんいろいろ知っているんだから、もっと早くに説明してくれてもよかったのに、イケズです
舞衣と命登場で一気にお気楽モードに突入しました
女だらけの露天風呂シーンとか、大サービス、しかも美優さんまで入っているし、絶対にのぼせたりしないだろうけど
一方でニナちゃんはますます悲愴感をつのらせてきました
ニナちゃん可哀想です〜、国家間の争いはどうなってもいいですが、この娘の笑顔が取り戻せる結末になって欲しいです
今回セルゲイは無事でしたが(運が強いな)、いずれセルゲイを守るためにニナは命を落としかねない、いや逆にニナのためにセルゲイが身を挺するのか、どちらにしてもニナちゃんが悲しすぎるよ
アリカがアリッサお嬢さまの血をひく存在、命の腕に媛のマーク、ということで前作との関連性が明らかになりましたね
マシロは自分が王家の血族でないことに落ち込んでいましたが、前作との関連性から何かスペシャルな存在という可能性もありますよ、でもそれが明らかになる前に自らの意志で王族としての振る舞いを見せて欲しいです
さあ、次回からアルタイvs各国の戦争ですよ〜
furo

2006年3月16日 (木)

かしまし 第10話

「小さな嵐」
先週このまま3人で仲良くしたいと神様にお願いしたばかりなのに、巨大台風並みのショックな展開ですよ
とまりも欲望剥き出しで、やす菜は嫉妬と憎しみと絶望で茫然自失です
はずむくんだけ能天気のままです
もはやとまりとやす菜の仲は修復不可能ですか?
やっぱりかしましはドロドロしてるほうが面白いな〜(^_^;
はずむはどちらかを選ぶことができるのかよ
どちらも選べなくて逃げ出すのじゃないのか、ジャンプウと一緒に宇宙に逃げるとか
やっぱり両方食べていいんだよ、なんて甘かったのだ
すみません、私はやす菜派なので今週はあまり書くことがありません
とまりファンは大喜びだよなー、とまり自分からキスしたり、お風呂シーンでの羞じらいも可愛かったし
やす菜がはずむ君とベタベタするのを自制してると面白くないですよ、もっと百合百合な攻勢にでて、はずむ君をオロオロさせてほし〜いヽ(///>_<;////)ノ
yasu2

2006年3月11日 (土)

ケロロ軍曹 第100話

「ケロロ え?我が輩…誰?みんな…誰? であります」
今週はなんとケロロ小隊24時の前フリでありました〜
気象衛星こまわりにウィルスを仕掛けた謎の敵対者登場、次回につづく、というのがコーフンします、憎らしい演出です
もう来週への期待ではちきれそうであります
今回はパロディ満載でありました
ジャニーズ、戦隊ヒーロー、笑点、サザエさん
ツボにはまったのは笑点のパロであります
ノストラ亭極楽
ねたみ亭そねみ
カレー家ククレ藏
(ケロロがなんて言っているのかわからない、歌丸のパロらしいけど、ミライヤなんとか)
噛ませ家犬平
山田くん
声優さんも芸達者だなあ〜、ククレ藏最高だよ、木久藏ラーメンならぬククレ藏カレーですか?
自爆装置の5色のコードを切るのも面白です、どの色を切る=誰をクビにする、みたいな含みで
まさかヅラの毛が自爆装置の解除だったとは…
んなわけねーだろ、最高でした〜
more

2006年3月10日 (金)

舞-乙HiME 第22話

「ホロビノウタ」
ついにハルモニウムが起動しました〜
やはりニナちゃんが本当の王女なのかな
それとも王家の血筋をひくものが複数人いるのかな
ハルモニウムはそれを操るものの望みを叶える機械のようです
そしてセルゲイの作戦現場に現れるニナ
お父さまが重傷、またしてもアリカ貴様か〜、とばかりに戦闘モードに突入
大爆発がおきて見知らぬ場所で目覚めるアリカ
目が赤く光る謎の人物登場〜
今週はトモエのキレっぷりがよかったです、目障りなんだよテメーはとばかりアリカを蹂躙
トモエに救いはあるのか、ないような気もするぞ
ところで猫のミコトが離れた場所に突然現れましたね、謎の多い猫です
今週は戦闘シーンが多かったのでワクワクドキドキでしたよ
やっぱりミユさんはかっこいいな〜
クールでありながら(機械だからね、たぶん)アリッサお嬢さまへの熱い思慕、美しいです
このお話、最大のポイントは前作とどういう関連性を持たせるか、ですな
ミユさんは前作の美優と同一人物みたいだし、数万年後の人類の物語とか
あと4回ですよ、はやくつづきを見たいな〜
miyu

2006年3月 9日 (木)

かしまし 第9話

「この願いはかないますか?」
pc不具合のため2週間ぶりです
かしましに餓えた心には今週のお話は少し物足りなかったかな?
優柔不断なはずむくん、めぞんの五代くんを思い出しました
はずむは絶対にどちらかを選べない
だって決め手がないからね、これははずむが男であっても同じ
いまのはずむにはかつてやす菜に寄せたような熱い想いはないし
ぬるま湯のような気楽な状況を楽しみたいだけです
今週の高ポイントは明日太の妄想です
鳥居に抱きついて頬すりすりがいいですね〜
ジャイアントスイングされる並子先生も笑った〜
でもでもやっぱりはずむくんを籠絡しようとするやす菜が見たい〜
hazumu

2006年3月 8日 (水)

Fate/stay night 9話

「月下流麗」
pcの事故のため3週間ぶりです
佐々木小次郎がでました
日本人も誰か出るだろうとは思ってました
宮本武蔵か柳生十兵衛かな〜なんて予想してましたが、小次郎とは微妙なチョイスでしたね
英霊の条件として、挫折とか恨みとかあるのかな
ヘラクレスも悲劇的な最後だったっけ?
バトルがシリアスなだけに、士郎の「女の子を守る」発言は間が抜けて聞こえます
戦闘非常時ではないのかよ〜
偉そうなこと言ってもあんた弱いんだろ〜
原作がエロゲーなだけに、美少女ドキドキ体験と激しいバトルの両立は難しいのかな
士郎ってかっこいいのかな?
個人的にはダメダメ人間の方が共感できるのですが、士郎に力が備わったらスーパー主人公だよ
それから凜の声が祐巳さんに聞こえなくなってきました
さすがプロの声優さんだよ、いままで自分が思い込んでいただけでしょうが
小悪魔的ないいかんじになってきました魅力的だよ植田佳奈〜
思わず絶叫したくなりますね(^◇^;
rin

2006年3月 4日 (土)

ケロロ軍曹 第99話

「夏美 名犬ナッチー であります」
これはすごいネタだ〜
人間が犬になるのはよくあるけど、ケータイ(ハイパーコードレスリード)で元の姿で写真を撮れるところがナイスですよ〜
もう考えただけでわくわくドキドキしちゃうね
残飯をあさる夏美
電柱にオシッコする夏美
サブローの顔を舐める夏美
アニメでは服を着ていましたが、ここは当然裸首輪のみであります
うわっやばっ! これ以上は妄想の世界でお楽しみであります
nattu

「ケロロ わんぱくケロッパー であります」
ナウシカでした〜(^^;
ちいさいお友達には冬樹の行動が意味不明だと思いますが
このまえテレビでもやったし宮崎アニメだし
「ナウシカのパロじゃん」とか知っていたらそれもなんかイヤだ
さすがに「わんぱくフリッパー」は知らないだろうけど
しかしアレですね、アニメというかそういう映像文化も世代を経て重層化していくのは
これが伝統というものなのか、文化の成熟というのか、たぶん喜ばしいことなんでしょうな
more

2006年3月 3日 (金)

舞-乙HiME 第21話

「白き姫、目覚めるとき」
タイトルどおりマシロちゃん大活躍の回でした
ノーブル・オブリゲイションみたいなもの?
自分の素性を考えるとやらなくてもいいようですが、少なくともいままで女王として生きてきた分だけでも民のために尽くさねばならない、という気持ちでしょうか
それにしても幼児プレイでトモエを手玉にとるシズルさま恐るべし
ところで冒頭のニナとハルモニウムの精との対決はどうなったのでしょうか〜
招き猫が割れて、命が目覚めたような描写のあと、なんの説明もありませんね
まさか夢落ち? それは最悪だ…(^o^;
ワルキューレ部隊も動き出し大団円の匂いが濃厚になってきましたよ〜
早くつづきが見たい〜

2006年3月 2日 (木)

なんと「かしまし」も録れてない〜Σ( ̄□ ̄;;;)!!

orz
もう大ショック
完全にパソコンくんの信用は失墜地に落ちた
ビデオテープくん再起動です

2006年3月 1日 (水)

またしてもFateが録れてない〜Σ( ̄□ ̄;;;)!!

また録画失敗どうしちゃったのマイPC?
これはなにかの呪いですか罰ゲームですか
ほかの番組は大丈夫なのになぜFateだけが?
東京MXテレビだから?
キャプチャボードに付属していたmAgicTVというソフトで録画しているのですが、これの誤動作としか思えない
そして誤動作を引き起こしたのがAntiVir Personal Editionの更新ぐらいしか思い当たるものがない
もうショックで立ち直れない
来週はとりあえずビデオテープでバックアップ態勢で挑みます、とほほ…

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28