応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

デスノート #09

「接触」
どはー、Lが受験しているー!!!
しかも月とならんで東大に主席合格、これって裏口じゃなくてLの実力なんですか〜?
当然Lの実力だよね、やっぱ天才vs天才という燃える構図ですよ
Lの受験が今回最大のツボでしたが、2番めは、
月の入学式で感無量になるリューク!!!
死神なのにリュークって意外といい奴?
とか錯覚しそうですが、錯覚ですよ、リュークは死神ですからね
月が死刑になるときは高笑いしながら見送るんですよ

そしてLの衝撃のカミングアウト!!!
すごい状況になりましたよ
最初、Lがなに言っているのか理解できなかった、しばらくして「Lが自分はLだと告白してる」とわかり、ものすごい衝撃を受けました
月も動揺したけど、見ているワタシも動揺したよ
自室で月が逆ギレするくらいすごい攻めだったんですね〜
「東大生おかえり〜」
無視かよ月、動揺しまくりだな〜
Sayu_2

2006年11月28日 (火)

乙女はお姉さまに恋してる 第8話

「縮まらない記録」
瑞穂の場合、自分にいちばん似合うこと=女装、ということでファイナルアンサーだよね
由佳里ちゃんは、自分のおねえさんの真似をしなくてもいい、ということで納得したのかな
長距離から短距離へ転向するとかじゃなくて、自分の意志で大好きだったおねえさんのあとを追うことを決めたようです
結果からすると、あまりたいした悩みではなかったような
じつはとるに足らないことでドツボにはまった後輩をおねえさま方がやさしく解き放してあげました、みたいなお話だったようです

圭さんは演劇部の部長さんだったのですよ
なかなかユニークな性格をしていますが、もとスポットライトをあててほしいです
てゆうか、その劇を見てみたい、ドロドロなんだそうな
Mizuho_1
今回はこのシーンがお気に入りです
清楚で品のある百合百合が美しい〜
瑞穂は心のつぶやきもおねえさま言葉になってます
もうそのまま女で行ってしまえ〜
亡くなった母親の遺志で髪を伸ばしていました
ということは女子高入学も母親の意向か?
女装した息子を一目みたかった母、なんてね

2006年11月26日 (日)

すもももももも 第8話

「嵐を呼ぶ後輩」
いろはのアパートの大家さんが委員長のおばあちゃんだったー!!
これは驚愕の展開だ〜
大家のおばちゃん、サブキャラだと思ったのに一気にメインキャラに昇格ですよ

今週の見どころは、いろはともも子の恋愛シュミレーションでした
孝士役のいろはがもも子に熱いアプローチを指導します
そして二人とも役にはまりこみ、いつしか我を忘れ、激しく熱くエロエロファイヤーな抱擁をかわしました〜
このシーンは見ごたえ(聞きごたえ)ありましたよ、二人とも達してしまうかのような熱演でした
監督さんはどういうふうに演技指導するのですかね、すごく興味があります、現場で見てみたいですね〜
ラブ絶頂を迎える二人を冷たく見つめる孝士、すげー笑った

いろははなんとしてもメガネ女から孝士をとりあげたい
そこでニセもも子による委員長排斥作戦
でもいろは色ボケで失敗?
表面ではそっけないもも子と孝士ですが、しっかりと絆ができているみたいで、さりげなくほのぼのしました
来週はウマ仮面のお話でしょうか
人助けしても、失笑されるウマ仮面がちょっと可哀想だ(^^;
Haahaa

2006年11月25日 (土)

くじびきアンバランス 7くじ目

「えらいひとのはなしをきく。4点」
小雪のお姉ちゃんは忍者でした〜 すごーく面白かったです〜
てことは小雪もいずれ忍者になるのかな?
それとも一子相伝でしょうか
なんとなく小雪は落ちこぼれっぽいけど
いづみちゃんがぜんざいに驚くところ、よかったですよ
自分でも知らない、自分の好物にショックの図
クールな仮面が一瞬剥がれ落ちました
RSSSとかいう恐ろしい組織が出てきましたね、副会長さんもナチの将校みたいに恐いことを仰ってました
諜報戦とかアクションとか話としては恐いんですが、アニメとしてはとっても面白いですね
なんだかんだでいづみを2重スパイにして仲間に加えましたよ
正直、すごーく面白いです
1クールなんですかね、もっと見たいですよ
山田かわいいよ山田、ゴトゥーザ様演歌お上手ですよ\(*^^*)/
Yamada

2006年11月24日 (金)

ちょこッとSister 第20話

「あたしのにゃんこ」
せつないお話でした(T_T)
でもはるまの役どころがうらやましい〜
お兄ちゃ〜ん、と泣く妹をよしよしと慰める、唯一絶対の大切なひとですよ
夜いっしょに寝たがったり、カモナマイベッドちょこ、ですよ
ちょこはペットを飼いたがったけど、はるまにしてみれば、ちょここそが癒し系のペットといえなくもない
まあ、豹がものすごくおとなしいのはメルヘンとして
お兄ちゃんが来るまで、ちょこちゃんが泣きやまないのが今回のクライマックスでした
しかしちょこちゃんが号泣したとき髪が逆立ってましたが、変な力に覚醒したわけではないですよね(^ ^;
こういう切ない話は最終回に向けての布石なんでしょーか?
最終回を妄想したりして
クリスマスから一年をへて、はるまとちょこに別れが来る
サンタのお姉さんが迎えにきたのだ
はるま「ちょこ、行くな、おまえが一番大切なんだ!!」
ちょこ「お兄ちゃん、あたしもだよ」
兄妹という関係を越えて深く結ばれる二人であった…
そーいうドラマツルギーとは無縁のアニメとは分かっているのですが(^_^;
Choko_6

2006年11月22日 (水)

デスノート #08

「目線」
今週はLが本格的な大攻勢を仕掛けました!
レイ・ベンパーの死に不審をかんじ、一気に隠しカメラ設置!!
しかし捜査のためとはいえ、思わぬお宝映像が拝めますね
たとえばですね、粧裕ちゃんがお風呂に入ったりするとモロ見えなんですよ〜(#^.^#)
「粧裕、りっぱに育ってパパはうれしいぞ」感慨にふける夜神パパ
だがしか〜し、次の瞬間この世でもっとも見たくないものを目にする夜神局長
自慢の息子がエロ本で(´Д`;)ハアハア、しかもやおらズボンを…
そんなぐあいに今週は妄想爆発なデスノートでした(^^;
物語の本筋では、またしても月がはなれわざを披露
右手で方程式を解きながら、ポテチの袋の中でデスノートに書き込み、おまえは脳味噌が二つあるのか〜
また自室のドアの仕掛けも周到ですよ、すごい精神力だ
あまりの潔白さ加減にLが疑いを持ちます
もうLの中では月はキラ候補ぶっちぎりトップですね〜
これからどんな頭脳勝負が繰り広げられるのか、ワクワクで来週まで待てないですよ!!!
Sayu_1

2006年11月21日 (火)

乙女はお姉さまに恋してる 第7話

「小っちゃな妹と大きなリボン」
奏ちゃんがね、健気で可愛いです〜(>。<)
孤児なのに明るく振る舞って、涙が出ちゃいそうですよ
ワシが瑞穂だったら、ぎゅ〜と抱きしめて本当の姉妹のように守ってあげるですよ
貴子さんに咎められたり、集団リンチされそうになったり、被虐趣味をそそられるのもポイント高いです
悲しみや苦しみをこらえて笑顔が花咲く奏ちゃん、いいですね(#^.^#)
でもお話は貴子成分が高かったです
外堀がどんどん埋まっていく貴子さんですが、いつ瑞穂に白旗を上げるのでしょうか?
ゲームは未プレイですが、これって貴子ルートなのかな
タイトルにもなったのに奏ちゃんフラグが立ってないですよ
瑞穂は責任感あるけど、恋愛感情ないよな〜
こんなに可愛いのに、ドキドキしたりムクムクしないのか(^^;
神田さんは明日菜しか知らないけど、幼女キャラもハマっておりますよ〜
Kana_2

2006年11月20日 (月)

ケロロ軍曹 第136話

「秋 温泉で大合戦! であります」
秋ママに抱きしめられるケロロ、うらやましいぜ〜
ケロン人にもペコポン人女性の乳は魅力的なのであります
見ざる、聞かざるとくれば…ちょっと意外でしたが
寒いだじゃれでドロロ存在感だしましたね〜
まわりの反応を気にせず、一人で悦に入るドロロ、楽しそうだな
それにしてもギロロが牛の糞
さるかに合戦に牛の糞は出てきたっけ? なにか別の昔話?
あまりのナンセンスに笑いころげました(^-^;
Mama_4

「ケロロ それいけ!ケロロパン であります」
原作話でした〜
パン好きのワタシにはおいしいお話ですよ
もう画面からパンの匂いがプンプン漂ってくるようです
クルルはやっぱりカレーパンでしたね
しかも激辛で、相手のセンサーをおかしくする凶暴なやつでしたが、食べられるのかな
夏美パンを見つめるギロロの「あ、…ああ」がなんかセクシーでしたね、強いものに惚れてしまうギロロ、戦士の悲しい性(さが)だぜ
でもって、すごろく話のときと同じコスのモアちゃんが可愛いかったですよ
能登ヴォイス満喫、幸せであります〜(#^.^#)
More_11

2006年11月19日 (日)

すもももももも 第7話

「見えない絆」
孝士がツンデレなお話でした(^^;
もも子が普通に可愛かったですね〜
普通にしてれば、すごく可愛いのに…
契り契りと身体目当てなアタックは裏目に出ていましたから、正攻法がいいと思います
もも子のノーマルモードで、すっかり孝士はラブラブ空間に巻き込まれていたじゃん(#^.^#)
委員長との帰り道、不良と遭遇
孝士が自分を見つめ直してひと皮むけましたよ
でも弱いんだよね〜
これからも武術は弱いでしょうが、精神的に強くなりました
そして感謝の気持ちをこめて、もも子に包帯を巻いてもらいます
孝士ともも子の関係が一歩進みました〜
Momoko_2

2006年11月18日 (土)

くじびきアンバランス 6くじ目

「ぜったい、ないしょにしておこう。8点」
小雪〜、おじさんもつらいよ〜(T△T)
辛いときは泣いてもいいんだよ〜
クラスでの孤立と無理解
超能力のことを明かすわけにはいかないので、自己弁護もうまくできない
ありのままの自分で、みんなに受け容れてもらえない
普通の人と違うことで敵意にさらされる
悲しいし、辛いね
小学生の女の子には重すぎる足かせです
小雪ちゃんが大人になって、ある意味達観するまでこの苦しみはつづきます
でも千尋お兄ちゃんに打ち明けて、二人だけの秘密にしたことで
大切な人がまた一人ふえて、苦しみに立ち向かう力になります
おじさんも小雪の味方だよ、がんばれ〜p( ´∇` )q
Koyuki_4
宇宙人は唐突でしたが、重い話とのアンバランスが絶妙?
シリアス話の織り込みが素晴しいので、会長のエピソードへの期待が高まりますね〜
山田のエロ激写は需要多そうです、ワタシも欲しい〜

2006年11月16日 (木)

ちょこッとSister 第19話

「アイドルの憂鬱」
う〜ん、今週はあんまり面白くなかったですよ(^^;
ゆりぴょんの出番が少なかったし、オダエリちゃんの悩みなんてはるまの失恋なみにストライクゾーンから外れてます
メガネと帽子で変装してるのに一発で正体見破られるオダエリちゃん
なのに憧れの音神亜里沙本人に気づかないのはどうなのよ、最後には気がついたのかな?
C1
いつもながらちょこちゃんがピュアなので心和みます
タモさん風の司会者の意地悪な質問に本気で怒るちょこちゃん
C2
憧れのアイドルを見つめるキラキラの瞳が素敵ですよ〜
C4
意外な訪問者に我を忘れる
あどけない表情、くぅ〜かわいいぜ(#^.^#)

2006年11月15日 (水)

デスノート #07

「曇天」
先週は録画失敗で見れませんでした(;ロ;)

やばい、本当にデスノートは面白すぎる!!!
今週は月が南空ナオミを始末するお話でしたが、哀愁漂うドラマチックな展開でしたよ〜
ナオミの名乗った偽名を月がデスノートに書き込むと、リュークが下卑た嗤いをもらすのです
この声を聞くと、中村獅童本人もこんなイヤな奴に違いない、と強く確信したりして
離婚報道も意外な芸の肥やしというべきか

テレビ見ながら、ナオミがんばれ、月の魔の手から逃れろー、と応援していたのですが、月の方が一枚上手でしたし、運命も彼に味方しました(>_<)
ナオミが免許証を手渡す瞬間、雪がひとひら降りてきます
寒々とした冬空と一人の人間の死を重ねあわせて、鳥肌が立つような演出でした
月の冷酷さの餌食となったナオミの死が悲しくて仕方ありません

それにしても月とLが似ているというナオミの印象
この印象のせいでナオミは自分の正体を明かす気になったのですから、それを利用した月が一気に極悪人に成下がりましたね〜
天使と悪魔は似ているということかな
いや悪魔は堕天使なんですが、もし別の運命があれば月もLのような名探偵になれていたことでしょう
今回はマジで月に憎しみを覚えましたよ、もう許せないってかんじ\(`0´)/
Sidou

2006年11月14日 (火)

乙女はお姉さまに恋してる 第6話

「夏の日の狂想曲」
先週は録画失敗で見れませんでした(;ロ;)

水着ファッションショー開催の瑞穂ちゃん、もっこりをご開帳〜(^^;
無理とは分かりつつも、一応スク水を着て欲しかったです、それはそれでアブノーマルの魅力があるのではないかと
水泳の授業を毎回見学では教師が激怒しそうですけどね、水トラウマの診断書とか提出しなければ
更衣室のシーン
お尻丸出しで着替えたりするんですかー?
タオルで隠すんじゃないんですかー?
でも女子高ならありえるかもしれない(妙に納得、女子高それは秘密の花園)
なんだかんだでまりやと貴子が対決、まりやさん性格悪いな〜
シリアスな対決が一転…
ふつう水上運動会といえばポロリ、ポロリが定番ですよね
でもポロリなかった〜 残念、騎馬戦とかしないと無理ですか(そもそもビキニじゃなくスク水だし)
おお来週は奏ちゃんのお話かな、期待大ですよ〜
Mizuho

2006年11月13日 (月)

ケロロ軍曹 第135話

「カララ&チロロ 七五三に753さん! であります」
オールスターで七五三ネタでした〜
場の空気をまったく読まず肉を喰いまくる556、気を利かせたつもりだろうが無法者すぎる
夏美を小雪ちゃんが水着になってくれたのはうれしいけど、季節はずれで寒すぎだね
無邪気な子どものすがたに和む753さん
わたしも日頃近所の小学校の女子児童に和ませていただいております(^^;
ついにカララが軍曹に惚れた!
ここはタママ、モア、プルル看護長をからめてお話を作ってほしいであります
Natuyuki

「ケロロ たかが1粒されど1粒 であります」
文部科学省がよろこびそうなお話でした〜
やっぱりお米づくりはドラマチックですね〜
てゆうかラストのナレーターさんのMな発言に被虐妄想が触発された!
にこにこ顔のモアちゃんにお仕置きされたい〜
「はい、とっても痛いですよ〜てゆうか臥薪嘗胆?」
さすが恐怖の大王だぜ(´Д`;)ハァハァ
More_10

2006年11月12日 (日)

すもももももも 第6話

「虎の刺客、現る!」
先週のつづきで放置された孝士はもも子に冷やかな応対
子作りはともかく危険からは守ってもらいたいのに、完全放置でしたから仕方ないです
でも今週は意外とマジな展開でしたよ、孝士が自分の力で刺客を退けました
虎は猫科だけど、それじゃ猫そのままじゃん、というお馬鹿なサッカー勝負
それなら孝士は犬の習性で行動するのかと、つっこみたくなりました
虎の男はもも子の幼なじみのようです
「けっ」結婚かな、決闘かな(^^;
サッカーボールで腹話術とはなかなか面白い奴ですよ
西郷さんあっさりやられてましたね、やっぱり見かけ倒しなんだ〜
十二神将戦争とは?
いいところでヒキましたね、マジな戦争なのか、お馬鹿な争いなのか
今週はいろはの出番が少なくて残念、その分委員長が孝士にアタックしてました
刺客がこなければ普通にカップルになれそうですよね
Momoko_1

2006年11月11日 (土)

くじびきアンバランス 5くじ目

「ともだちがかわるかもしれない。1点」
蓮子さまがはげしくツンなお話でした〜
しかも彼女はいいとこの家で、つまり高飛車お嬢さまなのです
一学期が無事終わりましたが、いままでの鬱憤が一気に噴出してキレる蓮子さま、激しい人だな〜
山高ければ谷深し、ツンに反比例するデレもいけます蓮子さま
くじアン一話を見たときは、軽いギャグアニメかと思いましたが、先週といい今週もなかなかいいドラマを見せてくれます
思うに蓮子さまには友達らしい友達がいないのですな〜
はじめてできた仲間たちとどうつきあっていいのかよくわからないのでイライラするのでしょう
とくに蓮子から見た時乃は無神経なまでのフレンドリー女だから癇にさわるのですよ
実際の時乃は子どもっぽい人懐こさから脱却しつつあります
千尋にむかって「好きか嫌いか」なんていまさら尋ねたり、先週の話とあわせて考えると、ああ揺れ動く年代なんだな〜となんかしみじみしてしまいますよ、この爺は(^.^ ;
で、ドラマとは関係なく小雪ちゃんはかわいい(#^.^#)
「小雪、こどもじゃないもん」
くっそー、かわいすぎるぜー、ててててめえはこどもだろうがー、おじさんを堕落させる悪い幼女だー
しかも来週は主役っぽい、時代は聖少女だ(≧▽≦)
Koyuki_3

2006年11月 9日 (木)

ちょこッとSister 第18話

「Let's にゃんシング」
ちょことゆりぴょんが駆をめぐって醜い修羅場∑(゚o゚
「あんたの貧弱な身体じゃ駆が満足できないのよ!」
「きぃぃ、泥棒猫がつけあがるんじゃねえー」
なんてことにはならなくて、ほのぼのムードで環境にもやさしいお話でしたよ
みんなでわいわい楽しむ雰囲気にすかっり心和んだゆりぴょん
こういう団欒の体験がないことが、ちょっと不憫でもあります
ゆりぴょんにとって本当にちょこは癒しの天使だね(#^.^#)

真琴が管理人さんの乳浴いや入浴シーンを盗撮
そしてさらにちょこちゃんのヌード撮影会へと移行します
さすがに普段脱がされる側として熟知した甘言を弄して、純真なちょこちゃんを剥いていく真琴
冗談じゃなくて本気でやってくれ、頼むから
ねこにゃんダンスよりもちょこちゃんのヌード撮影会を激しく希望します(〃▽〃)
一方ゆりぴょんははやくも失恋、それでもあきらめきれずちょこに宣戦布告します
「あたしの魅力で犬を従えてみせるわ!」そのとおりですよルイズ様(^◇^)
今後のゆりぴょんのアプローチに期待ですよ〜
あと管理人さんにあそこまで言わせて、涼しい顔してるはるまに罰を与えて下さい
Choko_5

2006年11月 6日 (月)

ケロロ軍曹 第134話

「ケロロ 風邪をひいたらアフレコだ!? であります」
ケロロ失禁Σ( ̄□ ̄;;;)!!
おもな視聴者層の小さいお友だちには身近なアクシデントですが、いちおう大人の軍曹としてはいたたまれない出来事であります
隊長の面目まるつぶれだし、みじめな気持ちでいっぱいになるし、これは昨今話題のいじめによる被害ではありますまいか、失禁ゲームとかいう
翌日復讐に燃える軍曹は全員が失禁するまでアフレコゲームをしたにちがいない
以下妄想
夏美の失禁シーン、くくくたまんねえぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
Natumi2_2

「冬樹&クルル 秋葉原を行く であります」
パーツを買い集め、パソコンを自作、楽しそ〜
ケロロ小隊はオタクばかりですね
ガンプラオタク、武器オタク、クルルもよくわからんけどオタクだし、冬樹もオカルトオタクだよ
「冬樹〜ぃ、重くない?」なにげないセリフに笑ったー(^.^)
サトームセンの豹とオノデン坊やにも笑ったー
Kururu_2

2006年11月 5日 (日)

すもももももも 第5話

「激突!もも子VSいろは」
ウキウキいろはのお兄ちゃん攻撃〜(#^.^#)
孝士暗殺から一転して孝士籠絡作戦へ
萌えなゲームを参考に作戦はすすめられますが、孝士はいたって冷静
それにしてももも子の扱いがひどすぎる、哀れもも子(;_;)
いろはの繰り出す妹萌え攻撃
ストロー間接キス(*^^*)
ソフトクリーム胸こぼし(*^^*)
…ちっとも孝士が萌えてないんですが(^^;
作戦は失敗だな、いろは自分が楽しんでいるし
錯乱した半蔵のおかげでもも子といろはは熱い友情をはぐくむ、孝士放置
Iroha3
今回最大の見せ場
素で恥じらういろは(#^.^#)
やはり胸は微乳にかぎる、孝士のかわりに拭いてあげたいよ

2006年11月 4日 (土)

くじびきアンバランス 4くじ目

「にちようびにあそぼうか。5点」
しみじみとしたいいお話でした、穏やかな雨がやさしい雰囲気を醸し出していましたね(^-^)
Aパートは時乃と千尋の学校探検、幼なじみで仲のよい二人です
いまはまだ恋愛感情はないけれど、このまま自然とくっつきそうな二人です
そんな二人だけの世界へ闖入者、Bパートで元幼なじみの律子会長があらわれました
幼い日の回想と現在の対比
律子は思い出を大切にしているが、現在は別の姿になってしまいました
時乃がいうように、(現在は)変わっているけど(過去は)変わっていない
千尋も昔のように律子に接したいと願っているけど、現在の変わりようにとまどいます
そして、もう昔のような3人にもどれないのです
車まで律子を送る千尋を見守る時乃
雨音が高まり言葉にならない不安から時乃は叫びます
兄妹のように生きてきた千尋とも別れなければならない日がくるかもしれない、そんな漠然とした不安でしょうか
そのさびしさが、恋のはじまりになるのではないでしょうか(*^_^*)
ギャグ連発のもいいですが、こういうお話も大好きです
いつか律子の心のうちが明かされるのが楽しみですね〜
Rituko

2006年11月 2日 (木)

ちょこッとSister 第17話

「ドタバタ☆ティーパーティー」
管理人さんをも凌駕するゆりぴょんの妄想力すごいですよ〜
前回のつづきみたいなゆりぴょんの夢でした、やきもちですよやきもち
意中の人(風呂屋の息子)と親密になるためお茶会を企画するゆりぴょん、これってなんてスールオーディション?
ゆりぴょんは勇気をふるってちょこに風呂屋の息子を誘うようお願いしたのに(してましたよね!)、ちょこはスルー、幼稚園のガキを連れて来ます
ちょこは天然なのか小悪魔なのか、それとも大好きなゆりぴょんをひとりじめしたいのか
これでゆりぴょんによってちょこはA級戦犯に認定されました
さらに夢のなかでゆりぴょんの唇を奪うという凌辱シーンも(#^.^#)
いけませんよ、美少女のキスシーン、いや最高ですが、やはり禁断の香りが漂いますが、やっぱり最高
こんな夢を見るってことは、実は無意識ではゆりぴょんはちょこを求めている? フロイト先生大喜びですね
それにしてもあいかわらずストーリーがないのに、この内容の充実にはうはうは状態、赤面ゆりぴょんの羞じらいを満喫いたしました〜 釘宮理恵ばんざーい(≧▽≦)
Choko_4

2006年11月 1日 (水)

デスノート #05

「駆引」
FBI捜査官皆殺しΣ( ̄□ ̄;;;)!!
今週のデスノートもすごかったです〜
キラの智略が冴えわたる!!!
レイさん時間どおりに出勤したりするんですね、それが命取りになりました
自分の名前をデスノートに書かせるとは、恐ろしい手段です
まさか紙切れに名前を書いて殺せるとは普通思わないよ
そして婚約者の元捜査官が独自捜査でキラに肉薄するのですな〜
これはキラにとって思わぬ伏兵になりそうですよ
もうライトにとっては新世界を造り上げることより、Lとの対決が面白くて仕方ないかんじですね
退屈な日常を飛び出して、自分の頭脳を使って、最高に面白いゲームで遊んでいるのですよ、地獄へと真っ逆さまに落ちながら(本人気づいてない)
そしていよいよLが捜査陣に顔を見せるのですが、本当に信用していいのか?
捜査員の一人がキラだったらやばいのでは?
Lにしてみれば、信頼できる捜査員だけを残したのでしょうが、穴がありそうです
それともこれは賭けなのかな、テレビで挑発したときみたいに
個人的には事件の解決はLではなく、婚約者の元捜査官にキラを捕まえてほしいですよ
Titi
正義の人、ライトのおやじ
ライトはこの人も殺すのだろうか、キラとして

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28