応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

天元突破グレンラガン 第5話

「俺にはさっぱりわからねえ!」
謎な話でした〜
地下の村は古代神殿の遺跡みたいでした
司祭から渡された聖典は今後の伏線なんでしょうか?

貧しい村の口減し
悲惨な話ですが、普遍的なお話です
こういうことはなくなってほしいものですが、
どうにもならない苦境もあります
閉塞的な時代や環境を動かすのは、カミナみたいな
向こう見ずで野放図なパワーなんですね

今週はこの先の物語のスケールの大きな展開を垣間見せる、
なかなかいいお話でした〜

今週もヨーコの下品な乳が揺れに揺れた(;´Д`)ハァハァ
Yoko2_1


2007年4月29日 (日)

ケロロ軍曹 第158話

今週も総集編みたいでした〜

「ケロロ 過去の栄光 であります」
例によって本部に提出する報告書を捏造です(^^;

画像編集、アフレコでアニメの製作現場みたいですが
ギロロ伍長に思わぬ余録が舞い込みました

リボン型変声機で「あんなセリフこんなセリフ思いのままだぜ〜」
ギロロ、食事にする? お風呂にする?
それとも匍・匐・前・進?
夏美の声で思いっきり欲望充足をはかる伍長〜最高だぜ〜
声ヲタなら誰もが夢見る究極のアイテムですな

Natumi2_3
日向夏美 秘密の放課後
クルルの盗撮ビデオですね
あいかわらずいい仕事してます!

「ギロロ 禁断の記憶 であります」
捏造が発覚して、正真正銘の活動記録を見るためギロロの記憶にアクセスです!

てゆうか笑顔で実力行使するモア殿が恐すぎる(°_°;)

夏美のブラが頭に乗って赤面
「幸せそうね、ギロロ君」
プルルに変態認定されてますね〜

以降、ギロクルのいじりネタで大暴走
やっぱりスタッフのお気に入りネタなんだ〜
いままでのギロ夏の名シーンがすべて台無しですよ
これはギロ夏ファンへのいやがらせか!?
完全にギロクルのフラグが立ってしまいました〜

Giroro_2
目の真ん中がクルルマークになってる!!

怪物王女 第3話

「暴走王女」
いや〜毎週楽しいですね〜
アニメとしての出来は少しアレかもしれませんが、
肩の力を抜いて気楽に楽しめる良作だと思うのですが、皆さんどうでしょう?

今回は第一話で姫に成敗された狼男の妹のお話
兄が謀殺されたと思い込み姫の屋敷に乗り込んだが、改めて知らされた真相は…

狼娘リザとしては気持ちの整理がつけられないですね〜
怒りは収まったかもしれませんが、
この先姫がどんなふうにこの娘を家来にしてゆくのか、
姫の華麗な人心掌握術に期待です

それにしても姫、弱いです
タイマンだったら完敗ですね
成人前の王族は人間並の力ですか〜
しかし窮地に立たされても、気位の高い姫に(;´Д`)ハァハァ
もうちょっと微エロを投入してくれと、いっそう嬉しいのですが

そしてヒロはまたしても「いい人」をアピール
狼娘の好印象をゲットしました
ツンデレ姫がいつの日が彼に感謝したりするのではないかと、
ありえない展開を期待しながら、来週も楽しみです〜
Liza


2007年4月27日 (金)

のだめカンタービレ Lesson 14

千秋の実家にのだめが行くお話

飛行機に乗れない、船に乗れない
したがって海外に留学できない千秋の問題は一家の問題
催眠療法もお手上げな呪われた千秋の体質

のだめの失敗しない料理、水炊き&おにぎりで一家団欒
…のはずが家庭崩壊

そこで千秋とのだめの演奏が…

なんか中途半端なところで「つづく」でしたね〜

実はコミックを一気に17巻まで大人買いしましてf(^^;)
ここの場面のエルガーの曲をすごく期待していたのですが、
来週やってくれるよね、必ずやってね!

悪夢にうなされた千秋が聞いてたバッハ
マタイ受難曲は聞いたことないのですが、
バッハを聞いてるとリラックスできますね〜
EDあとの「ハンニバル・ライジング」CMでもゴールトベルク変奏曲が流れて、今日はバッハの日でした
いやあ、音楽って本当に素晴らしいですネ(水野晴男風に)

Yuiko
由衣子ちゃん可愛い(#^_^#)
「お兄ちゃま」って呼ばれたいですよ

2007年4月26日 (木)

神曲奏界ポリフォニカ 第4楽章

「ダルセーニョ 始まりの日」
昔の思い出のお話でした
てゆうか神曲奏界カンタビーレ?

ちょっとお話的に微妙だったんだすがf(^^;)
作画が微妙なのも毎度なんですが…

おちこぼれの音楽学生フォロンがじつは天才、みたいな設定でした
幼い日、コーティと契約したのをフォロンは忘れている
コーティは音楽学校に封印されていた
フォロンが昔の悲しい歌を歌うとコーティが暴走
神曲を演奏して鎮静化、ということでした

どうも文句ばっかりつけてるみたいで気がひけるのですが、
音楽で精霊を操るという基本設定にかなり期待していたのかも
肝心の音楽が(それにまつわるエピソードが)あまり心に響かないので
どうにも気持ちが盛り上がりません
のだめと比較しちゃいけませんね
大人になったフォロンがソプラノで独唱するのも違和感ありまくりですが、
男性ソプラノも実在するし、特別な例外ということですかね?

Cotey
ロリでツンデレ美少女精霊が降臨、
しかもいきなり足蹴にされるというシーンに心温まりました
もっとツンツンしておくれよ、コーティ(;´Д`)ハァハァ

2007年4月25日 (水)

デスノート #28

「焦燥」
ミサイルでた〜!!!Σ(゚Д゚)

アメリカのマフィアはすごいですね
ハイジャックをやらかし、ミサイルを用意する
裏世界も表の権力に負けず劣らずパワフルです
デスノートなくても世界征服とか出来るんじゃ?
このスケールの大きさ、さすが亜米利加ですよ〜
ポテトチップスにせこいトリック仕掛けた月が思いっきりウサギ小屋に思えてきました
今回の勝負、メロの圧勝でしたよ

ノートが手に入ったら真っ先にニアが殺されると思いましたが
こちらも通称で本名は不明なんですね

さすがに月は妹を殺しませんでしたが
肉親の情というよりは、自分の安全を考えての行動でした
ほんとに筋金入りのエゴイストやな
ミサミサにもやつあたりするし、暴君ハバネロです

来週は月とニアが手を組んでメロに報復のようです
全米のマフィアも泣いた!?

Sayu_4
恐怖に怯える粧裕たんエロス(;´Д`)ハァハァ
無邪気な中学生もよかったですが、これもこれでアリかな
令嬢誘拐監禁凌辱などとエロゲのタイトルの字面が稲妻のように頭にうかびました(あぶないよ俺)

2007年4月23日 (月)

天元突破グレンラガン 第4話

「顔が多けりゃ偉いのか?」
今週はちがうアニメみたいでした、画が変わってましたね〜

獣人ハンター「黒の兄弟」の登場話でしたね
兄弟っていっても女の子ばっかり
カミナのみモテモテ(?)だな〜
シモン(´・ω・)カワイソス

合体がまたしてもドリルで突き刺しです!
合体の特訓してたのに…
どこに突き刺しても合体できるのかも
ラガンの特殊能力なんですね〜

空腹で力のでないグレンラガンのピンチだ
男気あふれるブータが我が身を挺して生贄に〜
トカゲみたいにまた尻尾は生えてくるのかな〜
ここのドリルで尻尾を伝送するシーンがものすごく笑えました
カッコいい!ていうよりも笑えるアニメですね〜

今回の獣人は人間離れしたフォルムでしたね
おまけにグレンラガンが絶対勝つ予定調和みえみえでしたので、
戦闘シーンはあまり燃えませんでしたが、
団子みたいに串刺しに吹いた!

Kuro
左からキノン、キヨウ、キヤル
それぞれ呑気、陽気、やる気の語呂合わせでしょうか
一人一人のエピソード希望です!!

2007年4月22日 (日)

ケロロ軍曹 第157話

今週も面白かったであります!
新シーズンで絶好調?

「プルル 看護長におまかせ! であります」
ケロロ軍曹に幼なじみフラグが立った?
そんな気もしないでもないような…
でも昔の思い出をしみじみ語り合って、二人だけの世界を作っていましたよ
幼年時代のエピソードで一話作ってほしいですね
Pururu_1

ギロロの病気、恋患い
かなりの重症ですよ〜
そして性格矯正のための人助けマウストウマウス、恐すぎる〜(;゚Д゚)

尻への注射を所望するドロロ
なんか変なアニメになった、ヤバいよ〜

「夏美 今日の占い であります」
そーいえば夏美は12月生まれでした
そして軍曹も一週間ちがい
すっかり忘れていた設定をうまく生かしたお話でした!

星占いを信じてだんだんぼろぼろになっていく夏美可愛いよ
軍曹の悪ノリも生き生きしていましたね
ひさびさの夏美vs軍曹という構図が新鮮でした

Natumi_13
ギロロに謝る夏美がしおらしくて可愛い
こんなに可愛らしく謝られたら、かえってギロロの体に悪いですよ

2007年4月21日 (土)

怪物王女 第2話

「破壊王女」
今週も面白かったです〜
第一話がいろんなブログ様でB級評価されまくってましたが
B級最高ですよ〜
わかりやすい設定とありがちなアクション
気楽に見れる娯楽作品大好きですよ〜

「イニシャルはHHだけど、Hな妄想は控えめで〜す」
つかみは最高、これでヒロは学校の人気者だf(^^;)

またも刺客が姫を襲う
今回は透明人間
ガソリンを撒いた地下室に誘い込み館は炎上
最後は姫がチェーンソーで華麗に成敗しました〜

Hurann
一見すると無垢な幼女
いつもメイドコスですが、髪をおろした姿も披露してほしい
フランちゃんは人造人間というよりも
ターミネーターみたいなロボットですね
いやいやあの口元をみていると
ロボットというよりもダッチワ(最低

今週はヒロと姫の主従関係が強調されました
姫が死ぬとヒロも生きてられない
だからヒロは全力で姫を守らなければならない
あいかわらずSの女王様の姫ですが、そのクールビューティーがたまらんぜ(;´Д`)ハァハァ

2007年4月20日 (金)

のだめカンタービレ Lesson 13

卒業で一区切り、なお話でした
Sオケ解散、千秋は新しいオケ目指して活動開始です

G
恋のGカップサイコ〜
マジでヒットしそうなんですが、CD出ないかな?

とっても仲のイイSオケメンバーでしたが
新しいオケはいままでのしがらみを断ちます
誘ってもらえなかった人達はくやし涙ですが
音楽の道の厳しさを垣間見たようです

千秋は確実に動きはじめましたが
のだめにはいつ転機が訪れるのかな?

のだめの楽器がオケの楽器だったら峰のように懸命に練習するのでしょうが
ピアニストってやっぱり唯我独尊のゴーイングマイウェイですね〜
新しいオケでのだめがピアノ協奏曲とかやる展開だといいな〜

2007年4月19日 (木)

神曲奏界ポリフォニカ 第3楽章

「ポルカ 海の底の忘れ物」
今回のお仕事はサルベージ
精霊って万能というか無敵ですね素敵ですね
コーティは非常におおざっぱで細かいことに無頓着なのがいいですね
精霊にとって神曲楽士の仕事は遊びみたいなものですかね〜

とにかくコーティが強すぎて
所長が焦っていた腕利きのもぐり楽士を一撃で粉砕しました
あんた強すぎるよ
コーティが活躍できるには、戦争とか始まったほうがいいみたい

沈没船のスーツケースにはしょうもないものが入っていたです
兄弟仲良くってことで、いい話だったのかな? なんか微妙だな〜

Pai
水着回のお約束〜
狭い潜水艇で(;´Д`)ハァハァなシチュでしたが、あまり萌えませんでした

2007年4月18日 (水)

デスノート #27

「誘拐」
三つ巴の戦いです!!

孤児院でLの後継者らしき二人が登場しましたが
仲が悪いので決裂
ニアというちょっとL似の少年が暫定後継者に
もう一人の情緒不安定なメロはマフィアに入り込みデスノート奪取を画策します

大人になった粧裕ちゃん
でも中学生の頃のほうが可愛かった気がする(´・ω・`)
ミサミサは全然成長しないのに、粧裕ちゃんはずいぶん大人びてしまった

さて来週は月が妹を殺す鬼畜ぶりを発揮するのかどうか、というのがポイントですね
まさか殺さねーよな、とは思いますが、おとなしくノートを渡すとも思えずドキドキです
粧裕を殺しても殺さなくても、キラが夜神家の家族や関係者であるのは確定か
そもそも警察長官を殺してしまったのが失策のような気がする
好敵手Lを失って頭が鈍くなったか月よ!

Misa_5
ミサミサのエロエロ攻撃〜

2007年4月15日 (日)

天元突破グレンラガン 第3話

「顔が2つたぁナマイキな!!」
今週も熱いノリで押しまくりましたね〜
無理を通せば道理が引っ込む、むちゃくちゃな合体でした!
本来の合体機能がないのに無理矢理合体するロボットアニメって、もしかして史上初ですか?
それとも荒唐無稽なギャグ設定でまったくお話にならんのかな〜
たとえばガンダムみたいなリアル系では絶対ありえないことを平然とやってるのは、スーパーロボット系というよりもタイムボカンシリーズのノリですね
一見ありえないお話ながら、いちおう理屈もある(と信じたい)
オカマさんがそれっぽい理屈をつけてくれることに期待しましょう〜

Gattai
日曜の朝から合体(^^;

それでボインはカミナに惚れてるってことでFA?
でも主人公がいつまでも弟分扱いってのも問題ありありで、いずれシモンが下克上するのでしょうか?
なんとなくカミナはいずれ仲間を助けるために死んでしまいそうですね〜
そういったイベントなしで、シモンがカミナ以上の漢になるとは思えないです
べつに漢にならなくてもいいんだけどね、主人公らしい活躍をみせてほしいよ


いろいろな期待をこめて、敵の本拠地目指して旅立ったグレン団に栄光あれ!!!

ケロロ軍曹 第156話

「ケロロ 合体!ケロロロボ であります」
プラモの販促話でしょうかね
搭乗シーンのパロはよく分かんなかったです
合体はコンバトラーでした〜
ロボに乗ってノリノリのドロロ
聖凰斬って声優さんネタですか?
Robo

「ケロロ 侵略!桜最前線! であります」
原作話でした〜
なんか宇宙警察が横暴なカンジですね

コゴローの貰った小切手、1050円てのが笑った〜
消費税が加算されているのね

Keroro_6
「なあ、俺たちがんばったよな」
「ああ、やるだけのことはやったんだ こんな場所でも仕方なかろう」
ここ、哀愁ただよう名場面ですね〜
中田さんの声が苦味走ってかっこいい!
一日の戦いが終わった徒労感と安堵感がにじみ出ていて、胸にぐっと来ますね〜

満開の桜を一望する最高のロケーションをゲットした日向家
アニメだけにこのシーンは綺麗でしたよ
とっても気持ちのいいお話でしたね〜

2007年4月14日 (土)

怪物王女 第1話

「蘇生王女」
姫、エロ可愛い(;´Д`)ハァハァ
Hime

原作未読ですが、「怪物くん」のパロですかね〜
ホラーなアニメなのかどうかよくわかりませんが、とっても楽しいです!

姫がクールでツンツンでSの女王様で、わずかなデレすら期待できそうにないのですが、
果してデレはいつかやってくるのか?
それともツンツンで貫き通すのか?
このあたりが興味の焦点であります!!

一日に2度も死んだヒロです
頼りなくM体質で、この先の人生が危ぶまれますが
いい人であることが唯一の生命線のようです
これからも身を挺して姫をお守りするのでしょうな

怪物世界にも権力闘争とかあって
姫が人間界に転居してきたのもその関係らしいです
そのうち黒幕のラスボスが現れて、姫に成敗されるのでしょう

「怪物くん」の手下といば狼男、ドラキュラ、フランケン
こちらのフランドルちゃんはロリですが、やぱりフガ〜としかいわない
のこりの二人も楽しみですね

あとヒロの姉、紗和々の乳揺れがとてもいい眼の保養でしたf(^^;)

のだめカンタービレ Lesson 12

今週も面白かったです!
のだめ最高だ〜
千秋と2回演奏しただけで大満足、欲がないというのかなんというのか
有名になりたいとか世界で活躍したいとか、そういう上昇指向がまったくないですね
ある意味、純粋に音楽を愛しているのかも
のだめに真の天才の姿を見た(ような気もする…)
野生動物のようにピュアでマイペースなのだめ、いいぞいいぞ〜
Nodame_4

卒業の季節を迎え、Sオケメンバーもそれぞれの道を歩きはじめます
音大を出てもなかなか音楽を生業としていくのは難しいんですね
オケに就職できた真澄ちゃんはやっぱ凄いんだ〜

他の仕事に就職するのは、本人は不本意かもしれませんが、
アマチュアとして音楽をつづけていけるのなら
それはそれで素晴らしいことですよ
みんなが楽器をやったり歌ったりで、
いつも街に音楽が流れているのは楽しいよね〜

さて海外に行けない千秋は日本で何をはじめるのかな?

2007年4月11日 (水)

神曲奏界ポリフォニカ 第2楽章

「オペレッタ 見つめる精霊」
のぞき魔はギーシュだった(違う)

寝ているとコーティが勝手に入ってきて馬乗りに(;´Д`)ハァハァ
足で顔をぐりぐりとかされたいです
精霊は着替えたり、お風呂に入ったりしないんですかね?
実体はあるみたいですから、体温とかあるのかな
ドアすり抜けるとき全裸になったような気がしますが、錯覚ですか
そういったエロい展開希望です〜(^^;
Coti_1


デスノート #26

「再生」
前半総集編でした〜
Lの視点からキラ事件を振り返ります
月がLの記録を消去して自分のキラ容疑を抹消しました

ノートは夜神親父が隠匿することになりました
最後にこのノートを使って親父が月に正義の裁きを下すんじゃないですか?

「二代目L就任パーティーでもやりますか」
松田あいかわらず能天気

独り暮しをゲットしミサと同棲をはじめる月、なかなかやりおるの〜
ミサ大喜び、これは御褒美というよりさらにコントロールを強めるためか
Misa_4

ワタリがすごい人でしたね
超資産家で慈善家、Lの育ての親にして正義の人でした

一定の時間内にLの肉声が記録されないとLの死亡を発信するパソコン
Lの隠し玉ですよ
例の孤児院(WAMMY'S HOUSE)ではLの死を確認しますが、ひとくせありそうな施設ですね
子供に特殊な教育をほどこして、超人探偵を育成してるのかな〜
結局、Lというのは組織を代表する名前とか、コードネームだったのか

形こそ変われど、L対月は続行しそうです
また白熱した頭脳戦を見たいですよ〜

2007年4月 8日 (日)

天元突破グレンラガン 第2話

「俺が乗るって言ってんだ!!」
今週も熱い! そして爽快だ!!!
さらに、オカマ最高〜ですよ!

気合いとノリがこんなにも気持ちいいとは!
子供向けアニメはかくあるべき! みたいな
もちろん大きいお友達も大喜びだよね〜

ラガンはシモンの感情が昂ぶらないと動かないんだね
怒りとかだけではなく、性的衝動もオッケーなようです
なんて男らしいロボットなんだ〜
Simon

カミナの親父が死亡したことが判明
地上は苛酷な戦いの場であります

敵のガンメンを乗っとりましたが、
アレをオカマが改造して、ラガンと合体するのでしょうな〜
ロボットアニメの王道をちょっとはずれた
この手作り感が新鮮ですね〜
フロンティア精神が横溢しておりますよ

二週続けてなんか大興奮のグレンラガン
傑作の予感がしてきましたが、どうなんでしょう?

2007年4月 7日 (土)

ケロロ軍曹 第155話

土曜午前10時に復帰しました〜
OPは「帰ってきたケロッ!とマーチ」
財津一郎&ゆうこりん
うれしはずかしながら帰って参りました〜

EDはキグルミの「くるっと・まわって・いっかいてん」
ちびケロたちのダンスにすっごくあっております、可愛いな〜

「ケロロ小隊 絶好調! であります」
小隊の歌がなんかツボでした!
挿入歌「ポポイ・ザ・ケロンマン」
スーパーの売り場でながれてそうな歌なんですが

小さなところからコツコツと侵略する、地道でまともな作戦です
でも夏美が最終防衛ラインだからね
てはじめに吉祥学園てのはハードル高くない?

夏美から逃げ回りながらさりげなく小隊メンバーの紹介
ギロロ「よくも夏美の恥ずかしい音を!」
恥ずかしい音(;´Д`)ハァハァ
冒頭で寝姿がでましたが、髪をおろした夏美も新鮮だ〜
Natumi_12

ケロポッドシャッフルロボ、胸が開いてちんまいラジカセがでてきたところで吹いた!

「ケロロ小隊 大共鳴! であります」
カセットテープを鉛筆で巻戻すクルルにニヤリとした〜

共鳴の不思議効果
いきなり団子の大量製造を目論みますが、これって過剰在庫だったんじゃ…

「てゆうか自家発電?」
能登きわどいよ能登(;´Д`)ハァハァ
More_14

ケロロ小隊は侵略未経験者でした!
ペコポン侵略のまえに、どこか手頃な星を侵略してスキルアップしたほうがいいかも〜
でも地球にやさしい共鳴だったようです

2007年4月 5日 (木)

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章

「プレリュード 紅の精霊」
原作未読です

ポリフォニカという大陸で
人間と精霊が暮らすファンタジーのお話ですね
神曲楽士が音楽を奏でると精霊が力を発揮するようです

コーティカルテというツンデレ精霊の女の子がヒロイン
力が発現すると大人の女に変身します
Coti

とりたてて感想らしいものがないのですが
ふーん、そういうお話なの、という程度の印象

音楽が重要なファクターだと思うのですが
今週のお話を見たかぎりでは
心の琴線にふれるような音楽は聞かれなかったです
(個人的な好みの問題ですから的はずれな意見かもしれません)

とりあえず来週に期待
それにしても川澄さん、いいですね〜
しっかり者のお姉さん役がはまるな(#^_^#)

2007年4月 4日 (水)

デスノート #25

「沈黙」
ナント、あっさり決着がついてしまいました!!!
Σ(゚д゚lll)ガーン

Lが死んじゃったよ
ワタリも死んじゃったよ
大ショック!!!
L_2

ミサミサを助けたいレムが暴走、てゆうか月に操られているのだけど
それでレムも消滅

Lの過去がちょっとだけ垣間見れたけど
孤児だったのをワタリが育て上げたのかな〜?
この二人の関係をもっと知りたいです!

それはともかく
もうお話として終わってしまってますよ
この先なにをするんですか?
月の嘘宣言にしたがって嘘捜査をして、偽キラをでっちあげるのですか?
あと頼りになるのは夜神父だけですが
息子の偽善者仮面を剥すことができるのだろうか!?
それともミサミサvs月とかいう超展開になるのだろうか
あるいは、まったく新しいキラと月が対決するのか
すごーくこの先の展開が気になるのですが、
あんまり盛り上がらなそうな気がして、かなり不安です

2007年4月 2日 (月)

天元突破グレンラガン 第1話

「お前のドリルで天を突け!」
ドリルは男のロマン!
なぜなら男は誰でもドリルをもっているから!
というきわめて男性原理的なアニメです〜
もうノリノリ、ノリだけかもしれませんが

地底で生きる村の少年シモンがロボットを掘り当てて
敵ロボが村を襲い、ボインが現れて
兄貴と一緒に地上を目指す
というお話です
Yoko2


あまり設定とか説明がなく、アクション動きまくり
この先もジェットコースター的なスピード展開でしょう
気持ちいいので、ぜんぜん問題ないです

気に入ったセリフその1
カミナ「自分を信じるな、俺を信じろ、お前を信じる俺を信じろ」
このセリフ、「なにそれ」なんて突っ込まれてますが、決してギャグじゃないですよ
自分を信じるのは結構心細いものでよほどのナルシストでないと自分を信じることは難しいです
せいぜい虚勢をはって強がるのが精一杯
不安なときに、誰かに信頼されることは、とても勇気づけられる
信頼ってのは、たとえ失敗しても見放されない安心感があります
人間、安心感があれば自分の力を出し切れるものです
信頼されるのって人が成長するのに欠かせないものですね〜

気に入ったセリフその2
村の少女「気をつけないと穴掘られるかもよ」
日曜の早朝からエロい妄想炸裂しちゃったよ〜(;´Д`)ハァハァ

2007年4月 1日 (日)

ケロロ軍曹 第154話

「ケロロ さらばケロロ軍曹 であります」
今週はモアちゃんのセリフがいっぱいあって
能登可愛いよ能登(;゚∀゚)=3
能登モアちゃんでも低い声を使うようになりましたね
「てゆうか」四文字熟語のところとか
モアちゃんは高い声でいいと思うのですが
能登でも演技の幅広げなくていいよ能登
能登わんあんどおんりーでいいよ能登
能登勝手なこと言ってごめんよ能登
More_13

夏美ツンデレ〜(ちょっとちがう?)
無人の指令室で叫ぶ姿にグッときましたよ
怒っているような悲しんでいるような夏美可愛いですね

宇宙人街が巨大ロボットと判明
「戦おうよ」
いつになく好戦的な冬樹ですよ

宇宙バナナはモアちゃんの買い物だったんですね〜
ありえないオチで宇宙怪獣を撃破しました
ケロッとマーチはキャストが歌っているのかな?

スケールの大きな展開とギャグ炸裂で本当に楽しめました
3rdシーズンを華々しく締めくくりましたね〜
来週からは土曜10時、またまた楽しみです(゚∀゚)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28