応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

怪物王女 第21話

「追放王女」
蔦子さんがロサギガンティアの秘密をスクープするお話(違う

「昼も夜も激しくて、睡眠不足」
能登のエロトークがとってもよかったです(;´Д`)ハァハァ

水着とか体操着の令裡さん(;´Д`)ハァハァ
ブッチはとんでもない盗撮魔です

下層吸血鬼達がまるで集団レイ(ry

なんでわざわざ教会に火をつけたのかな〜と思ってたら
お引越しのための伏線だったのか
でも棺桶が運び込まれて喜んでる紗和々ねえさんって…

前回につづいてリザさんの百合なお話でしたね
こうやってちょっとずつ二人の距離が縮まっていくのが萌え(#^.^#)
姫さまも成敗のシーンで絶対領域をご披露してくださいました、ありがたや〜

2007年8月29日 (水)

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 第8話

「魔法学院の危機」
アルビオンの特殊部隊に学院が襲撃されるお話の前編
ルイズたちがいることを除けば、だいたい原作どおりの展開ですね
シリアスなストーリーですから、来週がクライマックス
原作ではかなり戦闘シーンが燃えるバトルでしたので、それを再現してくれるとうれしいな〜

というわけで今週は感想らしいものは特別ないです
銃士隊が少しまぬけに見えたかな
人質をとって立てこもっている相手に慎重さが足りなかったですね
お話の都合上、窮地に追い込まれる必要があるのですが

特殊部隊のメンヌヴィルはアニエスの仇ではなかった
彼もまた復讐のために当時の指揮官を追っていた
う〜ん複雑な立場ですね(^^;
こんなに人に怨まれるとはよっぽど悪い奴に違いないですよ
悪辣非道な輩には非業の死を与えなければなりませんぞ
ということで、来週が楽しみです〜

Mobu
その他大勢の女生徒が可愛い子ばっかりのとんでもない美少女学院
うはははハーレムじゃ、宴じゃヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

http://kj02ty.blog99.fc2.com/blog-entry-199.html

2007年8月28日 (火)

さよなら絶望先生 #8

なんか今週は可哀想なお話でした〜

人間にとって存在を認めてもらえないことは、一番悲しいことですね
悲しすぎてあまり笑えなかったです
臼井くんは隠密とかなればいいのでは…

非難に慣れておくための非難訓練
これはいい訓練です、マジで
よく心が傷つくとかいいますが、あれは自己愛が傷ついてるだけですよね
あまり自己愛を大事にしないほうが精神的に大人なんじゃないのかな〜
そんな幼児性からの脱却

クラスメイトは軒並み非難されて傷ついてましたが、可符香とかマ太郎はなに言われても動じそうもなく、見習いたいものです

最後のほうで出てきたのは、サイコのパロかな?
すごく恐いんですが、一体なんの意味が?
って意味なんかあるわけないか〜

Kiri
霧ちゃんの水着着用シーン
「見ないでよ」
う〜ん、むっちゃ可愛いですね〜
でもプールに入るつもりなのかな

2007年8月26日 (日)

天元突破グレンラガン 第22話

「それが僕の最後の義務だ」
ロシウえらい! といきなりロシウ称賛から
俺ってひねくれ者だな〜(^^;

グレンラガンが月内部に侵入したシーン
万が一の場合はアークグレンの乗員だけでも助けようとしたロシウ
みんながシモンを信頼している
シモンならなんとかしてくれると頼っている
実際主人公だし、物語世界の予定調和とはそういうものだ
しかしながらロシウにリアルな独立不羈の魂を見た
シモンを信頼するのも選択肢のひとつだけど、
自分で考えるところの、より慎重な選択をする自主性を評価したい
たとえ結果がどうあれ、自分の信念を貫いて行動できるのは素晴らしいです
先週今週と株を下げつづけ、いよいよ表舞台から退場のロシウですが、
空気を読まない嫌な奴のロシウですが、
こういうキャラを配したところに、グレンラガン製作スタッフの慧眼を感じる
熱くノリノリなのがすべてじゃないんだよ、という奥行きがいいですね

それにしても月が宇宙船だったとは( ゚д゚)ポカーン
これから先、ロージェノムがどんなことを思い出すのか楽しみですね!
アンチスパイラルは人類に試練を与えて進歩させるために自分が作った、とか言い出したりしたらどうしよう
Roj

グレンガランの武器も凄いのがでました
時空の裂け目に敵を追いやってましたね〜
この先どんなハチャメチャ展開が待ってることやら(^^;

そしてニアは人間だったときの心が残っているようです
ありがちではありますが、そーなんだろーなー

それにしてもアンチスパイラル側の描写がまったくないですね
機械じかけのプログラムの集合体なんでしょうか?

予告を見たら
あの村の司祭とか聖典が映ってました
やっぱり伏線だったのかな?
ロシウも復活できるといいですね〜

http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-342.html
http://blog.livedoor.jp/gm0079/archives/51136355.html
http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20070826/p1

2007年8月25日 (土)

ケロロ軍曹 第175話

「ケロロ 飛び込め!ビニールプール であります」
原作話でした〜
ほぼ原作どおり、クルルがアヒルのおもちゃを水上バイクに改造したのはオリジナルかな? あと小雪ちゃんがふんどしでない事とか

水のシーンが気持ちいいですね〜
見ているだけで爽快な気分になるのはどうしてだろ

More2
てゆうか天地無用
モア殿の腋(;´Д`)ハァハァ

夏美と小雪ちゃんの水着も盛り沢山
小雪ちゃん可愛いよ小雪ちゃん(;´Д`)ハァハァ

「冬樹&夏美 新しい朝がきた であります」
原作2話詰め込み話でした〜
前半は秋奈ばあちゃんから送られたスイカでエヴァネタ
暴走
拘束具が〜
給水ホース切断、スイカ沈黙しました
新装劇場版エヴァ楽しみです

後半は宇宙人のラジオ体操
ケロン星東町MJ第12番公園、軍曹の地元らしい
タビノビノ人、丸い眼鏡をかけてるはずだ
歌も体操の伴奏もマイナー調でもの悲しいです
うわべだけ明るく前向きにならないのが宇宙の真理?

Natumi2
夏美、尻のラインがエロいよ(;´Д`)ハァハァ
すらりと伸びた脚もたまらんし、わずかに見える背中が高ポイント

ブートキャンプネタも来ました
556を出さなかったのは惜しいな〜

スタンプなくても鉛筆もらう冬樹と夏美
最終日の粗品でよくある情景
タママの鉛筆とばすぞコラ〜がガキっぽくて笑った

自分も町内の子供会でやったのを思い出しますね〜
体操のあとにマイムマイムとかジェンカを踊ったりもしましたが
小学生のころの懐かしい気分にひたれたお話でした

2007年8月24日 (金)

怪物王女 第20話

「連結王女」
今週はナイスなお話でした、充実してましたよ〜
令裡とリザがいがみあいつつも協力してヒロを救出
この二人のやりとりが最高ですよ
百合? 百合なのか?

Reiriza
能登の口から「牝犬」だの「処女」とか(;´Д`)ハァハァ
ツンなセリフも山盛りで、今回だけは永久保存です

虫の好かない者同士が手錠でつながれて行動を共にせざるを得ない
困難を克服するするうちに、やがて二人に信頼が芽生える
よくあるシチュエーションですが、これいいですよ
映画とか小説だと、たいてい男同士なんですが、そこは女同士
なんというか「男の友情」的百合
ヒーローとライバルのバトルを通じて結ばれる絆って精神的なホモだと思うんですよ
ホモなんていうと怒る人もいるでしょうけど、強烈な心の欲動ですよね
だからやおいのネタになるのも頷けるわけ
それに対して女の同性愛って恋愛感情がメインですけど、
バトルしつつもお互い目が離せないっていうちょっと硬派な百合もありかな〜
いうならば令裡Xリザ、令裡のほうが一枚上手だよ

今回の事件で令裡は吸血鬼界から孤立するみたいだし、
姫のファミリーの一員として行動しそうで、
ますますリザとの関係が注目ですね〜

2007年8月22日 (水)

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 第7話

「地底の秘密文書」
アン様登場〜
アニメのアン様は平和主義者ですね、原作では建前は専守防衛本音は私怨から戦争をおっぱじめたんですが、感情に流されるのがアン様のジャスティス
アンリエッタよ、情欲に身を委ねるのじゃ〜
思慮はあるのですが、感情に左右されやすいのが魅惑のアン様素敵だぜ〜

Siesta1
そして1期で見送られたシエスタのセーラー服イベント
でも、…う〜ん惜しい
「お待たせっ」がなかったですね
「シエスタさん、いっとうしょー」のくだりは無理だと思うんですが、着用イベントを軽く流した感じです
原作の3巻はシエスタさんがフューチャーされていて、かなり好きなんですが、そーいう部分はアニメではカットなのね
サイトが他の女の子に惹かれてルイズが激怒する構図には、他の女の子を魅力的に描いてくれないとな〜
ちなみに現在の個人的ランキング(原作)では、
1位 アン様
2位 シエスタさん
3位 胸モドキ
ということになっておりますが、胸の大きさは選考基準ではありません
あくまでもキャラ評価で、今後の期待株はタバサですよ〜

えーとお話の方はアニエスの復讐譚
来週あたりで仇の実行部隊長が明らかになりそうです
いろいろ伏線がありましたが…
ラストにちいねえさまを出すのもなんか苦しいな〜

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20070820/p2
http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-335.html
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-384.html

2007年8月21日 (火)

さよなら絶望先生 #7

また生徒のキャラ紹介に戻りました〜

Aパートは藤吉晴美、同人ネタです
絶望先生は文学同人でした、白樺派とかアララギ派とか大正時代ですね
と思ったらアララギ派は現存するのですか、びっくりした!

絶望先生コミケでコスプレイヤー扱いですが、元ネタがわかりませんです
常月まといも「ザクロ大戦」のコスと勘違い、大正ザクロに浪漫の嵐!
黒服に護衛されたお嬢さまもいらしてました、やんごとなき御方でしょうか

4コママンガの禁断の5コマ目には大爆笑しました〜
やおいの「結」と「闇」は最高です(o_ _)ノ彡☆

ぜんぜん売れない絶望先生の同人誌
買ってくれた可符香に「好きだー」と抱きつくも、すぐに危険を察知
「そうやって人の心の隙間に入り込もうとするんですね」
絶望先生のシニカルなキャラが最高です
絶望先生ってものすごい個人主義者というか、自分のことがとても大事なんですね
大切な自分を他人に汚されたくない
だから世の中すべてが自分を汚す敵のように思えて、結果絶望してしまうのか
まあギャグなんですけど、こういう部分はものすごく共感してしまうです

カエレのパンツは特盛りサービスですね
これだけやられると、見せればいいってもんじゃない! とか反発したり
霧の着替えシーン最高、これですよ、シチュエーションがパンツに幻想を与えるのだ
でもパンツの模様が意味不明
Kiri

Bパートは日塔奈美でしたが、メディアの祭上げネタは平凡かな〜
奇人変人の中の普通人というネタは難しいです

襟に風車をさすのは私はノーパンです
浴衣はノーパンが正しい着用ですよ
外国(?)の風習でありましたね、花を襟にさしてると娼婦のしるしとか、ありませんでしたか(^^;
頭に旗を立てていると赤塚キャラとか(古くて申し訳ないです)
風車の弥七がグローバルスタンダード! 

2007年8月19日 (日)

天元突破グレンラガン 第21話

「あなたは生き残るべき人だ!」
今週はヨーコの過去話
まんま二十四の瞳ですね〜

Yoko
螺旋王との戦いがおわって6年
そのあいだに教員資格をとったヨーコ
それでも超有名人ゆえに、知る人の少ない僻地の学校を選んだのでしょうか

高い木のてっぺんに鞄が!
ありえないいじめですね
実はヨーコに嫉妬する女の子の仕業だったんですが、木登り技術すごすぎる!

そしてならず者のガンメンが学校を襲うと、華麗にヨーコが変身!
なんか以前よりパワーアップしてますよ
先生になる勉強しているあいだも、ライフルの腕は磨いていたのでしょう

そしてキタンたちと合流、囚われのシモンを解放します
ヴィラルはやはりグレン団に編入、グレンラガンを操縦しますよ
予想はしてましたが、このあたりは王道展開ですね〜

宇宙へ逃れたアークグレンも大ピンチ
ロシウは己の不甲斐なさを嘆くも、どうにもならんわい
そこにグレンラガンが駆けつけて宿命合体で来週につづくです

ラストに向かって盛り上がってまいりましたね〜
さていかなる手段で月の落下を食い止めるか?
グレンラガンは破天荒でなんでもありだけど、まさか押し戻したりはしないだろ(^^;(それはもう逆襲のシャアでやったし)
来週アークグレンと合体するみたいですが、なんか秘密の兵器が登場でしょうね

http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-330.html

2007年8月18日 (土)

ケロロ軍曹 第174話

「ケロロ ブッチャ毛、アフロで音頭? であります」
ダンス☆マンの偽物ダソヌ☆マソの寒いギャグで活力を奪う侵略作戦でした

宇宙人には大受けのぶっちゃけギャグがペコポン人には脅威となる
ご丁寧にもコンサートは世界中に放映され、ペコポン制圧まであと一歩

Keroro
ケロロ「自分じゃなんにも出来ない奴にかぎって、ケチばかりつけるであります」
ギロロはbackseat driverですね
たしかにギロロは熱意はあるけど、侵略作戦をクリエイトできないですよね
隊長って作戦立案したり、本当にいろいろな仕事を要求されます
へっぽことかいわれるけど、ケロロって結構すごいよ

More
モアちゃんの腋に(;´Д`)ハァハァ
個人的に腋は上半身の絶対領域と認定されております
公にされていながら、限りなくエロい部位、それが腋

「ドロロ 不思議の山 であります」
ドロロがタイムスリップして若き日の秋奈ばあちゃんと遭遇するお話

小雪ちゃんあまり活躍しなかったorz
ドロロといっしょに過去にいけばよかったのに

Akina
驚異の運動神経、日向家の家系ですね
冬樹の運動音痴は父親ゆずりなんだろうか

Dororo
ドロロ動揺しすぎ
ものすごく期待してものすごくがっかりしちゃったよ
期待するほうがどうかしてますかそうですね

今週は終戦の日があって、それ関連のテレビを見ましたが、
ケロロ軍曹でも、この先戦争をとりあげることがあるのだろうか
戦争ってつまり太平洋戦争のわけで、
秋奈ばあちゃんの幼いころとか、そういう時期ですよね

ケロロ軍曹で戦争を正面から描いたら、すごく泣ける話になりそうだけど、
それは踏んではならない地雷のような気もします
でもやっぱりちょっと見てみたいな〜

2007年8月17日 (金)

怪物王女 第19話

「海洋王女」
救難信号をたどると幽霊船があらわれ、そこには人魚が幽閉されていたのでした

なかなかドキドキな展開で面白かったのですが、肝心の部分が明らかになってないですね〜
いったい誰が人魚を閉じ込めたのか? あの鮫の怪物ですかね?
そのあたりがよく分からなかったです

今週は姫に妹属性が追加されました
ツンデレな妹、いわゆる萌えなのですが、ちょっと違うか
今回エミールお兄さまは姫に刺客を送ってきたのではなく、人魚の保護が目的でしたね
なんかいい人のような印象がありますね
それにしてもフランダース、デカすぎ、ジャイアントロボですか

今回の姫の武器はシャンデリア
落下の際スカートがはためきますが、もちろん捲れあがったりしない(^^;
こっちの姫もポニーテールにしたり平民の服を着ればいいのになあ
せめて水着になってくれれば、この下僕めが欣喜雀躍いたしますよ

リザはまたしても己の実力不足を痛感
さすがに王族は手強いですね
姫にもなにか眼力みたいな特殊能力があるんですかね?
それにしもてヒロは存在感薄すぎる
Hime
http://aniima.blog62.fc2.com/blog-entry-696.html
http://hukahireke.seesaa.net/article/51684029.html

2007年8月15日 (水)

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 第6話

「女王の休日」
はううっ! 期待にたがわぬアン様祭でした〜
ゼロの使い魔のメインヒロインはアン様でありますよ!
ルイズ? そんな奴は知らねえな( ̄ー ̄)

An5
アン様、見事な脱ぎっぷり(;´Д`)ハァハァ
いきなりロイヤルセレブなボディをご披露
ここで全裸先制パーンチ!
ここから先ずっとアン様のターン

An2
ルイズの制服を着るアン様
はちきれるお胸も素晴らしいんですが、ミニスカに痺れた!
100年に一度御開帳するかという秘仏のごときオーラを放射しております
はじめての装いに赤面するアン様がキュートだぜ〜

An
警備の目をかいくぐるためとはいえ、サイト羨ましすぎる
アン様の美乳に挟まれるとあらゆるものが浄化されるという伝説は本当だった!
乳の温もりを保存するためサイトは手袋を買いに走ったという…

An3
肩を抱いてください、とおねだりのアン様(;´Д`)ハァハァ
頭より先に身体が反応するタイプですね(マテ
雨で身体が冷えきっているはずなのに、ハートは熱く燃えている
どう見てもアン様がサイトを喰うつもりにしか見えません

An4
馬乗りになってキス(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
原作ではディープキスということになってます、ヤバいよアン様
演技のつもりが思い切り本気になってしまいますよ
見回りの衛兵がすぐに立ち去らなかったら、アン様はどこまで行ってしまわれたか…
やっぱりアン様には天賦の才がありますよ(なんの?)

というようなアン様祭でありましたが、不満がないわけでないです
いちおうね、原作とアニメは別物と自分に言い聞かせているのですが、30分でできるお話じゃないしね、残念だけど
原作では雨に心を蝕まれるゆえに人のぬくもりを求めてしまうアン様のエロスが下腹部直撃だったんですが、アニメにそういう情緒を求められないしね

というわけでゼロの使い魔第2期は最大の山場を乗り越えました
もう残りはたいしたことないと言っても過言ではあるまい
って来週はシエスタさんがセーラー服だよ!キタ━(゚∀゚)━!
すみません、過言だったみたいです<(_ _)>

2007年8月14日 (火)

さよなら絶望先生 #6

絶望先生の見合のお話でした〜

先生の兄妹も登場しました
糸色 命(望の兄で開業医)
糸色 倫(望の妹、華道の師範)
絶望先生がいつも絶望しているわけですから、医者は患者を殺しまくり、お花の師匠はイキまくりに違いありません、絶対まちがいありません

期待先行で登場した先生の兄妹キャラでしたが、名前のわりには人物としてはまともそうでしたね
この先、奇天烈なエピソードが明かされるといいですね

糸色家のしきたり
目と目があったら即結婚
まといと千里が異様な闘志を燃やします
それにしても学校で汗だくになりながら毛布にくるまっている霧可愛いよ

今週はギャグ少なめでしたかね?
「XXXに絶望した!」とかなかったしな〜
絶望先生のツッコミが入らないと毒が発生しないですね
セバスチャンの悪ふざけだけで、カオスもありませんでした

Hyakume
これは気持ち悪いパンチラですね、ホラーです
カエレはミニ着物のほうでサービスしてほしかったですよ

2007年8月13日 (月)

天元突破グレンラガン 第20話

「神はどこまで僕らをためす」
はうう〜ますます苛酷な運命が人類を襲います
月の落下で一年は地表は灼熱地獄とは!
シェルターに非難した人々は全滅です
ロシウは本当に苦しい立場だな、壊れてしまってもやむなし、ですね

「戦うのが指導者じゃない、決断するのが指導者なんだ」
決断には責任が伴います、だから責任をとるのが指導者なんです
ロシウのやりかたが最善かどうかは分かりませんが、それが指導者の責任です

かなり重苦しい展開ですが、こういうの好きですね〜
リアルな小難しさが画面を圧迫してくる錯覚すらおぼえますよ

ところでですね、いま第5話を見返したのですが、
司祭からロシウに渡された聖典は伏線じゃないのかな〜?
なんて思っているんですが、どうでしょう
単に字が読めないエピソードの小道具だったのか、気になります
螺旋族の母星である地球にもなんか秘密な謎があっていいでしょうし、あの聖典はそれについて書かれているんじゃないのかな(再生されたロージェノムには読めるとかね)

現状の最大の障害は落下してくる月ですが、それを排除できたとしてもアンチ螺旋族との対決が残り数話で決着つくのだろうか
なんか斬新な結末を期待してしまいますね
もう妄想みたいな期待が膨らんでパンパンで破裂しそうですよ
そいでもって、肩透かしを喰らいがっかりしてしまうのもいつものパターンなんですがf(^^;)

Rosiu
アークグレンに乗れない人は見捨てる!
うわ〜ロシウ冷血漢、嫌な奴率400%!
しかし彼には他に選択肢はないのであった…
ロシウ渋いよロシウ、おじさんは応援しとるぞ〜

2007年8月12日 (日)

ケロロ軍曹 第173話

「ケロロ ヤマトとカプー でありんす」
原作話でした!
コミックス読んだときも「独眼流カプ〜!」ってなんじゃ?
とものすごく疑問に思ったのですが、そういった作品は存在しないようです
そしてこれからも描かれることはないのかも
ちょっと設定がケロロ軍曹と似ているし、没ネタかな
でも吉崎先生の敬愛する藤子F先生は似たような設定の作品いくつも描いてるしな〜
そういう意味ではいつかお目にかかれるかもしれません

今回のヤマトとカプーのお話は冬樹にとって軍曹との絆を再確認させる「もうひとりの自分」との出会いだったのですね
いずれ来るかもしれない軍曹との「別れ」をすでに経験してしまった自分
明るいタッチでしたが、ちょっと切ないお話でしたね〜

マンガでいう最後の大ドンデン返し
生まれつきの右利きを投手に有利な左利きに
新巨人の星ですな〜

Natumi
夏美殿、中学生にはまだ早すぎるであります!
妄想(;´Д`)ハァハァ

2007年8月11日 (土)

怪物王女 第18話

「狩人王女」
人情家のタヌキ吸血鬼ハンターのお話でした
最近の日本人が忘れてしまった思いやりの数々にほのぼのしました〜

みなさんから混浴のお誘いを受けるヒロ
姫に止めを刺されました
「わたしの背中をながすか?」
はいはいそりゃーもう喜んで
お嬢さまは玉のお肌でげすな〜
おっといけねえ手が滑った
なんて妄想が瞬時にしてヒロの脳裏をよぎったわけで、温和な顔つきからは伺うことのできない、なかなかのエロ魔神ヒロですよ
「愚か者め」
もうほんとにヒロったら、軟弱なんだから、が、がっかりなんかしてないだからね!
勝手に姫の心の声をツンデレにしてみる(^^;

Shawood
シャーウッド姫の入浴シーンキタ━(゚∀゚)━!
浴室に入ってきたのはヒロなのかしら、と胸ときめかせるシャーウッド可愛いよ

ヒロの入浴中、石鹸を届けてくれたフランドル
「ふが」
どういう意味だったんだ〜? 以下から選びなさい
1 「きゃ、はずかしい」
2 「気にするなよ」
3 「目視測定によると標準値を12%下回る」

今週は本筋よりもお風呂ネタでひっぱりましたね〜
でも姫の入浴シーンがないのは、許せないですよ
姫のエロスはげしく希望!

http://aniima.blog62.fc2.com/blog-entry-680.html

2007年8月 9日 (木)

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 第5話

「間諜の刻印」
今週はアニエスの話かな〜
で例によってラブコメがあって、シエスタがんばりました(#^.^#)

ルイズのお姉様たちを無理矢理登場させましたね
でもほっぺた引っ張られるルイズが可愛ええのでいいか!
カトレアは体が弱くてヴァリエールの領地から出られなかったはずでは?
アニメはちょっと無理な展開ですね

学園長室が賊に襲われる
結末から考えると、そもそも間諜を捕まえるために銃士隊は学園に配備されたわけですね
学園長室の金庫に納められた指輪も罠のための餌だったわけです

しかし女性の胸に印とはベタな設定
サイトが捜査するのはトラブルの種をまくようなものです

賊は見事な胸だったんだからエレオノールは最初から対象外だろ
サイトがしばかれるのはお約束

なんだかんだでミシェルが実はメイジであることがばれました
この話のためのアニメオリキャラだったのか〜

そしてアニエスから仇敵リッシュモンの名が明かされました
いよいよ次週はアニエス編の佳境!
しかもアン様ご降臨ですよ〜+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

Siesta
攻めるシエスタ可愛いよ〜
サイトにとっては美味しい状況です
正直サイトは困ってない
ルイズ一筋と心に誓うも実際の行動を見ればハーレム願望がありありです
行け!サイト! 来週はアン様だ〜

2007年8月 7日 (火)

さよなら絶望先生 #5

身の丈にあった生活と毒抜きのお話
今週はブルマに温泉とサービス満点でした〜

身の丈にあった生活を提唱するも、木津千里の恐怖政治から逃げ出す絶望先生はセレブ死に
六本木ヒルズでドンペリ自殺って無駄に贅沢な死にかた
身の丈にあった生活も分不相応な生活もどちらも苦しいもの
結局生きていることが苦しみなのですよ

毒抜き温泉で生徒が普通になるも、それではつまらない
人間の魅力は毒です
でも毒を魅力に感じること自体が毒の効能なのでは?
毒=悪=欲ですね
欲のない人間って、それは「イワンのばか」です
愚鈍こそ無垢な人間なのですよ

Kiri
温泉に行かない小森霧と智恵先生の入浴シーン(;´Д`)ハァハァ
智恵先生はガチレズですか!
妖しい情念を感じさせますな〜

デブでもハゲでも器が小さくても構わない
人間あるがままでよい、という結論
これって強烈な自己肯定ですね
絶望先生意外と優しいですよ〜

2007年8月 6日 (月)

天元突破グレンラガン 第19話

「生き残るんだどんな手段を使っても」
今週もすごく面白かったです!!ヽ(´∇`)ノ

孤立無援のシモン
起爆装置を握るキノンをグレンラガンに乗せての戦闘シーンが燃えましたね〜
ヒーローはいつでも孤独なんです!
ま、それはそれとして、発進シーンでキノンの乳揺れが拝めました
細かい芸に感心しましたが、キノンは微乳キャラだと思うのですよ
貧乳眼鏡っ子(;´Д`)ハァハァ
Kinon

ロシウがロージェノムの切り札を見つけました
超弩級巨大スペースダイガン、アークグレン
宇宙戦闘への布石ですね〜
人類生き残りにかけて手筈をととのえるロシウですが、嫌な奴度の加速が止まりません!
でもロシウはただの嫌な奴では終わらないと思う
冷酷とか非難されてますが、私情を排した無私の人なのかもしれませんね
いつかシモンと和解する日が来ると信じてますよ

そしてシモンは超弩級戦犯として刑務所へ
そこで待っていたのはヴィラルでした〜
いよいよヴィラル浮上のときが来ましたか!
きっと拳で語り合う男の友情なシーンがありますね

毎回毎回視聴者を飽きさせない展開でもう言うことなしのグレンラガン、来週も楽しみにしてますよ〜

2007年8月 5日 (日)

電脳コイル 第13話

「最後の首長竜」
悲しさで胸が一杯になるようなお話でした

大切にしていたペットや好きな人との死別
大事な物を失ってしまうこと
生きてゆく上では避けられない悲しみ

仮想化の技術が発達すると、電脳ペット(イリーガルも含めて)まるで生きてるように生きて、ときには死んでしまうのですね
死ぬのは悲しい、死なないペットなら安心できるのかもしれませんが、いつか失われるかもしれないものだから、いとおしいと思う感情が生まれるのでしょう

フミエは電脳ペットが死ぬ悲しみを二度と味わいたくないのでしょうが、それだけ愛情が深かったんだね
憎まれ口をたたいても、デンパの気持ちが痛いほど解かってしまうフミエ様なのでした

Tamako
玉子おばちゃん本当に17才だったΣ( ゚∀)ゲッ!!
それでは市役所の仕事はバイトなんですね
でも職場での態度は10代の女の子のものではなかったよな
あんがい留年し( ‘д‘)つ))`Д´)グリグリ

いままでおばちゃんは大人だと思っていましたが、実はヤサコたちと同じ未成年
つまり社会においては強者たる大人に対する弱者なわけです
今回もハラケンのお願いにもかかわらず無力だったし
それでいながら、公の立場にも立たなければならない中途半端な存在ですね
ちょっと苺ましまろの伸恵おねえちゃんみたいだな〜

ここしばらくサイドストーリーがつづいてますが、
図式としては、自治体、大人、規律法律に相対する子ども、老人、違法、自由みたいな形で、
管理を徹底させようとする社会においてむきだしの人間性を主張するみたいな方向でストーリーが展開しそうですね

ケロロ軍曹 第172話

「アリサ&冬樹 UMA対ダンガル! であります」
ダンガルがハリウッドで実写映画化!!
そういえばエヴァのハリウッド版はどうなったのかな〜
ってエマ・ワトソンがアスカですかΣ(; ゚Д゚)カッ
ついに「オタク」につづいて「ツンデレ」も世界標準となるのですね〜

土井中海岸は実物大ダンガルまで製作して盛り上がっております
そこへ謎のUMAが冬樹に接触
ヒトガタとニンゲン、ってアダムだよ

Natumi
謎のUMAに驚いてバスタオルを落としてしまう夏美(;´Д`)ハァハァ
それにしてもバスタオルだけで浴室から出てくるとは…
別にいいんですよ家族だし姉弟だし…
冬樹の視線を気にしないで下着をつける夏美を妄想(;´Д`)ハァハァ
それとも恥じらうほうが(;´Д`)ハァハァなのか?

なりきりコンテストでハリウッド版からパチモン扱いされる軍曹
いやいやもともとパチモンなんですけど(^^;

冬樹を守ってくれたヒトガタを狩らなかったアリサ
これから悪いダークレイスだけを駆逐してゆくのでしょうか

てっきり軍曹が巨大ダンガルを操縦する話だと思い込んでました
なんか怪獣映画みたいでしたね〜

http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2007/08/4_172_alisa_dan.html

2007年8月 3日 (金)

怪物王女 第17話

「年増王女」
年増の魔女が姫を襲うお話でした〜

姫の美しさの秘密は謎なままでしたね
ナチュラルビューティーなのですよ
いまどきの厚化粧の女子高生も見習ってほしいです

Shawood
普通に考えれば、シャーウッドは姫以上のぴちぴちお肌
フェロモンとか別にして、天然のつるつるすべすべにヒロは陶然となるはず
ヒロが辞退するならワタクシが撫でまわして差し上げますよ(;´Д`)ハァハァ

吸血鬼がニンニクに弱いのは定番ですが、魔女も弱いなんて変すぎる〜
その魔女の使い魔にたこ焼を奪われたヒロですが、「男の人」という表現は的外れだろ

能登がいろいろとお節介を焼いていますが、このあたりシナリオとしてどうなのか
あわよくば機に乗じて姫の血を狙うくらいの黒さでもいいかと思いました

今週はなにもポイントがなかったな〜
魔女の強風で姫の衣服がはだけるとか、サービス欲しかったです〜

(参照リンク)
http://aniima.blog62.fc2.com/blog-entry-664.html
http://hukahireke.seesaa.net/article/50151001.html

2007年8月 1日 (水)

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 第4話

「ヴァリエールの三姉妹」
今週はアン様の出番なし(´・ω・`)
でもシエスタが宣戦布告してくれたし、釘ルイズもむっちゃ愛らしかったですよ!

永遠の17才の人がちい姉さまをやるのだと思い込んでましたが、キツイ方の姉だったとはどんな勘違いなんだ
今回はわりあい原作準拠のお話でしたが、子舟でサイトが告白したときのルイズの心情があまり描かれてなくて、反応が変な感じでした
まあ最大のツンデレ見せ場でしたが、原作知らない人にはどう映ったのでしょうね
うれしいんだけど、素直に喜べないルイズ
好きだという気持ちはあるけど、貴族としてプライドもある
かなり複雑な心境のはずなんですが、まいっか
釘宮さんのお声でもう満腹です(#^.^#)
Ruise

アニメの方はラブコメ展開メインということで、今週もかなり楽しめました
原作は原作、アニメはアニメ(自分に言い聞かせている)
釘ルイズ可愛いよ釘ルイズ(;´Д`)ハァハァ
おお例の感じるCDが欲しくなってきたではありませんか!
でもタバサとキュルケはいらないし、ルイズの罵倒もあまり欲しくない
ツンデレなセリフ多めだったら買いですが、どうなのだろう
てゆうか原作のルイズのセリフ(心の声含む)を釘宮さんが読み上げて演じてくれるんだったら、一番いいな〜

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28