応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 電脳コイル 第17話 | トップページ | さよなら絶望先生 #12 »

2007年9月23日 (日)

天元突破グレンラガン 第26話

「いくぜ ダチ公」
う〜ん、ちょっと微妙になってきました

「熱い気合いで敵を撃破する爽快アニメ」なんですよね〜
それ以上でもなくそれ以下でもない、あるがままのグレンラガン
なのにちょっと多大な期待をよせてしまったのかも知れません

スパイラルメネシスから「百億の昼と千億の夜」というSFを思い出したのですが、グレンラガンはSFじゃないし、そういう見方をされても迷惑だろうな〜

以下迷惑な妄想

アンチスパイラルの考えが正しく、螺旋力の増大がスパイラルメネシスを引き起こす宇宙があるとして、
シモンたちの螺旋力がスパイラルメネシスを回避したら、それはご都合主義的ではないのか?
なんでも自分達(物語内の登場人物、あるいは読者視聴者)の思いどおりになる世界として完結するのは、どうなのだろうか
それはひとりよがりな思い込みの世界ですよね
気持ちのいい世界ではありますが、物語として視野が狭いのでは?

人類は万能になりうるのか?
リアルな問題として、この宇宙はいずれ滅びるかもしれず、その危機を人間は乗り切れるかどうか
人類は、また生物は果てしなく進化して繁栄しつづけるのか?

あるいはアンチスパイラルの認識が甘く、螺旋力の増大はスパイラルメネシスを引き起こさないのに、恐怖心から螺旋族を滅ぼしていたとしたら、敵としてアンチスパイラルは卑小な存在になり下がってしまい物語的にはスケールダウンです

自己とは隔絶した他者(宇宙の滅亡、死)がいることが、世界のあるがままの姿のような気がします
滅びや死を甘受できるほうが精神的な成熟のような気もしますが、どうでしょうか?

といって螺旋族を絶滅させるアンチスパイラルが正しいわけでもありません
宇宙は誰のものでもないからです

では物語はどうすればいいのか
とにかくスパイラルメネシスが起きないことには、筋が通らない
いっそシモンとニアがスパイラルメネシスを引き起こし、そのまま新しい宇宙の創造主になるとか
どうですかね?(^^;

グレンラガンは面白くて毎週楽しみにしているですが、
螺旋力のインフレーションが物語を行き詰まらせてしまったというか、
いままでの爆発的なストーリー展開に見合うだけの結末が用意できないのではないか、
そんな心配をしてるわけですよ

今週はいいシーンもいっぱいあったんですが、もうどんな結末になるか、そればっかりが気になってしょうがないのでした

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/blog-entry-1803.html

« 電脳コイル 第17話 | トップページ | さよなら絶望先生 #12 »

コメント

mossyさんこんばんは!

ロージェノムの専門用語はさっぱり理解出来ませんでしたが、mossyさんのレビューを読んでいて奥が深いなあと感心してしまいました。

いくら進化を遂げてたとしても繁栄の先には滅亡がある可能性の方が大きいですもんね。アンチスパイラルは結局、単純に自分達になって脅威になる存在だから排除という考えだったんでしょうか。

>シモンとニアがスパイラルメネシスを引き起こし、そのまま新しい宇宙の創造主になる
そうなったらなんだか熱い展開はどこへやら、別のアニメになっちゃいそうですね(笑)でも無に帰したあとは最初から作り直してみるというのもまたいいかもしれません。

ではでは、お邪魔しました。

mossyさんのレビューを見ているとなにやら深く考えすぎているように思えてきます。

もともとグレンラガンという物語は、mossyさんのいうような,「成熟した理論」を叩きのめし蹴り飛ばす「無理を通して道理を蹴っ飛ばす」ことを根本にしてきたように思います。

勿論、その考え自体は「幼稚な子供の理論」に見えるかもしれません。しかし、現実問題として、どんなに「正しい理論」を持っていても、その「正しい理論」が原因で、動くべき時に動くことが出来なければ意味がないのです。

「まだ見ぬ明日に怯えて、今を後悔したくねぇ。それがオレたち大グレン団だっ!」この言葉こそが物語の根本にあるように思います。

mossyさんは

>なんでも自分達(物語内の登場人物、あるいは読者視聴者)の思いどおりになる世界

と書いていますが、もしグレンラガンがそのような世界なら、アニキが死ぬことも、キタンや他のグレン団メンバーが死ぬこともなかったでしょう(もしくは螺旋力で復活なんてことになっていたはずです)。

死んだアニキは言っていました、
「もしとか、たらとか、ればとか、そんな思いに惑わされんな。自分が選んだ一つのことが、お前の宇宙の真実だ」

もしかしたら、グレンラガンという物語にとって、「世界の滅亡」みたいなことは中心にないのかもしれません。

もし、進化の先に滅亡が待っているのだとしても、この先、シモンやその仲間たちが死ぬことになったとしても、それでも人間は、シモン達は「後悔のないように今を一生懸命に生きていく」そういう物語なのかもしれません。

李胡さん、こんにちは( ^_^)/

>別のアニメになっちゃいそうですね(笑)

イデオンとかf(^^;)
そーですね、それじゃ変ですよね
どうやら熱い展開に慣れすぎて、もっと凄いものを見せてくれという欲求がおかしな妄想をかきたてているみたいです

いつもコメントありがとうございます
それでは、またヾ( ^ _ ^ )

YOSINOさん、はじめましてです
鬱陶しい妄想におつきあい頂きありがとうございます<(_ _)>

>mossyさんのレビューを見ているとなにやら深く考えすぎているように思えてきます。

単純なことを深くねちねち考える癖があるものでしてf(^^;)

>「成熟した理論」を叩きのめし蹴り飛ばす「無理を通して道理を蹴っ飛ばす」ことを根本にしてきたように思います。

そのとおりです
そういうアニメに、過大な期待をしている自分がお門違い野郎なんですが、物語のスケールが大きくなったとき、いままで自分の出会ったことのない未知の考え方が示されたら、それは読者にとって至上の喜びと思っている次第です

>もし、進化の先に滅亡が待っているのだとしても、この先、シモンやその仲間たちが死ぬことになったとしても、それでも人間は、シモン達は「後悔のないように今を一生懸命に生きていく」そういう物語なのかもしれません。

ニーチェの「ニヒリズムの超克」ですね
生きる態度として、それは幸せな方法です
物語の発端からそれがテーマとして示されていて、ラストまで一貫していれば、作品として文句のつけようもありません
そしてグレンラガンは、YOSINOさんが仰るようにそういう作品なのでしょう

ただ、自分はちょっと気分的に醒めてしまったのですよ
前回のキタンの死までは大喜びで視聴していたのですが、今週の話を見て、自分が驚くような結末が用意されてないような、そんな危惧、マンネリといったら言葉は悪いですが、ロージェノムを倒したときと同じような展開で結末を迎えたら、物足りないな〜という心のすき間風があったのですよ

「無理を通して道理を蹴っ飛ばす」ことを幼稚、と受け取れるような表現があったらそれは申し訳ないです
自分もロシウのようなタイプの人間なので誰かに殴ってもらったほうがいいかもしれませんね

長いお答えになってしまいました
また文句とかありましたが、鋭くコメント頂けたら嬉しいです

それでは失礼いたします

昨日は、色々と偉そうなことを書いてしまってすみませんでした。反省してます。

>単純なことを深くねちねち考える癖があるものでしてf(^^;)

私もそういうところ結構あります。昨日のコメントなんかがいい例ですw

グレンラガンの最終回は、ガイナックスだけに、「トンでもない事をやらかしてくれる」んじゃないかと、期待と不安を感じながら放送されるのを待ってますw

それでは( ^_^)ノシ

こんにちは、YOSINOさん!

>反省してます。

お気になさらずに
ナマの意見がぶつかりあうのもネットの醍醐味
これからも思ったままのコメント頂けたら嬉しいです

>ガイナックスだけに、

期待も不安も大きいですが、最終回を楽しみにしましょう!

それでは、また(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154714/16543684

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン 第26話:

» 天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」 [アニメって本当に面白いですね。]
天元突破グレンラガン   現時点での評価:4.0   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30〜   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話   h...... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」の感想 [何て不敵にオタLIFE]
 遂に全貌を見せた超銀河グレンラガン。よく見ると基本的なカラーリングはマジンガー [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」 [SERA@らくblog]
お前のドリルは、何のためにある――? 超銀河グレンラガンは、確率を無効とする攻撃すらも撥ね退ける。 しかし、それを動かすのは人間。心あるゆえに、多元宇宙の夢の罠に囚われる…。 それぞれが望んだ夢…偽りの幸... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン第26話いくぜダチ公 [翔太FACTORY+Zwei]
「キタンや仲間の意志を受け継ぎシモンは無限の螺旋力と共に超銀河グレンラガンでアンチスパイラル立ち向かう…」「天元突破グレンラガン第26話いくぜダチ公」「先週の感想は?」「ツッコんだら」「超銀河ギガドリルブレイク」「なの」「…ブータがロージェノムの螺旋力で...... [続きを読む]

» グレンラガン #26 いくぜ ダチ公 [ビヨビヨ日記帳]
テレビ版の 『天元突破グレンラガン』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)久々にあのお方が登場致しましたvv  続きキタ... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 [LUNE BLOG]
 捕らわれたシモン君たち。彼らを助けてくれたのは、愛すべきあの男でした。 [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [おもちやさん]
「そんなものが効いてたまるか」って! 敵がグレンラガンに投げてるのって星じゃないですかシモンさん(笑) 避けもせずに全て防ぎきるなんて無茶苦茶だぜ! あまりに圧倒的過ぎて吹いた。 ... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜ ダチ公」 [リリカルマジカルS]
生で見ようと思ってたのに、起きたらハヤテも終ってました(^^; 「女も宇宙もどっちも守る!まだ見ぬ明日に怯えて今を後悔したくねぇ。それがオレたち大グレン団だ!」 このシモンの言葉に 「うむ」としみじみうな... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン #26 [RAY=OUT]
アニキィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィァァァァァアアアアアアア!!!!!!!!! 天元突破グレンラガン 第26話 この作品は一体何度神回を作る気なのか? ガイナックスで... [続きを読む]

» 「天元突破グレンラガン」第26話 感想 [GM log]
リアルタイムで見れなかったためちょっと感想を書くのが遅くなってしまった、第26話「いくぜ ダチ公」。よく意味のわからない言葉多数出現!ダヤッカじゃないが「頼むからわかるように言ってくれ!」(笑)もう理屈抜きで見るしかない!? 25話最後の口上からスタート。アン...... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN]]
天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン  第26話「行くぜダチ公」 感想 [コトマニ]
本当に大切なものはいつも心の中に [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」 [angel notes.]
以前にアンチスパイラルのデザインが云々と言いました。 今回の話を見た限りでそれは撤回。 あの時は折角無機的な印象をアンチスパイラルに持たせたのに、有機的なデザインのモノが沢山出てきたことに反対したワケですが... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 26話「行くぜダチ公」 [Spare Time]
『アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グ... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [バラックあにめ日記]
#63893; 見るな! ミロクの心理攻撃だ! 認識(観測)者により無数の宇宙が生まれ、それは真実となります。 ZEN-ZENシティで甘い夢を享受する螺旋族。 しかし、地面に頭を擦り付けて命乞いをするアニキを呆然と見つめるシモンの後ろから、もう一人のアニキが声をか..... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜ ダチ公」 [サボテンロボット]
★★★★★★★★★☆(9.5) 今週も素晴らしかった。繰り返し何度も見てしまう。 もしかしたらこの作品の評価が大きく変わってしまうかもしれないと 覚悟を決めて視聴しましたが、そんな心配は無用でした。 久しぶ... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [CrossChannel.jp]
人類の進化と神の怒りの神話をモチーフに置き換えたと思える、螺旋族とアンチスパイラルの戦いも終盤。運命に抗うシモンは神に抗うことと同じか。 アンチスパイラルがランダム・シュレディンガーワープを使うこと、いみじくもダリーが叫んだ「確率を操るなんて神と同じ」がそれを暗示しているのだろう。 進化の行き着く先が制御が効かなくなったブラックホール宇宙。それはスパイラルネメシス。 女神ネメシスを引き合いに出し、人の進化による驕りと神の怒りのギリシャ神話になぞらえ、確率論や量子論も繰り出してきた第4部は、小さ... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 & ゲゲゲの鬼太郎 第25話 [ミルクレモンティー]
     グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」 超銀河グレンラガン強ぇぇぜぇぇ!!  デススパイラルマシーンを粉砕し、銀河螺旋海溝から脱出!         立ち上がる超銀河グレンラガン!    (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)/lァ/lァ (*` Д´)//ア....... [続きを読む]

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン 4 アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グレン団の面々はなすす....... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 26話『いくぜ ダチ公』 [Girlish Flower]
カーミーナー(;;)!!! 後半の展開に全てを持って行かれて、前半をほとんど忘れてしまいました…。 [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン第26話『行くぜダチ公』 [アニメ好きのケロポ]
グレンラガンも、あと1話で終わっちゃうんですね・・・ ニアと、シモンの運命は、グレン団はどうなってしまうのか? アンチスパイラルの罠をくぐりぬけ、 シモンたちはニアを助けることが、 そして、人類職滅をとめる事が出来るのか?...... [続きを読む]

» 「天元突破グレンラガン」26話  行くぜ ダチ公 [蒼碧白闇]
なんとか超銀河グレンラガンになったはいいけど敵がなんだか確立云々でバリヤー(?)みたいのをすり抜ける弾で当ててきた。量子力学のあれなんだろうけどもはや科学的にはついていけないよ…。 ダヤッカの言うようにもう... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン第26話『いくぜダチ公』 [情報掲示板2 BYエコール・ド・サンファル]
キタンの一撃で窮地を脱して 変形完成した超銀河グレンラガン 圧倒的なパワーで敵を粉砕 ここでアンチスパイラルが登場!! 敵の存在が声だけなんで、(声は上川隆也さん) 抑揚のない喋りもあってあんまり緊... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」観賞〜^^ [まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜]
なにがなんだかワケワカメ?/(^O^)\ 第26話を観賞しました〜^^ [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [Old Dancer's BLOG]
 他の方はどうなのか存じませんが、私の場合は「泣く」にもレベルがあります。つぅっと流れる、滝のように溢れる、吹いても吹いても止まらず流れ続ける、等々…。そんな中で、さすがに肉親にさえも絶対に見せられないほどの最上級の泣きが、「抑えようにも抑えられず、声上げて泣いちゃう」というヤツなんですが…。  今日のBパートは、まさしく、そんな感じでしたよ………良かった。家族が側にいない時の鑑賞で。  ぬふわああっ!  ... [続きを読む]

» 「天元突破グレンラガン」26話  行くぜ ダチ公 [蒼碧白闇]
なんとか超銀河グレンラガンになったはいいけど敵がなんだか確立云々でバリヤー(?)みたいのをすり抜ける弾で当ててきた。量子力学のあれなんだろうけどもはや科学的にはついていけないよ…。 ダヤッカの言うようにもう... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」 [bkw floor]
あばよじゃねぇ…一緒だろ? [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「いくぜダチ公」レビュー。 [(*´0`*)おはよーブログ]
友の想いが与えてくれた 一騎燈心超銀河 下限地獄が縛ろうと 全ての路は男に通ずる!! いくZE☆!ダチ公!! [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」 [駄文とか駄文とか駄文とか]
ニアが待っている ロージェノムの台詞なんですが、こいついいこというな〜っと。 生体コンピュータとはいえ父親だという自覚はあるのかな? ブータの螺旋力 先週のグラン内での活躍っぷりにもビックリしたけど人型に... [続きを読む]

» 天元突破グレンラガン [まるとんとんの部屋]
第26話 『いくぜ ダチ公』  「シモン」:多次元空間ではなんでもありだぜっ!    度重なるピンチをなんとか凌いできた「シモン」達であったが、 今回の「アンチスパイラル」の攻撃は、精神攻撃なのでしょうか?... [続きを読む]

« 電脳コイル 第17話 | トップページ | さよなら絶望先生 #12 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28