応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

バンブーブレード 第5話

「室江高と町戸高」
今週も珠ちゃんが可愛かったです〜(#^.^#)
練習試合も始まりましたが、遅刻している5人めとは?
って珠ちゃんが変身して登場するわけですよね

ダメ教師の企みはバレると思うんですが、
相手はあっさり騙されてしまうんでしょうか〜

珠ちゃんによる足さばきの模範演技とか、
退屈な場面なのに雰囲気いいですね
こんな楽しい部活動そうそうないよ

対戦相手の町戸高校のメンバーも変な人ばかりです
強豪校と思いきや、そうでもないみたい
邪悪な人とか極度緊張の人とか、面白い試合になりそうです

珠ちゃん2勝で、あと1勝は誰がするんだろ
部長に花をもたせてキリノかな〜
まさか全勝とか? 
それはありえないか、いや超展開あるかも

もっとシリアスな剣道アニメかと予想してましたが、
ほんとに和むギャグアニメですね
もう少し熱血とか根性とか欲しい気もしますが
アニメの世界とちがって、リアル剣道部は殺伐としてるんでしょうね
しごきとか苛めとか、うわ怖い

次回の練習試合はぜひリリアン女学園と!
珠ちゃんvs令ちゃんとか名勝負になりそう
ミヤミヤvs由乃のブラック対決も盛り上がりそうです(^^;

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-478.html
http://smallanimer.seesaa.net/article/63842072.html
http://amir-tmerun.cocolog-nifty.com/crub2omydk1/2007/10/post_633a_1.html

2007年10月29日 (月)

みなみけ #04

「恋もよう」
変態の保坂先輩登場〜

原作よりインパクトありますね
小野大輔さんの演技で気持ち悪い度大幅アップです
かっこいいのに、過剰な情熱がオーバースペック

でもハルカの子持ち説には同意できますよ
ハルカ姉さまの慈愛にみちた優しさは超高校生級
平たく言うと人妻のような色香がございます
人知れぬ苦労がその美貌を磨きあげたのでございますよ

ケイコのスカートが通常より短い点について
繰り返して警告しますが、
ブルマやスパッツの存在は2次元では完全否定されます
ケイコのおぱんつ丸見えにならなかったのはテレ東の陰謀です
いや見えないからこそスリリングで(;´Д`)ハァハァなんですが、
普通あの短さでは丸見えです

タケルおじさん花園潜入事件
いくら親戚とはいえ、妙齢の女子だけの家庭にあがりこむのは言語同断
実は原作では縁故捏造疑惑まで追求されてます
おじさんと偽りつつ、実はハルカ姉さまを狙っているのではないでしょうか

Tiaki
チアキ様のお着替えを凝視するタケルおじさん
くそ俺も見てぇぇぇヽ(`Д´)ノ

電脳コイル 第22話

「最後のコイル」
いよいよ大詰めという雰囲気が漂ってまいりました〜

ヤサコとイサコの連携
ヤサコの覚醒
猫目兄弟
ヌル発生の原因
などなどたたみかけるような展開、伏線回収

ラスボスはメガマス本社と決定ですが、
イサコ兄、猫目兄弟の父のことなど、
物語は「人の絆」に向かって収束しそうですね〜

今週の名シーン
玉子おばちゃんがライダースーツのジッバーを引き上げると、
おっぱいプルン!の動きが最高でした(´〜`ヾ)

あとラストでイサコがヤサコを半裸にひん剥くのも(;´Д`)ハァハァ
むき出しになったヤサコの胸元が光ってましたが、
それとは別の意味で「眩しい」胸元でしたよ

ダイチも登場したし、
子供達団結でメガマス社をやっつけろ! みたいな展開になりそうです
猫目も最後は会社を裏切りそう

それにしてもオジジはずいぶん秘密の多い人でしたね
オババにすら隠し事をしていたし、
ヤサコの体に何か仕込んだのも、
何か隠された目的があってのことでしょう
オジジの「遺志」をヤサコたちがひきつぎ、
成就させるのが物語の終着点になりそうですね〜

2007年10月28日 (日)

機動戦士ガンダム00 #04

国際政治ドラマ、難しいですね〜
「そんなに簡単じゃないのよ、世界は」って、誰が一番得をしたんですか?

南米の国タリビアがユニオン脱退=反米路線
CBというテロ組織の攻撃から米軍による防衛
タリビアは国内の反米勢力を抑えて、親米政治に転換、ということですかね

タリビアの大統領が反米勢力排除のためにCBを利用したわけ?
てゆうか、それだと大統領の立場がすごく危うい気がしますが

国際政治、よくわかんないです
ザディスタン王国のマリナ様のためのケーススタディなお話でしたね
石油が枯渇した砂漠の国を誰が援助してくれるんですか

今回一番気になったのは、
刹那が東京湾に飛びこんで、そこからガンダムが発進したことです
たしかにレーダーには捕捉されないだろうけど、目撃者がいるだろ
リアルな国際政治ドラマとの、あまりに荒唐無稽な設定の落差にびっくり
これでは日本国がCBを援助しているみたいですよ

セルゲイ中佐の部下に強化人間みたいなのが配属されましたが、
もうキャラを把握しきれないですよ
頭の鈍い人間のために分かり易いプロットを組み立ててもらいたいです

http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/50111872.html

ケロロ軍曹 第184話

OP変わりました
見たことないキャラがいると思ったら、
ディラン&キャサリンなんですと
主題歌でこれだけフューチャーされる二人の人気ってどんだけ〜
EDは変更なし

「冬樹 燃え上がれオカルト文化祭 であります」
オカルト大会ってだいぶ前のお話ですよね、2ndシーズン?
いまさらそのときのキャラを持ってこられてもコアなファンが喜びますよ

昔、Mr.マリックの超魔術を本物の超能力と信じて疑わない知人がおりましたが、
私自身はオカルト否定派というよりは、トリック至上主義です
単にトリックが好きなだけですが、
どう見ても超能力としか判断できない現象が、実はトリックだったら痛快じゃありませんか
だからある意味オカルトバスターなのかも
実際、幽霊やUFOも目撃したことがないので、見た人がちょっと羨ましい

「夏美 ロミオとジュリエット? であります」
ギロロの独壇場
笑いころげさせてもらいました〜
あいかわらず妄想が変ですし、中田さんの演技もサイコ〜
アホらしくもちょっと意外なオチでした
夏美は大根だったのでは? その設定は無視ですか

Love
敵同士で実はLOVE
ギロロにとってはシリアス設定なんですが、
真剣になればなるほどギャグになってゆくという泥沼
クール&ハードボイルド&ヘタレの声が素晴らしいですよ、中田さん!

http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2007/10/27_184_723romeo_c67c.html
http://razuna2000.blog66.fc2.com/blog-entry-296.html

2007年10月27日 (土)

灼眼のシャナII 第4話

「憂いの少女たち」
能登に嫉妬するシャナと吉田一美、というお話でした〜
別段、能登が悠二に急接近してるわけではないのですよ
むしろ悠二が能登に惹かれている
この事実がシャナと吉田一美を苛立たせているようです
お互いが恋敵のときには張り合っていましたが、
なぜか悠二と能登の関係はそれとは違うことを察知してしまったのか

一期で悠二と能登は身体を合わせた仲ですが(うわエロい言いかた)
それ以来お互いに忘れられない相手となったのでは?
能登にとって悠二との合体はすごく快感だったみたいで、
それは悠二にとっても同様だったのでは?

そういうわけで近衛史菜にヘカテーの面影を見た悠二は、
能登との合体を熱望する自分に気がつくのであった…

まあ大筋はそんなところですが、
お話の展開がゆっくり、しかもあまりプロットが練られてないというか
プール掃除とかデカ盛りとかあまり生きてないです

なにより能登のセリフが少ないのが許せない
たとえば、国語の授業で能登が指名されて詩を朗読、
クラス全体がマイナスイオンに包まれるとか

たとえば、よろけた能登を助けて折り重なるように倒れる悠二
悠二「ご、ごめん」
能登「…ずっとこうしていたい」
悠二の背中に手をまわす能登(;´Д`)ハァハァ

妄想爆走中ですが、今回のお話がいまひとつだったということでご容赦を<(_ _)>

思うにバル・マスケの首領たるベルペオルの謀略は、
能登に悠二を喰わせちゃえ、だと思うのであります
なんか美人局な作戦だな〜
Noto

http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-51.html
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-472.html

2007年10月26日 (金)

CLANNAD #4

「仲間をさがそう」
風子は幽霊、というか生き霊ですか
病院で寝たきりの人が幽体離脱で学校にいついてるんだ〜
そのお姉さんは古河パンの常連さん
古河パンの人脈の広さを垣間見ました

ここから風子中心にお話をすすめてほしいですが、どうなんでしょうね
生き霊になってまでお姉さんの結婚を祝いたいという風子の想いを、渚が受け止めるのでしょうか

おっぱいを使う授業ってどんな授業(#^.^#)
人の心を癒すためにおっぱいで抱きしめて、他人の優しさを確認する授業とか
テレビでフリーハグというのを見ましたが、
フリーおっぱいというのもぜひ広めていただきたいです

智代と風子はキャラが立ってきましたが、能登は放置ですか、面白くないぞ
OPから推測するに名前のでる5人がいわゆる攻略キャラなのですね
百合なお申し込みをうけた椋ちゃんは違うんだ、惜しいな〜
朋也に気があるような椋ちゃんが、朋也の目の前で他の人の告白を受けるなんて、ちょっとヤキモキなシーンですよ

それにしても朋也はむかつくので少し苦言を呈します
陽平から、渚とつきあってるのか?と聞かれて、少しは嬉しそうにしろよ
なんかこいつイケメンを鼻にかけているようで、普段の態度も生意気でムカムカします
だいたいギャルゲーってのは好きなキャラに夢中になってプレイするものですよ
そのプレーヤーの分身たる主人公が女の子にスカした態度とるのってどうよ
まあ100歩譲って、朋也が簡単に本心を明かさないツンデレだとして、
それならそれで最終回には、相思相愛になった女の子(たぶん渚)に、
「もうお前なしじゃ生きていけないよ」くらいの泣きを見せてほしいです
それに演劇部再興のために名前くらい貸してやれよ、それで解決じゃん

Huko
風子可愛いな〜
てゆうか野中藍さんのお声がすごく可愛いですよ(#^_^#)
可愛いおにゃのこが可愛いしぐさで可愛い声で話している
素晴らしいアニメじゃありませんか〜

http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-49.html
http://ultimus.holy.jp/2007/10/clannad_4.html

2007年10月23日 (火)

バンブーブレード 第4話

「ピンクとブルー」
今週も面白かったです〜
ピンクとブルーの和解のお話
ダメ教師が先生らしいことを言ったり、
ミヤミヤが剣道の面白さに目覚めたお話

珠ちゃんだけでなく、
登場人物がみんなまっすぐで気持ちいいですね〜
やっぱり運動で(とくに格闘技)発散して、
さわやかってのは王道です

サヤのキャラ紹介
なかなか直情径行タイプです
思い込みが激しいですね〜
あまり関わりたくないけど、端で見ていると楽しめますよ

ギターのFは難しい
あまたの脱落者を生み出した関門です
いきなりジミヘンとは目標高すぎ

ミヤミヤも斜に構えてましたが、
潔く謝罪しました
拳で語り合う男の友情ではありませんが、
自分をさらけだして竹刀で叩きあうってのは、
気持ちが通じるものなんですね

練習試合の相手校のメンバーが揃いましたが、
こちらはまだ4人
どうしたグリーンはいつ出現か

珠ちゃんのセリフ可愛いですね〜
「つまんなくてごめん」
ぎゅーって抱きしめたくなっちゃうよ(#^.^#)

http://blogs.yahoo.co.jp/yasiro_noir/37366773.html
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-468.html
http://miragegrayempire.blog120.fc2.com/blog-entry-42.html

2007年10月22日 (月)

みなみけ #03

Mn02
Mn03
藤岡羨ましすぎ
チアキタソの美尻が股間に密着されて(;´Д`)ハァハァ
甘い子供の匂いが鼻腔をくすぐり
もうぎゅーってしたくなりますね
でも藤岡には自制心がありましたね
自分にはできません、藤岡えらいです

Mn01
さりげなく画面のはしにリコちゃんがいる〜
次回登場ですね

Mn04
ケイコ可愛いよケイコ
でもカナがおっぱい揉んでるようにみえる

今週も面白かったです!
「スキだらけ」は原作読んだときに大爆笑していたので、
アニメではあんまりインパクトありませんでした
原作未読の方々は笑いころげたことでしょう

そんなマイナス面を埋め合わすチアキタソ
なんといっても藤岡に亡父の面影を重ねるチアキタソが最高にキュートです
普段の子供らしからぬクールな仮面をぬぎすて、
無防備に身を委ねてしまうとは、
最終兵器発動ものですよ〜
チアキ可愛いよチアキ(;゚∀゚)=3ハァハァ

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-25.html
http://kagamipani.blog95.fc2.com/blog-entry-295.html
http://blog.livedoor.jp/gongoal2005/archives/50437554.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50388028.html
http://otakulog.blog122.fc2.com/blog-entry-48.html

電脳コイル 第21話

「黒いオートマトン」
今週は女王イサコ様の転落人生のお話でしたね〜
サッチーすら殲滅する最強の女王イサコ様でしたが、
猫目に裏切られ、抹殺されかかってます
タイトルにもなっている黒いオートマトンは暗殺部隊ですね
どこまでも追っかけてくるお化けみたいな存在
恐いですね〜

学校でのいじめの方はイサコにとっては慣れているのかも
親戚のおばさんとの生活も険悪です
イサコがいつも同じ服なのにはちゃんとした設定があったんですね、すごいよ

ハラケンは眠ったまま
ヤサコは前回の告白のお返事求めて病院に日参ですが、
はっきりお断りできないハラケンは眠ったふりをしてます
とうとう二股かけるヤサコ(ちがいます)

ピンクのミュゼットは猫目のペットなのかな
タケルの役どころも気になりますが

どうやらラスボスはメガマス社ということでしょうが、
ヤサコやイサコの出生の秘密みたいなのが明かされそうで、
かなり衝撃の怖い展開になりそうです

イマーゴは仕組まれた子供達なんですよ、きっと
遺伝子操作を受けているとか、体にパーツを埋められているとか

ラストは電脳テクノロジーは人間性を損なうものとして否定され、
メガネのない明るい社会の建設を目指して子供達が立ち上がたりして(^^;

2007年10月21日 (日)

機動戦士ガンダム00 #03

「変わる世界」
登場キャラ多くて混乱しますね〜
今週はガンダムピーンチな場面もありましたよ

告白&アタックのエーカーさん
やはり機体の性能差であっさり引き下がります
それでもなにやら強力な新機体を用意してもらい、
次回雪辱か

スミルノフ中佐もがんばりました
肉を斬らせて骨を断つ
43歳という熟練の技を見せてくれました
もうちょっとでガンダムの頭潰れてましたが、
惜しかったですね〜

これから各国のガンダム対策が着々と整っていくと思います
やっとバトルが面白くなりますね

ソレスタルビーイングの弱点
動力源は4機のガンダムのみ
衛星軌道上の母艦プトレマイオスはガンダムを搭載してないと、
エネルギーが切れて行動不能になるそうです
しかもソレスタルビーイングは独力でガンダムを衛星軌道に上げることができない
どっかの国の軌道エレベーター頼り
これはそうとうヤバイです
ソレスタルビーイング攻略はMSによる戦闘よりも、
諜報戦で決まる気もしますね〜

政治、戦闘、諜報といろんなステージがあるガンダム00ですが、
まだキャラのドラマが始まってません
刹那の隣人沙慈がカギとなるのか
このガキもソレスタルビーイング支持者になりそうです
各国政府の敵意はガンダムに向けられますが
市民はガンダムに好意的という
ふつーの意味での正義の味方ポジションに収まってしまいそうですね

Ruisu
ちょっとラブコメ
千和かわいいよ千和(;´Д`)ハァハァということであります

http://blogs.yahoo.co.jp/yasiro_noir/37309208.html

2007年10月20日 (土)

ケロロ軍曹 第183話

「ガルル はた迷惑なバケーション であります」
原作話です
ほぼ原作どおりでした〜

四海兄弟
世界中の人々が兄弟のように仲良くすべきであるということ
論語ですよ〜
勉強になりますね

ガルル、殺気を発散しすぎ
里芋の煮っころがしが掴めない緊張感
おちゃめな一面も見せてくれました

ギロロの兄ちゃんカッコいいよ
クールです
ギロロとぜんぜん個性が違うところが面白いね
ちょっと年の離れた兄弟ですね
年が近いとケンカばっかりでしょ
ま、二人合わせても親父には及ばないところがなんというか
ギロロの親父への期待が異様に膨らみますよ
相当なしたたか者なんでしょう

それにしても冬樹がフレンドリーすぎる(^^;
ちょっとぐらい警戒しなよ、アンタ

http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2007/10/20_183_galulu_h.html

灼眼のシャナII 第3話

「疑惑の転校生」
能登の無垢なお嬢さまキャラキタ━(゚∀゚)━!
いいですな〜 最高です〜
もう紅世の徒とか、そういうお話はどうでもいいです
能登の上品な声に癒される極上のひととき(#^.^#)
テレビからマイナスイオンが発生してます
能登は声優界の至宝、これ絶対!

Noto
ボールが顔に当たった吉田さんを見て涙ぐむ
くくくっ、可愛いじゃねえか〜
鳥さんに話しかけたり、お昼の御膳が用意されるのを待っていたり
世間知らずの天然お嬢さま(;´Д`)ハァハァ

キミキスの祇条さんも期待大ですが、こちらのヘカテーの擬態キャラも楽しみ
もうバトルいらないです
このまま近衛さんが悠二に急接近して、
シャナと吉田さんがやきもきしたりするラブコメな展開が、
少しでも長く続くことを希望しますですよ

それと一期は7巻まで見ましたよ
大分お話が理解できてきました
このあと能登と悠二がエロい合体をするそうですね
それにしてもクラスメイトばかりフレイムヘイズと関わるとは、
すごい御都合主義だと思いますが、
深く突っ込んじゃダメですか

原作よく知らないんですが、
ラブコメ少なめのシリアス路線なのかな〜
シャナのツンデレがあまりないのでがっかり
釘宮さんの見せ場がないよ

日本一のツンデレ声優と声優界の至宝が競演する豪華なアニメです
あああ幸せだな〜

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-461.html

2007年10月19日 (金)

CLANNAD #3

「涙のあとにもう一度」
今週はあまりお話が進みませんでした
雨に打たれ危篤状態になった渚は一命をとりとめ、朋也と和解する
演劇部復活にむけて活動する二人に生徒会の魔の手が迫る

また新しいキャラが登場
元ミュージシャンの変な電気工

パン屋に来た綺麗な女性

図書資料室で喫茶店をする女子生徒

変わった人がたくさんいる素晴らしい街全体が団子家族状態になって、なにやら泣けるお話になるのでしょうか

原作ギャルゲーのわりには、主人公朋也は渚ルート一直線で、だんだん二人が深い関係になってゆくさまが丁寧に描かれてます
渚が安心して涙を流すと、あんぱんに落ちて、その部分を食べてしまう朋也
女性の体液を吸引するという間接的な性的表現ですね(ちがうよ)
穏当に考えても同じ食べ物を分けあうのは親愛の表現
朋也のパン屋への婿入りは決定したも同然です

それはともかく、能登の出番がないのが残念
野中藍はまたしても可愛さふりまいてくれましたが、本当に可愛いおにゃのこを見ながらニヤニヤするアニメだな〜

原作をプレイした方のブログではストーリー展開が早い、とか感想されてますが、
原作はどれだけゆっくり展開なのかと
アニメののんびりした展開に気短な自分はちょっとしびれを切らしそう
数多くの登場キャラが互いに関係しあってストーリーを膨らませていくのでしょうか?

Nagisa
渚ちゃん可愛い(〃⌒ー⌒〃)
こんなキュートな女の子とお近付きになれただけで朋也の高校生活は最高に充実してると思いますが
別にいいじゃん親父がアレでも、パン屋の婿になる未来は明るいぜ!

http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-417.html
http://d.hatena.ne.jp/houzakikai/20071019/p1
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-460.html

2007年10月16日 (火)

バンブーブレード 第3話

「ブラックとブルー」
今週は地味なお話でした
サブキャラの紹介を軽いギャグでこなした、というかんじ

ダメ教師の青春回顧
熱い剣道への想いがあったようです(当時は)

サヤ登場
なんかキレてます
小説書いてるような子がなぜに剣道部?

ブラックミヤミヤ
黒いのはいいとして実力はどうなのでしょう
木刀で待ち伏せしてましたが、相手は実力者しかも二人組、あっさり返り討ちにあったりして、そして最悪河原で組伏せられてレイプ(妄想暴走止まらない)

ブルーとブラックが接近遭遇
体の折り重なりかたが微エロでした
第一印象最悪で、仲間割れの火種か?
それとも、実はお互い顔見えてないのかも、ブラックは闇の存在のままピンクとして活動か?

Tama
女子剣道部は戦隊物ということで、珠ちゃんはレッドで超うれしそう
キリノは部長なのにイエローで駄目じゃん
ブルーとかグリーンは一応実力者なんだろうか
設定によってはブラック最強というか、敵方のキャラだよ

「わがままな女ほど可愛いもんさ〜」
ダンくんセリフに吹いたw

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071016/p1
http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-414.html
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/49921499.html
http://blog.livedoor.jp/gongoal2005/archives/50432422.html
http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071016/1192551316
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-454.html

2007年10月15日 (月)

みなみけ #02

「おかしな学校」
Haruka
ハルカの赤面が可愛い〜です
見えないスカートの中身よりも100倍エロス

リアルでは女子高生のミニスカートの中身はみんなスパッツかブルマなんですよね、そういうふうに理解してますが間違ってますか?
あんなにミニで下はパンツのみだったら、この世界はもっと薔薇色なはずですよ

ゆえにリアルではパンツは陽の下に存在せず、
二次元がヘブンというわけです

三姉妹それぞれの赤面も個性が滲み出てて味わいがあります
ハルカ>女らしい
チアキ>ツンデレ
カナ>お馬鹿
でもカナが本当の意味での赤面したら、それは最強のツンデレですよ
はたして藤岡との間にその日は来るのだろうか

またふんどし祭w
ずっとこのネタでひっぱる気ですか

おかしなこと>そこはかとなく楽しいこと
言葉にモザイク、微妙な説明だ
カナは理解してるつもりでぜんぜん見当外れな知識を有してる可能性大

自分のあだ名が「姫」
正解だけど、周りが許さないだろ
チアキは私立中学を受験するのだろうかと、どーでもいいことを悩んでしまう

大馬鹿野郎マコちゃんの活躍はまだ序の口
これからもっと面白くなっていきますよ〜

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071015/p1
http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071015/1192463693

2007年10月14日 (日)

機動戦士ガンダム00 #02

「ガンダムマイスター」
ライバルらしき人出現〜
ユニオンのエースパイロット、グラハム・エーカーさん(27歳)
つるんでいるポニテの科学者もユニオンの人ですかね
ガンダムを解析して対抗しうる新しい機体を開発するとか
Eka
「好意に値するよ」
「え?」
「好きってことさ」
いやカヲル君じゃないから(^^;

Yosino
チャイナ娘が由乃さんに見えてしょうがない
ソレスタルビーイングの美少女スパイだそうで、
微エロな活躍に期待したい

ソレスタルビーイングのハゲ代表者は200年前の人?
不老長寿とガンダムの開発に関係が?

まだまだ人物紹介設定説明の段階ですので、ドラマな面白さはありません
戦闘シーンもなんだか、機体性能の差がありすぎて一方的
ガンダムよりも旧式のMSの方がメカメカしくてそそられますよ
それにガンダムの発進シーンとかに燃えるものがないのですが、どうなんだろう

2007年10月13日 (土)

電脳コイル 第20話

「カンナとヤサコ」
今週もクライマックス!!(;゚Д゚)

毎週凄すぎて心臓止まりそうです
アクション、スリルにくわえて、カンナが異界の中心で愛を叫ぶ切なさ爆発泣かせるお話でした〜

玉子おばちゃんが駆けつけるのはともかく、
メガばあも一緒とは、どういうわけだ?
家を空けてどこで、なにしてたのか、もしかして徘徊老人ですか
これはストーリー展開上の御都合主義なのか、それとも後々回収される伏線なのかで評価の別れるところです

先週にひきつづきヤサコが主人公らしい活躍でしたね
玉子にハラケン救助を志願するシーンは、
息子の連れてきた婚約者と義母が初めて対面するような緊張に溢れてました
そして玉子vsイサコの確執
先代と現役の暗号女王対決かと思われましたが、それはお預け
いずれ場を改めて、きっちりオトシマエつけてほしいです

ヤサコをサポートするイサコも良かったですね
貴重な最後のキラバグを使っても、友達を助ける
イサコ本当にいい子だよイサコ
今後のツンデレ展開が楽しみです(〃∇〃)

猫目「世界が崩壊するまえにかならず」
世界の崩壊って文字どおりの意味ではなく、
電脳管理社会の機能が麻痺して混乱を引き起こすとか、
そういう意味なんでしょうな
玉子や猫目の属するメガマスという名の企業
おそらく公益事業としての社会電脳化の利権をほしいままにしているのでしょう
それおびやかす危機が存在しているわけです
Cドメインから発生した危険なイリーガルたちは初期の実験生命体か、
公にされると非常に都合が悪い闇の部分なのですね〜

毎回内容の濃すぎる電脳コイル
カンナ編は決着しましたが、まだまだ謎だらけ
OPのヤサコの記憶の話もどう解釈してよいやら…
全話終わってから2、3回繰り返して見ないと内容が理解できないのかも

Yasako
告白ヤサコ
カンナとハラケンが円満に別れるやいなや、自分の恋心をアピール
結構しっかりしてますね
こんな危険を冒してまで尽くしてと恩着せがましくないか?
もはや過去の女もオッパイおばさんもヤサコの敵ではないのだ

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071014/p1
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/49885505.html

ケロロ軍曹 第182話

「ケロロ 埋蔵金スペシャル であります」
夢オチのような、それでいて過去の事実のような、ちょっと変わったお話でした
埋蔵金さがしに出かけた冬樹とケロロ
偶然落ちた穴からはお宝出土?
窓際侍ケロロが必死で使命を果たそうとするのが、ちょっとカッコよかったです
「明日に向かって撃て」みたいなEDでしたね〜

Natumi
若い男女がベットに腰かけている…
こいつらデキてるな、と考えるワタクシは異常でしょうか
仲のいい屈託のない姉弟の図から(;´Д`)ハァハァな妄想が湧き出る湧き出る
正直に言って冬樹がうらやましい、ただそれだけです

「タママ対タママ であります」
タママが旅行から帰ってくるとそこにはもう一人のタママがいた〜
本物勝負に敗れ、自分がコピーロボットではないのかという恐怖でした
キュートな外見とドス黒い内面
自己嫌悪ってゆうんですか、自分だけが自分の浅ましさを知ってます
って自分の醜さを知ってるタママは意外と大人ですね、冬樹や夏美よりも年上(?)なだけありますよ
小隊メンバーや日向家までコピーロボットだったオチにはちょっとビックリ!

Kotomi
能登可愛いよ能登
モアちゃんだけをまとめたケロロのDVD発売されませんか?

灼眼のシャナII 第2話

うふふふふラブコメですな(#^.^#)
吉田さんの手作りお弁当
当然シャナタソもお弁当づくりに挑戦、セオリーどおりだとここは悲惨なお弁当ができるはずですが、なぜかメロンパン
両方のを残さず食べたため悠二腹痛、この幸せ者め!

前作をDVDで見始めましたが、まだ12話まで
よってキャラとか設定がよく理解できません
吉田さんが悠二の戦いを知っているのに驚きです
でも紅世の徒はどうでもよくなってきた
ラブコメでニヤニヤしてれば満足ですよ〜

Shana
エプロン姿のシャナタソ
なぜか妄想新妻設定で激しく(;´Д`)ハァハァ

シャナタソもいい、吉田さんもいい
でも一番いいのは千草ママだ
前作でシャナタソにキスを語るシーンには人妻ならではの色香が立ちこめてましたよ
それにおっとりしてて寛容で優しくて、ぼくのおかあさんになってください〜、と心が絶叫しました
旦那がお留守で体が夜泣きしているなら、俺が慰めてやるぜグヘヘ

http://maguni.com/diary.cgi?no=259

2007年10月12日 (金)

CLANNAD #2

「最初の一歩」
ややや重い設定が出てきましたよ
主人公の朋也はスポーツ推薦で高校に入学しましたが、すぐに部活をやめています
バスケットボールをやっていたのですが、中3のとき父親とけんかして、それ以来右腕があがらなくなってます
これがやさぐれの原因なんですね
学校のやっかいもの、役たたず、お荷物というふうに周囲から非難されているのかもしれません

すっかり温和で他人行儀な朋也の父ですが、そうなったのは中3のときのけんか以来なのでしょうか
そのときは息子と殴りあうだけの覇気はあったということです
それにしても父親が酒浸りギャンブル依存ならもっと住居が荒れてるはずだと思いますが、なんか小綺麗じゃありませんか

第一話はいかにもギャルゲーなプロローグで先が思いやられましたが、朋也の重い設定のおかげで俄然お話が面白くなってきました
女の子の攻略のほかに朋也の更生、家族の再生というドラマも楽しめそうです

Kotomi
能登登場+(0゚・∀・) + テカテカ +
風変わりな天才少女(リモネか)ということでセリフ少なそうです
あと海星のような木片を削る女の子が野中藍さんで、こちらもかわええな〜
当然主役(?)の渚ちゃんも可愛いですよ
体弱いのに雨に打たれたりして、朋也許すまじ責任とって嫁にしろ
てゆうか渚ちゃんの死亡EDとかありませんよね(心配だ)

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071012/p3
http://ruce.blog5.fc2.com/blog-entry-1365.html
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-449.html
http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071012/1192203980
http://maguni.com/diary.cgi?no=258
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1665750
http://d.hatena.ne.jp/houzakikai/20071014/p2
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/51875682.html

2007年10月 9日 (火)

バンブーブレード 第2話

「ブレードブレイバーとお弁当」
今週は悪い先輩を撃退した珠ちゃんが剣道部に入部、というお話でした〜
もちろん超つよい珠ちゃんが負けるはずないのは分かっているのですが、体格差や袴の不備など不安要因もあります
一方悪い先輩さんはルールも礼儀も無視して、ひたすら珠ちゃんを打ちのめそうとするのですが、閃光のような突きを喰らい失神(すればよかったのに)
珠ちゃんが突きを繰り出すまでの心の呟きにドキドキしました
父との約束で封印されていた凶悪な突きが解放される条件がひとつずつ揃っていくんですよ〜
「お父さんお母さん、(珠姫は)高校生になりました」
このセリフに胸ときめいた(*´∀`)
珠ちゃんほんとにいい子やな〜

そして一時的な仮入部のはずが、悪の手先から剣道部の平和を守るため正式入部するのは、特撮ヲタの正義感に火がついたから
仲間のためにサンドイッチのお弁当を作るも、両親にごめんなさいする礼節の美しさ
クールな外見と熱くまっすぐな魂、
もう珠ちゃんに惚れた・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

Tama
「悪から正義を守るためです」
不思議ちゃんフレイバーの広橋さん声がサイコーですよ!

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071009/p1
http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-403.html
http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071009/1191940391
http://blogs.yahoo.co.jp/yasiro_noir/36998136.html
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-444.html
http://rokoroko77.jugem.jp/?eid=580

2007年10月 8日 (月)

みなみけ #01

「南さんちの三姉妹」
原作大好きなんですよ〜(#^.^#)
可愛い女の子がとぼけたことをする、ただそれだけのお話ですが、心が和みます

ホットケーキのお話
「宿題を終えて、いいかんじに空腹のお前を、かつてない一皿が襲うぞ」
言い回しが面白いです
原作もネームで読ませるマンガだし

キスのお話
春香お姉様大好きの千秋が可愛い
百合じゃないんだよ姉妹愛なんだよね

ラブレターのお話
はやくもケイコ登場
CV後藤沙緒里さん、声可愛いよ〜
Keiko

正直感想書きにくいアニメです
でもがんばります
それが原作への愛だ(・∀・)9

http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-402.html
http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071008/p2
http://aniima.blog62.fc2.com/blog-entry-818.html

2007年10月 7日 (日)

機動戦士ガンダム00 #01

「ソレスタルビーイング」
謎の私設軍隊ソレスタルビーイングが世界各国の武力行為に介入することを宣言
その主力戦力が4体のガンダムである
というお話です

はじまったばかりで、さっぱりわかりませんが、視聴継続です
なかなか現代的なテーマで興味深いですね〜
すでに登場人物の一人から、武力による戦争の根絶がかかえる矛盾について突っ込まれていましたが、そのあたりがどう展開するのか楽しみです

新しいガンダムについては、とくに印象もなく、可もなく不可もなくというか、あまり個性は感じられませんが、見ているうちに馴染んでくるでしょう
キャラについても同様

舞台は西暦2307年ということで300年後の近未来ですね
東京は経済特区になってましたが、日本は『ユニオン』の同盟国なんでしょうな
舞台設定から考えて、今回はニュータイプとかでてこないリアルなお話なんですかね?
近未来SFとしての迫真性を味わえたらいいな〜、という個人的な希望です
とりあえず、デスノートの名演技も記憶に新しい宮野さんに注目ですよ

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-441.html

2007年10月 6日 (土)

電脳コイル 第19話

「黒い訪問者」
すっげぇ!!
大クライマックス!!
息詰まる展開、手に汗握った!!!
あっという間に終わってしまった25分、スリル、サスペンス、ホラー、アクション、畳み掛けるストーリーに鷲掴みにされて身動きできませんΣ(; ゚Д゚)カッ
とにかく凄い!!
しかもピンチは来週につづく!!
くぅ〜っ、興奮が収まらないです!!!

Kyouko
なんといっても京子がりんご飴を食べそうになるところが一番恐かった
黄泉の国の食べ物を口にすると黄泉の国の住人になってしまうというアレですよ
ほとんど妖怪ハンターみたいな展開、むちゃ怖い

九死に一生、京子はなんとか救出できましたが、いまだヤサコの家はイリーガルに取り囲まれています
無事に脱出できるのか?
ハラケンやイサコが援軍で駆けつけるのか?
刮目して次週を待つべし!

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071007/p1

ケロロ軍曹 第181話

「ムシシ 虫の居所を探せ! であります」
てゆうか夏美は虫の居所が悪いんじゃなくて、
月からの使者がΣ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ

それはともかく人体に虫は存在する
虫垂とかね(虫か?)
あるいはサナダムシをお腹に飼っている人もいるかもしれない(グロネタですね)
人体の虫退治のためミクロイド光線を浴びたケロロ小隊は勇躍夏美の体内を目指すのであったというミクロの決死圏なお話ではなく、伝説の蟲使いアサシン、ムシシあらわる!
このムシシってゆうのは例のシュララ小隊のメンバーではないのですか?

冬樹虫嫌いだったんだ…
虫って結構オカルトな生き物だと思いますが

Natumi
「で、わたしの居所はここかな、なんてね(ハァアト)」
これはナイスな妄想です、見ているこちらもニヤニヤしてしまいましたよ
夏美可愛いよ夏美ですが、すっかりギロロは妄想担当キャラに
でもすぐに夏美の涙のために奔走するのは優しいな〜

結局年寄りに翻弄されたケロロ小隊でしたが、
鈴虫はOKで、フンコロガシはNGですか、格差社会ですね(^^;

「桃華 争奪!二人三脚 であります」
シャアネタ、ハマーンネタがバリバリのお話、ではないかと推測するのですが、そのあたりのことはよーわからんです

クルルと桜華の空中戦がなにげに凄かったですね
ミサイル叩きつぶしたり、このあたりの動きに見惚れた!

ニセモノの吉祥学園おかしすぎる〜(≧∇≦)
ケロロとタママの変装はどう見てもダメでしょ
親衛隊の女装もキモすぎるし
お金かかってるわりにツメが甘いです

Momoka
いつもは冬樹攻略に血眼になってる桃華ちゃんの一家団欒が見れたのが微笑ましかったですよ

http://blog.goo.ne.jp/since2005my_secret_garden/e/5acc0d95224418943bbe40cffa566a33

灼眼のシャナII 第1話

「再びの刻」
さすがにきびしい…
というのも前作をよく知らないので、きびしいきびしいf(^^;)

原作は第一巻だけ読んだんですよ
ちょっと文章に癖があったので、夢中になることなく「ふ〜ん、こんなもんか」と一応読みました状態です

前作アニメの方は5、6回見たくらい
アンテナの受信状況が悪いので、あまり見る気になれなかった

それでも第二シリーズから見るのは釘宮様(;´Д`)ハァハァだからですよ!

とりあえず前作をDVDで見ます!

ということで、お話についてはノーコメント
ルイズと姫さまがサイト争奪合戦を繰り広げているというのは理解しました(〃∇〃)
だってそういう風にしか聞こえないんだもん
こないだまでやってたゼロ魔2がはげしく消化不良だったので、シャナで補完しようという魂胆です
考えてみたらゼロ魔2ではルイズがかっこよく活躍するシーンがなかったんですよ、ヒロインなのに主人公なのに
だからシャナタソの熱闘をルイズに重ねて視聴しようかと
ゼロ魔の異世界物語的フィルターを灼眼を見てしまおうかと

ま、妄言はおいといて、まずは美麗な作画を楽しみつつ物語の展開を追っていきたいと思います

Syana
ツンデレ(;゚∀゚)=3ハァハァ
釘宮様最高です、文句無し!!

http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071006/1191657834

2007年10月 5日 (金)

CLANNAD #1

「桜舞い散る坂道で」
ゲーム未プレイ、劇場版も見てません
ギャルゲーなんですよね
ゲームの気分で見ていこうと思います

ものすごいハイクオリティですね〜
絵をみているだけで気持ちよくなります

主人公の男は進学校の落ちこぼれ
父親が酒浸りで家庭は暗いです
留年したパン屋の娘と仲良くなりました

以前Kanonをプレイしたんですが、途中で投げてしまった
あんまり面白くなかったのかな
どうも主人公(プレーヤー視点の男)の言ってることが癇にさわるというか、なんか好感もてなかった
おまえは何様だ、偉そうに、とむかつくのですよ

CLANNADの主人公も生意気ですね
家庭もアレなので、悲しみや惨めさに押し潰されないよう精一杯虚勢をはってるのだと思いますが
そういう心のすき間を可愛い女の子に癒してもらうお話なのでしょうか

Fate/stay nightのアニメも途中で見るのをやめてしまいまして
やっぱり主人公の男がムカつくのが原因だったのですよ
ギャルゲーの主人公と相性悪いなあ

正直能登目当てで視聴しております
あまりストーリーには入れ込まないで、ぼやーと見ることにしよう

Syoujo
なにもない空間の少女
誰かの心象風景なのだろうか…

http://todo3211.blog96.fc2.com/blog-entry-397.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1663031
http://kumix.arekao.jp/entry-07d067125334a0a0c8db770b1e9f7b07.html
http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-439.html
http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071006/1191692113
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/51770580.html

2007年10月 2日 (火)

バンブーブレード 第1話

「竹ぼうきと正義の味方」
うひゃ〜面白いです!!
女子一名の弱小剣道部
顧問のダメ先生が寿司食い放題を賭けて部員集めに奔走する
原作未読なので、これからどう展開するかわかりませんが、ギャグが楽しくて笑いころげましたよ
豊口さんと小西さんがムードメイカーですね
期待の広橋さんは無口な女の子の役でちょっと物足りないかも(東谷小雪のような元気少女かと勝手に思ってたらアリスだった)

家は剣道場で物凄く強いけど、部活には興味ない川添珠姫
たまたま(珠ちゃんだけに)悪い先輩が新入部員を苛めるのを目撃
内に秘めた正義感が燃え上がり、仮入部する
って面白いところで次週につづくです
はやく珠ちゃんが悪い先輩をなぎ倒すところ見たいよ〜

Tama
テレビでお笑いを見ながら、クスリともせずに「面白い」と呟く珠ちゃん
クーデレってゆうんですか?
ダウナー系の一種?
ようわからんですが、高校生なのに小柄でお胸もぺったんこで可愛いのう(;´Д`)ハァハァ

http://d.hatena.ne.jp/TENMA/20071002/p1
http://blog.livedoor.jp/gongoal2005/archives/50422044.html
http://d.hatena.ne.jp/hetarekun/20071002/1191339281

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28