応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

みなみけ #13

「恋のからまわり」
最終回、楽しかったですよ〜

まさか大晦日のお酒ネタをやるとは思わなかったです
エロゲーとかで、見た目は童女だが設定上は18才というのと同じ理屈ね
輸入物のジュースなのですったら
ツイスターゲームの罰ゲームでどんどん飲まされる二人をもっとじっくり描いてほしかったですけど、あまり酔っ払ってる表現は規制されるのだろーか

そばを打ちながらボタンをはずしてゆく保坂が面白すぎる
爽やかな変態、見ていて好感がもてます
保坂だったらハルカ姉さまを譲ってもいい、そんな気がします
実際にに二人が接近遭遇したら、仲良くなれんじゃねーの?
そんなわけないか…

着物のときはパンツ脱ぐのが正しい作法
吉野恐るべし、わずか一言でマコちゃんに羞恥プレイを強要するとは
下着脱ごうとするマコちゃん(;´Д`)ハァハァ
冬馬とマコちゃんで可愛い小学生カップルお正月Ver
もう二人つき合っちゃえよ( ´,_ゝ`)

「おかわり」の予告やりましたね〜
ちょっとキャラデザ違和感がありますが、中の人は同じなんですよね
オリジナル展開に期待したいと思います

2007年12月27日 (木)

デイドリームネイション 1

51sshxncl_aa240_
kashmir
メディアファクトリー

『○本の住人』『百合星人ナオコサン』を描いているあの人の新刊
いま一番好きな人です
上記の2作もくりかえしくりかえし熟読してますよ
奇想ギャグというか、ありえないセンスで笑わせてくれるし、
エロネタが絶妙、百合とかロリとかピンポイントでヒットするしね
オタクネタも多く、この人の人間性がよくわかります

お話は、こんなかんじ
知春と夏穂は幼なじみの高校生で漫研に所属
だらだらとぬるい毎日を送っていると、
裏山から神さまが降りてきたり、
OGの変な先輩が来たりして、イベントにむけて同人誌を製作することに…
基本的にストーリーはありませんf(^^;)

あいかわらずおかしなテンションのギャグ連発で大満足いたしました
粘液系魔法少女とか
必殺マジカル風土病とか
幼女好きの部長とか
上上下下左右左右BAとか

基本的に知春がツッコミで、巨乳でいじられ役のようです、乳ネタ多いし
夏穂はつるぺたで自由奔放なボケ
いつも生足の夏穂がエロい(;´Д`)ハァハァ

ちょっと残念なのはナイスな幼女が登場しないこと
kashmirさんといえば、やっぱり幼女でアピールではないかと
神さまが女装も幼女もこなしてくれますが、
それでもまだ不足で、このままでは厳しい冬を越せそうにありません
Please give me Youjo〜

2007年12月25日 (火)

バンブーブレード 第13話

「先生たちと生徒たち」
林カッコええ〜、みたいなお話でした〜
古風なたたずまいがストイックな男の魅力ですね
時代の流れを感じつつも、あえて己の道を貫く
しかも剣道の実力も凄い(七段)
軽薄なコジローとの対比も面白かったです
人の生き方に正解はない
したがって間違いもない、みたいなおおらかな気持ちになりました
いいお話でしたね、出色の脚本です

東は完全にキリノの術中にはまってましたね
のせられやすいというか、ノリのいい体質なんだ
冷静になってから、いろいろと悩みそうですよ
それに珠ちゃんと一戦交えたら、勇次が空の彼方に
これってフラグ消滅ですか

礼美はミヤミヤのことが大好きだったのか
いちおう百合なんですけど、なんかキモいです
百合ってのはなあ、もっとこう恥じらいとか、好きな人に近付くことへの緊張とかがポイントではないでしょうか
礼美はストーカーのエロ親父路線ですよ

Tama01
初心者のメイに防具のないところを打たれて、
ブレイバーモードで痛みに耐える珠ちゃんがカワユス
腕のたつ人は人格者でもあるのです

Tama02
「タマ気持ちいい〜」
本当に上手い人に一本入れられると気持ちいいらしい
けっしてMに目覚めたわけではありません
でもって予告にも登場のメイちゃんがめっさ可愛いですが、
また出てきてほしいですね〜

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-116.html
http://pub.ne.jp/izayoi69/?entry_id=1113591

2007年12月24日 (月)

みなみけ #12

「クリスマスとかイブとか」
藤岡サンタのお話でした〜
そしてプレゼントの熊がふじおかと命名されたのです〜

カナに「子供かおまえは」と馬鹿にされ、
涙目のチアキテラカワユス(〃∇〃)
悔し涙というよりも感動の涙かな〜

ふじおかはアラスカで凶暴な生活を送ってたんですね
小学生で体力がないとはいえチアキもなかなか凶暴です
言葉の暴力はもちろんのこと、カナを殴るのも躊躇しません
姉妹内暴力ではありませんか〜
凶暴者同士に新たな絆ができた
それが聖夜の奇跡であります

もうひとつの南家
兄3人に末っ子の妹っていうのは、
マリみての鳥居江利子さまと同じですね
一歩まちがえれば江利子さまも男女になっていたのか?

Haruka
お願いしますサンタさん、
プレゼントにはハルカ姉さまのおっぱいをください(;´Д`)ハァハァ

機動戦士ガンダム00 #12

「教義の果てに」
アザディスタン王国のお話でした
国連の援助を得て、太陽光発電政策をすすめるマリナ姫
それに反対する保守派のリーダーを拉致して紛争を仕掛けるサーシェス
そこにCBが介入するも、己の力不足を感じる刹那であった

グラハムさんがあいかわらず変なテンションでしたね
「人呼んでグラハムスペシャル!」
「あえて言わせてもらおう、グラハム・エーカーであると!」
カッコいい場面なのか笑うところなのか微妙でした(^^;
まあ、MSの性能とパイロットの技量がガンダムに追いついてきて、これからの戦いが楽しみになってきましたね〜

刹那、神になれず
かつて自分を助けてくれたガンダムのように、
少年兵たちを救えなかったので、激しく落ち込んだ刹那
やっと刹那の方向性がはっきりしてきました
いままでガンダムの性能に頼りすぎて、進むべき道が見えなかったようです
これからライバル達との闘いで腕を磨いてゆくのですね
精進しろよ、刹那〜
てゆうか戦場では未熟者は即排除されるのですが、大丈夫かな〜?
雪山で特訓とかしたほうがいいんじゃないの

ルイスママが沙慈くんに惚れた
意外な塾女キラーでしたね
めざせ親子丼(ヲイ
でもこのエピソードにどんな意味があるんだろ
案外重要な伏線なんだろーか

しかしマリナ姫は完全なお飾り王女というか
ほとんど傍観者のようになにもできないんですが
どういうふうにお話に絡んでくるのですかね
無力な立場ゆえに、陰ながら世界平和を願う人で終わってほしくないです
まずは某トリスティン王国の姫のようなエロカリスマ性を発揮して軍部を掌握するべき、とご進言させていただきます

http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50980185.html
http://blog.livedoor.jp/shibachi1/archives/51203919.html
http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50830848.html
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/50969696.html

2007年12月23日 (日)

ケロロ軍曹 第192話

「ケロロ クリスマスを防止せよ! であります」
クリスマスを抹殺!
軍曹がクリスマスを楽しめない一部の人たちの気持ちを代弁してくれました
そ〜なんですよ、すべての人がクリスマスを楽しんでいる訳ではありません
悲しい気分、さみしい気持ちの者もいるんでありますよ
それにそんなにクリスマスが楽しいならキリスト教徒になればいいじゃないの!
楽しいところだけ横取りするなんて、日本人はずるいよな〜

まあ私憤はさておき、軍曹によってクリスマスが消滅いたしました
無ければ無いで、別に困らないですよね〜
かわりに天皇誕生日を盛大にお祝い申し上げれば経済効果も抜群、愛国心も育てられて一石二鳥ではありますまいか

クリスマスの存在を根本から消滅させ、さらにサンタクロースを阻止すべく出撃した軍曹たち
意外にもケロロ父とギロロ父がサンタクロースの手伝いをしていました
てゆうか温泉で知り合うなよ

「ケロロ小隊 ケーキは男の戦場だ! であります」
ケーキの切り分け問題が発展して、ケロロ小隊の軍事演習となったお話でした

鉄道オタクのギロロのクリスマスプレゼントが改札鋏
いまでも田舎の駅では使ってるんでしょうね〜
ギロロ父からのプレゼントだったのかな
てゆうか、親父さん、あなたの息子はもう立派な大人なんですが(^^;
しかしガンプラもらって喜んでる大人もいるし…

甘いものに執着はないが、境界線には燃えてしまう伍長さん
タママはともかくクルルが介入してきたのは、きっと嫌がらせですよ
ボルシチってカレーと関係あるのか?

ケーキ争奪アクションがなんとなく安易なかんじでした
もう少し、戦闘の駆け引きとか見せてくれたら、もっと面白かったかも

http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2007/12/22_192_xmas_wo_.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51176419.html

2007年12月22日 (土)

灼眼のシャナII 第12話

「清秋祭始まる」
やっとフィレスが来た〜
でもって「つづく」(;^ω^)
焦らすな、引っ張るな、サクサク進め〜

でもシャナタソが可愛いですな〜
コスプレ大会で優勝して、マイクをつかんで絶叫
「悠二!!」
ツンデレイベント発生ですよ
たぶん邪魔が入ると思いましたが、やっぱりね
シャナタソのツンデレ見たかったよ〜

吉田さんは悠二のパパママのアドヴァイスを活かしてないですね
「待ってます」なんてヌルいよ、なにも進歩しとらん
あそこは、やっぱり悠二の手を握って、
「わたしの鼓動をきいて」とか言って胸にもっていくんだよ
それじゃ変な女か?
ならばさりげなく「疲れちゃった」とか肩を預けるとかね
十代の男子は体を使って籠絡すべし、だと思いますよ〜

Yp
「どちらかに決めるというのは難しそうだ
両方モノにしちゃえよ、ハハハ」

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-536.html
http://blogs.yahoo.co.jp/gonta918komu/52566557.html

2007年12月21日 (金)

CLANNAD #12

「かくされた世界」
まさかの風子再臨ヾ(´▽`;;)ゝ
寝たきりから快復して再会とかするんでしょうか
それとも生き霊のまま現れ、みんなが記憶を取り戻すとか
どちらにしても明るい結末が用意されているようです

一方、能登にはなにらや暗い影が見えかくれ
バス事故現場で泣きくずれました
以降自室にひきこもりのようです

そして朋也くんとは幼なじみだった
しかも両親は実験の事故で亡くなっているらしい
シリアス展開にワクワクしますが、
どうなるんでしょうね〜


K01
「なんだかとっても恥ずかしいの」
ぐはっなんという破壊力(*´Д`)/ヽァ/ヽァ
能登エロいよ能登
恥じらいつつも喜びに溢れた美しいセリフですよ
事後にこんな言葉を言われたら、
とか妄想してエロスがだだ漏れ状態、
暴走超特急になりました〜
(*´д`*)エクスタシィー

K2
K3
「ここまがる〜」「こことれる〜」
謎のギャグ?
いま流行ってるんですか?

ああ今週も能登を堪能したぜ
おかげでとってもいい年の瀬と相成りましたです

http://yuto11.blog93.fc2.com/blog-entry-662.html

2007年12月18日 (火)

バンブーブレード 第12話

「東の事情とメイの事情」
今週は面白かったです〜!
タイトルどおり、練習試合相手の成明高校の実状をじっくり描いて、
東の入部問題とさらに礼美の暗躍をからめてワクワクの展開でした!

やたら厳しい成明高校の林顧問
ゆる〜い室江高校を知り合うことで、なにか変わるかも
キリノが竹刀を片付けているところを見て感じるものがあったようです
昔はいざしらず、厳しいだけでは、現代の若者はついてこない
もっとやさしさが必要なのか?
きっとツンデレなんでしょうな、この親父

練習試合が終わったら退部するつもりのメイちゃん
試合で見た珠ちゃんのかっこよさに憧れて、剣道を続けるのでしょうな〜
あんなに小さくて可愛いのにすごい、とかハートを鷲掴みされるのよ

それでもっていろいろ事情がありながらも、
やっぱり剣道が好き! ってことで東も入部するのでしょう
勉強の集中力を高めるためにも剣道が役にたつんですよ、きっと
まだ一年生だし、受験勉強は長い目で取り組まないとね

いろいろ妄想して、なんとなく来週の展開が読めた気になっていますが、
具体的にどういうふうにドラマを仕立ててくれるかすごい楽しみですよ〜

Tama
珠ちゃん可愛いよ(*´д`*)アハァ
ロリロリ炸裂で高校生とは思えないですな〜
自室にお持ち帰りして、着せ替え遊びなんかしてたっぷり愛でたいものです

2007年12月17日 (月)

みなみけ #11

「となりの南さん」
今週もハルカ姉さまが大活躍(#^.^#)

Haruka01
リアル顔恐えぇ
なぜにハルカ姉さまはもうひとつの南家の対応にここまで神経を尖らせるのか?
そこには両親不在の年端もいかぬ女の子だけの家庭を守ってきた長女としての人知れぬ苦労が窺えるのであります
幼い妹たちが親のいないせいで世間からうしろゆびさされないように、しつけや情操面に心を砕いてきたのでありますよ
自分は一生懸命やってきた、なにもやましいとこはない、という熱意が勢い余って暴走してしまったのでしょう
これもまた母性本能のなせるわざでありますね〜

Haruka02
伝説の番長がけじめをつけた!
平手じゃなくて、ぐーで殴るところが番長っぽいですね〜

Haruka03
鼻血止めるのに首をとんとんするたびにおっぱいがポヨンポヨン(;´Д`)ハァハァ
本当にこのナツキってやつはむっつりスケベだな〜

「π=2h」
いやなアキラ方程式がなんか意味深です
今週のハルカ姉さまのおっぱい大活躍を予見してたのだろうか

http://blog.livedoor.jp/x2oa1/archives/51262660.html
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/52910340.html

2007年12月16日 (日)

機動戦士ガンダム00 #11

「アレルヤ」
コロニー内での戦闘行為という本格的なテロ行為をCBが遂行
そしてアレルヤは立派な「悪い大人」になりましたとさ、というお話でした

悪の本拠地を攻撃=スパロボ的な正義
改造を施された子供達を施設ごと殲滅=非人道的

アレルヤや乙女ソーマを見てても、
抹殺しなければならんほどの人間でもないような
健全な体に矯正できないからといって、
まとめて処分するのはいかがなものでしょう

深く考えると、わからなくなります
武力を行使しないのが一番平和的だと思いますが

あまり詳しく語られなかったですが、
これでアレルヤのエピソードが完結したような印象です
本人的にも決着がついたみたいだし
凶暴なほうの人格も受け入れられてるしね
むしろ戦闘員としてはハレルヤの方が優秀なんじゃ?
今後、脳改造が原因で精神が蝕まれていく、とかそういうドラマがないとアレルヤさんは脇役にまわってしまう可能性大ですよ

Te
瞳の色が変わるとこでナデシコのルリルリを連想した
ヴェーダってのは生体コンピュータじゃないのかな〜
ティエリアは体内のナノシステムを通じてヴェーダにアクセスできるとか
そういえば、ルリルリは試験管ベイビーとかじゃなかったけ?
もしかするとティエリアもそうなのかも
うんうん、早くティエリアのエピソード回が来ないかな〜

2007年12月15日 (土)

ケロロ軍曹 第191話

「ケロロ あいつとララバイ伝説 であります」
原作話でした〜
ほんとうは夏美のパンツが吸い込まれるのですが、当然NG
スカートに変更されるも、脱げるシーンは当然なし
うぉぉぉこのやり場のない怒りを一体どうしろとヽ(`Д´)ノ

「幻の多角形コーナリング」ってサーキットの狼w

緊急シンポジウム
ケロロ氏激論! 世間に問う!
なんか同感ですよコレ

難視聴地域の方には申し訳ないですが、
当方のテレビの映りはすこぶる良く、
デジタル移行の必要なんかこれっぽっちも感じないのよ
おまけにデジタル放送ではコピー編集も制限されるし、
なんでお金出して不自由な環境へ移行しなければならんのか
よってデジタル移行は猛反対なんですが、
すでに国策として進行中
あとはアナログ放送期限が延びることを願うばかりであります

「ケロロ プラモ王大決戦! であります」
ガンプラの販促アニメ?
バンダイvs田宮模型ということでしょうか

超絶プラモ大魔王は未来の軍曹の姿でした、ってのが、
なんかカッコよすぎな気がします
一芸を極めた達人になる将来が確定してるわけで、
自信過剰な自分になってしまいそうですね

でも楽しくやるって大切ですよね
趣味にかぎらず、仕事も楽しくやりたいんですが、
仕事は楽しくやってちゃダメですかΣ(´Д` )

http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2007/12/15_191_aitsu_to.html

灼眼のシャナII 第11話

「約束の二人」
今週もまた、おあずけ状態(;´Д`)

能登の正体とか、
銀の謎とか、
フィレスが襲来するとか、
悠二の三角関係とか、
ヴィルヘルミナさんが隠してることとか、
焦らすだけ焦らされてるよ
早くお話を進めんかい! という不満も爆発気味
池が精力絶倫の藤田晴美さんに絞り取られていくのとか、正直どうでもよかった

それでも見どころがなかったわけでもないです

Yosida
中村公子GJ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
おまえは聖さまやじゅんじゅんの分身か?
女子シャワールームが一瞬にして百合の園になりましたよ
こういう素晴らしい人材がいままで埋もれていたのは残念ですね
もっともっと活躍してくれよ中村公子

Syana
中村公子GJパート2'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
どうやら中村は巨乳も貧乳も大好物という逸材ですよ
おそらく日夜シャワールームに潜み学校中の女子身体検査を強行しているにちがいないです!
ということで、ぜひ外伝として、美少女ハンター中村公子の百合な日々をアニメ化希望!!

よくよく考えたら、悠二をめぐる恋の修羅場とかどうでもいいよね
お互いを認めあったシャナと吉田さんが百合な関係になるとか、
そういう妄想しているほうが、ずっと楽しいですよ〜

2007年12月14日 (金)

CLANNAD #11

「放課後の狂想曲」
クラナド能登祭第二回〜(*´д`*)エクスタシィー

「渚ちゃんじゃ、あ〜りませんか」
元ネタのギトギト脂ぎった味わいが、
すっきりな能登テイストに
ごわごわの雑巾が上質のコットンに変貌したような、
素晴らしい能登ワールドを今週も堪能しました

休日学校に行くと、能登が名誉図書委員として登校中
アップルパイと紅茶で極上のおもてなし
でもお楽しみはこれからなのでしたよ

Kotomi
「もし、いやじゃなかったら二人で一緒に…」
はいはいはい全然OKですよ、もう毛穴ひらいてウェルカム状態です!
ぴったり寄り添って、二人で一冊の本を読みましょう〜
能登の息づかいが、鼓動がまるで自分のものに感じられるくらい間近で読書にいそしみましょう〜

しかしながら、朋也はこのお誘いを拒絶
かわりに能登が朋也のために本を朗読します
これはこれで、なんという至福、なんという贅沢
朗読シーンを20分くらい放映してください!

Kotomi2
つっこみ人形テラカワユス(*´д`*)

お話の方は「おとといはウサギを見て、昨日は鹿、今日はあなた」とか、電波な発言がとびだしたり、不審者に拉致されそうになったり、
謎な設定を展開しておりますが、
正直能登ならなんでもいいのじゃーい!!

それにしてもバイオリンの発表会にいらした皆さんは優しいですね
あんな超不快な音波聞かされて暴動が起きないんですから

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-528.html

2007年12月11日 (火)

バンブーブレード 第11話

「アニメーションとドリーム」
今週はなんだか間延びしたお話でしたね〜

小田島礼美のミヤミヤへの恨みは見当外れもいいとこで、
ミヤミヤ大迷惑ですよ
しかも勇次をミヤミヤの彼氏と勘違い

五人目の東は家の事情で部活をしないらしい

そして珠ちゃんの熱いアニメ魂が語られる

お話的には散漫な印象でした
とくにアニメの話は訳分からんですが、今後に関係してくるのでしょうか?

剣道三倍段ってのは似たような話を剣道経験者から聞いたことがあります
わりばし一本あれば誰にも負けない、とその方は豪語しておりました
相手の喉をわりばしで突くそうです
まあ酒の席での自慢話かもしれませんが、
実際に格闘になっても、勇次かなり強いんじゃないですかね

ストリートファイトといえば、ホーリーランドですが、
剣道の人は登場しなかったかな?

街のチンピラどもを叩きのめす珠ちゃんとか見てみたいですが、
プロボクサーのように、そういうことは御法度なんでしょうね〜

みなみけ #10

「おとこのこ×おんなのこ」
いよいよ冬馬登場ですが、
マコちゃん愛がとまらない管理人です
マコちゃんかわいいよマコちゃん(*´∀`*)

マコちゃんは男、そう考えていた自分がいかに愚かだったか悟りました
ほんとうの女性らしさは必ずしも女性が持ってるとは限らない!

Mako01
「おかしなこと」事後の恥ずかしそうな顔
この顔が何をしていたのか雄弁に物語っています
そう、女性は「おかしなこと」をしたら、恥じらいを見せなければならんのです

Mako02
ふりふりの女の子らしいワンピースを着こなすマコちゃん
これだけ可愛らしい服が似合う娘が他にいますか?
カナやチアキにはぜったい無理でありましょう

Mako03
もじもじするマコちゃん
あわせた指がチャームポイント
男宣言よりも女らしさが勝ってます

Mako04
視聴者には見えませんが、マコちゃんのパンチラシーン
冬馬のマジックでパンツははき替えてなかったですね
なのにあきらかに誰も違和感をおぼえていない
つまりマコちゃんは普段から女物の下着を着用しているのです
いつぞや内田とカナにスカートの中を見られたので、それ以来万全の体制を整えたのでしょう
ワンピースの可愛らしさから想像するに、
おそらくマコちゃんの下着はフリルのついたイチゴ柄と思われます

男だって可愛らしくなりたい!
かわいいは正義!
命短し恋せよ乙女、いつかマコちゃんでいられなくなる日が来るまで!

2007年12月10日 (月)

機動戦士ガンダム00 #10

「ガンダム鹵獲作戦」

鹵獲(ろかく)とは、戦勝の結果、敵の軍用品などを奪い取ること

今回の作戦内容としては、「鹵獲」というより「捕獲」だよね〜
だって戦いに勝ってないから
ガンダム各機を孤立させ包囲するとこまでは、いい作戦でしたが、拘束が甘かった
キュリオスを捕まえられたのも、たまたまアレルヤが失神したから
やっぱりガンダムの機体性能をよく調査するべきでしょう

ヴァーチェが装甲をパージして「ナドレ」に
だから何なのか、まったく分からないのですが( ̄。 ̄)
ちょっとノーベルガンダムを連想しました
ティエリアって実は女?
性同一性障害という設定もありかも

サディストのハレルヤが面白いですね〜
殺人狂戦闘狂ヤバさ全開ですよ
今回は超兵一号との対決がなくて残念

スメラギさんの(アレルヤやティエリアも)泣くシーンがなんだか白けた
自分に酔ってるみたいな
泣く程のことでもないだろ、普通に後悔しなよ

ガンダムマイスターたち(スメラギさん含む)が意外と使えず王留美さんもがっかりです
てゆうか前途多難?

ルイスの着物シーンは無意味だと思うが、尺が余ったのか?

2007年12月 9日 (日)

ケロロ軍曹 第190話

どど〜んと一本ギロロ主役のお話みたいでしたね〜

「ギロロ 目標!プレゼント! であります」
投稿ポエムで夏美の誕生日を祝う目論みの伍長
はがき不採用に備えてプレゼントの品を宇宙人街で物色

ギロロのオタクらしい買いものに笑った
いきなり武器売り場に行くのはいかがなものか

しかも勘違いオタクへの粋なキャッチコピーにひっかかります
ビームサーベルもらって喜ぶ女の子は希少でありますよ〜
でも伍長のオタクな思い込みには共感するよな
モアちゃんの容赦ない発言で、事故は未然に防がれたが、伍長の心は大きく傷ついたのであった(^^;

恋が実る携帯ストラップ
雑誌の広告でよくある幸運を招くグッズみたいですね〜
実際に効果があるのだったら、媚薬のようにかなりヤバい品なのでは…

ストラップをめぐってヴァイパー(青年)と対決
ギロロ伍長いい人です〜

「ケロロ 誕生日大パーティー! であります」
Yuri
素敵な百合をありがとう!

Gunnkann
用意したプレゼントが軍艦ゲームで吹いた!!
ビームサーベルから少しも進歩しとらんわ

いい雰囲気になれそうでしたが、
やっぱりイジラレ役のかませ犬でした
でも今回はスゴくおもしろかったですよ
メインをはってこれだけ笑いをとれるギロロ伍長は最高ですね〜

http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2007/12/8_190_g66_mokuh.html

灼眼のシャナII 第10話

「帰って来た男」
悠二が自在法を発動すると銀色の炎
それがマージョリーさんの追い求めるもの?
これはワクワクな謎設定ですね〜

でも今週の白眉は千草ママの色道指南だ(* ̄Θ ̄*)

子供っぽい嫉妬心を脱し、
恋愛の次なるステージに突入したシャナと吉田さん

千草ママの恋愛話
「人を好きになるって、単純に近づきたいってことだもんね」
「体中全部くっついていたいって思わない?」
体中全部…
それは器と器をあわせるとか(;´Д`)ハァハァ
粘膜と粘膜をくっつけるとか(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
十二指腸と十二指腸をからませるとか(ヲイ
うんうん、恋愛ってエログロなんだね〜

Shana
「おまえ何者」
はいはい私は卑しい豚でありますよ〜
ロリ女王さまに踏まれて、スカートの中が見えそうでたまらねえや

悠二パパの職業はなんだ?
尾行が上手いのは、仕事でいつもしているからかな
趣味が尾行とかだったらヤバい人ですよ

悠二パパとママは学生結婚
できちゃった婚にちがいないから
奥さまは女子高生だったんだよ〜
悠二ママは17歳で懐妊、
現在30台なかごろ、
熟れておりますな〜
エロいよ悠二ママ(;´Д`)ハァハァ

「好きだったら子作り」
これが坂井夫婦の恋愛アドバイスの結論のようです

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-522.html

2007年12月 7日 (金)

CLANNAD #10

「天才少女の挑戦」
能登最高〜!!!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

もうこれがすべて
能登ヴォイスに身悶えしまくりの30分
至福じゃ〜

なんか自分が能登とお付き合いしてるような錯覚を覚える
でもそれは正しい錯覚です
そういう気分を味わうためのゲームでしょ

Noto01
能登が俺に「大好き」って言ってくれたよ!
え? 言ってない?
いやまちがいなく言った
妄想の世界ではまちがいなく言ったんだよ〜

Noto02
これはいい百合ですね
ところでこの藤林杏という女
妹の恋を応援すると言いながら、
攻略キャラであるということは、
自分が朋也と深い仲になってしまうというある意味アレな奴
お話的には姉妹の愛憎劇の修羅場がいまから楽しみです
ってクラナドはそんなドロドロにならないでしょうね〜

ともかく来週も能登祭だぁ〜
視聴意欲急上昇中〜
できるだけことみエピソードが長引きますように、
スタッフの皆さんよろしくお願いいたします

http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-521.html

2007年12月 4日 (火)

バンブーブレード 第10話

「宮崎都の憂鬱と初大会」
まさか本当にアルバイト代を父へのプレゼントに使ってしまうとは!
どこまで珠ちゃん「いい子」なんだ〜
全国の親御さんたちがこのアニメ見たら、
「ウチの子もぜひ、珠ちゃんみたいに育てたい」と熱狂することでしょう
父母を敬う忠孝礼節娘・川添珠姫、好感度上昇中〜

でも個人的にはアレですよ、
珠ちゃん、もっと自分の欲望の赴くままに行動せよ、と助言したい
ミヤミヤが言うように、珠ちゃんまだ幼いんだね
本音と建前を使い分けて自己充足をはかるのが大人ですよ
いやいや自分の欲に淡々としているほうが大人か?
なんだかよく分からなくなりました

もう一人の見かけは大人、中身子供のコジロー先生
理不尽なことを受け入れるのが大人だと気がつき始めました
やっぱり無理なく自己を殺せる方が大人かな〜

個人主義や自由がどうのと言っても、
所詮日本は儒教の国です
おまけに聖徳太子以来、和を重んじてきた協調の国です
この国で大人になることは、欧米のそれとは同一に語れないのでしょうか

管理人は超個人主義かつ最近はやりのKYですので、
今回の珠ちゃんの行動には違和感ありありです
とてもじゃないが大人になれないです

それはともかく
いよいよ5人目がクローズアップされてきましたね
しかも中学剣道経験者!
団体戦でもインターハイ出場が楽しみになってきましたよ〜

http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-475.html
http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-106.html

2007年12月 3日 (月)

みなみけ #09

「三姉妹日和」
タイトルどおり三姉妹のゆる〜い日常のお話でした
毎回ほぼ原作のままなんですが、
今週は原作にくらべて見劣りしたような気もします
アニメとコミックで仕様がちがうので当然なんですが、
そこはアニメならではの工夫が欲しかったね

たとえば「黄泉行き」のバス
アニメでは実際にそのバスが描かれてしまいましたが、
ここは空想するのが面白いところでしょう

あるいは「チーズレモンカスタードシフォンパイ」
名前がちょっとずれていくのが、くすぐりなんですが、
アニメだとわかり難いですね
といってわざわざ表示するほどのギャグでもないわけで

たとえば臨時休校でヒマをもてあましたハルカ姉さまが
ケーキづくりにいそしむ姿とか、
ちょっとずつ食べはじめて、思わず全部食べてしまったとことか
そんなシーンが見たかったです

毎回OPで「過度な期待はしないでください」って警告するけど、
もともとこれくらいユルユルのお話なんですよね
ということで今回は原作側の一本勝ちでした〜

電脳コイル 第26話

「ヤサコとイサコ」
最終回でした〜

う〜ん、ちょっと惜しいというか物足りないというか
綺麗にまとまっていましたが、
アニメ的な盛り上がりに欠ける気がしました

ヤサコが呼びかけ、イサコがそれに答えて現世に帰ってくる
このあたりに、もう少し絵を動かしてドキドキハラハラさせる演出が欲しかったです
説明的なセリフが多いのは、やっぱり尺が足りなかったのですかね〜

それでも素晴らしいアニメだったことには変わりありません
いつもヤサコが悪夢のように見ていた鳥居の階段が、
光につつまれヤサコと手をつなぐ場所だったのは感動しました!
Yasaisa

ミチコさんがもしイリーガルだったら、それはどんな感情から生まれたのか?
ハラケン「初恋…かな」
恥ずかしいセリフ禁止(*/∀\*)イヤン
てゆうかそんな胸キュンのレモン味ではないと思います
もっと人間の無意識はドロドロした欲望にまみれてますから
恋愛がエゴイズムと支配欲にまみれた闘争であることを知るのは、
ハラケンもヤサコもまだ幼い
でもジュヴナイルだから、綺麗にまとめましょうね〜

ミチコさんはユング心理学のグレートマザーですね
なんの苦しみも痛みもない母に抱かれた状態
傷ついた心を癒すために医療用途に生み出された空間が暴走したのです
エヴァと同じで、電脳医療はよくわからないものを使っているから、
こうした事故が起きるのでしょう

それにしてもデンスケとの再会と別れが泣けた(´;ω;`)
同時にそれは幼年時代の自分との別れなんですね〜
イサコにとっての兄が、ヤサコにおけるデンスケの存在なんだ
家族を別れて自分一人で生きていく(精神的に)のが、この物語のメインテーマと言っていいでしょう
精神的に自立しているからこそ、他人と心を通いあわせることができるんですね

イサコは去り、デンスケは消えてしまった
ちょっとさびしい感じのラストの余韻が素敵です
スタッフ、キャストのみなさん、
すばらしい作品をありがとうございましたm(_ _)m

2007年12月 2日 (日)

機動戦士ガンダム00 #09

「大国の威信」
今週は面白かったです!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
こういうふうにバッコンバッコンやってくれると盛り上がりますね〜

しかしアレだ、
クリスティナ・シエラ
ちょっとの戦闘でキャーキャーとビビリおって、
とてもテロ組織の一員とは思えないチキンですね
世界に武力抗争を仕掛けるCBの無謀な戦いをいままでどう考えていたのか
結婚までの腰かけ仕事じゃないんですよ
そのうえ、親切にしてくれた男に「好みじゃないのよね」と高飛車な態度
アレルヤと出来ているらしいですが、
いずれ作戦行動の足をひっぱりかねませんよ
ティエリアの粛正リストへ刹那につづいて登録ですね(^^;

今回のお話のようにCBの本拠地、
あるいは輸送部隊が索敵されて攻撃されるのは、
当然あっていいはず
むしろ遅すぎたくらいで、
それに対する防備が信じられないくらい手薄ですね
ガンダム出撃して防戦するより、全力で離脱したほうがいいんじゃないの?
おまけにスメラギさんがあまり有能ではない気がしてきましたね
戦術予報士よりお天気お姉さんの方が似合ってるかも
CB敗退で、ちりぢりになって世界中へ離散、とかいう波乱のシナリオもいいですな〜

いずれにしろ来週はハレルヤvs超兵1号ですよ
がんばれ乙女(・∀・)9

ケロロ軍曹 第189話

「ドロロ 過去からの刺客 であります」
どシリアスなお話でかっこいいドロロが主役という、
ある意味レアな驚きをもって視聴いたしました
白土三平の忍者漫画みたいな迫力と悲哀を感じましたよ

もうケロロのギャグなんかうわすべりで、
いっそ登場なしでもよかったくらい
00作戦とか作戦のかたちにすらなっていないし

「ギロロ伍長、突貫する!」とか、
これからガンダム00ネタは頻出しそうですね〜

ドロロに止めを刺されたように見せかけて、
実は生きていたジララ大尉
これは意外なオチでした
なかなか渋いキャラで、また登場してくれたらいいな〜
でもアニメオリジナルキャラみたいですが、どうなんでしょう
どこかの星でふたたびドロロと刃をあわせるお話とか期待します

Koyuki
小雪ちゃんの腰の切れ込みが深くて、
なにもはいてないように見える(;´Д`)ハァハァ
それにしても広橋さんはいいですな〜
ちょっとずれた女の子を演じるとたまらなく可愛いですね〜
珠ちゃんも明日夏ターンもいいが、やっぱり小雪ちゃんがいい
百合属性がポイントですかね〜

2007年12月 1日 (土)

灼眼のシャナII 第9話

「悲しみのマイルストーン」
やっぱり予想どおりユーリィ君はお亡くなりに…
ある意味マージョリーさんが見殺しにしたわけで、
それほどまでに彼女の抱える傷痕は深いのであります

フレイムヘイズの使命が紅世の徒の討滅ならば、
自分の復讐を目的とするマージョリーさんもフレイムヘイズとしては変わり種なのか
そもそも究極の目的は世界のバランスを保つことであるから、
特定の徒にこだわるマージョリーさんはやっぱり例外なのですかね?
だいたい“蹂躙の爪牙”もただ暴れるのが好きなだけみたいだし

模範的なフレイムヘイズというのは冷血な機械人形みたいなキャラなんですかね
ユーリィ君は熱血でピュアで、たとえフレイムヘイズでなかったとしても、
実社会では狡い人に陥れられそうなタイプです

佐藤はますますマージョリーさんラブになったようで、
いつか本気で命を捨てることになるかもしれません
てゆうか真剣にマージョリーさんを守れる最強の男になりたいと願ってるでしょうね
そういう男たちを肥しにして、ますますいい女になっていくんだろうね、マージョリーさんは

一方、悠二は自在法を操るも何かがおかしいらしく、シャナが動転してましたが、
来週はまたまた日常話のようですね
帰ってきた男ってどうせ悠二パパだろ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28