応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #04

「アンジェリカの復帰」
An
「マルコーさん、おくすり、おくすりください…」
アンジェかわいいよアンジェ(;´Д`)ハァハァ

ガンスリにはいろいろ名セリフがあるけど、
個人的には、この「おくすり」が一番です
原作よりもアニメはかなり微エロを意識したつくりで大興奮しました
もう妄想がとまらない(*´д`*)アハァ

いろいろ不評の2期ですが、やっぱり女の子がかわいいのはうれしいよ
アンジェがハアハアしてくれるだけで、最高だ〜

アクションシーンは今週も不発
もうあきらめたほうがいいんだろうか…

始末屋二人を捕獲するために、
ジョゼ&ヘンリエッタまでもがヘリで駆けつけるのは驚いた
でも脚本が原作者ですから、やっぱり必要だったのか

リコの声はどうも馴染めない
それを言ったらマルコーさんはもっと変なんだけど

来週はクラエス話かな?
クラエスかわいいよクラエス(;´Д`)ハァハァ
義体の女の子を攻略するゲームがほしい〜
それなんて苺ましまろ?(^^;

http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1674.html
http://blogkanman.blog31.fc2.com/blog-entry-81.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1799.html

バンブーブレード 第17話

「光と陰」
フォー!!! 今週は最高だぜ!!!
エクセレントなお話でした!!!

本当に素晴らしく文句のつけようがありません
部員それぞれの見せ場があって、
試合の流れがあって、
それらが大きなうねりとなって珠ちゃんの禁断の突きに集約された神展開ですよ

最後に珠ちゃんの負傷に気がついたコジローが立ち上がりました
きっと棄権を申し出るのでしょうね
駄目教師の汚名返上です

それにしても広橋さんの烈帛の気合い声が凄かったです
いつもは甲高い、どちらかというと細い声なんですが、
今回のは低域がよく出てましたね
あるいはエフェクトかかってんのかな?

Sa
サトリン大活躍
セガサターンの蓋がカパっと開くところは笑いころげた(ΦωΦ)

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-154.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-414.html

2008年1月28日 (月)

みなみけ 〜おかわり〜 4杯目

「片付けちゃっていいですか?」
う〜ん、どうもお話が中途半端な印象なんですが、
長い目で見ろってことですかね?

今回は完全アニメオリジナルのお話でしょうか
藤岡や保坂がちょっと顔を出すだけ、ていうのがもったいないし物足りない
キャラが多くて賑やかなんですが、山場がなかったですね

1クール目は短いお話をショートコントみたいにつなげていたので、
ストーリーはないも同然でしたが、
「おかわり」はもしかしたら、お話が続いていくスタイルなのかな〜
あいかわらずカナを中心にお馬鹿な言動で楽しませてくれますが、
新キャラ冬樹くんの扱いがいままでのキャラとちがう
どうみても彼はお気楽ギャグ界の住人ではありません
自己主張ができない、明確な拒絶ができないといった、
深刻というか、わりと真摯なドラマを背負っているようですね
このオリキャラをうまく生かせるかどうかが、2クール目の勝負どころですな〜

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-153.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-413.html

2008年1月27日 (日)

機動戦士ガンダム00 #16

「トリニティ」
なぜか総集編(^^;
新ガンダム、新マイスターが颯爽と登場したのに…

お話はほとんど進みませんでしたので、
雑感を少々書き連ねます

スメラギさんはガンダム4機とも捕獲されると予想してたんですね
でもそういう予測の上での作戦行動って変じゃないですか?
ガンダムなくなったらCBは活動停止だし、ヴェーダの計画も実行できませんよね
そんな大事なことを一指揮官が決定できるのって、おかしいな〜
スメラギさんの上官って誰なの?

釘宮キャラがツルペタロリでないことにがっかり(;´Д`)
当然、期待しますよね
せめてツンデレ属性だけは死守してほしい

公式サイトにはガンダムスローネに搭載されているのは、
疑似GNドライブとありますが、
てゆうことはスローネは量産機みたいな設定なんですかね?

まだはっきりとは分かりませんが、
機体もパイロットもセカンドチームのほうが上のような雰囲気です
ハロも極悪そうな雰囲気でしたね
亀田三兄弟がモデルのセカンドチームは、
めちゃくちゃ暴れまくってくれそう
( ・ω・)っ≡つ ババババ

そしていずれは路線の違いから本家チームと争いになるとか、
本家チームの誰かが(あえて言わないが、本体を乗っ取ったハレルヤとかが)
分家チームに鞍替えしたり、
怒涛の展開があるといいな〜

ケロロ軍曹 第196話

「帰ってきたゲロゲロ30分 であります」
小ネタ特集、大爆笑しました〜
やっぱりギャグはテンポとスピード感だね
すごく面白かったですよ〜

以下ネタ紹介

ケロロ小隊第196回定例作戦会議
食い合わせで侵略
食品偽装問題を鋭く風刺した痛快作

こたつで侵略
寒い冬、気持ちよいこたつから出れなくする作戦
侵略マシンの操縦席がこたつwww

ラーメンで侵略
個人カラーを活かしたカップ麺を発案
ケロロ>ほうれん草ラーメン
タママ>黒ゴマ坦々麺
ギロロ>唐辛子ラーメン
クルル>カレーラーメン
ドロロ>ブルーハワイラーメンwww

ケロロ小隊第197回定例作戦会議
よく似た言葉のいいまちがい
ひじとひざ
エレベーターとエスカレーター
東京と新潟?

冬樹なぞの埋蔵金
「莫大な遺産が眠っているぜ」
てっきりクルルだと思った

すもも帰ってきたアイドル
そういえばすもも役の人はどうしているのかな〜
演技が上達してるといいですね

ケロロ小隊第201回定例作戦会議
よく似た言葉のいいまちがいを区別する
ひじ>小僧をつける
エレベーター>ガールをつける
東京>タワーをつける?
最近エレベーターガールを見ませんが、銀座のデパートとかには生息してるのかな

ギロロ午前0時のシンデレラ
Natu01
エロい妄想に耽る夏美
ボクラハミンナイキテイル銃でギロロが人間化って、ケロン星人は動物ですか
しかも美形になってるみたいだし(^^;

ケロロ改名
ジャン・クロード・スカーレット・轟・アズナブルIIIZZZ軍曹

ケロロ小隊第287回定例作戦会議
懐かしいですね、ド下手自作アニメ
実写版ケロロ軍曹www

日向家戦闘準備完了
とてつもなく巨大な対空砲!!
Natu02
小雪ちゃんの白い肌が艶めかしいですな(;´Д`)ハァハァ
体洗うんだから、タオル脱げよ夏美
またしても実写版吹いた!

556キックで爽やかなエンディング
革靴は臭いそうですよ

http://rit.way-nifty.com/honobono/2008/01/post_729f.html
http://takkun-mama.cocolog-nifty.com/diary/2008/01/26_196_kaette_k.html

2008年1月26日 (土)

灼眼のシャナII 第15話

「覚醒」
( ゚д゚)ポカーン
よくわからない展開でした
原作読んで補完するべきでしょうか

分かる範囲での感想です
近衛史菜はヘカテーの分身でしたね
本体に吸収還元されるとき、悠二の呼びかけに反応していたのが、ちょっと切ない
分身の経験や感情がヘカテー本体にどう反映されるのでしょうか
それが分身を送り込んだ目的なのかな?
それとも単なる監視役だったのか

バル・マスケの作戦は成功して、零時迷子はほぼ手中に有り、
あとは悠二を破壊するだけ
シャナが大泣き取り乱しております

それで、どうやらフィレスがバル・マスケの野望をくじき、
零時迷子すなわちヨーハンを取り戻すため、
単身殴り込みをかけるらしい
そんなフィレスに対してヴィルヘルミナの心中は複雑なのですが、
過去のいきさつが不明なので、その気持ちがよくわからない

吉田さんは傍観するしかなく、
ただの人間で無力な自分が恨めしい
これではだんだん悠二に対する恋も冷めてしまうのでは
でもフィレスから宝具をもらったみたいで、
それを使って参戦でしょうか

そして田中はまたしても封絶にショック受けてました
たしかお札みたいなのをマージョリーさんから貰ってるんだよね
もうそいつを返却して堅気に戻った方がいいよ

大きく物語が動き始めましたが、理解が追い付かない〜
とりあえずヘカテーかわいいよ(;´Д`)ハァハァということで
He

http://pani653385963.seesaa.net/article/81092585.html

2008年1月25日 (金)

CLANNAD #15

「困った問題」
お話は渚の演劇部設立問題へとリターン
顧問の先生をお願いすることで、合唱部立ち上げチームと対立します

渚も仁科さんもいい人すぎて歯がゆいわ〜
たしかに他人を押し退けてでも、という気迫がないのなら、本当にやりたいことなのか疑問視されます
顧問の先生は兼任できないもんなのか

春原X朋也のカップリング
渚が同性愛に理解がなくてがっかりした(;^ω^)
本来なら、恋愛は見た目や性別で選ぶものではなく、
相手の魂を愛することなのよ、という具合に正論を吐くべき
でも、ついつい朋也への自分の気持ちから、あんな行動にでた渚に萌える
ラブコメしてますね〜
こそばゆくて、見ていて赤面しそうになりました(〃∇〃)

てゆうか先週あれだけ朋也を気持ちを通い合わせたことみがまったく背景になってることにもがっかりした
普通なら三角関係でしょう
もっとことみが朋也にアタックする場面を描くべき

ラストで春原の妹@ゆかりん登場
朋也はロリをも攻略するのか?
そういうお話じゃないことは分かってますが、
そういうお話であってほしいというのが正直な気持ち
ひさびさ登場の風子でロリ分を補給しとくか

2008年1月23日 (水)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #03

「シミュラクラ」
ついにトリエラとピノッキオが相まみえました
タイトルのシミュラクラとは「本物そっくりのまがいもの」のことだそうです
つまり立場こそ違えど、二人は似た者同士

アクションシーンはあまり迫力なかったですね(;´∀`)
スピード感に乏しいのかな?
原作読み返したら、そっちのほうが迫力ありました

Au
縛られているアウローラ(;´Д`)ハァハァ
F1
これはいいロリだな
F2
あんた、あたしに手を出さないのは、そういうことなの
P
女はきらいだ

2008年1月22日 (火)

バンブーブレード 第16話

「キリノの欠席と予選大会」
面白かったですな〜
キリノが予選に出られない展開かと思いきや、
過労の母は大事にいたらず、無事予選出場です

しかもコジローの心配をよそに普段以上の集中力をみせるキリノ
合宿で深夜素振りをしていたシーンが生きてます
日常の地道な努力が花開くのですね〜
キリノ、カッコいいよ!

しかーし室江高に悪の手がのびる!
珠ちゃんが拉致監禁された〜
全国大会ならともかく地方予選でここまでやるとは、まさに極悪
窮地を脱した珠ちゃんの正義の鉄槌が下されるのを期待してやみません

次の対戦校の小西はとりまきの女の子を連れてます
ここで百合センサーがピピピと反応
これはお姉様と下僕たちでありますよ
こんな悪いことするんだから、彼女たちが肉体的にも精神的にもふか〜い関係にあるのはまちがいありません!
少女たちの花弁をお姉様が百合棒で突きまく(ry

妄想中(;´Д`)ハァハァ

ふ〜、ハードでレズっぽい百合もたまにはいいものであります(;´∀`)

さて、話をもどすと、
竹刀をもたない珠ちゃんは、ただの小娘
そして弁当とまちがえてサターンを持ってきたサトリンは狙いすぎ(でも吹いた)
ということで、次週も楽しみでございます〜

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-147.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-403.html

2008年1月21日 (月)

みなみけ 〜おかわり〜 3杯目

「もてなしの夜、そっと出し」
ビバ! パジャマパーティーv( ̄Д ̄)v イエーイ
小学女児たちのキャッキャウフフな集まりに心和みました
お風呂シーンもバッチリでしたね〜

大きさ、欲しい、競争
チアキは参加する必要なし
ツルペタの需要もあなどれませんよ〜

妹の友達にちょっかい出さずにいられないカナ
なんだかんだと盛り上げてくれます
こんな楽しいお姉さんがいるとお泊り会もうれしいですよ

でも藤岡とマコトを登場させたのはどうなんだろ?
「マコちゃんに似ている」とか探りを入れる藤岡ですが、
冬馬がチアキたちと一緒に風呂はいってるのはスルーですか?

やっぱり今回は藤岡とマコトは出さないで、
苺ましまろみたいな女の子ワールドを展開してほしかったです

あと引っ越してきたお隣さん
なんか訳ありそうですが、オリキャラ(?)投入が吉とでるか凶と出るか
父親と息子の二人暮らしとか微妙な設定ですよね
女っけの無い家庭がハルカの色香にとまどう展開とみるのは深読みか

例によってハルカの鍋料理をききつけた保坂もキモい妄想してましたが、
もっとじっくり、力を入れて妄想シーンを描いてほしいな

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-146.html

2008年1月20日 (日)

機動戦士ガンダム00 #15

「折れた翼」
今回の総力戦はニューガンダム登場の前座でした(;^ω^)

正直なところ、あまり盛り上がらなかった
それは手に汗握る激闘が展開されなかったからですね

前回スメラギさんがちょんまげに予想したとおりの展開でしたよ
なんかあまりにもシナリオ通りに進行して、
ストーリーのうねりというか、
キャラクターが動いて物語を作り上げるという局面が見られなかった

CBはヤラセのテロを阻止して、罠から逃げ出さなければならなかったのですが、
このあたりの戦略とか、
事前の情報戦とか、そういうのがまったく描かれていないので、
予定どおり、パイロットの体力が消耗して、
予定どおり、ガンダムが捕獲された、という印象なのです

1000機にもおよぶMSにたった4機のガンダムが挑むのですから、
ゲームのガンダム無双みたいな、敵味方入り乱れて、動きまくりの映像を期待していましたが、
ほとんどのシーンが、砲撃に耐えるガンダムばかりで、地味な印象でした

せっかく個性の異なる4機のガンダムなのだから、
それぞれの捕獲作戦とか描いてほしかった

これで、新たなガンダムとマイスターが登場して、一体どうなるんだろ?
お話のつづきは興味ありますが、
やっぱり個人のドラマが動かないのが、面白くない

今回は不満ばかりです
それだけ期待していたのですが、残念でした

ケロロ軍曹 第195話

「夏美 私もスキーに連れてって! であります」
原作話〜
またしても大人になった夏美ちゃん
スキー場だから露出なし、残念であります
原作だと、アレだったんですが(^^;

雪上3倍効果でギロロ轟沈
大人夏美エロいよ(;´Д`)ハァハァ

「ケロロ 温泉っつうたら卓球だ! であります」
これはほのぼのとした、まったり話でありました〜

冬樹の湯上がり色気効果で卒倒した桃華ちゃん
ちゃっかり膝枕してました
てゆうか冬樹がしたんだよね
すべてを承知のうえで天然を演じている黒冬樹を確信した
桃華ちゃんの調教はすでに始まっているのだ〜

このお話では、夏美の性格が丸くなっていましたね
ギロロに手加減する優しさ、ケロロと和気あいあいのありえなさ
おいおい、あんたはツンデレだろ、と突っこみたくなります

2008年1月19日 (土)

灼眼のシャナII 第14話

「永遠の恋人」
こういうドンデン返し大好きです〜!
吉田さんの誘いを受けて、話のわかる人のように思えたフィレス
実はただの時間稼ぎだったとは!
うひょ〜面白い!

やっぱり人間と紅世の徒のあいだに安易な共感や理解はないのね
異界の住人は一筋縄ではいかないです
フレイムヘイズはもともとが人間だから、
価値観も共有できるかもしれませんが、
紅世の王や徒はとくに人間の味方というわけではないのだな

フィレスとヨーハンの恋話
フィレスにショタ疑惑が
これはシャナx悠二エンドの予兆か(考えすぎ)
シャナx悠二も永遠の若人カップルになれるんですよね
吉田さんだと女のほうが老いていくという最悪のパターンです

危機に陥った悠二の腹から手がでてきました
「銀」は悠二のなかに潜んでいるのかな
ん? べつにかくれる必要もないだろうけど

いよいよ来週は能登覚醒らしいです
盛り上がって参りましたね〜

2008年1月18日 (金)

CLANNAD #14

「Theory of Everything」
ことみ編完結でした〜
よかった、幸せなエンディングだったですね〜

長い時を経て、ことみに届けられた両親の手紙が泣かせます。・゚・(ノ∀`)・゚・。
親は子供を愛しく思い、慈しみます
手紙のなかのこの一節が印象的
「あせらずに、ゆっくりと大人になりなさい」
ことみは家から外へ出たがらない内向的で風変わりな幼児でしたね
普通のこどもと違うと親は心配しますけど、ことみの両親はそれを受け入れています
障害があったり、不登校になったり、ひきこもったり、ニートになったり、いろいろ普通でない子供もいますが、心配することは親の仕事ではありません
ゆっくり大人になればいいんですよ
親はどっしり見守っていればいいのです
でも人間だから焦ることも仕方ないですが…

ラストのことみの言葉
「大丈夫、わたしの庭は広いから」
ことみの人間としての成長がうまく表現されてますね〜
知的には常人よりはるかに成長してますが、
情操面ではことみはずっと子供のままでした
両親は死んでしまいましたが、朋也や渚たちのような身近な友人だけでなく、目には見えない世界中の人によって、ことみの心は守られていたと言えるでしょう
ゆっくり成長して、ことみは素敵な大人になったわけです

人間の世界は人間同士の関係でできています
それはたとえばすべての人間がいつも手をつないでいるようなものですね
どんなに孤独でもその手は離れることはないのでしょう
個々の人間のあいだで、悲しいことや恐ろしいことが起こっても、
本当は見えない誰かとつながっているんだと思えれば、
それはとてもうれしいことです
それがクラナドの描く世界なんですね〜

2008年1月16日 (水)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #02

「ピノッキオ」
アウローラかわいいよ(;´Д`)ハァハァ
冷たくされてしょんぼりなアウローラ萌え
Au

「かっこよければ人生得するの」
イケメンはどこで暮らしてもいい目を見るな〜
アウローラのところは母子で狙ってますよ
ピノッキオがピアノ弾く設定、原作にあったかな?

生身の人間ながら義体のように冷酷非情なピノッキオ
幼女に心動かされないとは、別の意味で危ない奴であります(アレ?

いよいよピノッキオの生い立ちが語られ、
裏社会バリバリのお話でした
血まみれバイオレンス、恐いよ〜

フリーなテロリストの二人組がかっこよすぎますな
さすがイタリアだけあって、殺し屋もお洒落なんですか
先週は1期からの落差で微妙な印象でしたが、
ピノッキオ編はいい雰囲気で始まりました〜
公社に敵対する勢力を緻密に描くことによって、
バトルに凄味がうまれるでしょうし、結果として、
義体として生きることのはかなさが表現されたらいいですね

えーと、アンジェリカは1期でお亡くなりになったのでは?

2008年1月15日 (火)

バンブーブレード 第15話

「初合宿と初銭湯」
銭湯といいながら入浴シーンがないのはどういうわけですか!
これでは羊頭狗肉のそしりを受けても仕方ないですよ〜
普段は変なところにエロいくせに、正攻法を避けるとは、このアニメどういう了見で製作されているのでしょうか

なんだか知らないけれど、6分も放送時間が遅れて、しかもエロなし
泣きっ面に蜂とはこのこと
和気あいあいの合宿もとくに山場はなく、見せ場にも乏しかったですね
練習シーンをじっくり描いてくれるだけで、盛り上がると思うのですが
とか不満たれてたら、キリノ母が倒れて一大事!
俄然次回のお話が楽しみになってきました

でもやっぱり、入浴シーンがないのは納得できんな〜
安手のエロを求め過ぎですか?
アニメ製作者サイドに崇高な志があるのだろーか?

次回予告で意外なラスボス登場〜
変なところに力はいってるよ

2008年1月14日 (月)

みなみけ 〜おかわり〜 2杯目

「味は代々受け継がれていくもの」
クラスメイトの顔が黒いのは不気味だ

番長伝説がなぜかハルカ姉さまの高校で復活
その噂はカナの中学校にまでひろがり、軍団をつくって応援することに
というようなお馬鹿なカナ全開のお話

タイトルは料理のことと思いきや、姉妹で番長を襲名することでした

カナみたいな女の子がいると、生活が明るくなっていいですね〜
なんだかんだ大騒ぎして、みんなを盛り上げてくれる馬鹿野郎ですよ

でも自室が散らかっているカナはなんかイヤだ
片付けられない女とか、ゴミ屋敷の住人とか、よくないイメージがつきまといます
それにごはんもお菓子も食いすぎだろ
よく言えば奔放、悪く言えば自堕落
駄目人間の一歩手前ですね

ハムスターの設定はあまり生きていないかんじ
チアキの普段あらわれない一面をかいま見せるエピソードをつくれたはず
嫌いな野菜の処理役くらいにしか考えてなかったですね
姫、クールすぎるよ
子供なんだから無邪気に喜べばいいのに

2008年1月13日 (日)

機動戦士ガンダム00 #14

「決意の朝」
コーラサワー面白いよ!!
久しぶりに登場したら、おいしい所を持っていきましたね
上官がいい女、しかもS系の女王様
下克上ラヴを狙うんですかね〜
女王様のために作戦行動に励むコーラサワーとか見たくないです
作戦中に上官をレイプ、力づくで彼女を征服しようとする、そんないかれたコーラサワーに期待しますよ!

ルイスもなんだかな〜
てゆうか、そこは沙慈が慰めてあげるところでしょう
それが分かっていて、あえて刹那を引き込んだとしたら、これはもう明確な拒絶ですよ
もう沙慈は諦めた方がいいよ、ルイス…

マリナ姫の寝室に侵入する刹那
絶対に姫はレイプされるとか、恐慌してたね
それより刹那が何もしなかったので、むしろがっかりしてるんじゃ
「わたしって魅力ないのかしら、クスン」

どうして砂漠の合同演習にCBが介入するのか、よくわからなかった
保管されているプルトニウムをテロリストが狙うとか、
ようするに「やらせ」の紛争でガンダムをおびき出す作戦で、
CBはそれを承知でガンダムを出動させる、ということですか?
なんとなく、てっとり早く全面抗争にお話を持っていったような印象なんですが、各国が団結してガンダム抹殺作戦に乗り出したということですね

それにグラハムさんの上官射殺疑惑とか、どこまで風呂敷をひろげるんでしょうか
ドラマとしての流れがいまひとつ良くないですね〜

ケロロ軍曹 第194話

「トイレ 今、立上がるとき! であります」
これはいい侵略作戦ですね!
だれもが無防備になる空間、それがトイレ
たとえゴルゴ13であっても、あっさり撃退されるでしょう
でもいつもの通り作戦は暴走
クルルは毎回わざとやってますね
便意のためにケロン軍と人類が共闘

反乱するトイレに対する最終作戦
冬樹のパンツが大量散布されました
一部の人たち大喜びでしょう

やっぱりトイレは虐げられてますよね、とくに公共のは
トイレは人類の重要なパートナー
大切に使いましょうね

「クルルと子犬 であります」
いい話台無し(;´Д`)
こんなのクルルじゃない! と叫びつつすっかり罠にはまってしまいました
てゆうかギロロ可愛い子犬になりすぎ
一時期アニメスタッフが熱心に推進していたクルギロの再燃ですね
クルルに飼育されるギロロ
歪んでいるけど、これもひとつの愛の形なのかな〜

2008年1月12日 (土)

灼眼のシャナII 第13話

「収束、そして兆し」
マージョリーさんの狂乱の狼藉蛮行に興奮いたしました〜(燃え
一方、フィレスはなんか弱々しくて期待はずれ
もっと凶悪な徒だと思ってましたが、話の通じる人でしたね
それにくらべてマージョリーさんの狂犬みたいな暴れは、すごい
いままでの停滞気味のお話に喝をいれてくれました

シャナとヴィルヘルミナの最強連携で事態は沈静化しましたが、
学校は崩壊、オガちゃんは死亡、災害の爪痕はなまなましく残されていました
結局オガちゃんは再生してもらえましたが、1期の平井ゆかりさんのようにお亡くなりになったりすると、お話に深刻さが加わっていいかんじだと思いますが、どうでしょう?

零時迷子の中にはフィレスの恋人ヨーハンが閉じ込められているそうです
あいかわらず能登はあやしさ全開でしたが、一体なんなんでしょうね
この先、銀の封絶の調査とかで、またお話がぐだぐだになりそうです
もっとガーッと盛り上がってドバーッとバトルしてほしいですよ

2008年1月11日 (金)

CLANNAD #13

「思い出の庭を」
かわいそうなお話だよ〜(´;ω;`)
ロリことみが可愛くてたまらないんですが、
孤独におびえる姿がせつなすぎる
幼少時の心の傷が人格形成に大きく影響した例ですね

ことみの過去が明らかになり、
朋也たちは彼女のために出来ることを励む
みんないい人だ〜
その努力が実を結ぶといいですね

庭で除草をしながら、虚無感徒労感に襲われそうになる朋也
でも渚の微笑みでやる気を取り戻すんですよ
仲間に元気をもらわないと、人間は無力なんです
お互いに支えあわないと人間はみじめな気持ちになりがちです
それぞれの心をつなぎあわせること、それがクラナドのテーマですね〜

これだけ素晴らしい仲間に恵まれながら、
いまだ癒されることのない朋也の家庭問題はどれほど根が深いのか
そもそも救済が必要なのは朋也自身か朋也の父か
そういうことを考え始めると、ますます夢中になりますね
もう女子キャラ攻略はどうでもいいですから、
はやく朋也編のお話を始めてほしいです

2008年1月 9日 (水)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #01

「二人の距離 兄妹」
ガンスリ〜!
でもちょっと微妙でした
ヘンリエッタの中の人の演技はどうなんだろ
若手で新人さんなんだけど、困ったね
キャラデザの問題でもあるけど、ぼんやりした少女らしさが薄れて、なんか凛凛しい顔立ちになってる
その顔立ちに合わせた演技なんだろうな〜
ということにしておこう…
リコの声も違和感ありまくりなんだけど、そんなこと言い出したらきりがない

えーと、よかったところはね、
トリエラがマンホールの蓋を放り投げるとこと、
返り血で真っ赤になったのが印象的
第一話にして義体の能力をアピールですね
Tori

今回のお話はストーカーヘンリエッタがジョゼさんの部屋に侵入して、
下着の臭いを嗅ぐというもの(ヲイ
プレゼントの品から恋人の存在を連想してへこむヘンリエッタ
でもそれは自分へのプレゼントと知り一安心
あいかわらず常月まといなディープラヴです

2期はピノッキオ編ということで、トリエラの活躍に期待
激しいアクションで魅せてくれるといいな〜

2008年1月 8日 (火)

バンブーブレード 第14話

「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」
女王様のミヤミヤに言葉責めされたい(;´Д`)ハァハァ
サトリンの勧誘は悪徳セールスみたいでした
押しと引きが絶妙で、すっかり手玉にとられたサトリン
恐ろしくて美しい女王様に身も心も支配される快楽、ワタクシも味わいたいです〜
M
あと掃除を押しつけられたクラスメイトにも激しく同感
あんなに可愛く微笑まれたら腰砕けですよ
M01

ドジっ子っていっても本人がぜんぜん失敗を気にしてないタイプもいますよね
「てへっ、またやっちゃった♪」みたいな
さとりんは自分のドジにものすごい劣等感をもっていて気の毒なくらい
成績うんぬんの前に、ドジっても気にしない明るい性格になってほしい
得意な剣道で自信をつけてくれたらいいな

礼美は本当に新聞部だったのが意外でした
そして等身大パネルをつくるほどの過熱ぶり
はたして自宅ではどんなことをしているやら、妄想がとまりません
都ちゃん抱きまくらはもちろん、もしかしたら都ちゃんラブドールも製作してるかも(^^;

2008年1月 7日 (月)

みなみけ 〜おかわり〜 1杯目

「温泉、いただきます」
さすがに「おかわり」だけあって、
1クール目とはがらりと雰囲気を変えてきました
OPからして、オルタネイティヴというか非日常というか
まるで別のアニメのようです

まあ、中身はあいかわらずのゆるゆるまったりネタですが

わずかな原作成分にオリジナルを添加して、
かなりおもしろく仕上ってます
ちょんまげかつらとか、温泉卓球とか、いい具合です

お正月サービスということで、温泉シーン満載
三姉妹の入浴姿を満喫しました
H01
でもひとつだけ苦言を呈したい
ハルカ姉さまのおっぱいが大きすぎます
叶姉妹サイズですよ
アニメの誇張表現とはいえ、これはイヤです、大きすぎるおっぱいは好きではありません
みんなそんなに巨乳が好きなのか?
車も家もおっぱいも大きければそれでいいのか?
アメリカンサイズがかならずしも最良とは限らないのですよ
巨乳よりも美乳を!
ハルカ姉さまは清楚で上品でいてほしい

2008年1月 6日 (日)

機動戦士ガンダム00 #13

「聖者の帰還」
CBが拉致された保守派のリーダーを救出、
非武装のガンダムエクシアで王宮へ搬送しました

ということ、でまたしてもCBが株を上げた話
ガンジー以来の非武装無抵抗主義を世界にアピールしました
ガンダムが無敵かつ頑丈でよかったですね〜

ここまででちょうど1クール
まとまりのいいお話だったので、年内に放映してほしかったです

国際政治舞台におけるCBの立ち位置が、武力行使をもいとわない過激なテロ組織から、世界平和をめざすNGOに格上げされたような印象
ガンダム人気でCB入隊希望者続出とか
某国の玩具メーカーがエクシアをプラモデル化するとか
そんな経済効果も期待されます

ところでガンダムって二人乗りできるんですか〜
そんな余分なスペースなさそうですけどね
やっぱロボットアニメだったら、操縦シートでお姫様だっこでしょう
したがって男は乗せないのが鉄則
でもロックオンさんは別の意味で紅龍を乗せていいんですよ(^^;
今回はフラグが立ちませんでしたが

あとグラハムさんと刹那が接近遭遇しましたが、
ここはお互い正体がバレたほうが面白かったのでは?
しかし刹那の格好が小綺麗すぎて、地元の少年に見えないだろ
見るからに怪しいんだから、もっと取り調べればいいのに

ケロロ軍曹 第193話

「ケロロ 仁義なき初詣 であります」
アバンでガンダムデュメナス
ついに地球侵略も神頼みになりました
クルルだけコピーロボット
「カレーもいいけどおせちもね」逆CMだな
おみくじ微凶は原作にありましたね
絵馬ネタがおかしかった
たてよ国民
モザイクのかかった絵馬って…
ギロロは大胆だな〜
でも夏美のが身も蓋もないストレートなやつ、ギロロ不憫な
って軍曹はダミーの方を奉納してませんか?

「ケロロ セチラ対ゾニラ であります」
特撮ネタでした〜
商店街がおそわれたり
旧式の車が踏み潰されたり
なぜか街のちかくに休火山があったり
ケロロが変な外人になったりとか
なつかしい特撮の雰囲気を漂わせていました
タイトルはサンダ対ガイラですかね〜
桃華ちゃんがチャレンジャーなイカモノ食いというのは無理矢理な設定
しかもほとんど生きてない

新エンディング
ケロ猫のタンゴ
黒ネコのタンゴのリメイク?

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28