応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

ケロロ軍曹 第252話

ケロロ 映画に行こう! であります」
なんかあからさまに劇場版の宣伝だったような気もしますが(^^;

時代はDVDというか、いよいよネットワーク配信になるような
ホームシアターシステムなんてのもあって、ますます映画館から足が遠のきそう

でも映画に限らず、人が集まって何かをするのは永遠に廃れないだろうね
集まる場所は時代にしたがって形を変えていこうとも、他人とつながりたい願望は人間からなくならないはずです

ただ自分の思いでの場所がなくなってしまうのは寂しいよね〜
ケロロのフィルム輸送の獅子奮迅の働きが映画館の最後の上映につながったのは意外なオチでした
そんな現場に居合わせた軍曹も人と人のつながりが想い出をつくっていくことを実感したようで

てゆうか管理人の住む街も映画館は風前の灯火状態です
シネコンなんてのもありますが、自動車で行くような遠くにあって
買い物も車、映画も車と、これも時代の趨勢でございます

さて劇場版の方ですが、同時上映の短篇が面白そう
ケロロ小隊出発の日のエピソードってのがいいね〜
いつも劇場版のお話はシリアスで壮大なものだけど、ギャグをメインとして全編これ爆笑みたいな映画も見てみたいです

http://telanim.blog58.fc2.com/blog-entry-766.html

鉄のラインバレル #21

「狂気の翼」
森次さんの過去が語られました

正義の味方を気取るヤンキーだったわけですが、世間に認められないし、おまけにお姉さんが殺されて…
自暴自棄になって自殺(?)したところを加藤機関に救われたみたいですね〜
それじゃ最初から加藤機関のスパイとしてJUDAに入社したのか

手紙で呼び出された山下くんですが、なんかこのあたりの展開は変ですね
森次さんは山下くんを加藤機関に誘っているのか、それとも単に始末しようとしてるのか…

そして森次さんの親友だった桐山が復活
しかして体が元通りに回復してなかったため、シンクロ率400%で暴走自爆
完全にマキナにとりこまれなかったのは、人間らしい心(森次さんとの友情)があったから?

なんか釈然としない展開で説明不十分だったような
これからもうすこし整理されるんでしょうね

石神社長のホログラムがまるで生きてる人間みたいで苦笑
ぜんぜん死んだように思えません
自分の都合が悪くなるとフリーズとか、お気楽ギャグだし
最終回で絶対蘇生すると思う、そういうアニメなんだよ〜



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3183.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-693.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-368.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1069.html

2009年2月27日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第20回

「汐風の戯れ」
今週は楽しい回でした〜
幼稚園の「優しい」先生はやっぱり広橋キャラでしたし、
風子もいっぱい出てきて、笑いが途切れることはありませんでした
_02270158mpg_000764542

風子の変な発言がありましたね
亡き妻の面影を重ねるとか、眠り薬で何かしようとするとか
ギャグなんですが、ある意味リアルで生生しいというか
下半身方面の話題で恐縮ですが、朋也は若いし、いろいろ溜っているんじゃないかと(^^;
それに広橋キャラもかつては朋也のことを憎からず思っていたわけで、焼けぼっくいに火がつくというか大人の関係とかなっちゃったりして(;´Д`)ハァハァ
まあトランプやってても渚を思い出して涙ぐむくらいですから、そういう心配はありませんが、それでもそれでも下半身くんはわがままですからね(^^;

そんな親子の満ち足りた日常に突然事件が!
汐が発熱?
子供が熱を出すのはよくあることですが、予告を見るとなんか深刻ですよ
もしかして渚の虚弱体質を受け継いでいるのか?
これで汐が死んだりしたら、あまりにも朋也が不幸すぎます
そんな悲惨な展開は見たくないな〜



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-959.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-814.html
http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-1339.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-390.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-478.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/clannad-after-3.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-45.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-590.html
http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-726.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3179.html
http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-1713.html
http://dacapo3.blog7.fc2.com/blog-entry-190.html
http://girlishflower.blog20.fc2.com/blog-entry-1793.html
http://sopury.blog19.fc2.com/blog-entry-214.html
http://glayxxx.blog105.fc2.com/blog-entry-230.html

2009年2月26日 (木)

とらドラ! 第21話

「どうしたって」
うわ〜盛り上がってきましたね!
さあ、どうする竜児!
こりゃもう、竜児のハーレムエンドしかないかも(^^;

今週は亜美ちゃんとみのりんが女同士の醜い争い
まあ野中キャラの姑息な作戦に能登が反発するのもいかにも高校生ぽくってよかったですが、
ガチのみのりんは半端なく恐い

亜美ちゃんの気持ちも嫉妬が大部分なんですが、そうやって表に出した方がいいよね
でも表に出すとみのりんに感づかれそうな

そういった面々に比べて、大河がなんと健気であることか
なんかもう健気でいい子ちゃんすぎて、気持ち悪いくらいですが、ヒロイン補正ということで

竜児にとって大河はとても大切な存在ではあるけど、それって恋愛なのか?
大河は竜児のことを「好き」と認識しているが、それって実は依存なんじゃ?
いろいろ無理はあるけど、大河が自立を目指すのはいいことだと思うけどね
まあ、この流れじゃ、ずるずると大河と竜児がつき合いそうだけど

みのりんと大河はお互いに譲りあってるけど竜児の気持ちは無視なんですよね
ここは竜児が自分の気持ちを強くアピールするところですよ、たとえ大河を傷つけても
がんばれ竜児〜

http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-957.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1035.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3177.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-589.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-812.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1877.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1538.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-595.html
http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-1337.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1397.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/02/post-7082.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/21-ff9e.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-43.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-113.html
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-60.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/02/21-4ac9.html

2009年2月25日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第8話

「くもりガラスの向こう側」
原作でも、この新年会のお話は気が抜けたな〜
とくに語られなくともいいような印象もありますが

瞳子に拒絶された祐巳ですが、双六でいうところの一回休みです
素敵なお姉様がいて、楽しい仲間もいて、それでもすべてが満たされない

祐巳が悶々と悩んだ正月明け、瞳子は何事もなかったかのように微笑みながら現れるのでした…

瞳子なんという鉄面皮
どぎまぎしたり、気まずそうにとかしないんですか
ツンデレというより、ひねくれ者って感じ
それだけ複雑な乙女心を察してほしいのですね

ところで、なんで志摩子さんの入浴シーンがないのかな〜
大きなお風呂でイチャイチャする志摩乃梨見たいよ
DVD特典ってことですかね(;^_^A



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3162.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2824.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-582.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/4th8-0535.html

2009年2月24日 (火)

とある魔術の禁書目録 #20

「最終信号」
アクセラレータくんがラストオーダーを救えるか?というドキドキのスリルなお話でした〜

クローンって人間なんですよね
でもラストオーダータソの脳はファイルを削除したりとかなぜかコンピュータみたいでした
なんかサイボーグのような仕様になってるみたいです

それにしても自分が撃たれながら、最後まで処理をやめなかったアクセラくんが熱血ですなあ
説教癖まで当麻が乗り移ったかのようでした

あと研究者のおねえちゃん、吉川ですか、彼女が自分語りしてましたが、なんで心中めいたことをするのか
ここらへんは原作に詳しいんでしょうね

アクセラくんの言語能力と計算能力をシスターズのネットワークが負担するということで、ラストオーダとのコンビ結成ということですね
ダーティヒーローと幼女というのはかっこいいな
表のヒーロ−(当麻と幼女シスター)よりも、ドラマチックな予感
カエルのお医者さんも謎めいていて興味深いです
原作読んでみようかな(^_^;



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-952.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2827.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-797.html

2009年2月22日 (日)

絶対可憐チルドレン 第46話

「疑心暗鬼!その通りになるのです帳」
爆笑、そして素晴らしい原作アレンジに感動(=´∇`=)

ティムとバレットが友達になるネタもからませて、いいお話になったな〜
オタク仲間って本当にいいですね
リアルの辛いことは忘れて、二次元で楽しくなろうぜ〜

ラストの末摘さんの願いごとにもほのぼのしました
素顔美人になりたい、とか書くのかと思いましたが、
平凡だけど穏やかな毎日があることは一番の幸せですよ

デスノートネタは原作よりも抑えめでしたね(当り前や〜)
ポテチのギミックなんかをまんまやったら、えらいことでっせ

9222105034
薫の悪人面に噴いた!
デスノート本編で月の顔がだんだん歪んでゆくのを彷彿とさせます

http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-114.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1537.html
http://mukiryokudenpa.blog105.fc2.com/blog-entry-121.html
http://sugofactory.cocolog-nifty.com/sugo_factory/2009/02/46-82a8.html
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-662.html
http://youkouissen.blog32.fc2.com/blog-entry-270.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2009/02/post-2947.html
http://cartoonworld.blog120.fc2.com/blog-entry-889.html

2009年2月21日 (土)

ケロロ軍曹 第251話

「556と5884! であります」
明智小五郎と小林少年ですね(^^;

ペコポンの文明は石油に頼っている
おお、なんと鋭い洞察!
ケロロ小隊の作戦は地球温暖化への警鐘ではないでしょうか

そうとは知らずセキユクイドンを助手にしてしまう556
カラーボックスラーメンが懐かしいです

5884を取り戻しに来たケロロが思いっきり悪の組織ですよ
石油を狙うはずがガンプラの味を覚えて、作戦はあらぬ方向へ
でも556との絆が事態を収拾しました

ギャグ少なめのお話で556の主役回でしたが、いい味だしてますね
以前は暑苦しかった556ですが、だんだん憎めないキャラになってきました
どうも直前に見たラインバレルが頭に残っているせいかもしれませんが、
いわゆる「正義の味方」は556くらいのギャグキャラでちょうどいいな〜と

http://rit.way-nifty.com/honobono/2009/02/post-2241.html

鉄のラインバレル #20

「運命の男」
美海ちゃんのお話でしたが、あまりキャラの掘り下げがなくて残念な印象

交通事故に遭遇している過去とかフラッシュバックしましたが、体が弱いという設定(?)と関係あるのでしょうか
王道の自爆攻撃もありましたが、それを許さないのがラインバレルのクオリティ
あくまで熱血かつ前向きです

この世界は守るに値するか
という命題が加藤機関側から浩一に投げかけられました
愚かで役に立たない人間はいなくなってもいいだろう、とは優れた人間側の論理
所詮世の中は弱肉強食だ、などどうそぶく人間もリアルでたくさんいるじゃないですか
駄目な人、弱い人、怠ける人、狡い人、劣った人、そういう人間たちに対して浩一はどういう態度をとるのでしょう
そういう「劣等」な人間を排斥しようとする「正義」がかつてはありましたし、いまでも大手を振ってまかり通っているのかもしれません
善悪や優劣による価値判断で峻別するという行為を「正義」と呼ぶのなら、どうも「正義」ってのは胡散臭いものになりがちな気がするです
この世界は守るに値するということは、この世界はいま現在のあるがままの姿でよい、という肯定ではないかと
「劣等」な人間は「劣等」なままでもよい、という肯定
そういうのは「正義」というより、「寛大、寛容」かな〜
なんか加藤機関が改革派、JUDA側は保守反動勢力のような気がしてきましたね

もう一度くらい加藤と浩一が対面して、加藤の思想に浩一が感化されたりしたら面白いかもです

http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-801.html

2009年2月20日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第19回

「家路」
今週は穏やかながら、しみじみと胸に迫るお話でした

汐と朋也が寝入ってしまったあと、古河夫妻の縁側での会話
5年間の早苗さんの苦労が偲ばれます
妻を無くした夫もつらいけど、
子供を失った親も惨めです
心の支えだった汐を手放すことで、改めて渚の死に向き合うことになった早苗さんを支えるアッキー
日常の笑顔に裏にある人としての哀しみ
ドラマとしてレベル高いですね〜

そして父親と再会する朋也
呼び方がだんだん変わっていくんですよ
アンタ->親父->父さん
まるで廃人のようになりながらも、涙ぐんでしまった朋也を気遣う父親
親であるということはどうなってもやめることの出来ないことなんですね
人間だからこそ、自分を失うまで子供に限りなく愛情をそそぐことができる
これが人として正しいのか、美しいのかはわかりません
ただ、そういう道を選んですべてを尽くして全うした姿に心動かされない者はいないと思います

最後に光の玉が発生したのを汐が見届けますね
この不思議な現象はどういうふうに物語とからめるのかな〜
願い事が叶うんでしたっけ?
汐が死んだ渚に会いにいくみたいな話になるのかも



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-953.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-798.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3157.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/clannad-after-2.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-579.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1855.html
http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-725.html
http://rumtonicenquete.blog17.fc2.com/blog-entry-123.html

2009年2月19日 (木)

とらドラ! 第20話

「ずっと、このまま」
みのりんに告白をさまたげられて気持ちが萎える竜児
それを叱咤激励して強力にプッシュする大河

とくにこれといった展開もなかったお話ですが、
家のゴミをちゃんと分別していたり、
大河の決心が伝わってくるような頼もしさを感じます
0000mpg_001511356

クリスマスに大泣きして大河は本当に自立する意志を固めたようです
仮に竜児とみのりんが結ばれても、魅力的な大河を理解してくれる別の相手が現れると信じてますよ

竜児と大河の関係は「友情」あるいは「家族愛」ということで、いいかもしれない
二人の仲を恋愛を呼ぶにはあまりのも理解しあってますからね
恋愛ってゆうのは、UFOのたとえのように、よくわからないけど惹かれる相手を理解する喜びではないかと

それにしてもお話的には大河かみのりんかの完全な二択になってしまい、亜美ちゃんがもったいないな
雪山でなにかイベントがあるといいな〜



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-951.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-326.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-796.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-574.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1153.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1853.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3155.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-578.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-447.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1534.html

2009年2月18日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第7話

ブラック瞳子降臨Σ(・∀・|||)ゲッ!!

「未来の白地図」
先週はいい子ちゃんだったのに、今週はツンツン全開ですドリル

志摩子さんに家業を継ぐのかと質問したのは、自分の家の問題ですよね

おまけに祥子さまがリリアン進学を表明して祐巳が無邪気に喜ぶもんだからイラっとしたのだろうか

幸せなクリスマスに決して幸せでない自分

誰かに黒い怒りをぶつけたくなるんですね、わかります

たまたまその相手が祐巳だったような印象も


なんでも持ってるくせに
もっともっと欲しがって
そのくせ中身はからっぽ
あたしね、そんなあんたがずうぅぅと嫌いだったの!

だからさ、死んじゃえばいいよ!


00_02151659mpg_001543774

でも本当に怖いのは、こんな瞳子を懐柔してしまう祐巳かもしれん(^_^;



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3140.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/4th7-9fd7.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-561.html

2009年2月17日 (火)

とある魔術の禁書目録 #19

「打ち止め」
ロリ御坂タソ(*´д`*)ハァハァ
はだか毛布(*゚∀゚)=3ハァハァ
ょぅι゛ょお持ち帰りイヤ────(*゚∀゚*)────ン!!!!

「寝込みを襲うのはNG」
部屋について来たら文句はいえないぜグヘへ

しかしアクセラレータ君にはがっかりだ
こんなに楽しいイベントが起こっているのに、ぜんぜんいいリアクションがとれてないですよ

まず最初に着るものを調達すべし
デパートの子供服売り場へGO!
女の子にかわいい服を選んであげる至福の時間がはじまるよ〜
下着も忘れずにね(∀`*)ゞイヤァ

まあ、はだか毛布を強要するのもコアなプレイではありますが、
お風呂に一緒にはいるとかしてくれてもいいじゃないの

ええぇ打ち止めタソが危ないの?
意外といい人(?)っぽいアクセラレータがんばれ〜



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-947.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-776.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2806.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1371.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-313.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3130.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-428.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-556.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1301.html
http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-1683.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1289.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-957.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-2748.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2563.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/02/post-3543.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1830.html
http://soranonikki1122333.blog79.fc2.com/blog-entry-61.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1133.html
http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-1312.html

2009年2月16日 (月)

みなみけ おかえり 第7話

「オレでよければ」
マコちゃんやばいよ、正体ばれそう〜
てゆうか千秋は本当にニブいな

9216102137
「ダメ、ちょっとくらいのベタベタが心地いいから!」(*´д`*)ハァハァ
炭酸でシュワシュワで気持ちいいんだぜ〜
ベタベタが快感なんだぜ〜
たぬきの尻尾というよりマコちゃんの股間の突起物がひょっこり現れそう〜

下品な話で恐縮ですが、
千秋は父親もいないし、男兄弟もいないから、男性器を見たことないかもしれない
だからマコちゃんが、普通とはちょっと違う女の子だと言い張れば、納得するかも(んな馬鹿な)

それにしてもマコちゃんは春香姉様の下着姿をガン見するし、
こんな楽しいイベント続きでは男に戻れないぜ〜



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-950.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1843.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3147.html

2009年2月15日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #19

「イノベイターの影」
くぎゅ最高!(;´Д`)ハァハァ
素晴らしいセリフまわしにゾクゾクしましたよ〜
ネーナというより、くぎゅ本人に罵られているような快感を覚えました
コワイとか恐ろしいとかではなく、なんでこんなに気持ちいいのか
物語の流れとかどうでもよくて、ただただくぎゅの声に萌えた〜

なんかお話の方は…

サジ君の説得ですが、どうなんでしょうね
CBが絶対正義でなければ、アロウズや連邦政府も完全な悪ともいえないわけで
根底にある動機はともかく、ルイスなりの志をもって行動している彼女を止めるだけの正当制がサジにはあるのか?
人は変わります
ルイスは不幸な変わりかたをしたのかもしれませんが、5年の歳月を無にしようとするサジの説得には首をかしげる部分もありました
現在のルイスを理解してこそ「愛」なのでは

結果的にサジの説得は失敗して、ルイスの心は大混乱です
そんなルイスを見守るアンドレイ君がいよいよ勘違いしてますね
彼はこれからいい仕事をしてくれそうです(悪役的な意味で)

今回のサジ君の説得シーンを見ていると、00のツインドライブには、マインドコントロールの力あるような気がします
おそらくラストではマリナを同乗させて、全人類に向かって「愛と平和(笑)」を発信するのではないでしょうか
知らない間に洗脳されるほうが、暴力で支配されるよりはマシかな(^^;

http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-789.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-320.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-436.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2297.html
http://boogiepop77.blog24.fc2.com/blog-entry-1318.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-682.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1378.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1058.html

絶対可憐チルドレン 第45話

「天賦自然!ギフト・オブ・チルドレン」
超能力が欲しいです!

いいお話でしたね
子供の力は神からのギフト
その子が幸せになれるのも親次第です
タケシが父親に認めてもらえたシーンにはウルっときました( ;∀;) カンドーシタ

あと超能力に目覚めて、あっという間に増長するのもすごく共感です
人間誰しも(子供は特に)自分が特別な人間になりたいと願っているもの
ついつい利己的な方向に特別な力を使ってしまうものです
先輩のおねーさんたちの活躍でいい方向に目覚めてくれたのもうれしく、
「子供を信頼する」というテーマが根底に流れているこの作品を象徴する名場面でしたね〜

でも自分に超能力があったら思いっきり私利私欲を満たしそうな予感
ダメだ〜俺は汚い大人になっちまった〜い

そして次週予告に驚愕!
えええぇあのお話って放送できるんですか?
うれしいような恐いような
やるなら中途半端にならず思いっきりパロってほしいです

http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1514.html
http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-108.html
http://mukiryokudenpa.blog105.fc2.com/blog-entry-117.html

2009年2月14日 (土)

ケロロ軍曹 第250話

「武者ケロ・六の巻 蘇る勇者 でござ候」
大スペクタクルの大アクションで燃え燃えでした〜!
王道展開ですが、そこがいい!

いや〜本当によかった!
劇場版のような盛り上がりでしたね

最終奥義発動で、時空の果てに飛ばされそうになるケロロ小隊のところは泣きが入りましたよ
あそこで元の世界に呼び戻されるギミックにもうひと捻りあれば完璧でした(惜しい)

某ガンダム00とか、某ラインバレルとか視聴してても、ここまで燃えません
なんでかな〜と考えたら、キャラへの愛情思い入れが違うんですね
大好きなキャラたちが活躍するのがうれしくて仕方ありません
お話づくりにはキャラ設定が本当に肝なんだと改めて納得しましたよ




鉄のラインバレル #19

「届く陽(ヒカリ)、暴かれる陰(カゲ)」

拳で語る男の友情
なんですが、お話的にはちょっと微妙かと

正直、矢島を復活させてまで展開することはなかったかも
やっぱり第4話での名場面が素晴らしかったので、結果的にそれを損なう印象もあります

矢島自身のエゴの問題は死ぬ時にも語られていたし、
今回のお話はそれの繰り返しになってしまいましたね

むしろそういう隠していたエゴの部分を加藤機関に操られて、
完全な敵として浩一に立ちはだかるほうが切なく燃える展開だったかもです

一方加藤機関の計略は着々と進行して、いよいよ異世界への扉が開かれました
森次さんの動向も依然謎のままだし、加藤機関内部でも対立があるようです
そういう意味ではJUDAサイドより、加藤機関サイドをドラマとして重く取り上げてほしいですね



http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1009.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-317.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1057.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-758.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2798.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1835.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-783.html

2009年2月13日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第18回

「大地の果て」
泣いていいのはトイレもしくはパパの胸つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

まだ幼い汐が背負ってきた悲しみに涙が止まらない
でもそれは人のぬくもりを伝える温かい涙なんですね〜

はじめて知る父親の気持ち
現在の朋也だからこそ理解できたのでしょう
朋也の父親のように、弱い人間が懸命にもがきながら守りたいもの
不器用で、見てくれが悪くて、それでもそれはかけがえのないもので、
人間として生きてゆくためのただひとつの拠り所でした
そんな情けない男の生き方が息子に届いたこと
一番うれしいのは朋也の父親かもしれない

今回は本当にいいお話でした
父親の想いを朋也が知る
汐の寂しさを受け止める
全否定した渚との思い出を全肯定できるようになる
三段論法のような感動・涙・浄化のトリプルパンチにやられましたよ

でもお話としては、これからどこへ向かって行くのでしょうね?
来週は実家の父親と会うみたいですが、すでに問題は解決しています
てゆうか今回で最終回でもいいくらいですよね
朋也の子育て奮闘編が始まるのかな
それとも異世界のお話が現実世界に関わってくるのでしょうか?
期待と不安をかかえて次回を待ちたいと思います



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-948.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/clannad-after-1.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-778.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3133.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-757.html
http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-792.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-573.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1829.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-213.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-378.html
http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-696.html
http://lhkblg.blog120.fc2.com/blog-entry-462.html
http://kants.blog52.fc2.com/blog-entry-1823.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-679.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-314.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2564.html

2009年2月12日 (木)

とらドラ! 第19話

「聖夜祭」
大河号泣!
そしてそれを見てしまったみのりん…

恋愛は残酷だな〜
他人と心を通い合わせようとすることは、心を傷つける行為でもあります

竜児をフったみのりん
これからも明るいキャラを演じながら生きてくのか?
なんか切ないというか、気が重くなってくる

大河とみのりんは本気で対決するべき
相手のことを思いやる親友同士としてではなく、エゴ剥き出しの一人の女として
そうしてお互いの気持ちをぶつけ合って、それでもそばにいたければ親友をつづければいいのだよ

このままずるずると竜児と大河がくっついたら、ちょっと気持ち悪い
みのりんも亜美ちゃんも上辺の友達を演じ続けるある意味欺瞞
気持ち悪いけど、そういう気持ち悪いのが人間なのかもしれない

リアルはそんなもんかもしれないけど、
フィクションはもうちょっとカタルシスが欲しいよね



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-946.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-427.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/19-52cd.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/02/post-8c8e.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-775.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1529.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1827.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-311.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-554.html
http://utty0.blog.so-net.ne.jp/2009-02-12
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1369.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3129.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-621.html
http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://ockeysan.blog56.fc2.com/blog-entry-41.html

2009年2月11日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第6話

「予期せぬ客人」
瞳子が2期のときとは別人のようにしおらしい、そんなマリみて
あの感情豊かで小悪魔のようなキャラはどこにいったんじゃ〜!

祐巳の部屋で二人っきり
実は瞳子は勝負下着をつけていました(^_^;
ああ、そうだったらなんて素敵なのに
祐巳が百合キャラすぎて失笑した
お母さんも娘の行く末が本気で心配です

乃梨子の反抗に逆上するよしのん
ガチで戦争になりそうでしたね、怖いですね〜
その上志摩子さんがお姉様属性を発揮して乃梨子をたしなめます
乃梨子涙目になればよかったのに〜
ちょっとSな志摩子さんもいいものです
やさしげに微笑みながら丁寧な口調で罵られたい (*´д`*)ハァハァ

瞳子は家庭のトラブルでテンション下がってるんですよね
その本質が繊細で脆いという祐巳の分析はともかく、
自分を守るため強気でがんばるところがいいのですよ
そういう娘の心の隙間に付け入ろうとする祐巳が邪悪なキャラに思えてきた

あと可南子が瞳子をフォローするのが不自然
う〜ん瞳子のためというより祐巳に気を使ったのかな



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3114.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-524.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/4th6-ca53.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-10.html
http://girlishflower.blog20.fc2.com/blog-entry-1777.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2776.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-542.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1580.html
http://shiroiusagisan.blog105.fc2.com/blog-entry-153.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-616.html#trackback
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2288.html

2009年2月10日 (火)

とある魔術の禁書目録 #18

「偽者」
ラブコメでニヤニヤなお話でした(#⌒∇⌒#)ゞ

ちょっと理解がおぼつかないのですが、
理事長の孫の海原くんに化けていた何者かがビリビリのことが好きだったわけですよね
すると今回のは、なにかの陰謀というよりも三角関係みたいなお話ですか

上条勢力って軍団とか組関係みたいですね
いまのところ、烏合の衆みたく特に目的をもたない集団ですが、すでに危険視されている
これも当麻の不幸のひとつですよ

とにかく今回はビリビリに萌えた(*´д`*)ハァハァ
食べかけのホットドッグのところがよかったですね
いかにも中学生っぽい意識の仕方
最後の当麻の言葉を聞いてしまうのもニヤニヤが止まりません
ホントに当麻は幻想殺しというより女殺し(死語)だよ

それにくらべるとインデックスは完全にギャグ担当だな〜
ヒロイン交代と思われても仕方ないですよ
美琴かわいいよ美琴(*´д`*)ハァハァ



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-941.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2779.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1112.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-932.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2552.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1291.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-300.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-537.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/02/post-de8c.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1359.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-566.html
http://soranonikki1122333.blog79.fc2.com/blog-entry-55.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-834.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-408.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3105.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1809.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2286.html

2009年2月 9日 (月)

みなみけ おかえり 第6話

「流してほしい」
藤岡と千秋が兄妹みたい?
いやいやリアルじゃ兄妹はあんなにベタベタしないから
それアニメだから(…あ、アニメか)

9209091355
春香姉様の尻に手をのばす藤岡(*´д`*)ハァハァ
夏奈のことが好きではあるが、女子高生の生々しいボディの魅力には抗えないのであった

今日はスイカがよく出るな
スプーンを意識するとは、藤岡は隠れてリコーダーも舐めてますね

9209093017
マコちゃんかわいい(*´д`*)ハァハァ

冬馬のもってきた松茸様
どう見てもチnポです(^_^;
女だけの家庭にこのような代物を差しいれる真意やいかに



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-945.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1816.html

2009年2月 8日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #18

ソーマタソが帰ってきた〜ヽ(´ー`)ノ

「交錯する想い」
どうもね、あのマリーって女は好きになれなかったんですよ
超兵機関のなれそめとかいってアレルヤとラブラブになってしまいおって
別にアレルヤを奪られてくやしいわけではないですよ…
私が強く主張したいのは、ソーマタソがデレていいのは荒熊だけということですよ
いわばソーマタソは究極のツンデレ
アレルヤごときにはもったいないわ!

可憐なソーマタソが戦場に復帰するのはいささか残念ではありますが、それだけ荒熊が大切だったわけで
荒熊一番アレルヤ二番ですね
いろいろな意味で仔熊憎しと感じるのは無理ないです
もはや、こうなってしまったら阿修羅のごとく戦場を駆け抜けてほしい〜

ソーマタソに冷たくあしらわれてショボーンのアレルヤ
それにしてもハレルヤ様はいったいどうなったのじゃ
こういう時こそ速やかにご降臨なされて、The暴力で自分の女を従わせるのがハレルヤ様のジャスティス?
まあ似た者夫婦ということでひとつ(^^;

さて父親成敗してめでたく昇進した仔熊がルイスをさらにダークサイドに誘い込もうとしてますね
ルイスにはまだ迷いもありますが、この雰囲気だと殺っちゃいそうですね、ドキドキ
まあ次回00のチートな隠し技で二人は和解するような気もしますが

それよりも驚いたのはマリナの曲がラジオで流れたことですよ
本当に世界に向かって発信してたのか
「ごろごろしたい〜」という部分が世界のニートたちに支持されたんじゃ?
いにしえのフラワームーブメントとかヒッピー文化の流れですよ
世界中の人が怠け者になれば、おのずと平和は訪れますね
やる気のある人達ががんばりすぎるから紛争が起こるわけですよ
さあ、みんなでごろごろしよう〜

http://rinoamary.blog97.fc2.com/blog-entry-88.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-769.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2289.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-570.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-305.html
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1414.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1052.html
http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2182.html

絶対可憐チルドレン 第44話

「愛別離苦!キャリー、永遠の別れ」
今週も、キャリーかわいいよキャリー(;´Д`)ハァハァでした

もし皆本があたしたちよりキャリーを選んだら…
チルドレンの小さな胸は不安におののくのでした〜
こういう子供の心細さっていいよね
ギュって抱きしめてあげたくなります

兵部から提案される皆本とキャリー愛の逃避行
突拍子もないアイディアのようですが、これは上手い作戦だし、このあとの展開から皆本の本心に肉薄しているのが分かります

皆本の心を覗いたキャリー
「そのままのあなたでここにいていいのよ」
慈しみの愛ですね〜
こんなふうに理解され、受容されたら好きにならずにはいられないです
キャリーと皆本の深い絆を感じました

いろいろな事情で離ればなれになる二人ですが、それでも嫉妬が抑えられない薫
やっぱり本命ですかね
「君さえいればそれでいい」
う〜ん、危険な言葉だ(;^_^A



http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1492.html
http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-106.html
http://mukiryokudenpa.blog105.fc2.com/blog-entry-113.html
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-649.html
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1413.html
http://sugofactory.cocolog-nifty.com/sugo_factory/2009/02/44-296e.html

2009年2月 7日 (土)

ケロロ軍曹 第249話

「武者ケロ・伍の巻 隠し砦のケロン人 でござ候」
小雪ちゃんかわいいよ小雪ちゃん(;´Д`)ハァハァ
まあ別人なんですが、広橋さんのお声が聞けてしあわせ〜

非情で冷徹なかんじのくのいちとドロロの対決
やっぱりいつものほんわりムードが好きなのですが、これもありかな
ドロロの言ってることが信用できないのは仕方ないです
これから友情と信頼が結ばれるといいね

武者ケロシリーズの完結編ということで、前編でした
五つめの玉の行方が謎なんですが、お城のシャチホコがくわえてるのがどうみてもそれです

伝説の魔獣七またのオロチを撃退するために五つの玉の超兵器が使われるのですね
でもヴァイパーはオロチをどうするのでしょうか
自由にコントロールできなければ、自分にとっても脅威ですが

あと地デジの告知がウザいです
アメリカも移行を少し延期するそうですし、日本も5年後くらいでいいんじゃないかな

鉄のラインバレル #18

「妹をよろしく」Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
加藤はお兄ちゃんキャラだったのか〜

「メメント・モリ」
まさか妹のために世界征服とか、そんなとんでもない萌えではあるまいな

あいかわらず加藤の目指すものが謎であるため、浩一やJUDAの掲げる正義がややおぼつかない気もしますが、
今回は矢島の理沙子に対する想いが切実に伝わりましたね
好きな人のために自分を捨てて尽くす、これは愛ですよ
その行為が特定の個人に向けられたものでなく、より大きな集団に貢献するものであれば、それは正義かもしれません
人間にとって正義があいまいであればあるほど、お話的には面白くなりますね〜

加藤の目的は愚かな大衆を「正しく」導くことかもしれません
当然、どうしようもなく愚かな人間は切って捨てるわけですが
ある種の選民思想のように、優れた人間だけが理想の世界を築く価値があるとするものかも
「より良い世界」を求めるのは、現状の世界に対する不満や失望があるわけで、そういう部分では同意せざるをえない人間も多いのでは?
今回の浩一との対話から、加藤の真意はあえて人類に対して「悪」となることで、人類の発展を促すみたいな印象もありました



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3113.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-374.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-347.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1810.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-541.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1362.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1341.html

2009年2月 6日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第17回

「夏時間」
重苦しくて、息が詰まるようなお話でした

育児放棄というか完全に親であることを拒絶している朋也
5年ものあいだ、七五三や入園式も無視しただなんて、駄目じゃん

それだけ渚を失ったことの絶望が深いわけですが、
汐に対する敵意みたいなものはどうしたものか

邪魔者なんですかね
渚とそっくりの顔立ちですし、辛いものがあるのでしょう
死をかけて、この世に送り出してくれた新しい生命ではありますが、
朋也的には、無意味な世界の煩わしいしがらみなんです

そんな二人が旅に出ました
正直、楽しい旅行になるとは思えません
何か転機となるようなイベントが起こるのかな〜
でも簡単には汐の存在を受け入れられそうにないし
できるだけ暖かい目で見守りたいです

本来なら、汐かわいいよ汐ょぅι゙ょ(;´Д`)ハァハァ なはずなんですが、朋也の不機嫌顔でそんな気分もそがれます
そんなわけで二重の意味で今週の朋也は万死に値する!



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-943.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-565.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1806.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-934.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/clannad-after-s.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-373.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-996.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3108.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1482.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-763.html

2009年2月 5日 (木)

とらドラ! 第18話

「もみの木の下で」
おおっショッキングな展開でした!
大河の持ってきたガラスの星がみのりんによって壊される
つまり大河の大切なものをみのりんが奪ってしまうという例の罪悪感のリフレイン

責任というよりも罪の意識におののくみのりんは自分ひとりで修復を申し出ます
そこでそばにいてあげる竜児がいいんだよな〜
みのりんを思いやってではなく、自分のためみんなのため(という建前)
涙流しながらなんども竜児の名を呼ぶみのりんが切ない

大河と北村をくっつけようとするクラスのムードが登場人物たちに微妙な陰影を与えてます
亜美に独占欲と嫉妬を指摘される竜児
そして本心を明かしたいけど、それができない亜美

初期のラブコメの雰囲気から大きく変わって恋愛ドラマになりましたね
恋愛は人間が変わっていくこと
変わってしまっても「必ず元にもどる」という竜児の信念がこの先の展開の主軸になるといいのですが



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-940.html
http://utty0.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-931.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3104.html
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-677.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-405.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/18-b2df.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-563.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-535.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2551.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/02/post-b266.html

2009年2月 4日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第5話

「紅薔薇のため息」
なんだかスッキリしないエピソードです
「もっと上のステージ」って結局なんだったんだろう
ラスボスだと思っていた柏木がじつは中ボスで、てゆうことは親父か祖父が黒幕という設定じゃないかと
祥子さまは囚われのお姫様で、彼女を救うため今こそ勇者祐巳の真の力が覚醒する!
…なんてことを原作を読んだ時は考えていました

柏木は腹に一物ある面白いキャラなので、もっといろいろ暗躍してくれると物語がふくらむのですが
「やっと二人きりになれたね」なんて柏木が言うと、祐巳が犯されるかとドキワクしましたが、アニメでそれくらいやってくれい
もちろん祐巳は純粋百合キャラだから男性経験は数のうちに入りませんが、まちがいなくユキチが柏木を殺しますね

もしかして、今回のエピソードって祥子さま病死フラグだったのかな〜



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3089.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-934.html

2009年2月 3日 (火)

みなみけ おかえり 第5話

「楽しくなる」
うん、楽しかった〜!
とくに前半の千秋パート
吉野と内田のキャッキャウフフな展開に心和みました〜
貯水量も面白かったし

後半、中学生の恋愛模様もニヤニヤですね
夏奈の不思議な合点のしかたも興味深い
友達に気を使ってるような、そうでないような微妙な感覚
一番居心地の悪いのはケイコですよ

女の子三人とプールに行くなんて、藤岡勝ち組すぎる〜
さすがに抱きつくわけにはいかんですが、ちょっと意識しすぎな印象も
肩とか上腕部なら触れてもいいですよね、駄目ですか(^_^;



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-938.html

とある魔術の禁書目録 #17

「大天使」
土御門くんがヒーローということですね
死んだはずなのに生きていたのは思いっきり脱力ですが

エンジェルフォールは偶然発動したわけで、
人騒がせな(そして子思いの)父親という真相でした

シリアスなよーな、コメディのようなどっちつかずのお話でした
意外性はあるんだけど、なんだか…
それでも神裂さんがおっぱい揺らしながら活躍してくれたので大満足です (*´д`*)ハァハァ



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-931.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2753.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/01/post-b58d.html

2009年2月 1日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #17

「散りゆく光の中で」
熊親子の遺恨があっさりアバンで語られました
軍人だったら妥当な判断だったと思いますけどね
それにしても仔熊が凶悪すぎる〜
積年の怨みがとんでもない形で爆発!

でも父親殺しという、重いテーマを簡単に語りすぎな印象
幼い日に受けた心の傷が仔熊を冷徹な人間に育て上げたのだと想像するけど、
これは父子のすれちがいのレベルを超えてますよ
てゆうか、この先仔熊が父親の本当の気持ちを知って、後悔するような場面がなければ、
ただショッキングなシーンを演出したいだけのお話づくりとも取られかねません

それにしてもセルゲイさんが男前すぎる〜
いかにカッコよく殺られるか、お手本のような最後でした
すべてを受け入れた父親らしい慈愛に満ちた表情が最高

それに対して仔熊の器の小ささが浮き彫りになりました
若気の至りだし、脇役だからでしょうがないけど
これからもっと狂気に満ちたキャラになっていったら面白いんだけど、それじゃご両親が不憫です

このエピソードをルイスがどう受け止めるか興味ありますね〜
同病相あわれむ的な共感とかあるだろうか
それとも冷たく閉じた心にはなにも伝わらないのだろうか



http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1403.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-289.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-937.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2280.html
http://wjham.blog95.fc2.com/blog-entry-758.html

絶対可憐チルドレン 第43話

「合縁奇縁!キャロライン、運命の再会」
0000mpg_001156485
キャリーかわいいよキャリー(;´Д`)ハァハァ
名塚さんの好演が光ってますよ
体は大人なのに心は無垢な幼児、これはいいですね〜
こんな子になつかれたら、堅物の皆本でもとろけちゃいます!

職務関係の女の子に手を出す、というよくある男女の法則から皆本も逃れられないわけで、
チルドレンと出来ちゃうのも時間の問題かと

強力なライバル出現でチルドレンたちは色めきたってますよ
過去の女が現在に甦ってくるという最悪の修羅場ですから

原作から大きく改変されてましたね
今回はコメリカ時代の皆本の過去話
人格統合されて消えたはずのキャリーが戻ってくるお話でした
さらにコメリカのエスパーチームが介入して大変なことに

0000mpg_000295227
濡れた髪の紫穂は可愛いです
ふだんのモフモフの髪型よりもこっちのほうがイイ〜



http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1467.html
http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-104.html
http://mukiryokudenpa.blog105.fc2.com/blog-entry-102.html

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28