応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

みなみけ おかえり 第13話

「一緒だからね」
最終回でした、でも変わらない日常にちょっとだけスパイスなお話が並びました

春香が悩んでいる? 怒っている?
親の顔色伺う子供みたいな二人です
怒ったときは恐いからね、初代番長だし
「おかわり」での鬼のような怒りもそれはそれである意味真実かも

カナがいなくなる夢を見た千秋
べったりくっついちゃって可愛いなあ〜
この二人を見ていてニヤニヤが止まりません
でも辛辣な毒舌は変わらず
至近距離からの攻撃はきついなあ

七夕の短冊に書かれたカナの家出宣言
原作でもこのオチは大笑いしました
とりみだす春香姉様が新鮮だ

最終回の締めは保坂
この後彼はどんな行動を取ったのでしょうか、すごく気になる

2期に引続きアスリード制作ということで、ものすごく心配してましたが、手堅い展開でとても楽しかったです
強烈なギャグがなくてもほのぼのまったり見てるだけで心が和むいいアニメでした
スタッフ&キャストの皆様どうもありがとうございます



http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2973.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-991.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-283.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-899.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1975.html

2009年3月29日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #25

劇場版につづく(;^ω^A

「再生」
いやいや、素晴らしい最終回でしたね…
てゆうか全然まとまってないし、終わってないよ!

ぐだぐだというか投げっぱなしというか

まあ冷静に考えれば、劇場版があるってことは商業的には大成功ということですよね
成功は成功ということでお目出度いですが、内容的にはどうしたものか

自分が主な視聴者層(たぶん十代)と思いっきりかけはなれていることが淋しく感じられたアニメでしたな
やっぱ0ガンダムvsエクシアのバトルで燃えられない人間は見るなということですね

近未来という設定で戦争根絶というテーマに惹かれた自分が馬鹿みたいで
てゆうか羊頭狗肉?
なんとなく核兵器は戦争抑止力としてものすごく有効です、ということを高らかに宣言したような印象もある結末でしたよ

これで劇場版は宇宙人が攻めてくるお話になるんじゃろ! そうに決まっておる!



http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-733.html
http://wjham.blog95.fc2.com/blog-entry-814.html

絶対可憐チルドレン 第51話

「桜花爛漫!じゃあまたね」
最終回でした〜

パンドラは海外の活動の場を移し、犯罪組織からエスパーを救いながら勢力をのばしつつあります
チルドレン他バベルのメンバーも活躍中

という具合に登場人物たちのその後を描きながら、時は流れて卒業式
ここをじっくり描いて感動の嵐を誘うかと思われましたが、原作どおりアッサリ流しました

そして中学生編に突入
新しいコスチームで出動するチルドレンたち!
葵と他の二人の胸の大きさがハッキリと差が出てきましたねf(^^;)
9329110012

ということで来週から中学生編のアニメが始まりそうな勢いでした
本当に最終回かよ、う〜ん残念だな〜
不吉な未来予知の伏線は残したままですが、チルドレンたちの明るい未来を感じさせる終わりかた
つづきは原作コミックで楽しみましょう〜

スタッフ&キャストの皆様、一年間ありがとうございます
日曜の朝にふさわしいポジティヴなアニメでとっても元気を頂きました



http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-124.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1645.html

2009年3月28日 (土)

ケロロ軍曹 第256話

「冬樹&夏美 ケロロ襲来! であります」
ケロロが日常の穏やかな仮面をぬぎすて、侵略者として牙をむくお話でした(^^;
原作話だったので、オチは知ってたけど、そうでなくても見え見えだったような

いつも強気で勝気な夏美が弱々しい姿をさらけだすのが萌え
冬樹に「そばにいてよ」なんて(;゚∀゚)=3ハァハァ

「ケロロ ウッソだよ~ん♪ であります」
エイプリルフールに高い代償を払わせられた軍曹
夏美は怒っちゃダメですよね、洒落なんだから

害のないウソのつもりが一部実害があって、それが冬樹のパソコン
修復を果たせなかった軍曹の気持ちを察してウソをつく冬くんがいい奴だな〜
そしてその気持ちに答えて、ブラックホールに飛び込む軍曹も男前だよ
素直な気持ちで結び付いた二人の友情が気持ちよかったです

クルルが横須賀行きって、カレーつながりか!
一瞬軍オタ設定が追加されたのかと思いました

5thシーズンはちょっといいお話で締めくくりましたね
いよいよ来週から6年目
またしても原作話のようですが、だいぶ原作のストックがあるはずなので、いろいろやってもらえないでしょうか



2009年3月27日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 総集編

「緑の樹の下で」
朋也のナレーションによる昔語りでした

渚と汐が死んでしまう時間の記憶も持ってることを独白
そういうことがかつてあったという確信は、
現在の境遇をより幸せに感じさせてくれると思いますが、
同時にいまの瞬間ももしかしたら夢のように儚い時間なのかもしれないという危惧も抱かせますね

クラナドの奇跡についての考察で、
汐が死んだあと、朋也は何度もいろいろな人生を繰り返して、
やっと渚が死なない世界に辿り着いたとする見解があって、
それは輪廻転生みたいで面白いと思うし、
実際アニメでも朋也が渚と知り合ったことを否定しない選択をしたときに、
「いま終わる、長い長い旅が」という朋也のセリフがあって、
それはそういう構造を示唆しているように思えます

ですがアニメ作品として視聴したかぎりでは、
そのとても長い朋也の遍歴の旅をたったひとつのセリフで表現して、
その理解にかなり想像力を要求するのはドラマとして欠点ではないかと
また幻想世界との因果関係も曖昧な表現をとどまっていますし、
こうして総集編という形で前期から通して物語を振り返ってみると、
奇跡の発動には素直に首肯しがたいものがあります
それにもかかわらず、個々のエピソードや演出および作画など圧倒的な迫力をもって訴えかけてくるのは事実であり、
やはり凄い作品と言わざるをえません
スタッフ&キャストの皆様に改めて御礼申し上げます



http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-888.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-613.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-986.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-89.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-172.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2009-03-27
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/clannad-after-3.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-559.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3263.html

2009年3月26日 (木)

とらドラ! 第25話

最終回でした

すごくいい最終回でした
大河自身の「気づき」があり、彼女がそれに促されて出発したことを祝福したいです

竜児との恋愛関係でもずっと気になっていたのが、大河の自己評価の低さ
でも愛される価値のない自分というのは他人に与えられた評価を自分がそのまま受け入れただけの結果でした
竜児危篤の嘘に泣きながら駆けつける泰子や、長年音信不通だった泰子との関係を修復しようとする両親を目の当たりにして、大河の考え方が少し変わったみたいです
でも一番大きな原動力は竜児の愛情だよね
「もう一度」とキスをねだる大河の声がエロく切ないものだったのは、
空っぽだった自分を見つめ直したいという願望が込められていたんだね〜
ラブコメという枠を越えて、人間として成長することをラストにもってきて、希望に溢れた素晴らしい最終回だったと思います

そして最後の最後に「好きだ」といわれてデレる大河をもってくるのもニヤニヤな演出でしたね(*´д`*)アハァ
9326093345


2クールを振り返ってみても、前評判どおりの内容の濃い作品だったと思います
原作未読なので、こんどは原作でもう一度楽しみたいです
スタッフ&キャストの皆様、素敵な作品をありがとうございました
そして記事を読んで下さった皆様にもワクワクするようなスタートがありますように



http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-887.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-611.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1557.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-157.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1963.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-985.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/25-1e7d.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-667.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-900.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1457.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-557.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-88.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2009-03-26
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1199.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3262.html

2009年3月25日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第12話

「クリスクロス」
瞳子がいよいよ決心したお話でした

祥子さまに諭されたり、乃梨子に忠告されたりして、
やっと祐巳の素直な気持ちが瞳子にストレートに通じたわけですが、
お話的にはちょっと弱いですね〜

前回の孤立の絶望感からの号泣があっさり流されていて呆然
乃梨子曰く、祐巳さまは大人物とのことですが、ただの天然ですよね〜
瞳子が心を固めるいきさつにもうすこしドラマチックな仕掛けがほしかったです

それにヴァレンタインイベントがあまり盛り上がってないし、黄薔薇白薔薇のデートも割愛ですか
志摩子さんの暗号も謎解き無しかもしれん

それだけに瞳子のヒロイン扱いがメインでくぎゅううう(*´д`*)ハァハァな人には堪らんです
あと鼻を赤くして帰って来た乃梨子の頬をはさむ志摩子さんエロいよ
志摩子さんに温めてもらいたい、全身隈無く(*´ω`*)モキュ〜♪

さらに「女子の着替えをうっかり見てしまった男子中学生」を知ってる乃梨子が高ポイント
見られたのは乃梨子ですね、うわわわ妄想が止まらない〜
着替えを見られて赤面する乃梨子萌え(*´ェ`*)



http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2937.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-656.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-85.html
http://shiroiusagisan.blog105.fc2.com/blog-entry-215.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3248.html

2009年3月24日 (火)

とある魔術の禁書目録 #24

「虚数学区・五行機関」
最終回なのに、思いっきり引いてますね(^_^;
2期への布石というか、根強い人気に押されるかたちでほぼ確定?
しかもスピンアウト作品もアニメ化決定、こんどは美琴タソが主役じゃ〜
なんかむちゃくちゃ期待しちゃいますね、でも来年までおあづけか…

お話の方は、氷華の感情をメインにしたもの
はじめてできた友達を大切に思う気持ちが切々と伝わってきました
上条さんの説教バトルはあいかわらず熱いです
もはや言葉だけで相手を調伏するレベルかも
将来は夜回り先生ですね〜

アニメだけでは、いろいろと理解不足だったので、原作もあたってみて、2期に備えたいと思いますm9(・∀・)ビシッ!!



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/03/post-9638.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2940.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-979.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-869.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-407.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2354.html

2009年3月23日 (月)

みなみけ おかえり 第12話

「あったかい所」
春はバカが元気になるエピソード
なんか絵が美麗ですね〜
内田の可愛さが際立ってました
マキちゃんはバカチームなのか
カナと千秋がくんずほぐれつでイヤ〜ンな百合姉妹
今週は二人がとっても仲良しでしたね

落書きされやすい顔のマキちゃん
てゆうか卒業アルバム見てないんですね

9323092003
春香のスカートから糸が
いやいやマキちゃんそれ陰毛だから(*´д`*)ハァハァ

天才と紙一重の馬鹿野郎
愛情と蔑みも紙一重ですね
三人姉妹とはいえ、春香姉様は母親的ポジションで、カナと千秋がイチャイチャ
「食べられてしまう」ってゆうのは性的な意味ですね、わかりますw

某ラインバレルとか某ガンダムとか某クラナドが超展開するなか、
みなみけの変わらない日常は一服の清涼剤で救いでもありますな〜



http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2943.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-609.html
http://japanerd.blog115.fc2.com/blog-entry-49.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1361.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1955.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-92.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-880.html
http://0nanairo0.blog120.fc2.com/blog-entry-360.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-984.html
http://shiroiusagisan.blog105.fc2.com/blog-entry-218.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3254.html
http://civer.blog122.fc2.com/blog-entry-1759.html

2009年3月22日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #24

ビリーとスメラギさんが和解して本当によかった〜(´Д⊂ヽ

「BEYOND」
せっちゃんの神がかりパワーが発揮されて、すべてが丸く納まってしまいましたね
このあたりの展開はアレかな〜とも思いますが、深くは追及しません
まあ愛は地球を救う、ということで(^^;
そっち方面の本命だったマリナさまが完全放置のほうが問題だよ
結局この人はヒロインではなく脇キャラだったのね

ティエリア撃たれたけど、ヴェーダに吸収されたのは何なんですか?
リジェネの意識も残ってるみたいだし
説明ありました? 仕様です、ということかな

さて今回メインだった(?)ビリーとスメラギさんの結末ですが、
ヤンデレだったというより、これはある意味純愛と言えなくもない
だって刹那の電波を受信するまえに、降伏を進言してるんだよね
殺してやりたいほど、憎んでいながら、やっぱり愛していて、救ってやりたいと願っていたということですよね
まあ、あそこでスメラギさんが素直に投降していたら調教スタートという方面に行ったでしょうが
もうビリーはスメラギさんが好きで好きでしょうがなくて、なのにちっともその気持ちをわかってもらえなくて辛かったんだよね
うんうん分かるよ〜
完全にストーカーでしたが、結末が悲惨じゃなかったから、これはロマンスですよ(無理?)
いいお話だったじゃないですか!(;´▽`A``

あと印象的だったのは、ロックオンがヒロシを射殺するシーン
アニューのことを思い出して、撃つのをためらうが、やっぱり撃ち殺しちゃいました
刹那が新世界の神になって、人と人はわかりあえるけれど、やっぱり戦争はなくならない、ということを暗示しているような気がしました



http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-879.html
http://swordian.blog72.fc2.com/blog-entry-2172.html
http://talkingshop.blog81.fc2.com/blog-entry-47.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1451.html

絶対可憐チルドレン 第50話

「一意奮闘!オーバー・ザ・フューチャー」
皆本子供化編のつづきです〜

かなり原作からアレンジされていて、本来は単独犯行だったのをブラックファントムがらみにしてありましたが、
ユーリが薫に接触したあとの展開がちょっと分かりにくい
命令通りに始末できなかったのは何故なのか
薫がクイーンであるだけでなく、翼をもった天使だからですかね?

子供皆本がリミッター解禁するのが見せ場でしたが、
そこに至る気持ちの動きがうまく追えてなかった気がします
自分が体験した悲しい過去があるからこそかけがえのない現在があることの気づき
そのポイントがぼやけていて、うまくお話が流れていない印象でした

いろいろありましたが、言いたいことは
澪かわいいよ (*´д`*)ハァハァ
9322140637
ここのシーンだけ繰り返し再生しちまったい〜
ツンデレくぎゅう最高です〜



http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-121.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1627.html
http://biyo555.blog43.fc2.com/blog-entry-451.html
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-685.html

2009年3月21日 (土)

ケロロ軍曹 第255話

今週は大笑いしました〜'`,、('∀`) '`,、
こういうアホなお話は大好きです
手抜きじゃないんですよね、こういう作戦なんですよ〜

「ケロロ 恐怖の大暗黒作戦! であります」
すべてが真っ黒に
でも世界中が大暗黒だったら大惨事ですよね
実は日向家だけだったらすごく笑える
ギロロはラッキースケベ
9321154649

「ケロロ 恐怖の大美白作戦! であります」
すべてが真っ白に
てゆうか放送事故?

9321160604
色白なモアちゃん
なぜかビキニで登場
でもモアちゃんはいつも健康的で小麦色なんじゃないですよ
コギャルだからガングロなんですよね〜
ガングロって化粧で黒くするんでしょ

「ケロロ 恐怖の大停止作戦! であります」
すべてが止まってしまう
でも試作品ですから、ただの超スローモーション

9321155605
9321155618
夏美にあんなことやそんなことを妄想する伍長さん、もはや駄目駄目ですね〜

なぜか突如もよおす軍曹の尿意
またしても下ネタでオチがつきました(´・∀・`)アラマァ




鉄のラインバレル #24

「鋼鉄の華」
最終回でした
大団円でした
少年は神話になりました

わかりやすく「熱血」ということで、いいんじゃないでしょうか
あっけないですが、王道な最終回でしたし、絵美も生き返って、ファクターの皆さんも死ななかったので、めでたしめでたしです
説明はいらない、熱さがすべてです

今後はコミック版に期待したいと思います

次元のはざまで浩一たちとすれちがったロボットはなんだったのかな〜



http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1087.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1449.html

2009年3月20日 (金)

機動戦士ガンダム00 2nd #23

「命の華」
ビリー驚愕の登場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ビリーの意外な出現の大喜びしましたよ〜
どこからやってきたのですかね?
密かにリボンズと通じていたのか?
常識では考えられない登場のしかたに、彼のストーカー気質がよく表れてます
スメラギさんにしてみたら、いまはビリーの相手とかしてる場合じゃないですから、来週あっさり射殺するんじゃないですか(;^ω^)
正直、MS戦よりも、こういう昼ドラ展開に興味津々です
ルイスとサジよりも、ビリーとスメラギさんが分かりあって欲しい(無理だけど)

それにしてもリジェネには失望した!
こんなつまらんキャラに期待した自分が馬鹿でした
どうも00のストーリーは「引き」だけで、お話を盛り上げようとする部分が欠点ですね
たくさんのキャラを登場させたのはいいけれど、うまく役どころを割り当てられなくて使い捨てている印象があります
本来の視聴者層を考えれば、「濃い」ドラマを期待するのが的外れなんですが

さて来週は刹那を除くマイスターの3人が危なそうなんですが、とくにティエリアが危ないですね〜
リボンズはMSに乗らないのか?
0ガンダムにラッセが乗ってたのも、がっかりしたね



http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2345.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-862.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-719.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-975.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/26efa0827e9695c3d2d22d83c476e516
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-403.html

CLANNAD ~AFTER STORY~ 番外編

「一年前の出来事」
番外編ということで、高校時代のエピソードが描かれました
渚3年生、朋也2年生のすれちがい
てゆうか杏祭りでしたよね〜
広橋涼ちゃん(;´Д`)ハァハァ

メインヒロインの一人でありながら、個別ルートのお話がなかったので、補完ということでしょうか
それでも嘘ラブレターにドギマギする杏かわいいよ

_03200158mpg_001465949
女の子二人のお風呂でキャッキャウフフ、なんという百合姉妹
しかも「また胸大きくなったんじゃない?」というベタなセリフ付きで、ごちそうさまでした〜

朋也の書いた「この先の困難に負けずにがんばれ」っていうのは皮肉ですよね(^_^;
だってこの時点では朋也自身は思いっきり困難に負けてるわけで…
それをストレートに受け止めてしまう渚のピュアな心が眩しすぎます
改めて、朋也は渚に救われたんだな、という感慨がよぎりました



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3242.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-406.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-870.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-603.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1943.html
http://rumtonicenquete.blog17.fc2.com/blog-entry-147.html
http://sopury.blog19.fc2.com/blog-entry-233.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/clannad-after-2.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-158.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1093.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-83.html

2009年3月19日 (木)

とらドラ! 第24話

「告白」
むむむむ意外な展開〜
まさか駆け落ちになるとは思わんかった
バイト問題がこじれてヤッちゃんと対立
恋愛問題が解決するや、親子問題をねじこんでくる怒濤の展開、やるな〜

今週はみのりんも亜美ちゃんも切なかったです
みのりんの気持ちは微妙だな〜
結局親友のことを思いやる気持ちで自分の幸せを逃した印象
「いい人」っていうのはつらいね
亜美ちゃんも竜児の気持ちを確認して、あきらめがついたみたいだし
この大人びた仕草が背伸びしてるような気の毒さ

いろいろ整理される一方、竜児の存在感が急激に強まってきましたね
大河を従えて、行動力を発揮するのが信じられん
それとは対照的に大河が守られるお姫様的ポジションになりつつある?
恋が成就して幸せ過多で頭がぼんやりしてるのかもしれません

竜児は二人の将来をどうするのか?
物語の焦点はしぼられました
すがすがしい大団円を期待します



http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-868.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/03/post-4f1a.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/24-34b7.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-650.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-145.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1941.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-602.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1553.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-887.html
http://kentsu.blog114.fc2.com/blog-entry-65.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-978.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-385.html

2009年3月18日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第11話

「おにいさま、おしっこ!」
くぎゅうううう(;´Д`)ハァハァ

「ハートの鍵穴」
シリアスムードなのに、このセリフでいけない妄想が止まりません、てゆうか放尿状態?

まあ、それはそれとして、今回は素晴らしい出来でした
まるでマリみてじゃないような、別の物語のような感じもしましたが
悲劇のヒロイン瞳子をくぎゅうが熱演ですよ〜

ただのツンデレちゃんにこんな重い背景を背負わせるとは、びっくり
そして疑心暗鬼から孤立してゆく瞳子に差し伸べられた乃梨子の手に涙〜

あと演劇部の部長さんの百合シーンもよかったです
てゆうか姉キャラの人は姉だし、妹キャラの人は妹だよね
スールになるのはいいけど、妹だった人がやがて誰かの姉になるってゆうのはあまり百合っぽくない、体育会系の人間関係みたいです

同様に祐巳が瞳子に「100数えなさい」と言うのも違和感バリバリ
薔薇様然として振る舞う祐巳にやはり百合というよりも厳格な上下制度を感じてしまいます

いずれにしろ今回は最高でした
瞳子かわいいよ瞳子(*´д`*)エクスタシィー



http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2914.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-74.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-639.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3228.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/4th11-e28c.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-617.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1635.html
http://shiroiusagisan.blog105.fc2.com/blog-entry-210.html

2009年3月17日 (火)

とある魔術の禁書目録 #23

「風斬氷華」
ひとりぼっちだった女の子が友達と出会い、友達になれた
人外の化物だからこそ、大切な友達を守ることが出来る
ちょっと切ないシチュエーションで泣かせますね〜

行こうとする氷華を当麻が止めようとして、思わず右手で掴みそうになるシーンが印象的でした
触れられないけど友達
体の関係はないけど、心はつながっているプラトニックラブ状態というか(^_^;
てゆうか右手以外で触ればいいじゃん

物語の情緒的な部分はすごく伝わるんですが、あいかわらず設定が飲み込めません
氷華は虚構世界のぜんまいである、とか意味がわかりませんね
でもどうして氷華は他人と関われなかったのに、インデックスとは知り合えたのかな?

さてインデックスのピンチが危ない状況に氷華が駆けつけ、身代わりになるようです
実体のない体ですけど、痛覚とかはあるのでしょうか
それになにをされても消滅することはないのかな

インデックスがゴーレムの魔術を分析して攻撃を回避するシーン、なかなか魅せてくれました
戦闘要員でないだけにいままで出番がなかったので、それの埋め合わせ
最後には当麻がやっつけるんでしょうが、ビリビリちゃんも活躍するといいな〜



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3220.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-971.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2917.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-853.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/03/post-5422.html

2009年3月16日 (月)

みなみけ おかえり 第11話

「いいイメージ」
やばいやばい
女の子だけが暮らしている家のお風呂に入る藤岡くん(*/∀\*)イヤン
これは平静ではいられませんね〜
浴槽に裸の体が触れるわけですから、
間接キスならぬ間接XXXではないでしょうか
お風呂のお湯に変な液体を混ぜたりしないでくださいよ

一瞬ですがリコちゃんのブラ見えた(*´Д`)/ヽァ/ヽァ
カナと違って、お胸は豊かそう

唐辛子風呂ってやっぱ痛いの?
検討はずれなおもてなしでしたが、空振りに終わってカナが可哀想ですね
カナなりに友達を想ってやったことなのに

0000mpg_001154300
リコの妄想が保坂なみに( ´,_‥`)プッ

あれ、マコちゃん「俺」とか言ってますがいいのか?
でも千秋のどうでもいい奴認定は惨めすぎる…



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3234.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2920.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-645.html

2009年3月14日 (土)

ケロロ軍曹 第254話

「冬樹 トランクス対ブリーフ であります」
パンツ抗争が始まらなかった(^_^;
一瞬だけMS戦っぽいカットもありましたが、派手にやってほしかってです

背伸びして大人ぶりたくなる中学生という年頃でありながら、マイペースの冬樹くんでした
ブリーフがベストフィットというより、思い出の品を軽々しく手放せないちょっといい話風な展開
たとえそれが穴のあいたパンツであっても

てゆうか冬樹のパンツが捨てられたら、桃華親衛隊が即時回収しそうだぞ
なんか下着泥棒みたいだけど、まちがいなく桃華ちゃんのコレクションに加えられます

「ガルル 密かなる想い!? であります」
ホワイトデーってバレンタインのお返しじゃないの?

揺れる乙女心というよりも計算高い女の本性を見せてくれたプルルちゃん
こういうところは、さすがに「おばさま」ですね( ̄Д ̄;;
職場結婚でもいいじゃないですか、でも長男はパスかな

一人の女をめぐって男たちが戦う
女性のプライドを満たしてくれるポジションなんでしょうね〜

公衆の面前で思いっきり自意識過剰女を演じてしまい、これはもう死にたいくらい恥ずかしい!

9314135457
ウソ情報にびっくりして照れてしまうのは可愛かったです

鉄のラインバレル #23

「死に方が決める生き方」
加藤があっさり死んでしまった…

当初から死を覚悟しての行動だったとは思いますが、ちょっとあっけなさすぎ
最終決戦ということでしたが、いまひとつ盛り上がりに欠けた展開でした
好きなキャラだけに捨て駒みたいな扱いが残念すぎる

正義の問題もいつのまにかカッコよさにすり変わってるし
原始的な条件反射とか言われたら身もふたもないよ

未知の世界に脅威を感じるのは単なる無知だから?
諸星大二郎的SFだったら、すべてがひとつにまとまる世界にも救いがあるかもです(生物都市ね)
人間が進化の過程で人間でなくなるのも受け入れる時代が来るんじゃないですかね

それはそれとして、かっこよく野蛮な人間として生きることを選択した浩一たち人類
でも絵美ちゃんが!
そのショックでラインバレル最後の覚醒が始まった

いよいよスーパーなパワーが発揮しそうです
そして光の玉を集めて絵美も復活ですよ(ああ、まだクラナドの後遺症が)

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3227.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1928.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-722.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1435.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-380.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1602.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1376.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1081.html

2009年3月13日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22回

「小さな手のひら」
わけがわかりません( ゚д゚)ポカーン

なんか雰囲気的には幸せな結末だったらしいので、まいーか、とも思いますが
朋也が後悔しなくなったら、すべてがうまくいきました
これが奇跡?
時間巻き戻し?
ゲームだとシナリオ分岐というやつですかね

SFっぽく言うと多元宇宙的な展開なのか、
それとも死に行く朋也が見た幻だったのか
てゆうか胡蝶の夢みたいですね

渚が死なないで幸せになる展開もあるし、
渚と汐の死を受け入れて生きていく朋也も有りうるということですかね?

街が心を持つというのがよくわからないのですが、
その具象的な存在が汐なわけですね
異世界の女の子とロボットは汐と朋也で、二人が別れを受け入れたことは現実の世界で朋也が渚との別れを受け入れたこととリンクして、なにやら不思議な力が発動したようなんですが、印象としては( ´_ゝ`)フーンなんですよね

あまり考えないで、見たままを受け入れて感銘できたか?というとかなり疑問
自分が流した涙はなんだったのか返してもらいたいです
頭固いですね
結局クラナドはものすごいファンタジーだったわけで、
クラナドは人生というフレーズは「人生=夢幻」という具合にインプットされました
だって、こんな奇跡が人生に起きるわけないじゃん
妻と娘をなくしながらも生きることに喜びを見つけるのが人生なのでは?



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-972.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-854.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1924.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/clannad-after-1.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-400.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-64.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3221.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-716.html

2009年3月12日 (木)

とらドラ! 第23話

「進むべき道」
みのりん大爆発〜
ついに竜児の煮え切らない態度にキレた!

親友同士の譲り合いごっこがいよいよ本気になりましたね
自分がどうしたいか、何が自分の幸せなのか、それは自分にしかわからない
進路の問題とあいまって、依存する子供から自立する大人への道が示されます

ヤスコはとっても包容力のある母親だけれど、強力すぎたのかもしません
先生に反抗期のことを指摘された竜児は母親に従順な「いい子」だったわけですね
ヤスコのために就職というのは竜児の主体性を殺したもの
親に逆らってでも自分を主張して生きていくのが人生です

それにしても竜児と同様に「子ども」だった大河ですが、
彼女の生活史があまり詳しく描かれなかったのは残念です
なぜに大河はあそこまで自分に否定的なのか
それは最終回で語られるのか
逆に言えば、自分に自信があれば、他人に依存的にはなりません
どうにも大河の竜児への愛情は自己不安からくる依存的なものに感じられます
やりたいことがなにもないのは、恋愛よりそっちのほうが問題でしょう
大河が求めている自己肯定感を竜児は与えられるかもしれないけれど、それって恋愛なんですかね?

さて、決断を迫られた竜児ですが、どうするでしょうか
ここから「大河が好き」という告白もなさそうな気がします
仲間達に押されて竜児と大河が相思相愛になるのはハッピーエンドなのか?
主役二人の幼さが露呈してしまった以上、それを超克する方向へ動いてくれないと、どうにも恰好がつかないですよ

今回5人の関係(北村は除外してもいいけど)が臨界点を迎えたわけで、
恋愛問題に結論は出さずに、それぞれが自己形成へ向かって再出発するところで物語は終わってもいいかな〜



http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-852.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-633.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/03/post-8ec3.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1549.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/23-ed6f.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1923.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-379.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-136.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/03/23-2313.html

2009年3月11日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第10話

「キーホルダー」
乃梨子カワユス(*´д`*)ハァハァ

志摩子さんのカードを探したいっていうのも微笑ましいけど、
瞳子のことで思い悩むのもすごくいいにゃ〜
おかっぱって可愛いよ
髪の毛の質感とか、頬のラインとか、瞳の輝きとか
今週は乃梨子がとっても魅力的でした

逆に祐巳はなんだか悟りすまして、大物の貫禄を漂わせはじめ、これが選挙効果というものか
シンデレラストーリーというか裸一貫からの立身出世であります
結構人間は環境に左右されやすく、たとえばスタ−として扱われると本当にスターのオーラを持ち始めるみたいな
由乃さんや乃梨子が驚くのも無理ないです

瞳子との距離ができて、フラグが消滅したかのような雰囲気ですが
祐巳の「好きだよ」発言はとても頼もしく乃梨子ともども管理人も安堵してしまいました
ツンデレ攻略は余裕をもって時間をかけて、がセオリーかな( ̄ー ̄;

ところで柏木と祥子さまの会話
なんか柏木が祐巳ラブみたいな印象になってしまいました
そうなると以前言っていた「上のステージ」っていうのは、スールごっこなんか卒業して、男女の恋愛をしようぜ、みたいな誘いかな
はじめは反発していた男性にしだいに惹かれていくってのはよくある展開ですよ



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3206.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2883.html
http://shirakawakaguya.blog73.fc2.com/blog-entry-63.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-621.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-688.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1626.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/4th10-217a.html

2009年3月10日 (火)

とある魔術の禁書目録 #22

「石像」
むむむ、おっぱいメガネちゃんは人間ではない
人間が存在するかのような物理現象の集合体にすぎないですと

たしかに生身の肉体は持っていないけど、精神はあるようです
心があったから友達になれたんですよね

しかーし、心があるというのもそれもまた物理現象
人間そっくりの受け答えをするコンピュータのプログラム、自律的な思考をするプログラムには心があるのか

インデックスや当麻が感じているのは、大切な「モノ」に対する愛着でしかないような
というより、自分自身の作り上げた幻想への執着のような気もするけど

なにをもって「人間」とするか、その定義は難しいです
人間の肉体は持っておらずとも、高度な知的生命体は尊重すべし、という考え方もあるし
だから鯨やイルカは殺しちゃいかんのですよ(食べるけどね)
人間とは別種のものですが、彼らも心を持ってます
それをゆうたら牛や豚だって、彼らなりの心を持ってます
だから牛や豚も殺しちゃいかんのですよ(食べるけどね)
という具合に人間は身勝手でありまして、
当麻の「熱い」心も自分勝手な思い込みの部分もあるよな〜、などと考えると身も蓋もない

それにしても、そんな曖昧な存在である風斬さんが狙われるのはどういうわけ?
彼女は偶然の産物にとどまらない秘密をもっているのかな

まあそんなことよりインデックスと御琴が鉢合わせて当麻をめぐって火花をちらしてニヤニヤ
シリアスなバトルよりこっちのほうがいいですね〜



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-965.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-836.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2887.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2592.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3199.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/03/post-7b10.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1414.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1903.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-860.html

2009年3月 9日 (月)

みなみけ おかえり 第10話

「態度には」
9309094602
藤岡的視点では、冬馬は男なんだから、半裸で千秋と個室に入ったらすごくヤバいじゃん!

9309091404
う〜んBLだね(^_^;

藤岡と仲良くする冬馬に嫉妬する千秋かわいいよ〜
すごく子供っぽいんですけど、そこがいい
でも実態は一人の男を女の子二人で奪い合う修羅場ではないですか
藤岡は自覚がないとはいえ罪な男です

9309093707
お気に入りの藤岡にご機嫌の千秋カワユス

ナツキのニヤリ笑いに同情した( ̄ー ̄;
実は管理人もいわゆる悪人顔らしくて、愛想笑いのつもりが相手に冷笑と受け止められることがしばしばあります
笑顔って難しいですね〜
顔の表情よりも心の表情が問題なんだなと痛感する次第であります
リラックスできないと表情ってこわばっちゃうんですよね
それにしてもカナと千秋が大騒ぎする中、まったく動じない春香姉様はさすが番長の器です



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3212.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-505.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-59.html
http://pokebb.blog92.fc2.com/blog-entry-1625.html

2009年3月 8日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #22

「未来のために」
真剣白刃取りΣ(゚Д゚;)アラマッ

道を極めるために闘うグラハムさん
ですが、負けてしまいました〜
いや負けたからって死ななくても
また修行を積んで挑めばいいのでは?
刹那に何かを教えられたというのか
殺しあいに命をかけるのも立派な道だとは思いますが
武士道から他のイデオロギーへ転向するんでしょうか、それはそれで笑えるけど

あああリボンズ撃たれた!?

いやいや撃たれたのは影武者じゃないの?
陰謀は筒抜けだったから狙われているのも知ってるでしょ

先週盛り上がりましたが、今週は順当に進みました
カティさんが援軍で駆けつけるのも想定内
イノベイターのいないアロウズ主力軍なんて雑魚ですよね〜

物資補給でOガンダムが持ち込まれましたが、これは誰が乗るのかな〜
やっぱり生きていたリボンズが乗って刹那と対決がいいな〜

http://wjham.blog95.fc2.com/blog-entry-794.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2331.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1053.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-968.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-779.html

機動戦士ガンダム00 2nd #22

「未来のために」
真剣白刃取りΣ(゚Д゚;)アラマッ

道を極めるために闘うグラハムさん
ですが、負けてしまいました〜
いや負けたからって死ななくても
また修行を積んで挑めばいいのでは?
刹那に何かを教えられたというのか
殺しあいに命をかけるのも立派な道だとは思いますが
武士道から他のイデオロギーへ転向するんでしょうか、それはそれで笑えるけど

あああリボンズ撃たれた!?

いやいや撃たれたのは影武者じゃないの?
陰謀は筒抜けだったから狙われているのも知ってるでしょ

先週盛り上がりましたが、今週は順当に進みました
カティさんが援軍で駆けつけるのも想定内
イノベイターのいないアロウズ主力軍なんて雑魚ですよね〜

物資補給でOガンダムが持ち込まれましたが、これは誰が乗るのかな〜
やっぱり生きていたリボンズが乗って刹那と対決がいいな〜

http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2272.html

絶対可憐チルドレン 第48話

「理力騒然!見えざる脅威」
薫とパンドラが共闘するお話
てゆうか澪祭りだよ〜ん

9308140920
9308141601
9308142351
9308142531

そこはかとなく百合っぽくもある薫と澪(*´д`*)ハァハァ
顔を合わせるといがみあってる二人だけど、
お互いに相手のことを認めているし、
仲良くなりたいけど素直になれないみたいな(とくに澪)
薫の境遇を羨んだりしながらも、思いやりもある澪かわいいよ澪

友達じゃない女の子が仲良くなっていくお話ってキュンキュンします(*´ω`*)モキュ〜♪

ところでくぎゅうは収録のときに澪と桃太郎を同時に演じているのですかね
それって名人芸だよな〜



http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-117.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1583.html
http://sugofactory.cocolog-nifty.com/sugo_factory/2009/03/48-b67b.html
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-673.html#trackback
http://youkouissen.blog32.fc2.com/entry/292/

ケロロ軍曹 第253話

「ケロロ 超人ケロロ であります」
たしか湿度がケロン星並みになると軍曹はあの頃に戻るお話がありましたよね
あれがなかったら「あの頃軍曹」は都市伝説としか思えないへっぽこぶりです〜

フィギュア没収の悔しさからガーマ線を浴びる軍曹
そこは侵略のために浴びるとこでしょ
しかもクルルに弄ばれているよ
9308130447

モアちゃんの「ふ〜ふ〜」が可愛いんだわ(´∀`*)ウフフ

9308130652
夏美が漏らしちゃうって…、あ秘密の方ですか(*´д`*)ハァハァ


「ケロロ 黒電話捜査官66 であります」
我が家にもまだ黒電話はありまして、さすがにメインとして使ってないけど、電気がなくても動く頼もしい奴です
携帯も固定電話も電力を使うので、地球環境のために黒電話に戻ろう
まあ黒電話もどこかで電気を使ってると思いますが

ベタなオレオレ詐欺にひっかかっちゃう軍曹が情けないやら

水谷豊のパロ? 見てないからわかんない

スーパー六郎太のフリルパンツに笑ったね

00星人「万死に値する」中の人www

アナログ強いです!
テレビもデジタルよりアナログが強いんじゃ〜い!

2009年3月 7日 (土)

鉄のラインバレル #22

「鬼を喰らうモノ」
加藤久嵩、実はいい人(^^;

つまり森次さんも社長もラインバレルの真の力を発揮させるために、加藤とグルだったんですね
フラッグを起動するために生身の体を捨てた社長ですが、それはつまり生身じゃないけど生きているってこと?

異世界からの侵略を阻止するため共闘を申し出る加藤
それを不服ながらも受け入れる浩一

それでも浩一の「正義」と加藤の「正義」は対立したままだ
まあ、久嵩が正しいかどうかはともかく、何かを代償としなければ成し遂げられないことがあるのは確かです

久嵩と父親との対立とその後の転身がいまひとつ不明でしたが、
人間が人間らしく生きることを求めるということですね

能登の「おにいちゃん」発言(;´Д`)ハァハァ
大きくなったらおにいちゃんと結婚するキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3204.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1418.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-134.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1906.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1075.html

2009年3月 6日 (金)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第21回

「世界の終わり」
汐があああああ(;´Д⊂)

悲しいというより、なんかもう呆然
なんでこんな残酷な物語にする必要があるのか

アッキーと朋也の会話で街の変貌とか環境破壊の話題が出ましたが、
渚や汐はそういうことの犠牲者というか人間が払わなければならない代償なのでしょうか

因果とか宿命とか運命とか
世界全体の理のなかで、人のあり方は決まってしまうような、そういうことを語りたいのか
再び、渚に声をかけなければ、こんな悲しい結果にはならなかったという朋也の述懐
でも現実においては、声をかけない未来というのはありえないし、
声をかけるという因子がそろっていたから、声をかけるという結果が生じたわけで

ということで次回が最終回だそうですが、
いったいどういう結末になるのか想像もつきません
光の玉の奇跡で汐が助かるとか?
しかも渚まで復活してしまうとか(^_^;
いままでのリアリティ溢れるお話が台無しになるような結末だけは避けてほしいものです



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-966.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-837.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-397.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/clannad-after-s.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3200.html
http://girlishflower.blog20.fc2.com/blog-entry-1800.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1042.html

2009年3月 5日 (木)

とらドラ! 第22話

「君のいる景色」
う〜ん竜児が早くもデレてる(^_^;
久しぶりの大河との再会に頬染めたりして

一方みのりんは恋よりも仕事みたいなスタンスになってきて
あとは大河が意地を張らなければすべて丸く収まるような雰囲気もします

竜児の気持ちはどうなんだろうな〜
葛藤とかあまりないような
みのりんへの想いを冷静に客観視しているような描写もあったし

前回まで「恋」で盛り上がってましたが、
今週は「進路」「人生」ということがクローズアップされましたね
竜児が国立理系を狙えるほどの優等生だったのはすごく意外
だけど本人は就職希望
もうすこしやっちゃんに甘えてもいいんじゃないのかな
子供に幸せになってもらいたいのは親の最大の望みですよ

大河は実母とは仲良しなんですね
あまり複雑な家庭環境が語られず残念
なんで母親と同居してないんだろ

それから、亜美ちゃんは毎日が女の子の日のように不機嫌モード
完全に部外者で面白くないんですね



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-964.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-835.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1899.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-593.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-117.html
http://busparade.blog32.fc2.com/blog-entry-919.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1544.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-855.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-243.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1037.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/115163156.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-706.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/03/post-e15e.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3198.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/22-cd6c.html

2009年3月 4日 (水)

マリア様がみてる 4thシーズン 第9話

「仮面のアクトレス」
今週もブラック瞳子ですよ〜
仮面というより鉄面皮ですな
すっかり祐巳は翻弄されていました
瞳子黒いよ瞳子

「由乃さんのそういうところ好き」
必死にフラグを立てる志摩子さん
そういうところって、貧乳なところとか、ちょっと陰毛が濃いところ?(*´д`*)ハァハァ

まあ正直、志摩子さんが聖人君子すぎて面白味にかけるわけですが、
あまりにも無敵すぎる〜
必殺のフェロモンで次々と女生徒を喰いまくる外伝とか読んでみたいですよ

わざわざ負けるために選挙に出馬する瞳子
ものすごいツンデレですね
乃梨子の言う「結果発表の瞬間の瞳子の表情」って、ニヤリとほくそ笑んだのかも(((( ;゚д゚))))アワワワワ



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3186.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2858.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-605.html

2009年3月 3日 (火)

とある魔術の禁書目録 #21

「正体不明」
風斬氷華というメガネっ娘がなんか謎な存在らしいですな
それからチョークでゴーレムを操る魔術師

新しいお話が始まりましたが、いろいろ飲み込みにくいです
垂れ乳の先生とかも出て来たし…

魔術サイドと超能力サイドってものすごく敵対してるのかな〜
学園都市って城塞のような機能を果たしているみたいですが、他の地域はどうなってるんじゃろ
いまだに世界観が飲み込めないです

そんな自分は主にラブコメ部分でニヤニヤするしか
ビリビリのツンデレとか(*´∀`*)ポワワ
インデックスのお着替えとか(*´д`*)ハァハァ
黒子の百合とか(・∀・)キュンキュン!

ひさしぶりに能登キャラも登場しましたが、説明係で見せ場がありませんでした、残念



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-958.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2861.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-813.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/02/post-8986.html

2009年3月 2日 (月)

みなみけ おかえり 第9話

「そうか」
9302143218
横座りのマコちゃんと尻突き出してる内田(*´д`*)ハァハァ
学校にまで女装セットを持ち歩く危険と隣り合わせのマコトの男気
頼もしいじゃありませんか

ううむ、藤岡は策士じゃな
すご〜く自然にプレゼントを渡せました
自然すぎて、哀しくなるくらい夏奈は無頓着ですな〜
これは一歩前進なのか、進んでいないのか

クリスマスイブの夜
ゲームに熱中して寝てしまった冬馬
てゆうことは兄貴と一緒におやすみしてしまったのでしょうか?
なことしたらナツキが妹属性に目覚めちゃうよ

あいかわらず保坂の妄想は美しいな〜
時期外れのクリスマスストーリーにちょっと感動した、そして笑いすぎて腹が割れた'`,、('∀`) '`,、
なんだかんだ言われても、保坂は前向きでさっぱりした性格だから好感もてます
アツコが本気で好きにならないかちょっと心配ですが



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-962.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-826.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2867.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1891.html

2009年3月 1日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd #21

キャラがどんどん片付いていきますよ(´д`)

「革新の扉」
暗闇で刹那の眼が光る〜
いよいよ人間離れしてまいりました〜
ツインドライブの大量のGN粒子を浴びたことで、イノベイター化ということですかね

ブシドーさんとの一騎打ちで完全に覚醒したようです
イオリアの計画の真なる目的は人類の革新にあると刹那は断言(本当かよ)
仮りに「来るべき対話」がとても重要なことだとして、そういう大事の前では紛争の犠牲者など些細なもの、ということでしょうか(ちょっとひどいかも)

GNドライブが兵器として使われる
パイロットがイノベイターとして覚醒する
さらにGNドライブが普及して、人類がすべて覚醒する
お互いを理解して平和が訪れる
人類の意志が統一され「来るべき対話」に成功する
これがイオリアの計画なんでしょうか

でも覚醒したくない人間もいるんじゃないの?
覚醒したら個人のプライバシーがなくなるんじゃないの?
だいたいイノベイター同士が仲間割れしてるんだから、平和なんか訪れないよね
あ、もしかしてリボンズとその仲間たちはテストタイプで、刹那のようなタイプが本物だとか!
最終的にテストタイプは廃棄される運命にあったりして
でもそうなるとティエリアも消えちゃうんだけど、そういう切ない展開もありですね

今回はブシドーさんと刹那がGN粒子空間で二人っきり(*/∇\*)
なにやらお互いを分かりあうようなムードがありますが、それが涅槃空間の特性なんでしょうね
でも戦うことを否定されたら、ブシドーさんの存在全否定じゃん
戦うことに生きる意義を求める人間もいる、いいじゃんそれで



http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2320.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-825.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1041.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1070.html

絶対可憐チルドレン 第47話

「一場春夢!明日の想い出」
チルドレンが5年生に進級して、皆本が担当になって1年を迎えた記念日のお話
兵部も皆本もおなじようにチルドレンをいとしく想っているけど、立場の違いからはげしく対立する二人が印象的です
そして兵部を認める部分もあるけど皆本にべったりな薫に向けられた、兵部のストレートではない愛情にも心打たれますね〜

明日のことはわからない
破滅の未来の予知があることで、この物語全体に緊張感がはりつめてます

冒頭で数年後の未来を描き、それは薫が離反するという予知の実現に向かう流れでした
あいだに現在のお話をはさみ、また末尾に未来のお話

全体として、現在の幸せや平穏な日々が失われてしまうものであることを強く訴えかけてます
このあたりの時の流れの哀感がせつなく胸をしめあげるです〜

破滅の未来をいかに回避するか、ていうのはドキドキして本当にいい設定ですな
そして色々ありつつも、そういう方向に向かいつつあるというスリルのおかげで、物語から目が離せなくなります

アニメは3月でおわりですが、原作はこれからますます勢いがついてくる展開でしょうね

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28