応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

戦場のヴァルキュリア 第13章

「戦慄の移動要塞」
潜入破壊工作前編でした

正攻法では攻略できないファウゼンを内部からレジスタンスと手を組み攻略します
よりによって、なぜ人種差別主義者のロージーたちを連れてきたのか、ウェルキンの思惑が気になります
今回はエーデルワイス号なしの作戦なので、イサラはお留守番かと思いましたが、ちゃっかり同行です
ダルクス人関連だからか、それとも意外にも生身に戦闘能力も高いのか

擬似レイープというか、商売女扱いされたロージー
顔を見られたら正体がばれるというわけではないのでしょうが、ザカの行動は早かったです
きっと帝国の兵士達はダルクス人の女子供を手当たりしだい陵辱しているのですねヽ(;´Д`)ノヤメテー

「人種差別なんてまちがってます!」
あまりな正論を吐くイサラが眩しすぎる〜
でも世間というのは無理が通って、道理がひっこむように出来ています
まして戦時中ならなおさらです
偏った考えにとりつかれ愚行をかさねるのが人間なのかもしれません

イサラがまっすぐな性格で涙が出そう
でもなんか死亡フラグのような…
イサラが危なくなったら、ラマール君、君が身を挺してお守りするんだよ
君の存在意義はそれだけなんだからね



http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51224496.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/13-19bf.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51214073.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50694963.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51265187.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1887
http://georg.paslog.jp/article/1161243.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51263343.html

2009年6月29日 (月)

咲-Saki- 第13話

「微熱」
麻雀展開がなんかむずかしいです(´Д`)ハァ…
今週はほとんど理解できませんでした

みんな難しい事考えながら打っているんですね
それと驚いたのは、上手い人は降りるのもためらわないこと
振り込まないで、自分が上がる
あたりまえですが、本当にすごいです

接戦というか、大きな手が出来ない息詰るようなゲームでしたが、
のどっち以外はまったく目立たない
しかも3人で試合してるかのような錯覚
セリフもなければ、顔も映らない鶴賀の人が気になります

今年の大会からルールが変わって、特殊な才能の選手が目立つようになったそうですが、
そこに主催者のなんらかの意図、隠された目的があるのでしょうか
咲や衣のような選手を発掘してスカウトして研究機関で訓練して、優秀な戦士に仕立てて外国と戦うみたいな(^_^;
軍事行動がすべて麻雀に置き換えられているような世界なんじゃないですかね〜

9629084721
透華お嬢様いいとこなし
本人はのどっちのライバル気取りですが、このままでは雑魚扱いで終わってしまいますよ、がんばれ〜



http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51214408.html
http://www.kiokake.com/archives/856717.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/19373993.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=708
http://georg.paslog.jp/article/1162051.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2009-06-29-1

2009年6月28日 (日)

ケロロ軍曹 第269話

「桃華 ホレたハレたの大騒動 であります」
夏美がもっていたのがラジオでなくバナナだったら…
なんていう妄想に駆られるしょうもない感想ですみません

桃華がこういう薬にたよるのはどうなんでしょうね
魔が差したということでしょうかね

惚れ薬ネタにしてはコメディの度合いが低かった印象ですが、
ギロx夏をもってきたら、もっと盛り上がったと思います
だってみんなモノに惚れているのが残念

「ギロロ 夏美からの脱出! であります」
エヴァのマグマダイバーっぽいな〜、なんて思ってたら、
アンビリカルケーブル切断!と来ました
あはははは、やってくれますね〜

夏美の胃の中にはラーメンが未消化で残っているのに、
宇宙カビのチーズケーキが大腸まで達している不思議

またも下ネタ落ちかと思われましたが、
乙女の涙が奇跡を起こし、きれいにまとまりました
有名なSF映画みたいですな
大腸から吸収されて、血管をめぐって涙腺に辿り着いたと考えられなくもないです
夏美に排便を迫るシーンはちょっと (*´д`*)ハァハァ
羞恥プレイキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!



http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51527966.html
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51285826.html
http://mist1970.jugem.jp/?eid=753

2009年6月27日 (土)

涼宮ハルヒの憂鬱(2009) 第13話

「エンドレスエイト」
うわわわ、疲れるアニメだこと

夏休み後半の繰り返し
微妙に違ってはいるけど、基本的には同じ事の繰り返し

見ているだけで疲れてしまいました
なんというか徒労感、閉塞感、絶望感MAX
悪夢のような日常です
本当にハルヒってめんどくさい女だな〜

今回は解決編だと思ってましたが、気持ちよく裏切られました
この話をここまで引っ張るとは京アニ恐るべし
さすがに次回は決着しますよね?
てゆうか決着してほしい
さすがに見ているのが苦痛になりそうだから

リビングでTVを見るキョンの半裸とか、
やたらキョンに絡む小泉とか、
そっち方面のサービスが印象的でしたが、
やっぱり一番は妹ちゃんだよ!

9627161853
今回も可愛くて申し分ないのですが不満もある
キョンが半裸ということは、室内なのにかなり暑いわけですよね
だったら、妹ちゃんももっと無防備な格好をしてほしい〜
あんまりちゃんとした服だと、キョンを男として意識してるみたいで、それは嫌だ
家族らしい、兄妹らしい気安さで、プライベート空間をさらけ出して欲しいよね!



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51264087.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=1236
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50694750.html
http://georg.paslog.jp/article/1159337.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51229751.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51222626.html
http://www.kiokake.com/archives/810920.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=707
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/19224805.html
http://yaplog.jp/mikan1991/archive/401
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51213819.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/13-fe5b.html

2009年6月26日 (金)

ゼロの使い魔 17 黎明の修道女(MF文庫)

前回のデルフ死亡、ルイズ失踪、サイト大ピンチでドキドキの続きがどうなるのか興味津々でした
そして期待を裏切らないクオリティ
まだまだゼロ魔の物語は大きな流れとなっていきます〜

以下ネタバレを含みます
未読の方はご注意下さい

カッコいいルイズが帰ってきた!
そんな印象の物語でした

カッコいいルイズ?
いままでにルイズがカッコよかった事ってあったかいな?と思われる人も多いかと
たしかにルイズは能力的にも性格的にもダメダメな印象もありますが、
貴族としての矜持(安っぽいプライドではなく)をときどき垣間見せていましたよね
つまり高い能力を持つ者は、高い社会的地位を得るが、同時に社会に対して貢献する義務のようなものがあるわけで、
そういう由緒正しき貴族の精神を今回ルイズは発揮して、サイトの窮地に駆けつけたわけですよ
運命によって自分に与えられた能力を信じて、そして運命そのものを信じて

作中、アン様が恋に生きるルイズを羨んでいる部分がありましたが、
今回のお話でルイズの生き方が、恋中心から仕事中心にシフトしたようです
まあいままでの恋愛依存症みたいなルイズはちょっとコメディ的には面白かったのですが、
幼稚というか未熟な部分もあって、それからくらべると一皮むけたというか、人間的に成長したルイズがここにいる
あとがきでノボルが熱烈なラブコールを送ってますが、それに値するだけの素敵な主人公になってきたことを実感いたします

それでも管理人が一番好きなのはアン様ですが(^_^;
サイトは本当にルイズが好きなのはよ〜く分かるんですが、それでもアン様の魔性のエロスからは逃れられないんです
この人は昼と夜の顔をもっている、とサイトを震撼させた我らがアン様(*´д`*)ハァハァ
清楚で威厳があって、しかも処女でなおかつ淫乱というロイヤルストレートフラッシュのような存在ですよ
ルイズと対等に罵倒しあうようになったアン様、これからも遠慮なくサイトを攻めてくださいね

http://www.moe-review.com/?p=2669

けいおん! 番外編

「冬の日!」
はあ〜まったりまったり
番外編とはいえ、いつものペースでみんなを支えている平沢姉妹が光るお話でしたね

それぞれに思案顔の冬の日
寒さでエネルギーがちぢこまんでしまうような空気感がうまいです

ムギちゃんはバイト
あずにゃんは猫の世話
そして律はラブレターとそれぞれ問題を抱えていたけど、
唯からの能天気なメールがトラブル解消に役立っていくのが、とってもいい感じです

9626091426
「ひゃうん」
冷たいベースが太ももに触れて澪様のエロヴォイス発生(*´д`*)ハァハァ
澪様は感じやすい身体なんですね
いろいろと試したくなってしまうじゃないかー!

ということで全13話が終了しました
毎週楽しみにしていて、ものすごく面白かったです
原作未読でしたので、表題の印象からもっと音楽ネタ多めかと思ってましたが、いい意味で期待を裏切られました
可愛い女の子がいちゃいちゃするという個人的など真ん中なアニメで、繰り返して見るアニメってのは結局こういうのなんですよね
ぜひ2期を! と激しく熱望しますが、原作のストック問題が…ああ…残念…orz



http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51229765.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=706
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-1f24.html
http://georg.paslog.jp/article/1159349.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/13-a136.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51213461.html

2009年6月23日 (火)

戦場のヴァルキュリア 第12章

「さらわれた姫君」
前回ジープで晩餐会に乗り付けたのも違和感バリバリでしたが、なんとエーデルワイス号も持ってきてました
いくら近道したとはいえ、トラックに追いつくなんて、戦車って意外に早いのかな

ところでイェーガーさんは本当に見物に来ていたんですね
ウェルキンの申し出で連邦の勢力拡大を阻止するため一役買いましたが、そもそもそれを目的に潜入するべきでは?

事件を公にせず、追求すらもしない能登姫
そんな爆弾かかえて大丈夫なんでしょうか
下々の者(アリシア)からの進言で前向きに生きる決心はしたようですが、一国の元首としての覚悟はあるのだろうか
今度は毒殺とかされちゃうんじゃないですかね

アリシアのピンチにもまったく動じることのないウェルキン
ゆるぎのない信頼関係が描かれましたが、
天然のウェルキンより、ちょっと嫉妬まじりで真剣そのもののファルディオを応援したくなるな〜

_06222259mpg_000502139
今週のイサラ
ダメだ、ラマールと視線をあわせちゃ、妊娠したらどうするんだよ!
あああ、もういろいろ心配だけど、出番が少ないのが一番心配
俺の嫁だけど、兄貴とはもっと絡んで欲しい〜



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51261838.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51211853.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/12-86d6.html
http://georg.paslog.jp/article/1154756.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50693282.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51219078.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2009/06/post-7930.html
http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fateliang/2009/06/post-07aa.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1945.html
http://brilliantcorners.blog54.fc2.com/blog-entry-1.html

2009年6月22日 (月)

咲-Saki- 第12話

「目醒め」
0000mpg_000119759
いきなり久xキャプテン
中学時代にこんな甘酸っぱい思い出があったとは(*´д`*)ハァハァ
しかし部長は覚えていない
罪作りな女だじぇ〜

エトペンはあっさりセバスチャンが修復
和と友達になれると思った衣だったが、あてがはずれてションボリ
一の回想とあわせて、衣の孤独が垣間見えました
そういえば衣はキャラ的にサクラ大戦のアイリスに似ているな〜

0000mpg_000662639
なるほど、仮眠は半裸でするものなんですね、わかりますw
さらにバナナ!
バナナは胸にはさむもの(*´д`*)ハァハァ
京太郎は幸せなバカ野郎です

空テンリーチ
上がれないのにリーチ?
こんなこともできるんですねビックリ
ブラフみたなもんで、心理的な揺さぶりをかける手段なんですかね
この作戦がどういう効果をあげたのかじっくり描かれなかったのが残念

さあ次回はのどっち降臨だ〜い!
派手なバトルシーンを期待しますよ〜



http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2202.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-846.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51212177.html
http://apekamuorz.blog105.fc2.com/blog-entry-415.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=705
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51256144.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-1086.html
http://www.kiokake.com/archives/746850.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51212177.html

2009年6月21日 (日)

ケロロ軍曹 第268話

「ケロゼロ ペコポン人 メカデザイナー カトヤマ・キコ 登場 であります」
合い言葉はKetubakutiku!!!
蛙だから笑ってられますが、人間だったら尻にダイナマイトでまじ悪逆非道であります
ダイナマイトにくらべたら、まだアッー!な方が…

ケロン軍に属するペコポン人
一体どういう経緯でそうなったのか、すごく興味ありましたが、あっさりスルー
やっぱり拉致されて洗脳されたのかヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

9621100023
公開レイープじゃないよね?(^_^;

9621101202
「地球が侵略されようと関係ない」
こういうキャラすごく気になります
一体過去になにがあったのか…
シリアス展開の格好のネタだと思うんですが、あっさりスルー

ペコポン人とケロン人の間にも友情はある、ということを示すためのキャラのようですが
これからも登場しそうですね

ギロロ「あのときはプルル看護長もいっしょで」って、あれ?
プルルちゃんはたしか原作ではケロロたちが知らないうちに軍に入ったけど、アニメ設定はどうなってましたっけ?

無人惑星の地上絵がコレデナイト鉱石を使った痕跡というオチはいいですね〜
ナスカの地上絵もそんな理由だったら、夢がひろがります

「横山智佐」をもじって「カトヤマ・キコ」なのか?



http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51524896.html#trackback
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51283615.html

2009年6月20日 (土)

涼宮ハルヒの憂鬱(2009) 第12話

「エンドレスエイト」
これ、原作知らない人はつまらん話だとあきれるでしょうね
もっとも原作読まずにアニメ見ている人がどれだけいるか疑問ですが

内容的には前編というわけで、次回ネタばらしのはず
あえて前編表記がないのは狙ってのことだろうけど

夏の日をSOS団が遊び倒す
なんてゆうかグループ交際ですか?
ハルヒが子供っぽいというか寂しがりやで人恋しくてしょうがないのが端的にあらわれたエピソードかも

0000mpg_000079557

妹ちゃん登場、わーい.。゚+.(・∀・)゚+.゚
こんなロリロリでギャルゲーに出てくるような女の子と一緒に怠惰な夏の日を過ごしてみたいです
それはもうドキドキ(ハート)イベントてんこ盛りですよね
水遊びとか水遊びとか水遊びとか…

俺がキョンだったらハルヒなど黙殺して妹と一緒に遊ぶよ
若い頃はいろいろな属性に目覚めてないけど、そういうのは年をとってから後悔するもんだ
一度しかない高一の夏をょぅι゛ょに捧げるぜ!



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-1083.html
http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-810.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51260822.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50692801.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1299.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-415.html
http://mekatama.blog21.fc2.com/blog-entry-1171.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51217001.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-835.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-772.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-3225.html
http://www.kiokake.com/archives/698454.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1091.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-731.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3527.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/post-a485.html

2009年6月19日 (金)

けいおん! 最終回

「軽音!」
いい最終回でした( ;∀;) カンドーシタ

唯が風邪でダウンで文化祭に出られないかもの危機
前回のりっちゃん脱退(?)にも似た騒動です
もしかしたら、唯抜きで出演に備えてリードの練習を促されるあずにゃんですが、唯がいないなら出ないほうがいいとまで言い切りました
このあずにゃんの熱い想い、いいですね〜
バンドの結束感というよりも、唯への思慕からの発言ですね
あとの百合展開の伏線でもあります

憂ちゃんの変装は凄い!
容姿もさることながら、一夜にしてギターをマスターするとは、姉とおなじく天才肌といってもいいかも
クリスマス会で見せたマペット習得スキルはこれの伏線だったのかな
しかも胸の大きさでは姉をも凌駕している完璧超人ですよ

9619060147
唯の不意打ちの復帰を涙目で「最低です」と怒るあずにゃんカワユス
ホントにこの子は唯に心を鷲掴みされて、もはや恋の奴隷(?)に成り果てた

9619060221
自信たっぷりあずにゃんに抱きつく唯は一流の女たらしであ〜る
うれしくて、でも口惜しくて、そしていつか気持ちよくなってしまうあずにゃん

9619060254
寄り添う下半身がエロス
濃厚な百合の気配が立ちのぼる淫靡なシーンであります

文化祭当日、唯復活なるもギー太を家に忘れてしまって大変!
トラで出演したさわ子先生のギタープレイに注目してましたが、何もしないじゃんかよ、歯ギターはどうした?
せっかくフライングVで登場したのだから、衣装も決めて欲しかったですよ
もっともそうなったらさわ子オンステージで主客転倒するわけですが

ギー太を持って家から学校めざして唯が走る
第一話と同じ道を、でも今度はギターを持って
部活で打ち込めるものを見つけた女の子のキラキラが凝縮されていて、なんて清々しいのでしょう

ふわふわタイムが終わったあと、リフを再開するムギちゃんGJ!
ライブの高揚感に包まれて興奮いたしました

でも今回一番驚いたのは、さわ子先生のデスデビル時代の音源が発掘されたことです
こんなのまで出すのかよ〜
てゆうか外伝でさわ子先生の高校生活を描いてくれないかな〜



http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2193.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-1082.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-836.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1300.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1094.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/12-b752.html
http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-776.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1856.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51211228.html
http://apekamuorz.blog105.fc2.com/blog-entry-413.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51223687.html
http://rumtonicenquete.blog17.fc2.com/blog-entry-203.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-416.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1371.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/12-0a40.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51232537.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=703
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-691.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1537.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-161.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3526.html
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-948.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1055.html
http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-811.html
http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-154.html

2009年6月18日 (木)

「熱帯少女」吉富昭仁

これは素晴らしい百合です〜
女の子が可愛い、しかもエロい、そしてハッピーエンド
舐めるように何度も何度も読み返したくなります!

以下ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください

田舎、夏、主要人物のみ、という縛りで百合姫Sに掲載された短編群と書き下ろしが一編
ほとんど女の子二人だけで、お話が進行してゆくのが、なんとも閉ざされた秘密の空間を作り上げていて激しく(*´д`*)ハァハァですよ〜
特にお気に入りのお話の感想をば

「夕立気分」
欲情してマウントポジションをとる章子が激しくエロス
そしてカッコつけてるくせにヘタレな美帆が泣き出しちゃう意外性
滑稽な顛末を雨上がりの清涼感がとっても爽やかに打ち消してくれました

「sketch」
梨香ちゃんの捨て身の賭けが切ない〜
そしてダシに使われた戸川先輩が気の毒
こういう恋の駆け引きみたいのは女の怖さでもある
ヌードのオチも上手すぎる

「夏の蟻」
攻守逆転話でエロいっす
泣きながら告白するロリツインテールが萌え萌え
先輩の肌の白さが艶かしい〜
砂糖に群がる蟻の執拗さが二人の営みの濃さを象徴していてネットリとした味わいです

「バースデイ」
ツンデレ眼鏡っ娘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
「sketch」の戸川先輩のその後
もうみんな幸せになってしまうんですね

いずれも恋が成就したり、恋人との絆を深めたりとか、心温まる結末となっていて、それがすごくポイント高いです
やっぱりフィクションとしての百合物に求めるものは、そういう甘くて心地よいものなんですよ
リアルのドロドロは限りなく排除して、空想の恋愛を楽しみたいです

この作者の方はかなりキャリアのある人なんですが、はじめて読みました
他の作品にも興味がわいてきましたが、エッチ設定と美少女には定評のある方なんで、それなりに楽しめるかと期待です
「BLUE DROP-天使の僕ら」というのがアニメにもなっていて面白そうですね




2009年6月16日 (火)

戦場のヴァルキュリア 第11章

「招かれざる客達」
_06152259mpg_000338674
イサラかわいいよイサラ(*´ω`*)モキュ〜♪
それなのに出番がすくなくて残念じゃ
ラマールのガキはくっつくなよ!

それはともかく
お話はガリア公国のコーデリア姫が拉致される事件でした
実権をにぎるボルグ宰相の陰謀のようです
姫はあまり政治に関心がないというか、すっかりかごの鳥状態に慣れきっているような
でもいずれ電波ソングで世界平和を訴えてくれるのでしょう、期待してますw

次回、第七小隊が姫を救出、ボルグを懲らしめるという展開でしょうが、
気になるのはイェーガー将軍の動向
拉致事件が起きるのを予見しての潜入活動だったようですが、真の目的はなにか?
まさか本当に見物じゃないでしょうね
拉致された能登姫をさらに奪い取って、身代金としてガリアに過大な要求をする腹づもりかと思いましたが、
それはちょっと卑怯なかんじ
もっと正々堂々と戦い挑むタイプですよね
すると彼の狙いは一体?
ボルグの陰謀をあばき、ガリアの弱体化を狙うのかな

ところで前回の雪山事件からファルディオとウェルキンがアリシアを意識し始めましたが、
職務にさしつかえないよう程々にお願いいたしますよハハハ



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51258729.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-289.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/11-80d2.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-817.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50691765.html
http://georg.paslog.jp/article/1147972.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51213233.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-434.html

2009年6月15日 (月)

咲-Saki- 第11話

「悪戯」
部長快進撃〜、そしてエトペンを襲った悲劇のお話でした

悪い手で待つ部長のスタイルは麻雀だけでなく、部長の人生とも重なっていました
たったひとりの麻雀部再興と団体戦出場への望みも分の悪い賭けでした
中学時代の大会欠席と苗字が変わった事もなんか不幸を連想させますが、そういう人生の窮地をも乗り越えてきたような凄みを感じさせます

さて手鎖の一ですが、やっぱりイカサマ経験者でした
でもイカサマ以外これといった特徴もないような
透華の手助けにより選手として再起したわけですが、どのへんが有望だったんでしょうね

9615114204
だんだん衣にハマってきた(*´д`*)ハァハァ
見た目はょぅι゛ょだけど18才以上だからエッチも大丈夫みたいなノリですね
「こどもじゃない衣だ」なんてムキになるから、よけい弄びたくなります
はじめてのお使いが悲惨な結末を迎えて、涙目の衣をなぐさめてあげたい(性的な意味でw



http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2184.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51209880.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-821.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=702
http://georg.paslog.jp/article/1148772.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-689.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-410.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-435.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-1080.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-155.html
http://jidarakulife.blog58.fc2.com/blog-entry-34.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-890.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51248915.html

2009年6月14日 (日)

ケロロ軍曹 第267話

「ケロロ エアなんとか大作戦! であります」
電脳キャップって、電脳コイルのパロですかね、なんて穿ちすぎ(^_^;

ふだん出来ない事をエアなんとかで実現!
なんていう設定を与えられると、エロいこと、あるいは反社会的なことを発想するワタクシは悪い子です
でもエロゲーとかもエアなんとかみたいなもんですよね
エロゲの規制検討とかニュースになってましたが、二次元の妄想くらい自由にしたいものです

ケロロ小隊の侵略作戦で電脳キャップが世界中にばらまかれ、人々はエアなんとかに没頭
なかにはエアでやる意味のない人もいたりするわけです
エア・オ○ニーとか(´−ω−`)

9614091005
でもって途中でバレバレでしたが、やっぱりエア侵略というオチでした〜

「ケロロ モテる であります」
オタクでもモテる!
イケメンでなくてもモテる!
そんな夢と希望を与えてくれる軍曹のマジなモテ話でした〜

9614092150
同じ趣味の彼女(しかも可愛い)が出来るなんて、究極のオタク男の夢なんじゃ?
しかしケロロは大人のくせに色恋に淡白でありますな
異性に興味がないってのも、ある意味きわめつきのオタク特性なんですかね

異星の女と親しくなるケロロにカッコよく忠告するかに見えたギロロが泣きついて大爆笑!
でもそんな不器用なところがカワイイですね〜
なんかリンボーダンスとサンバのカーニバルが混じってるよ

そして結末は、秘められたラブロマンスの切ない涙でした
罪つくりな男だよ軍曹は…



http://mist1970.jugem.jp/?eid=742
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51281437.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51521734.html
http://rit.way-nifty.com/honobono/2009/06/post-cdc4.html

2009年6月12日 (金)

けいおん! 第11話

「ピンチ!」
律x澪のちょっとシリアス風味痴話ケンカなお話でした〜
百合というも陽と陰があるというか、いちゃいちゃカップルも一歩まちがえると嫉妬うずまくレイニーブルー
でもその儚さが良い!

幼馴染みが新しい友達と仲良くなってしまう心細さとさみしさ
そういう切ない気持ちがコミカルに描かれて、今回のお話はなかなか面白かったです
高校生なんだから、こういう人間関係のこじれとかもっと沢山あって普通じゃないかと
いままでが仲良すぎたんですね
軽音部のメンバーが律以外のドラムは考えられないと訴えるのはちょっと重かったけど、落としどころはうまかったです

風邪で寝込んでいる律が階段の足音だけで澪だとわかるとことか、印象的でした
やっぱ律x澪ですね〜

9612055352
服着せたりとか、大事にするベクトルが…
ギー太は女の子なのか、それとも女装男子か
ところでギターは女体に似ているので、だから男が夢中になるのは世間の常識です
つまり唯は百合属性でしかもタチということですね、わかりますw



http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2172.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1837.html
http://japanerd.blog115.fc2.com/blog-entry-77.html
http://apekamuorz.blog105.fc2.com/blog-entry-406.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-121.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51213583.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2759.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1293.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1349.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/11-bc5d.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-809.html
http://georg.paslog.jp/article/1146748.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-463.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/11-420c.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51226668.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-686.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-456.html
http://projectlily.blog94.fc2.com/blog-entry-151.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3517.html
http://jidarakulife.blog58.fc2.com/blog-entry-32.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-886.html
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-939.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1040.html
http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-804.html
http://hitblog0115.blog65.fc2.com/blog-entry-720.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1523.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-153.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50691448.html

2009年6月 9日 (火)

戦場のヴァルキュリア 第10章

「吹雪の夜」
雪山イベント発生〜(*´д`*)アハァ

考えてみたら、隊長とその補佐が偵察に出るのもどうなんでしょうね
小隊レベルだと当たり前なのかな

まあ、なんだかんだで遭難イベントです
山の天気は変わりやすいけど、第七小隊は山越えルートを探索してるのでしょうか

よく晴れているのに吹雪になる、てゆうのはウェルキンがアリシアを山小屋に連れ込んでナニする口実かと思った(^_^;
そんなわけはないんですが、はからずも今回の事件でけっしてウェルキンが朴念仁ではないことも明らかになりましたね

_06082259mpg_000622374
雪山遭難効果で発情したアリシア
なのにウェルキンときたら、ヘタレ?
女性がソノ気になっているのに逃げるなんて失礼じゃありませんかウェルキン君
「あたし魅力ないのかな…」とかアリシアが傷ついていたら、どうすんのよ
だから、二人がいざ事に及ぼうとしたときに帝国兵士が飛び込んできた方がドラマチックじゃないかと
そしてさらに、二人の態度が明らかに事後であることに気がつくイサラとか(妄想進行中)

で結局、この戦争を終わらせなければ、といういつものお題目が唱えられて一件落着
戦争をすすめるのは国家権力だけに限らず、国民の私欲も大きく関わっていることが描かれました
反戦という立場から、00の貧乏姫みたいなのが、この作品にも登場するかもですね



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51255383.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-272.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50690293.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51235033.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-421.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1070.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51207165.html

2009年6月 8日 (月)

咲-Saki- 第10話

「初心者」
今回は麻雀シーン少なめ
でも初心者のわたわたにすごく和んだというか、共感してしまいました
テンパイしてるのに気づかないとかあるある〜

まこ先輩もやはり異能の人
経験則を重んじる玄人っぽいタイプですかね
おかげで素人に振り回されてましたが

9608054431
「誰もいませんね」
二人っきりだからなにかしよーということでしょうか
手をつないでいるだけで、すごくエロいです
しかもシーツの中でお互いの身体をまさぐっていたりして(*´д`*)ハァハァ

9608053922
大好きな先輩の胸で思い切り泣いた優希
ここにも新たなカップルが誕生?
いつも強気で元気な女子がしおらしくなると、なんでこんなに可愛いのだろう
優希は京太郎の前で泣けばよかったのに

9608055542
佳織ちゃん可愛いよ〜
メガネっ娘大戦を制したラッキーガールです
中の人は新谷良子さん



http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2164.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-795.html
http://apekamuorz.blog105.fc2.com/blog-entry-401.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2756.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-276.html
http://0nanairo0.blog120.fc2.com/blog-entry-415.html
http://blog.livedoor.jp/iopiy0809/archives/51207517.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/-saki-10-c4d9.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=700
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-1073.html
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/blog-entry-932.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-684.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-149.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-400.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-423.html

2009年6月 7日 (日)

ケロロ軍曹 第266話

ケロロ軍曹 第266話

今週はモアちゃん祭り〜
能登が〜能登が〜(*´д`*)ハァハァ

「タママ 目覚めのキッスは僕のもの であります」


9607093635

9607093646

能登の目覚ましヴォイス
男のロマンがいまここに実現、軍曹は宇宙一の果報者であります〜

9607093730

9607093747

さらに顔をちかづけて、ウィスパーで呼びかけ
ああなんかいい匂いがする!
軍曹にくちづけされて呆然とするモアちゃん
ケロロはエロい夢でも見ていたのか? それとも確信犯か?

9607093821

9607094412

キスを認識して赤面モアちゃん
あまりの出来事に朝からお風呂に入ってしまいました〜
おじさまのキスを思い出して顔の火照りがとれないとかそういう描写があればいいのに

9607094622

9607094706

転んでもバスタオルは死守します
もうちょっと胸元とか太ももとかサービスして〜
そして優しげないい表情、うううモアかわいいよモア

「プルル ばれちゃった秘密?! であります」


9607095041

9607095141

水をはじくぴちぴちのお肌、触りたいというか舐めたいというか(*´д`*)ハァハァ
若いモアちゃんから見たら、プルルは怖い年増女なんですね、だからフランクに口元のアレを指摘できなかった
世代間格差というやつですね、わかりますw
9607095345
おばさまに恥をかかせまいとして、結局年増であることを暗黙のうちにケロロ小隊に認識させたモアちゃんの陰毛、いや陰謀説も囁かれております…



http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51279107.html
http://rit.way-nifty.com/honobono/2009/06/post-0e0e.html
http://mist1970.jugem.jp/?eid=735
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51518509.html

2009年6月 5日 (金)

けいおん! 第10話

「また合宿!」
9605055520
貧乳ちびっ子ツインテール(*´д`*)ハァハァ
もっとあずにゃんの水着姿を出してくれ!
そしてお風呂の湯気攻撃に泣いた…

去年の合宿と同じでみんなで終始遊び倒しましたが、それでも夜中に一人練習する唯が描かれるなど、ちょっとだけ音楽アニメっぽい
あずにゃんの視点から先輩4人が語られて、それが結構いい雰囲気なんですよ

合宿前は真面目な澪が好きで、べたべたくっついてくる唯は苦手なあずにゃんも、唯の温かい人柄に触れてファンになりました
あずにゃんからの先輩たちの印象が合宿前後でちょっと変わったり変わらなかったり、それぞれとの絆を深めていく様子がいかにも部活動っぽい
練習で成り立つ人間関係もありますが、この軽音部の場合はなによりも仲間としての信頼が一番大切なんですね

9605054630
「ゴロゴロしているお姉ちゃん可愛いよ〜」
憂ちゃんはやさしいな〜
そしてちょっと変わった姉妹愛ですね

0000mpg_000764817
律と唯の新大陸ごっこ
抱き合ってるのがちょっと(*´д`*)ハァハァ



http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2153.html
http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-770.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-1821.html
http://japanerd.blog115.fc2.com/blog-entry-74.html
http://apekamuorz.blog105.fc2.com/blog-entry-397.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-784.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-266.html
http://curozudorein.blog121.fc2.com/blog-entry-437.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/06/10-d6b8.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-1014.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-120.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51211113.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/10-6ee2.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-681.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-146.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-451.html
http://ga42753.blog20.fc2.com/blog-entry-170.html
http://volter.blog46.fc2.com/blog-entry-22.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1027.html
http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-326.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-394.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1330.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1284.html

2009年6月 3日 (水)

戦場のヴァルキュリア 第9章

「蒼き魔女」
おっぱい魔人セルベリアさんが大活躍するお話でした〜
帝国内でのマクシミリアン殿下の立ち位置も描写され、政争劇としても面白くなっていきそうですね

セルベリアさんはヴァルキュリア人ということで、不幸な生い立ちだったようですが、おそらく殿下がそこから助け出してくれたのでしょう
そのあたりの邂逅をもうちょっと説明したほしかったですね

おそらくどんな武器よりも強いヴァルキュリア人
帝国には、さしずめ超兵機関みたいなのがあって、生体兵器としてヴァルキュリア人を極秘開発してるのでしょうか

今回セルベリアさんの補佐官になったカールは好感のもてるキャラ
敵方にいい人がいると応援したくなるから困ってしまう
おそらくラスボスは次期皇帝の座を狙うマクシミリアン殿下の異母兄弟のあの人なんですね



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51252189.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-409.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50688402.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1058.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2142.html
http://georg.paslog.jp/article/1139145.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-386.html

2009年6月 2日 (火)

咲-Saki- 第9話

「開眼」
福路キャプテンがいい人なのか、一筋縄ではいかない策士なのか、わからなくなるようなお話でした
タコスを食べられた優希にお弁当あげたのも、優しさからのか、深慮遠謀あってのことなのか
本当は計算高い人だったとしても、あの笑顔でニッコリされると、そんなことどうでもいいような気もしますが
9602101716

むしろ優希が単純というか、福路のサポートに疑うことなく甘んじてしまう幼さ
タコスパワーも効果なく八方塞がりの状態から、合宿での体験を思い出してやる気をとりもどす成長物語でしたね

井上純の特殊能力は仕草や表情から相手の手を読むわけで、いわゆる空気を読む能力でしょう
それに応じて鳴いて流れを変えるわけですが、流れってなんなんだよ〜
次に来る牌がわかってるんですか?

一方福路キャプテンは千里眼みたいなさらにオカルトめいた能力
オッドアイで妖しさ満点なんですが、むしろノーマルだったほうが、笑顔の裏の腹黒さがよりアピールできたかも
この人は実生活でもニコニコ目立たないことをしながらトップを取ってしまうあなどりがたい人ですね、美穂子恐ろしい子(白目

今回は駆け引きとかすごく面白かったです
自分が上がらなくても他人を蹴落としたり、なかなかドラマチックでした〜
相変わらず一時停止で確認して納得するトロさなんですが(^_^;



http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-1066.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50688825.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/-saki--8-fc66.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51252751.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-411.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5144.html

2009年6月 1日 (月)

ケロロ軍曹 第265話

「ギロロ リモコンでデート であります」
9601100820
まるで同人エロパロのようなお話でしたね(ヲイ
夏美を自由に操る悪魔のリモコン
「脱」とか「舐」なんてあるんだもんな〜
これはエロい展開しかありません
他にも「淫」「濡」「雌」というボタンがあるに違いありません

0000mpg_000578982
夏美の高速フェラは熟練者の趣きがある
きっと普段の基礎練習の賜物なんですよ(*´д`*)ハァハァ

「ケロロ プーがいた洞窟 であります」
生きていくことは他の生き物を殺して食べること
これは当たり前のことなのに、殺すことを罪悪視して野蛮ととらえる風潮もあるのでは

ケロロたちが食材に感謝というのは教育的配慮としては、まあいいとして
自分の手で「殺す」という視点が落ちてるのは残念です
「殺して食べる」という行為に背徳感を覚えるか、それとも「狩る側」の充実した喜びを感じるか
家で飼ってる鶏を食べるとか、昔は普通にやってたでしょう
こうした素朴で原初的な幸せで満足できないと、狩りの衝動が殺人のような反社会的行動に発展してしまうと思うよ



http://mist1970.jugem.jp/?eid=728
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51276818.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51515595.html

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28