応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

けいおん!! #13

「残暑見舞い!」
あずにゃんの白昼夢回でした
そしてやがて訪れる3年生との別れをリアルに実感したお話

最初はなんであずにゃんの制服のスカートが長いのかわからんかった
そしたらちゃんと前回の日焼けあとを引き継いでるのが判明して感心
細かいことですが、日常系のお話だけに、こういうリアリティは大切ですね〜

0630101005
いつものことながら憂ちゃんが可愛かったです
あずにゃんの夢の中で、部屋にひきこもる唯を甲斐甲斐しく憂ちゃんが負の未来予想図みたいだった
スイカの真ん中だけ食べさせるとか、本当に甘やかしそうだよ
プールサイドで姉を褒められて照れたりするところとか、どんだけ好きなんだ
あずにゃんの厳しい指摘に色を失ったり、真剣さが伝わってきます
憂ちゃんはよくできた子でみんなに褒められるけど、自分のことはあんまり喜ばないんだよね〜
なんかもう自分は優秀で当たり前みたいな?
あずにゃんが一生懸命純ちゃんを勧誘してても、憂はそれを傍から生温かく見守ってるだけ
お姉ちゃん以外のことは本当にどうでもいいようです
もう二人を結婚させてあげたいよ!
そうなったらあずにゃんは愛人一号ですね
てゆうかすでになってるか(´∀`)σ)Д`*)




2010年6月28日 (月)

荒川アンダー ザ ブリッジ #13

最終回でした〜
てゆうか、お話ヒキ入ってるし、2期の予告もありました!
そういうことで、とくにまとめることはく荒川の日常が描かれました

ラストサムライ、ついに登場
日本刀ふりまわして散髪とはぶっそうですが、ものすごい使い手でした
そしてちょんまげに自信とプライドをもってるのが笑える
気を遣われて、リクがちょんまげ薦められるのが微妙な面白さ
反射的に体が動くシスターは「俺のうしろに立つな」のあの人とおなじですね

ビリーとジャクリーン
不倫カップルなの?
ビリーがオウムなのにカッコ良かったり女のあつかいが酷かったり
でもジャクリーンさんがべた惚れだから、いいのかなあ

荒川遊園地はいろいろ期待どおりでしたが、シスターの絶叫マシンが恐ろしすぎた
着ぐるみを重ねる村長キモイです

さて荒川の秘宝とは?
2期も楽しみです〜




2010年6月26日 (土)

Angel Beats! episode.13

「Graduation」
最終回でした

それなりに面白かったけど、感動したかというと残念ながら感動はなかったです
「人生讃歌」ということで評してみると、作品のメッセージは「仲間がいるから、前向きに生きよう」ということに尽きる訳で、これはどちらかというとありきたりだよな〜
ありきたりだからこそ普遍性があるともいえますが、それだったら死後の世界を舞台にするのはどうなのか
生きている時間内にあるからこそ、幸せになりたいと強く願い、仲間の助けに感謝するのだと思います
前回ゆりっぺさんが主張したように、一回かぎりの人生だから必死になるわけですよ
輪廻転生を前提にして「前向きに生きること」を説かれても、ちょっと弱いですよね
だって「今が駄目でも次がある」って思いがちじゃないですか、人間って

しかし音無に心臓がないという設定
死んだときに心臓がなかったから、死後の世界でも心臓がない?
じゃあ死んだとき頭が吹っ飛んでいた奴は…
そんなゾンビ世界を想像しました(゚ー゚;

それに音無の心臓をもらって生きながらえたはずの奏が先に死後の世界に来ていたのはずいぶん変な話ですよ
あれですね、音無はイレギュラーな存在だから、死後の世界に転生するのに時間がかかったわけですね
すなわち奏を卒業させるために大いなる意志が働いたということでしょうか
神様の粋な計らいというやつです

しかしラストで音無の告白は唐突でしたね
こいつがまた恋人を待ち続けてNPCになるのかと思いました
諦めて成仏したっぽいですが、本当に成仏できるのか?

それにしてももともと存在したはずのNPCはなぜ消えてしまったのでしょう
例の狂ったプログラマーが死後の世界の様相すらも変えてしまったからなのか
本当になんでもありの世界観です

振り返ってみると、全体的なお話の構成として迷走感が強い印象でした
てゆうかもともと決定していた結末(少女が臓器のお礼を言う)から逆算的に展開を敷衍して、できるだけ遠い地点からお話を語り始めたんでしょうかね
ヒロインのはずのゆりっぺさんの存在感が微妙だった原因はそういうことかもしれない
なにより第一話を見たときに感じた高揚感が、あらぬ方向に進むにつれて萎んでいったことが残念でなりませんでした
まあ、それでも天使ちゃんが可愛かったことですべてを帳消しですね
天使ちゃんマジ天使!




2010年6月25日 (金)

ケロロ軍曹 第319話

「モア 天才ハッカー? であります」
う〜ん面白かった!
オチも秀逸
星系破壊兵器がプリンターになっちゃうアホらしさがファンシーにまとめられていました
やっぱりモアちゃん回はこうでないととね

ウィルスが必ずしも悪意をもってないっていうのがポイントで、いわゆるジョークソフトの一種でした
小隊の個人情報が晒されるわけですが、タママの腹黒さには笑った
でもギロロはポエムをコンピュータに保存しそうにないアナログなイメージがありますが

本気モードのクルルが荒川のシスターに早変わり
カッコいいんだけど、ホントにあんた誰ってかんじでした

「クルル 小さな古時計 であります」
Bパートも面白かった〜
今週は当たりでしたね!

宇宙オークションの話ですが、クルルが負けるのがなんか新鮮
逆にクルルと古い時計の心の交流は描写不足のような気がする
扱いにくいキャラだけに、むずかしいですね

宛先不明の荷物が宇宙をたらい回しにされる設定はロマンを感じます
結局巨大ロボのコアユニットだったんですけど、なんで時計なんだろ
あんまり時計である必要はなかったですよ
変形シーンをやりたかっただけか?



http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51594311.html

2010年6月23日 (水)

けいおん!! #12

「夏フェス!」

夏休みに入って合宿話
とはいっても今年は楽器練習の合宿ではなく、野外音楽フェスティバルに参加

0623085130
唯のこの表情
有意義な夏休みを送るため心に期すところがあるのだろうか
そしてみずからが率先して合宿を提唱、意外なリーダーシップを発揮しました

0623091309
「でもわたしたちの演奏の方がすごいよね」
自信過剰というより、なんか確信めいたものがあるようす
これってプロ志望フラグ?

いずれにしろ唯の中でずっとバンドを続ける意思が芽生え、みんなでその気持ちを共有できたようです
これは部活動としてでなく、卒業してからもHTTは存続しそうです

修学旅行につづく行楽のお話は、みんな変なテンションあがっていて、なかなか楽しめました
ムギは露天の焼きそば食べたことなかったんだろうな
しかもスニーカーももってこないお嬢様ですよ、だがそこがいい!
そしていつでもペアで行動する澪律が百合すぎる〜
普段は常識人の澪がスイッチ入ると突っ走るところも面白かった

0623092531
憂ちゃんの私服ミニ(;´Д`)ハァハァ
しかも次回は水着だ!



http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/12-ae82.html

2010年6月21日 (月)

荒川アンダー ザ ブリッジ #12

いや〜すんごくいいお話でしたね!
人の心の機微を描ききったというか、リクパパの心情が見事に語り尽くされていました
ギャグとシリアスの融合レベルが半端なく、ものすごいカウンターを喰らった気分!
こういうアニメはたくさんの人に見てもらいたいです

荒川再開発問題は突然の終結
政財界の謎の大物が現われ、すべては白紙に戻されました
村長がなんか手を回したのかと推測できるけど、それは明らかにされません

0621084320
ズボン脱がされ橋(イヤな橋だな)
第1話の繰り返しギャグから始まる展開が凄すぎる

リクパパのロケットの写真はリクの母なのか?
その女性の面影をニノに感じるリクパパ
かつての恋人(?)との関係がなんらかの形で破綻したことを匂わせつつ、
いま自分の息子が同じ道を進むことに餞の言葉を送るような、リクパパの眼差しはなぜか優しかったです

形はどうあれ、父親は息子の背中を押して、自分の力で歩いていけよと世間に送り出したわけで、その対比としてマリアたちに弄られるリクの情けない姿、ニノと携帯がつながる清々しいシーンなど、滑稽ながらもリクたちの新たな出発に鮮烈なイメージを与えてくれました

本人はぜんぜん気づいてないけど、これではじめてリクは父と競うことのできるスタートラインにつけたわけです
またいままでの荒川におけるリクの悪戦苦闘が、父親からの自立という大きなテーマに沿って収斂したと言えるでしょう

0621091343
そして警官に連行されるリクパパ
シリアスな展開を、しっかりギャグを落とす律儀さに感動した



http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51483446.html

2010年6月19日 (土)

Angel Beats! episode.12

「Knockin' on heaven's door」
う〜ん、超展開(^-^;

愛ですか…

なんかもうお話についていけない
ゆりっぺさんは自己解決しちゃうし

前回この世界はやっぱり電脳世界ではないのかと推測しました
脚本の人がそれを否定しているとのことですが、いまのところお話の中で「この世界が電脳世界でないこと」が描かれてはいません
てゆうか死後の世界かどうかも不明だし
結局、世界の内側にいる人間は、その世界がどういう世界か知ることができないような気がします
マトリックスじゃないけど、現実そのものが電脳世界でない証明って不可能なのかも

なんでこんなことを考えてしまうかというと、このお話は異世界観が非常に強いからです
虚構の物語であるから、どんな設定もありなんだけど、あまりに現実から離れていると荒唐無稽とか言われたり、まあ荒唐無稽であること自体は別に欠点というわけではないので構いませんが、読者(視聴者)は誰でもそれに順応できるわけでなく、私自身もちょっと素直に受け入れられないです

逆に共感できる部分は、ゆりっぺさんが夢(?)の中で楽しい学園生活を送っても、やっぱり自分の人生(たとえどんなに理不尽でも)にこだわりたいと主張するシーン
人生の一回性ですね
だからって神に責任をとらせるゆりっぺも変ですが
たまに前世の記憶とかある人がいますが、たいていの人は一回限りの人生でしょう
少なくとも人間の精神は輪廻転生するものでなく、生成され消滅していくものだと思ってます

ただこの物語はゲームのリセットやりなおしみたいな輪廻転生を前提としている様子ですね
それはちょっと付いていけないな〜
でも、この原作者が支持されているのは、そういうのが好きな人が多いってことですよね
人間消えて無くなりたくないという気持ちにフィットするんだろうな
そのへんに宗教性が感じるんですが(笑
あ、別に宗教的であること非難してるんじゃないですよ
無宗教的な生活をしていても、人間って宗教的なものを自然に求めるんだな〜という感慨です

さて次回が最終回っぽいですが、結局この世界はなんだったんだろうという謎ばかり残して、かといって人物がよく描かれているわけでもなく、なんとなく卒業式っぽい感動でまとめられてしまそうで心配しております



http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50909493.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51570956.html

2010年6月18日 (金)

B型H系 23話&24話

「僕らのために世界は回る さよなら…B型H系」
「天使になった山田! さらば!B型H系!!」
エロい! とってもエロかったです!
ギャグよりもエロ、なにがなんでもエロでした!

まあ寸止めなのは当然でしょうが、最終回ということで、かなり原作のエロ分を大量投入して盛り上げました
それにしても、こうも鬼印が多すぎると、画面が見づらくて…
DVDを買いなさい!ということなんでしょうね

今回の意外な見どころは能登姉によるエッチ手順の指南
これはいいですね〜
恥じらいつつも、女性の立場から段取りを示されるのはエロいすよ
カーナビみたいに能登ヴォイスでガイダンス、実用性もありますね〜
なんだかんだ言って、女性声優さんが際どいセリフ言うのが、このアニメの売りでしょう

それから小須田のエロ神が股間でおっきするのは、どうしてもアザラシのエロ漫画を思い出すな〜
そもそもエッチ目当てとはいえ、山田が小須田にいろいろ夢中なのはすごくいいことで、ふつーの恋愛話としても面白いです
体の関係から始まる恋があってもいいよね

ということで、いつもどおりの最終回でした
大好きな原作がアニメ化されて、本当にうれしかったです
スタッフ、キャストの皆様ありがとうございます




2010年6月16日 (水)

ケロロ軍曹 第318話

「ドロロ 仮面の男 であります」
泥舟さんの口の謎はケロン人の帽子の中身に匹敵するミステリーでした

ドロロが幼少時代から隠していた口元を詮索するケロロがコミカルに描かれていましたが、もしかして本人は身体的な障害とかで恥ずかしくて見せられないって線もありますね
そう思うとあまり立ち入らない方がいいのかも
でも本当の友達同士なら、そういう秘密を共有するのも、仲良しの証拠かもです
一度だけ、といってマスクをとるドロロがすごく嬉しそうなのが印象的でした

ところで、クルルが有料でレンタルしていた透視レンズですが、もちろん服装だけが透ける完全動作品も別にあって、それで夏美を…(;゚д゚)ゴクリ…という妄想は的を得ていすぎですね

「モア 黒い来訪者 であります」
中の人のお友達ということで、川澄さん登場でした〜

でもお話の方は、かなりユルくて残念でした
まあ、作画というか、絵の力で女の子同士がキャッキャウフフするシーンを魅せてくれないと辛いものがあります
いっそ水着回にするくらいで、よかったのかもしれん
ペンフレンドから百合な関係に! なんて妄想もしましたが、いかにも中の人ネタですね
やっぱりゲストキャラはAB両パート使わないと苦しいな

てゆうか地球滅亡の予言っていっぱいあるんですか
下手な鉄砲も数打ちゃ当たるというか、いずれは実現するのかも
実現したら怖いけど、どうせ人間いつか死ぬのなら、そういう体験をしてみたい



http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51591598.html

けいおん!! #11

「暑い!」
今週はいつにもまして、まったり(ぐったり)ゆるゆるムードで、進路とか将来を感じさせないけいおん!本来(?)のお話でした
もう夏休みに入っているようですけど、3年生は部活引退の時期じゃないのかな

それはともかく、なんといってもスク水ですよ!

0616091249
全員でスク水になればいいのに!
てゆうか誰も見てない秘密の練習、いっそ下着になってくれい〜

0616091500
ムギちゃんノリノリ!
この子は本当にこういうときは生き生きしてますね

0616091712
二人ともなんか微妙に幼児体型になってる気がする
これがスク水効果か

0000mpg_000676169
これはエロい!
氷が澪の白くてなめらかな背中を伝いお尻にまで達したかと想像するだけで、激しく(;´Д`)ハァハァ
きっと触手が侵入したら、澪はこういう声を出すんですねウホホ
日笠さんぐっじょ!!

というわけで、相変わらずキャラが光ってるアニメですね
どこまで原作ネタなのかは知りませんが、日常系萌えとしての演出の完成度にひれ伏すしかありませんです
加えて2期での緻密な作画、もう鬼に金棒状態だな
やっと1クールが終わりに近づきましたが、まったく隙がないのは、京アニは神!と讃えざるをえない
ありがとう京アニ、幸せをありがとう〜




2010年6月14日 (月)

荒川アンダー ザ ブリッジ #11

リクが父と全面対決
自分の会社を率いて、荒川再開発の入札に挑みます

たしかにリクが荒川を去れば、万事解決するかもしれませんが、ニノさんにとってそこは譲れないところです
すでに家族同然、そしてなによりも得難い恋人として
でも、そのくせ顔忘れているんですけどね(^-^;

さすがにビジネスではリクパパのほうが一枚上手で、リクの計画は頓挫します
こうなったら残された手段は直接対決
リクは荒川を守るためだけでなく、息子として父に気持ちをぶつける事が出来るのか
人間成長ドラマとしてのまとめがあるのか興味深いところ
単に男として父の壁を乗り越えるという以上に、リクパパの心に人間らしい温もりを取り戻させられるかというのも焦点かと

それにしてもリクの母の存在が気になる
アバンで登場したのが、そうなのかな
リクが生まれて幸せそうにしてたけど、夫婦仲は良かったのか、もしかして若くして逝かれてしまったとか?

今回、出番のなかった村長
やっぱり陰で荒川を守るべく暗躍しているのでしょう
先週の話からすると、まともな工作とは思えませんが、やっぱり期待せざるをえません
てゆうか村長はやるときはやる男のはず!




2010年6月12日 (土)

Angel Beats! episode.11

「Change the world」
やっぱり電脳世界なの?

どう考えても、本物の死後の世界だったらパソコンからアクセスできないと思います
まあ結果的に電脳世界のお話だったら、それはそれで結構ですが、いままで扱ってきた理不尽な人生のリアリティはどうなるんでしょうか

理不尽で報われる事なく人生が閉じられたからこそ、視聴者の涙を誘ったのではないですか?
まだ死んでないのだったら、これから幸せな人生を送る可能性やチャンスだってないわけではありません
諦めるのは早計であり、また愚かな選択かもです
そうなると、この電脳世界は自分から幸せになる努力を放棄した、所謂落ちこぼれを矯正するためのプログラムなのか

予想外の展開、というのは褒め言葉のはずですが、このアニメの場合、意外な展開で物語の軸がぶれているというか、先の読めないことで物語世界が揺らいでいる印象があります
なんというか、いろんな要素を詰め込んで身も蓋もないような
物語が終結したときに、がっかりしてるんじゃないかと心配になってきました

電脳世界から消えることが、現実に戻る事だったら、現実世界を忌避している者にとっては、それは恐怖かもしれない
あるいは消えることが文字通り自分が消滅するのだったら、それは完全な恐怖でしょう
物語のキャラが、この異世界を電脳世界と捉えているか、死後の世界と信じているかで解釈は異なってくるはずで、そのあたりが曖昧ですが、いずれにしろ恐怖心というのは、実はかなり生のエネルギーじゃないかと思います
だって死にたくない、って思うほど必死に生きる訳ですから
実りのある豊かな人生を送るには、それに見合うだけのエネルギー、活力が必要です
そうしたエネルギーを蓄え、建設的な方向に導くための治療プログラム、それがこの電脳世界なのか
ちょっとありきたりですね
もう少し捻って欲しいです
そういう期待を込めて最終回までおつきあいしたいと思います



http://blogs.yahoo.co.jp/anitora0k/32258655.html

2010年6月11日 (金)

B型H系 21話&22話

「2年H組のクリスマス・イブ あたしをベッドにつれてってheart01
「金城さんが見てる!? 限界ギリギリ『生』放送!」
今週は神回でした!
ギャグもエロも最高の出来で、コメディとして高い完成度を示しました!
大爆笑で大満足です!
ありがとう、アニメスタッフ!!

もともと原作派でしたので、アニメの構成には不満もありましたが、今回のお話に限っては、原作を超えたとかそういうのではなく、アニメはアニメとして独自の魅力を放ちましたね
サブキャラのクリスマス模様を大幅に削除したのは大英断
Bパートの「生」連呼には原作では描きようのないスピード感、切迫感に溢れていて、大興奮です
宮野の突然の登場は原作どおりでしたが、その展開を知りつつもお話に引き込まれ、ニヤニヤしてしまいました

いつも上品に澄ましている金城さんが覗き行為で欲情とか、いいよなこういうの、ますます金城さんのことが好きになります
赤面する金城さん可愛いよ〜
あけっぴろげにエッチな人より、こういう行為を恥ずかしい事として隠す感情がエロとしてのレベルが高いのじゃないかと

0611093011
お兄様風呂
ヘンなところかお湯が出ていて吹いたw

0611093132
山田のバター犬妄想ヒドすぎw



http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2010/06/bh112h-feab.html

2010年6月 9日 (水)

けいおん!! #10

「先生!」
タイトルどおり、さわちゃんがテーマのお話でした

0609081553
足首というか、かかとをフォーカス
立ち仕事での職業婦人の苦労というものを偲ばせます

0609081802
ステージに立つ魔王のかかと
日常業務の疲れとは対照的な生き生きとした姿をかかとに焦点をあてて描き出しました
こういう肉体感覚に訴えかける表現って面白いです

ライブシーンで一気に盛上がりましたね〜
さわちゃんの男問題でなかったのは予想通りでしたが
そして本性さらしても、生徒の人気が落ちなくてよかったです

今週のムギちゃんはいろいろチャレンジャーでした
名前に惹かれて、ガンモドキを試食
ガン=癌=gun(拳銃)という禍々しい言葉の響きに期待していたのかw
廊下に立たされるを実行したり、なんでも体験しようとするムギの将来がちょっと心配
たとえばその探究心がエロ方面に発揮されたら大変じゃないですか…

0609084405
クリスティーナさんのギタープレイに目を潤ませる唯
ライブ会場でも目を輝かせていたし、なんとなく改めて音楽の魅力にとりつかれつつあるような印象を受けました
こんな体験が進路決定に影響してくるような気がします
でも単純に、大人=ギターが上手いカッコいい、ってことに感心していたようにも見えるけど




2010年6月 8日 (火)

ケロロ軍曹 第317話

「ケロロ ヴァイパーを捜せ! であります」
自分が本人であることを証明するのは意外にむずかしいものです

0608212015
人気作ゲロロ艦長は連載終了、かわって「新感覚キクラゲさん」というエヴァ風のサザエさんみたいなホームコメディが始まるらしいw
(結果的には)本物だったママ殿の情報にしては、限りなくウソっぽいですよね〜

夏美の部屋で盗撮していたクルルの証言により、もっとも嫌な形で本人証明された夏美ちゃん
いいや、俺はそんな不確かな証言じゃ騙されないぞ!
そのビデオの内容を精査しなければ、納得できん、ぜひ公開すべきである!と力説してみるw

犯人探しの本格ミステリーみたいな展開でなかなか面白かったですね
それはともかく、モアちゃんの胸に固く抱きしめられる軍曹がマジうらやましい
0608215432


「ギロロ 天袋の中の戦士 であります」
おお、Aパートからお話がつながってますよ
クルルが夏美盗撮に用いた超空間ゲートにギロロが迷い込み、天袋へ転送されるお話

0608214743
制服でベッドに横たわり、足をバタバタさせる夏美ちゃん
いいシーンであります!

0608215257
つづいてお着替えシーンに…
あっさり割愛されました、くそ〜(涙

0608213703
わざとらしくバナナをお口に含んだりして、さすが深夜アニメやらしいですね

もはや絶体絶命のギロロでしたが、意外なオチ
ギロロ同様、すっかり騙されましたが、ちょっとがっかりするオチだったな



http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51587785.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51661375.html
http://rit.way-nifty.com/honobono/2010/06/post-9d59.html
http://furuyuki.jugem.jp/?eid=850

2010年6月 7日 (月)

荒川アンダー ザ ブリッジ #10

ホント、村長はとぼけた表情が飄々としていて味わい深いですね〜
シスターに尽くされて無邪気によろこんでいる村長が可愛いやら気持ち悪いやら

Aパートはなぜか火災訓練で村長オンステージ
河原の住人も火事は怖いらしく、バケツリレーも見事でしたが、どんなときも期待を裏切らない村長が笑いを総取り!

0607092614
ドスコイ!

0607092918
河童の最後っ屁!

Bパートは国交省の役人が女王さまに調教されるお話でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ついにリクの親父が動きだしましたね
息子をまっとうな道に引き戻すのは親としては当然の行為かもしれませんが、親の人生観が問われるところです

盗撮されたリクの笑顔を見て、「情けない表情」と決めつけるリクパパはむしろ気の毒な人なのかもしれない
リクパパもまた親から無理な教育を受けた被害者なのかもです

いままでギャグでお話をつなげてきましたが、ここへ来て大きな物語のうねりが襲ってきました
村長は柳に風の自然体でしたが、ニノが意外にも反抗を表明
さて、河原の住人が一致団結してリクパパと対決するのか?
とりわけリクの活躍が期待されます
役人が「まだ入札前」って言ってたから、リクパパより安値で落札するとか
がんばれ〜

0607091812
エンドカードは私屋カヲル先生のステラ可愛いよステラ(*´Д`*)
おませでエッチなステラがシスターを挑発するのもアリ、かな?




2010年6月 5日 (土)

Angel Beats! episode.10

「Goodbye Days」
切なさ一杯のラブロマンスでしたね〜
ギャグキャラが一転ラブヒロインに!
日向の突然の告白も驚きましたが、お話としてはよくまとまっていたと思います

0605092543
プロレスやってもおぱんつ見えない鉄壁のスカートに泣いた

0605092725
ギター抱える天使ちゃんがむちゃ愛らしいです

音楽、プロレス、サッカー、野球とユイの望みを叶えようとする音無
よけいなお世話と不審に思う様子もなく、つきあうユイも自分の夢を実現させたい気持ちが強いのでしょう

この世に人として生を受けた以上、必ず幸せになりたい
誰もがそう願う事は当然でしょう
しかしながら幸せな人生を送れなかった人がいるものこの世の理
そうした報われなかった魂を救済する世界のドラマ
とても人をやさしい、心地よい気持ちにさせる物語だと思います

ただ、それを素直に賞賛できない自分がいる
クラナドもそうでしたが、この物語もここまでの展開から感じられる事は、この世界は(死後の世界も含めて)愛に包まれている、という明確な主張です
暗黙のうちに人々を救済する神の存在を匂わせ、さらに互いを助け合う人間の善意を肯定する明るい希望に充ちた世界です

どうして自分はそれを素直に受け入れる事ができないのか
それはたぶん、この物語が心地よすぎるからです
物語として演出された心地よさが、その対極にあるもの、つまり不安や恐怖、絶望への反動に感じられるからです

救いのある物語が支持されるのは、それが救いのない世界で語られるからでしょう
苦しい時代に誰もが切望する理想郷が描かれれば、それに心を癒されるのでしょう

でも希望を与える物語が、現実の辛さを支えきれなかったら、それは物語としての強度が不足していることになります
残念ながら、現実を生きている自分の生の苦しみや死の不安を投影するには、この物語は安易な世界を描いていると断じざるを得ません
もちろんフィクションとして楽しむことはできますし、この物語を否定するわけではありませんが、心からの感動を呼び起こし、熱狂的に支持できるとは思えないのです
その原因は、前述した「絶望への反動として過剰に演出される心地よさ」にあります
それはすなわち人間の感情を誘導する仕組みから成り立っていると思われます
この物語は宗教を扱っている訳ではありませんが、世界観の設定などに人々が宗教に求めるような感情的なものを巧みにアレンジして語っている部分があるような気がします
宗教をまったく否定するわけではありませんが、すくなくとも宗教には感情に訴えかける反面、理知のところどころ欠落を感じられるので、この物語に対する不満も、現実(死後の世界を含めて)への理知的なアプローチがなされてないことです
死んだら、どうなるの?
神様はいるの?
自分はなぜ生きているの?
こうした普遍的な問いかけに理知をもって答えてほしい
それはこの物語に求める事ではないのでしょう
でもそれが自分が望むことなのであります

なんか勢いで真面目で固い文章になってしまいましたが、「天使ちゃんマジ天使(*´ェ`*)」とか喜んでいる自分がいるのも、また事実なんですよ




2010年6月 4日 (金)

B型H系 19話&20話

「金城家の一族 セレブな兄のキラキラな秘密!」
ドーテー連呼のAパートでしたヾ(゚Д゚;)ォィォィ

金城兄は未経験、衝撃の事実発覚です
未経験であることに、まったく引け目を感じない金城兄は大人物だ
というか本当に優れた人間というものは、いろいろと達観してるんでしょうか

金城兄が最初の相手としての条件をクリアしているのに、山田の心は動かない
本人は認めないけど、小須田が好きなんだよ( ´,_ゝ`)プッ

兄が山田に告白したことを知り三日三晩気を失う金城さん
いままで兄から女を遠ざけ続けてきた果てにこの始末、もう最悪の展開です

「恋する途中? 私の男(コスダ)に手を出すな!!」
小須田を誘惑しようとするも、いっぱいいっぱいな金城さんが可愛かったです(*゚д゚)ムホムホ

0604112431
手を重ねただけで、もうドキドキ
さらに露出に挑む姿には笑い転げました〜
B型H系のキャラでは宮野の次に金城さんが好きです
上品でセレブなのに、いろいろ浅ましい面をさらけ出しているのが好感度なのかな〜
兄一筋ってのもアレだけど意外に純情な面もあるような気がする

0604112554
家政婦の市原さん裏モード覚醒
さすが女のベテラン、こう見えても男を籠絡する手練手管に長けてます
てゆうか最初から市原さんに指導を仰ぐべきだったのよ
作戦にあたっては参謀とか軍師って欠かせないです

今週は金城さんが際立って面白かったですね〜
そして小須田を想いつつ相談にのる宮野が健気で泣きそうになった
山田と金城さんが奪い合う中、漁父の利で宮野が小須田を獲得したら、全米が泣く感動作になるかも
その宮野のエロ神がなぜか魔法少女風で可愛いのなんのって
宿主が純真だとエロ神も相応の姿になるんですか




2010年6月 2日 (水)

澪タソ (*´∀`*)ポワワ

Mio
けいおん!秋山澪を描いてみました

女子高生といったら、なんといっても太もも、脚です!
中学生とはちがう、むっちりした肉感がなんともいえません
けいおん!(主にアニメ)見ていて楽しいのは、そういう脚描写がしっかりしているところです
当然脚の付け根には素敵な花園が隠されている訳で、それを見たいという欲望と、見てしまったら失望が待っている事の葛藤が明日への希望だったりします

けいおん!で好きなキャラはムギちゃんと憂ちゃん
なのになぜか澪を描いてしまいました
自分で描いてて、明らかにスカートが短すぎて、これじゃパンツ見えてしまうな〜と思いつつも、太ももがぎりぎりまで露になってしまう不可思議




けいおん!! #09

「期末試験!」
進路調査表の言葉通り、唯が一生懸命がんばるお話でした

近所のおばあちゃんが登場
幼いころから唯たちを見守ってきた優しい人です
恩返しの意味もこめて、期末試験翌日にもかかわらず、梓とユニットを組んで演芸大会に出場する唯

今回は唯メインで、魅力いっぱい、可愛らしかったですね〜
お醤油買いに行くくだりは、まるっきりアホの子でしたが、自分で決めたことをやり抜こうとする意気込みを見せつけ、もちろん思惑どおり事が運ばないユルい一面もあったりして
おばあちゃんとのやりとりもそうですけど、友達のあいだでも穏やかでお茶目な空気を醸し出す唯を見てると、本当に和みます

0602062600
つっこみ&世話焼き係のあずにゃんですが、唯への心配は愛着の裏返し
あずにゃんがいつも唯のことばかり気にかけているのが微笑ましいです
演芸大会のために自分の期末を捨ててまで(?)協力しちゃうのは、唯の人望の賜物ですね
「私がしっかり見てないと唯先輩は駄目になる」と思い込んでいる節があるあずにゃん
唯が頼りなかったりすると、実は結構安心してたり
じつはこれって保護欲という名の愛情依存でもないのかな
これから少しずつ唯がしっかり者になっていったら寂しさを感じるあずにゃん、いずれ訪れる唯の卒業で自分の本心に気づいて別れのつらさから大泣きするに違いない
いや〜ツンデレツンデレ、あずにゃんペロペロしたくなりますよ

0602062659
着物にギターというおしゃれな二人
憂ちゃんが着付けをしたんでしょうね
緊張しているあずにゃんに比べて、まったくいつもどおりマイペースの唯、こりゃ大物だわ



http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/9-e1f6.html

2010年6月 1日 (火)

ケロロ軍曹 第316話

「桃華 私は軍曹? であります」
冬樹x軍曹キタ━(゚∀゚)━!
はたして、そういう需要があるのかどうか分かりませんが、大体そういうことでした
やたら軍曹にベタベタする冬樹にまったく不審の念を抱かなかったのも、もしかしてそういうシチュは俺の願望なのかもしれん

もともとタママと軍曹が入れ替わる予定だったのでしたが、どうして桃華が巻き込まれることになったのか
最初に桃華と軍曹が入れ替わり、タママはそれを承知の上で冬樹と入れ替わったの?
タママは心が桃華でも、軍曹の肉体だけが目当てだったのか?
なんか色々考え込んでしまいます
でも軍曹と桃華が入れ替わるのは侵略としてはすごくいい作戦のような気がする
なにもしなくても実質世界を制覇しているようなものですね

桃華が発見したケロン人の帽子の中身って、もしかして脳味噌が透けてるとか?
ちょっとそれはグロすぎるか〜(゚A゚;)ゴクリ

「ケロロ 宇宙からの侵略者作戦 であります」
なかなかシュールなお話でした
オチというか、ヘルメットの中に蚊がいて、その上クルルの目が蚊取り線香になってたのには肝をつぶした
しかもドロ沼さんは宇宙のゴミ捨て場を漂ったまま

そういえば軍曹は初登場の時から日本語を喋ってましたね
やっぱり翻訳機があるのか、それともバイリンガル?
スパイだったら潜入先の外国語は当然マスターするので、軍曹たちも一生懸命学習したにちがいない
う〜ん、なんか尊敬しちゃうな

夏美にペット扱いされてることに憤慨するギロロ
でも「いい人」とか「お友達」とかより、ペットの方が親しさではレベルが高いぞ、だからがっかりするな!

やおらバリカンを取り出した軍曹たち
宇宙からの侵略者は人間の髪を刈ってから食べるって、当然下の毛もですよね(;´Д`)ハァハァ

今回は侵略者のイメージ作りに重きをおいた作戦でしたが、やっぱり本気を出せば油断ならないケロロ小隊の姿も描かれていた気がする
だからラストで冬樹が軍曹に恐怖心をきっちり植え付けたのは地球防衛としてはいい対処法でした



http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51659049.html
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51584406.html

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28