応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月17日 (金)

緋弾のアリア 第10弾

「特訓」
今週はリコリンのエロスはやや不発で(´・ω・`)ショボーン
女子の着替えの覗くシチュは燃えますが、俺たちが見たいのはリコリンの個人プレーなんだ!
下着姿は眼福だけど、仏つくって魂入れずというか、エッチなシチュとしては燃料不足でございます

そしてリコリンのかわりにがんばったのが、ジャンヌタソ
意図的ではないと思いますが、思い切りバックで誘ってました
絵が下手なのもお茶目で可愛らしい
まだキンジに心を開いていませんが、取り澄ましたクールな佇まいが恋愛感情に揺らぐのに期待大

でもって、後半の謎の狼突入とレキの活躍には唖然
なんかぜんぜんお話が見えなかったぞ
あまりに唐突な展開だけど、原作ではちゃんと説明してあるのかいな

最後に屋上屋を架すことになりますが、やっぱりくぎゅうはいいね!
メイドコスに赤面するアリアかわいいよ
黒のニーソを脱ぐ姿にもクルものがありました
キンジがあっさりヒスモードになるのも頷けるし、それが面白くないリコリンのさらなる攻勢を応援したいです



http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fateliang/2011/06/post-3.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/tbs616-18cd.html

2011年6月12日 (日)

緋弾のアリア 第9弾

「蜂蜜色の罠」
神回すぎる!
りこりん満塁ホームランでした(*´д`*)ハァハァ

冒頭からりこりんのターン
理子とえっちぃことしてえええええ!
ヒステリアモードのキンジは意外と扱いやすいのかも
エッチイベント+兄の消息で確実にキンジの心は傾いていた、これはもう拒否する理由もありません
いいところでアリアの邪魔が入ったぜ、ちっ

つづいて可愛らしくやきもちを焼くアリアのターン
まあまあ可愛いし、正ヒロインであるからして自分の本当の気持ちをストレートに吐露するにはまだまだ時期尚早ゆえにツンデレ風味となりましたが、破壊力ではりこりんのエロ攻撃に遠く及ばず

ふたたびりこりんのターンはさらにエロかった
自分から誘っといて、B地区にびっくりするのが可愛らしい
てゆうかそれを言葉にできる余裕がすごい
豊富な経験を思わせますが、実は…とかだったらさらに萌える
母親ゆずりの素養のなせる技でしょうか
アヴァンチュールという形容がしっくりくる色恋沙汰でした

そして白雪さんの暴走
既成事実を連呼するのはちょっと恐いけど、黒下着は素晴らしかった
しかしなあ、キンジよ、女にあそこまで迫られて逃げるというのは人間としてどうなのよ
愛情が殺意に変わってもおかしくないぞ

という具合に本筋からそれたラブコメ展開が神回でしたね
イ・ウーのナンバー2とかどうでもいいかんじ
次回メイドパーティーを企画したりこりんのさらなる活躍を期待したいです



2011年6月 3日 (金)

緋弾のアリア 第8弾

「魔剣」
とにかく超展開でした!

どちらかというと、あまり良くない意味で、いわゆる荒唐無稽的に超展開だったんですけど、馬鹿馬鹿しさもここまで極まるといっそ清々しい、いやいや感服つかまつりました
ジャンヌダルクVS卑弥呼!!
しかも中の人が川澄さんで、どこまでサービスなんだ〜
もう次は誰の子孫が出てくるか楽しみで仕方ありません
信長とか絶対出そうだよな
フィクションと史実がごちゃまぜで、こうなったら誰でもいいけど、そいつは絶対女でなければならぬ、キンジのハーレム要員とならねばならぬのじゃ
理子しかり今回のジャンヌちゃんもすんごく可愛かったではないか
そして次回はその理子タソが再登場、漲ってきたぜ〜、いわゆる全裸待機でございます

しかしこのラノベの原作者はモンキーパンチ先生に許可をいただいているのでしょうか
オマージュということで、すべて許されるのか…



http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2011/06/8-d8dd.html

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28