応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

2011年3月12日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第10話

「もう誰にも頼らない」
ほむほむ最高やーーーーーー!!!!

素晴らしかった!
もう何も言うことはないです
いまはただ感動の余韻に浸っていたい

…でも少しだけ

臆病で脆弱な少女が強靭な精神をそなえた戦士に変貌してゆくのが切なくも悲しかったです
そんなふうに人を変えてしまうのは、不滅の百合パワー!
どうか、不幸なループを脱出するのがまどかとほむほむの百合力でありますように
そして悪い宇宙人は撃退されましためでたしめでたし、という王道エンドで気持ちよく締めくくってほしいです



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/03/post-afe4.html

2011年3月 5日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第9話

「そんなの、あたしが許さない」
ものすごい大義名分をかざしてきましたQBさん!
宇宙が死滅することを防いでいたとは

いわゆる小を殺して大を生かす論理ですね
てゆうか知的に劣った生命体を家畜にして何が悪い、みたいな論法
でも一方的ではなくて、一応取引なんですね、ギブアンドテイクの
いい夢見させてやったから、代償払えというか

「この宇宙のために死んでくれる気になったら、いつでも声をかけて」
やっぱり、まどかに残されたのは自己犠牲の道しかないのか…

QBがあまり民主的でもないし、公平でもないのは確かなんですが、頭は良さそうだ
宇宙の破滅が本当だったら、人類もそれに対して何か貢献せざるを得ないでしょう
しかも知的レベルで遅れをとっているのだったら、討論すら成立しないという絶望

宇宙人もののSFによくありますが、このあたりの展開は万物の霊長として傲慢に振る舞ってきた人類への風刺と皮肉ですな

杏子自爆ーーーーー!!
そこまでさやかに思い入れがあったのか(;´Д⊂)
でもその裏にはQBさんの策略があった
まるで詰め将棋のように怜悧に、まどか契約へと駒をすすめるQBさんまじ外道

さて今後の展開ですが、
ワルプルギスの夜、ひとりで戦うほむらを救うため、まどかは契約してしまうんでしょうね
そして同時に記憶を取り戻すのか
契約の条件であるまどかの願いはなんなんでしょうか?
誰も苦しまない世界の実現とか?
それは結果的に新しい宇宙を生成してしまうのかもしれないですね
当然その宇宙にもエントロピーの増大は起こるわけで、いずれQBが生まれ、魔法少女たちが生まれる世界になり、まるで時間がループしたような状態になりそうです
ほむらはその宇宙の外側からやってくることになるわけで、したがってその宇宙内のQBは彼女のことを知らなくて当然だ
でもこの展開だとループが繰り返されるだけなので、どこでどのようにしてループから脱出するのかが注目ですよ

時をかける少女であり、宇宙をかける少女であるほむらちゃんはまどかラブMAXですよね〜
二人がいちゃいちゃするエンディングを強く切望します!



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/03/post-7e40.html

2011年2月26日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第8話

「あたしって、ほんとバカ」
今回は特別に書くことはありません
お話が大きく進展して、それだけでお腹いっぱいです
視聴して楽しむこと、それを体現した最高のエンタテイメントでした

QBは宇宙人ですかね?
インキュベーターとは直訳すると孵化器の意味だそうで、つまりQBは魔女育成プロデューサーみたいなもの
べつに正義のために魔法少女を生み出しているわけではないのです

本来「正義」であるはずの魔法少女がかならずしも正義とはなりえないところが、この物語を特徴づけています
悩みも悪徳もあるひとりの人間としての魔法少女をリアリズムで描き出したのは非常に斬新ですね〜

もしこのままリアリズムに徹したら、すべてを諦観したまどかは魔法少女になることなく大人になるという意外すぎる結末も「あり」です
もちろん「物語」としては、まどかが最強の魔法少女にならないと盛り上がらないっすよね
ただ、まどかが契約してすべての出来事をチャラにするような展開だと、それもちょっと萎えます
そのあたり、どういう風にお話を運んでいくのかとても楽しみ
大いに期待したいところであります!



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/02/post-c93c.html

2011年2月20日 (日)

魔法少女まどか☆マギカ 第7話

「本当の気持ちと向き合えますか?」
さやかちゃんは絶望で真っ黒になってしまった!

奇跡の代償ってのは、どのくらいが妥当なんでしょうね?
人の命、人間としての尊厳は奇跡よりも価値のあるものなのか?

QBの契約は履行内容を明示しない点でがフェアではないけど、そもそも奇跡っていうのはそういうルールとはかけはなれた存在でしょう
てゆうかQBみたいな非現実的存在を容認している時点で彼女たち(および視聴者)はすでに負けているわけです
魔法少女という存在自体も破格のもの
世の中そんなに甘くないです
そういう面では、この物語は世間知らずな青少年が悪い大人に騙されるのを戯画化しているともいえます
幼稚な夢や理想は、容赦ない現実の力によって無惨にも打ち砕かれる辛口なリアリズム

また絶望的な境遇のなかでもがき続ける少女たちの姿にはある種の「美」を感じます
希望を見いだす結末になってほしいという気持ちもありますが、この印鬱な展開に心惹かれている自分にも気がついたりして
少女たちが責められ苦しむ絵柄に漂う官能美
変態ですかねw
さやかが「こんな体じゃ抱きしめてもらえない」と涙するシーンはゾクゾクしましたがw

一方で魔法少女たちが団結しそうな雰囲気も漂ってきましたね
杏子は結構いい奴なんじゃないかと
彼女と組むにはさやかは正義感倫理観が強すぎますが
最終的にはすべての魔法少女を救う存在としてまどかが魔法少女になるような気もしますが、これだけ契約がありえない状況からまどかが献身的な(たぶん)決意をする過程をどう描くのか興味深いです
てゆうかここまで盛り上げておいてまどかが契約しなかったら本気で怒るよw

ところで仁美ちゃんの真意はさやかに勇気を持って上条くんに告白するのを促すためじゃ?

あとあれだけ酷い仕打ちをしていて、しれっとさやかに同行するQB恐ろし



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/02/post-3b5f.html

2011年2月12日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第6話

「こんなの絶対おかしいよ」
ソウルジェムが手元を離れて、死んでしまった!
蘇生したさやかですが、記憶がリセットされたみたいですね〜
そして未来を予知するほむら
世界の謎が少しづつ明かされ、ドキドキの展開となってきました

いよいよQBは悪役路線を突っ走ります
異界の住人というか、人間の心をまったく理解しようとしません
それどころか、人間を不完全で下等な存在として蔑んでいるような雰囲気さえあります
悪魔よりも機械的で冷徹なのはいや〜な印象です

まどかママの助言はとてもよかったな〜
子供は正しいだけでいいんですね
大人は背負っているものもあるから「悪いこと」をしても道を切り開く必要がある
まちがいを犯す練習をしなさい、って忠告も揺るぎない信頼あってこそです

まどかの失敗をほむらちゃんがフォローしてくれた!
まちがいなくほむらちゃんはまどかを守ろうとしてますね
時間がループしてるのか、ほむらちゃんによって創られた世界なのかはいまだ不明ですが
彼女の想いが強く反映された世界であるのはまちがいないようです



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/02/post-01a3.html

2011年2月 8日 (火)

魔法少女まどか☆マギカ 第5話

「後悔なんて、あるわけない」
あいぽんの可愛らしい声で罵られるとゾクゾクします(*´д`*)ハァハァ

ついに始まりました魔法少女同士のバトル!
盛り上がってきた〜

さやかと協力することは拒否するも、
まどかが契約しそうになると駆けつけるほむらちゃんがカッコええどす!

QBも「イレギュラー」と認める謎の魔法少女ほむらちゃん
まどかを守ることと関係があるんだろうけど、深いラブが隠されてる予感です

杏子のさやか批判は毒が五割り増しですが、人間のエゴを鋭く見つめたものだと思います
無私の精神で社会に奉仕する人間なんてありえないですよ〜
人目はばからず貢献を公言する輩は胡散臭さぷんぷん
露悪的な杏子の方がむしろ正直なのかもしれないです

上条くんの左手はたしかに回復しましたが、そのことにいつまでもさやかが満足できるお話の展開とは思えないです
そして世界のすべてが絶望に閉ざされた時こそ、まどかが魔法少女に変身するんでしょうな〜



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/02/post-9f08.html

2011年1月29日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第4話

「奇跡も、魔法も、あるんだよ」
臆病で泣き虫なまどかは過酷な末路に恐れをなし、魔法少女になることを断念
一方でとうとう悪魔の契約(^-^;を結んでしまったさやかちゃん

上条くんのため、なんですが
やっぱりそこにはさやかのエゴがあるわけですよね
本人がどれくらい意識してるのか不明ですが、明らかに恋愛感情によって突き動かされてる訳で
リアルで多くの女性が不幸になるパターンと評したら、不謹慎すぎるか
でも上条くんが健康な体を取り戻しても、さやかと恋人同士にはならないのでしょう
そういう意味では、魔法少女には無私の精神が求められるんじゃないでしょうか

しかしマミさんがいなくなった魔女の猟場に新しい勢力が参入で魔法少女同士のバトル発生の予感
すでに願いを叶えたはずの魔法少女がさらに大量のグリーフシードを集める理由とはなんなのかすごく気になります
本来、奉仕活動であるはずの魔法少女が私利私欲むきだしの争奪戦
ますます目が離せない展開になってきましたね〜



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/01/post-adc6.html

2011年1月22日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第3話

「もう何も恐くない」
ええええええええええマミさんお亡くなりになったの!?
大ショック!
でもここでメインキャラ退場はないよね、まどかの契約の願いによって復活するんだよね、ね?

それにしても瀕死の少女のもとに現れて契約を迫るキュゥべえが黒すぎる
相手の弱みにつけこむ悪辣な女衒かよ

まどかに膨大な魔力が確認されました
主人公補正キタ━━(゚∀゚)━━!!
その力がいつ覚醒するのかドキドキワクワクです〜

ふと思ったんだけど、魔法少女ってどういう風に引退するんだろ
力が衰えたら魔女に喰われる末路ですか
このさきアラフォーの魔法少女とか登場したら萎える

結構シリアスなストーリーになりそうなんだけど、まどかの性格がまったりしてるので、そんなにダークな展開にならんかもしれん
上質のエンタテンメントとして楽しめそうですね
ほむらちゃんがデレるのが待ち遠しい(*´д`*)



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/01/3-ed7d.html
http://blog.livedoor.jp/riku_mio/archives/51762486.html

2011年1月16日 (日)

魔法少女まどか☆マギカ 第2話

「それはとっても嬉しいなって」
ゆっくり展開した第2話
なんでも叶えられる望みと魔法少女のお仕事の実態

大抵の子は二つ返事で承諾する魔法少女のお仕事
でも命と引き換えに叶えたいほどの願いが見つからない「幸せ馬鹿」
豊かで不自由のない安全な日々を送っている私たちをちょっと皮肉った言葉ですね
命がけでやりたいこと、やらなくちゃならないことが見つからないのは幸せなのか不幸なのか
突き詰めて考えれば、生きることとは?という問題に収斂する難題でもあります
もしかしたら不遇というものは人生の最高のスパイスなのだ、と言い切ったら不遜でしょうか

かなり深刻で現実的なテーマを投げかける一方で、魔女との戦いは何気にゲーム的でしたね
てっきり魔法少女同様、魔女もまた契約を交わした人間だと思っていたので、
なにか訳の分からないオブジェのような敵を相手にするのは、
まったく危険がないというわけではありませんが、
人間同士が戦うことの迫真性を損なうものでした
魔女の正体、魔女が生まれる仕組みとかもいずれ語られるのかな

それにしても、ここまでの流れはエンターテイメント化された「明るい」魔法少女アニメとは対照的に「ダーク」な魔法少女といってもいいですね
重々しい鬱展開も避けられない雰囲気ですが、同時にそれを爽やかに吹き飛ばす人生への展望を見せてくれることを望んでやみません



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/01/2-b54a.html

2011年1月 8日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第1話

「夢の中で会った、ような…」
魔法少女は小学生でなければイカーン!と激昂された方も多いと思いますが(え、ちがう?)、ほのぼの可愛い絵柄でめちゃシリアスなお話に引き込まれてしまった第1話でございました

もう圧倒的にシャフトなビジュアル演出全開で、千和さん演ずるほむらちゃんのクールビューティーなたたずまいに翻弄されてるうちに、主人公の鈍臭さがミスマッチに思えてきましたね
魔法少女のテンプレに沿いながらも、なぜ中学生なのかという、作中で来年は受験なんてフレーズもちらつかせ過酷な現実との軋轢に苦しむ世代におくる現実逃避な中二アニメの予感も漂わせつつ、日常と非日常をつなぐことで新しい自分と遭遇するドラマチックな展開を期待しつつ視聴してゆきたいと思います

ちょっと意外だったのは、主人公まどかの友人もまた非日常イベントに巻き込まれたこと
そして上級生の巴お姉様も魔法少女だったこと
音楽担当の梶浦さんつながりで舞-HiME・舞-乙HiMEシリーズっぽいグループバトルみたくなるのかしら

ともあれ、いまのところ女の子キャラしか登場してないのは(あ、父親と弟がいたか)高く評価したいところです
ツンツンしているほむらちゃんがデレるのも楽しみですし、百合な要素を押し出してドラマを作り上げてもらえれば大歓喜でございます

それにしても千和さんって、本当に素晴らしい声優さんですね〜



http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2011/01/01-de73.html

その他のカテゴリー

アニメ・コミック イラスト カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 映画・テレビ 書籍・雑誌 終)Angel Beats! 終)B型H系 終)CLANNAD 終)CLANNAD ~AFTER STORY~ 終)Fate/stay night 終)GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 終)RD 潜脳調査室 終)Venus Versus Virus 終)あかね色に染まる坂 終)かんなぎ 終)くじびきアンバランス 終)けいおん! 終)けいおん!! 終)けんぷファー 終)ささめきこと 終)さよなら絶望先生 終)すもももももも 終)ちょこッとSister 終)とある科学の超電磁砲 終)とある魔術の禁書目録 終)とらドラ! 終)のだめカンタービレ 終)のだめカンタービレ フィナーレ 終)のだめカンタービレ 巴里編 終)ひだまりスケッチ 終)まなびストレート! 終)みなみけ 終)みなみけ 〜おかわり〜 終)みなみけ おかえり 終)アイドルマスター 終)アマガミSS 終)ケメコデラックス! 終)ケロロ軍曹 終)シムーン 終)ストライクウィッチーズ2 終)ゼロの使い魔 終)ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 終)ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 終)デスノート 終)バカとテストと召喚獣 終)バンブーブレード 終)ヒャッコ 終)マリア様がみてる 4thシーズン 終)乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつあ♪ 終)乙女はお姉さまに恋してる 終)二十面相の娘 終)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 終)偽物語 終)化物語 終)吉永さん家のガーゴイル 終)君に届け 終)咲-Saki- 終)図書館戦争 終)夢使い 終)大正野球娘。 終)天元突破グレンラガン 終)怪物王女 終)戦場のヴァルキュリア 終)放浪息子 終)機動戦士ガンダム00 終)機動戦士ガンダム00 2nd 終)涼宮ハルヒの憂鬱 終)涼宮ハルヒの憂鬱(2009) 終)灼眼のシャナII 終)神曲奏界ポリフォニカ 終)絶対可憐チルドレン 終)緋弾のアリア 終)荒川アンダー ザ ブリッジ 終)貧乏姉妹物語 終)鉄のラインバレル 終)電脳コイル 終)青い花 終)魔法少女まどか☆マギカ 音楽

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31