応援してます

カテゴリー

別館(ミラーサイト)

無料ブログはココログ

2011年12月23日 (金)

アイドルマスター 第25話

「みんなと、いっしょに!」
華々しい最終回でした
ライブをもっと見たかったけど、いろいろ制限もあるのでしょう
あまり無粋なことは言いません

OP曲二連発は堪えました
アイドルたちの顔に光る汗が熱演の証明
それを拭いたタオルでぜひ物販で

黒井社長と高木社長は何があっても腐れ縁だね
高木社長の目指すアイドルの理想ってのがいまひとつ明確でないのがやっぱり物足りないです
てゆうかそこが自分好みのアイドル育成ゲームのセールスポイントだよね

どうでもいいことだけど
事務服の小鳥さんの尻がエロいです、やらしーです
最後の最後で美希と春香のP争奪戦が繰り広げられましたが、すでにPは小鳥さんと出来ている気もする



http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/63421928.html

2011年12月17日 (土)

アイドルマスター 第24話

「夢」
仲間との絆
個人が危機に立たされた時、救いをもとめるのは帰属意識
ぶっちゃけ人間は集団でしか生きていくことはできないし
大成を求めるあまり居心地の良い場所を失ったら本末転倒

春香個人の救済のためだけでなく
765プロのアイドルたちの原点にして究極の目標であるところの「仲間との連帯」が再認識されたお話でした
美希の単独MCの辞退など、それはある場合はタレントとしてマイナス面も含んでいます
しかしながらそうした選択は成長や発展を目指しつつも、本当に大切なものの優先順位は崩さないという真摯な決断です

前回の感想では個の自立というテーマで考えましたが、
その流れからすると今回のお話の着地点はその回答となってません
むしろ自立の放棄です
ただ、こうした集団主義を良くないもの、未発達なものとはとらえません
765プロの集団を「家族」に例えたように、分割してはならない最小単位もあるのです
新進アイドルとして売り出し中に、あえて自分たちから「枠」を設定することは、むしろ分限をわきまえた賢明な選択だったのでしょう
今後集団行動を重視したために、アイドルとしての人気をそがれることがあっても「アイドルとしての目標」を過たない彼女たちは決して後悔しないと思います




2011年12月 9日 (金)

アイドルマスター 第23話

「私」
盛り上がりましたね〜
ドラマチック!
春香が精神的に追いつめられていく過程がじわじわと描かれサスペンスでした
春香の転び癖はこの展開のための壮大な伏線だったのかー
そして孤立の危機が極限状態になり春香をかばってPが奈落に転落
真っ黒でインストだけのEDはインパクトありました
P死んじゃうの?

まだドラマは途中ですが、前回の聖夜に765プロのアイドルが集結した直後からお話は進みます
連帯感を強調してまとめたお話が一転、個人としての自立を促されるスタンスへの変化したのは見事です
2クールという長い期間にこういう大きな流れを作り上げて、単純な個人エピソードの集積にとどまらない構成力は高く評価したいです
チームとして抜群のまとまりをみせた集団が発展的解消する、というのはよくある話
より高いステージを目指すための通過儀礼みたいなものでしょう
そして何より春香の場合は、個人として自己主張することは彼女の資質にかかわる問題のようでもあり、十代の少女の精神的成長という側面からも奥行きのあるドラマとなりそうです

というわけで、最終回に向けてテンションあがってきました!
単なるゲーム販促アニメにとどまりそうにない予感いっぱいでますます楽しみです!



http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/63390900.html

2011年12月 4日 (日)

アイドルマスター 第22話

「聖夜の夜に」
クリスマスのお話で、めでたしめでたしの最終回みたいな流れでした
春香メインのエピソードがこれからくるんでしょうが、もうアイドルとして十分成功してるから、いったいどういうふうにお話をまとめるのか興味深いところです
春香のPへのプレゼントが伏線のような気もするし、この二人が恋愛関係になってハッピーエンドとかありそうでないような
美希と三角関係になったりして(;´Д`)
まさかのハーレムエンドだったりしたらヤダよ
てゆうか美希はクリスマスを意中の男と過ごしたいなんて発言アイドルとしてマイナスだね
それとも小悪魔系だからOKなのか?




2011年11月27日 (日)

アイドルマスター 第21話

「まるで花が咲くように」
千早、怒濤の復活ステージでした!
アカペラで歌う決意が潔い

黒井社長は相変わらず幼稚に卑劣でした
ジュピターやめちゃった
一からやり直しってことはないでしょうが

意外な登場の小鳥さんアダルティな歌姫でしたね(*´Д`*)
あれが大多数のアイドルの末路、なんてことはないと思います
そういうシリアスな世界観はこの物語には似合わない
黒井社長にしても、悪役なのではなくアイマスの世界観から外れたキャラなのかも




2011年11月20日 (日)

アイドルマスター 第20話

「約束」
いいお話でしたね〜( ;∀;)イイハナシダナー

週刊誌の批判記事のせいで、歌声を失い、自らを責めアイドル引退を決意する千早
なんて哀しくなるほど暗くて内罰的なんだ
そんなに思い詰めることないのに、どうしてそこまで自分に厳しいのか
しかしこれは決して性格的欠点ではないと思えるのです
人を突き動かすエネルギーは時として負の方向に大きく傾くこともあり、その力が強いほど振幅は激しいものになります
大事なことは、それだけ千早に秘められたエネルギーが大きいこと
栄光をつかみ取る者はまた挫折の苦しみも人並みではないのです
強大な闇に力によるマイナススパイラルに翻弄される彼女の魂に想いを馳せる時、わたくしは気がつかないうちに大声で千早の名前を呼び続けていました
千早ああああああ!
そう、これは萌えなどを突き抜けた、もはや愛だ!
精神の奥深いところで、彼女と苦悩を共有し、ともに暗闇をさまよう体験をしたのです
まるで我が事のように彼女の身を案じました

そんな千早に差し伸べられた春香の手は、また765プロの仲間たちの想いはまさに天使による祝福にも等しいです
みんなええ子たちや〜
さすがナムコエンジェルやで〜

今回のお話は失意と復活という表面的なものではなく、如月千早という一人の人間の存在を再構築した魂の癒しの物語でした
そしてわたくしの魂もまた如月千早という存在に深く繋ぎ止められてしまうという、実に罪作りなお話でもありました
千早ああ(*´д`*)ハァハァ
もう千早が好きでたまらんのじゃあああ!




2011年11月12日 (土)

アイドルマスター 第19話

「雲間に隠れる月の如く」
千早があああああああああ!

千早の過去が大変なことになりました
弟を見殺し?
ショックで声がでないとは!
一気にお話がシリアスかつダークな雰囲気が濃厚になってきましたね
でもその暗さが千早にはよく似合う
心の闇と輝かしい才能の対比、コントラストに魅力を感じます

すっかり千早問題に心を奪われましたが、貴音の正体も気にかかります
月を見上げる姿から、かぐや姫を連想させますが、「古都」という言葉も気にかかるし、どっかの国のお姫様っぽくもあります
いろいろ匂わせつつもなんにも分からないというモヤモヤな不満が募り、ミステリアスな存在ってのは本当に厄介だな
ゲームでも正体不明なんすかね
実はアンドロイド、実は未来人とか、どこのハルヒだっちゅーの




2011年11月 5日 (土)

アイドルマスター 第18話

「たくさんの、いっぱい」
年寄りの冷や水などという失礼なことを連想してしまったw
律子さんってば、てっきり二十代後半くらいかと思っていましたが、まだ未成年なんですね
でも年齢関係なく、マネージャーとしてしっかり仕事していて、普段の言動も立派な社会人なもんだから、精神年齢ということではかなり老けてるといっていいでしょう
そのしっかりした大人が小娘のアイドルと混ざってステージに立つというのが面白いやら哀しいやら
昔のファンの応援もうれしかったけど、一番じ〜んときたのは伊織たちの信頼が篤いことだった
まさに人馬一体の境地ではないけれど、お仕事を超えた竜宮小町四人目のメンバーとしての力量に感動いたしました
物語は律ちゃんのアイドル復帰にも含みを持たせましたが、でもプロデューサーとして頑張ってほしいと願っています

それはともかく
ちちちちち千早ーーーーー!!
この止まらない千早熱をどうしてくれようか
出番に多さに関係なく、気がつくと千早の姿を追い、千早のことを考えている
これって恋?w
アニメもいいけど、だんだんゲームもしたくなってきましたよ
でもPS3かぁ…
ちょっとハードル高い
だけど千早だけでなく伊織もいい、やよいもいい、美希もいい
みんな好きじゃーーー!
やっぱり買うしかないのか…




2011年10月30日 (日)

アイドルマスター 第17話

「真、まことの王子様」
Pが真にエロいことしてやれば、一発で女の幸せ満喫できると思うんだがw
それはともかく(; ̄ω ̄)ゞ
チンピラにPが殴り倒されるところは、なかなかよかったです
これによって、真のお姫様願望が執行猶予されたわけだし、ホントーにPがヘタレでよかった

それにしても、なんで真の父親は彼女を男らしく育てたんですかね?
道場とかやってて後継者にするつもりだったのか
女の子らしくしたいのにそれを禁じられる葛藤はすごくドラマになるし、父親との確執とか掘り下げたらとても一話では終わらないお話になってしまうけど

逆に今週も伏線が張られた千早タソ
携帯にかけてきた相手は「如月千草」
母親ですかね?
なによりも千早タソの持っていたのがイマドキの女の子の携帯じゃなかったのに胸を打たれた
お金がないから、ってわけじゃないでしょう
歌うこと以外はあまり関心がないストイックな性格のあらわれと受け止めたい
あああ早く千早エピソード来ねえかなー
平素秘められた感情が爆発する展開とか期待ですよ〜

あとアニメ内で真の読んでいた少女コミックのハイクオリティ画力に感心しました
このマンガ読んでみたい、たぶん腹が割れるほど笑ったあと胸キュンしちゃいそうw




2011年10月22日 (土)

アイドルマスター 第16話

「ひとりぼっちの気持ち」
アバンで千早の回想キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!と歓喜してたら、本編は響メインでがっかり、てゆうかちょっと肩すかし
早く千早のドラマが展開してほしいです〜

黒井プロがレベルの低い悪役で苦笑した
なんか子供の嫌がらせレベルだよね
もっといやらしい大人の奸計を弄して765プロを窮地に陥れてほしい
そして正義のパワーで大勝利するアイドルたちという定番王道の輝きを見たいです
悪役の質が悪いと相対する正義側も幼稚に感じる
でもオカマのディレクターは好感度抜群でした

黒井社長に騙されているジュピターの真ん中の人がいつ真実に目覚めるのかもちょっと興味深い
それにしてもハム蔵理解力&行動力ありすぎw




その他のカテゴリー

アニメ・コミック イラスト カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 映画・テレビ 書籍・雑誌 終)Angel Beats! 終)B型H系 終)CLANNAD 終)CLANNAD ~AFTER STORY~ 終)Fate/stay night 終)GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 終)RD 潜脳調査室 終)Venus Versus Virus 終)あかね色に染まる坂 終)かんなぎ 終)くじびきアンバランス 終)けいおん! 終)けいおん!! 終)けんぷファー 終)ささめきこと 終)さよなら絶望先生 終)すもももももも 終)ちょこッとSister 終)とある科学の超電磁砲 終)とある魔術の禁書目録 終)とらドラ! 終)のだめカンタービレ 終)のだめカンタービレ フィナーレ 終)のだめカンタービレ 巴里編 終)ひだまりスケッチ 終)まなびストレート! 終)みなみけ 終)みなみけ 〜おかわり〜 終)みなみけ おかえり 終)アイドルマスター 終)アマガミSS 終)ケメコデラックス! 終)ケロロ軍曹 終)シムーン 終)ストライクウィッチーズ2 終)ゼロの使い魔 終)ゼロの使い魔〜双月の騎士〜 終)ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 終)デスノート 終)バカとテストと召喚獣 終)バンブーブレード 終)ヒャッコ 終)マリア様がみてる 4thシーズン 終)乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつあ♪ 終)乙女はお姉さまに恋してる 終)二十面相の娘 終)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 終)偽物語 終)化物語 終)吉永さん家のガーゴイル 終)君に届け 終)咲-Saki- 終)図書館戦争 終)夢使い 終)大正野球娘。 終)天元突破グレンラガン 終)怪物王女 終)戦場のヴァルキュリア 終)放浪息子 終)機動戦士ガンダム00 終)機動戦士ガンダム00 2nd 終)涼宮ハルヒの憂鬱 終)涼宮ハルヒの憂鬱(2009) 終)灼眼のシャナII 終)神曲奏界ポリフォニカ 終)絶対可憐チルドレン 終)緋弾のアリア 終)荒川アンダー ザ ブリッジ 終)貧乏姉妹物語 終)鉄のラインバレル 終)電脳コイル 終)青い花 終)魔法少女まどか☆マギカ 音楽

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31